2021年07月23日

初めて訪れた者へ(ボクが家元だよ!)

iemoto_w1.jpg

ここは独りきりでナンパを極めるためのサイトです。17年目に入りました。
お金もなく、若さもなく、ルックスも武器にならないヒッキーが、ひたすら、
ほぼ無一文でナンパを続けて、女を1億人GETした記録です。(前世を含む)

続きを読む
posted by 家元 at 00:00| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2021年06月25日

100人に告白すれば誰でも恋人ができる?

downtown.jpg


今週の水曜日のダウンタウンは神回だった。珍しく恋愛をテーマにし、
「知り合いの中から、好きな人順に告白していけば、誰でもさすがに、
100人以内で恋人できる説」をやっていたのだが、これが最高傑作!

挑戦したのは28歳の彼氏ができたことのない、見た目がパッとしない
女芸人で、この彼女がメチャクチャ素晴らしかった。次々と男に電話を
かけて、呼び出したりしては告白してフラれていく。それが凄いんだよ。

普通なら凹みまくって重々しくなりがちなのに、もちろん凹みながらも、
ドンドン慣れていき、図々しくなっていく。時には告白しているくせに、
逆ギレしてたり、そのフラれっぷりがカッコいいというか、魅力的なの。

最終的には71人の男にフラれて終了となったが、1人だけ、その後も、
デートはするチャンスを得て、結局、何回かデートした後で、付き合う
ことになった。でも、その唯一、OKした彼の気持ちも本当に共感できる。

なんといっても、一緒にデートしている時に、彼女が明るくて心の底から、
楽しんでおり、これは、かなり癒されただろうなと推測できるし、まさに、
恋愛の極意が示されていた。屈託のないオープンさが、弱者の最大の武器!

(ちなみに男芸人もこの告白に挑戦したが、重苦しくて見てられなかった)

posted by 家元 at 08:37| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2021年06月24日

三度目の緊急事態宣言を終えて・・・。

eva3.jpg


ようやく『最終ミッション(全)』の配信が完了したので、ひと休み。
自分へのご褒美として「シンエヴァンゲリオン」を観に行きましたが、
さすがに三回目なので飽きましたね。これは緊急事態宣言と同じです。

最初にシンエヴァを観に行った時は、あまりの衝撃で打ちのめされて、
大感動しました。これは去年の初めての緊急事態宣言の時に、街から、
人がいなくなって驚愕した時のインパクトに匹敵します。すごかった!

そして二回目にエヴァを観た時は、すでにストーリーは知ってるので、
とにかく隅から隅まで目に焼き付けようと集中して観ました。これは、
二度目の緊急事態宣言が出された時のように、気合いが入ってました。

ところが三回目にもなると、慣れてしまって眠くて眠くてたまらない。
これもまた三度目の緊急事態宣言の時のように、すでにどうでもよく、
なれ合いでダラダラと終わったみたいに、すっかり惰性になりました。

これがまぁ卒業ということですよね。つまり緊急事態宣言に対しては、
リベンジできたという証であります。そんな過去のことよりも、次は、
東京五輪ですよ。これが最高で最悪で面白くなる。ナンパにとってね。

(それでもシンエヴァの手をつなぐラストは何度観ても素晴らしい!)

posted by 家元 at 08:17| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2021年06月23日

最後の10号は「実技テスト」です。

photo-1557375122-47006c0347d0.jpg


ようやく『最終ミッション(全)』のラストの10号を配信
しました。(タイトルは「WHAT・IS・YOUR・NAME?」)

最後は期末テスト。声をかけて二分以内に手をつなげたら、
コトヴァ使いとして合格。さらに相手の心と体に侵入して、
相手の名前を知ることが出来たら、スタンド使いでも合格。

この左脳と右脳の両方をパスする人は少ないと思いますが、
最後なので、あえて難しい術の世界を紹介しました。別に、
マスターしなくても困りませんが、挑戦したい方はどうぞ!

(『最終ミッション』は今後、一日配信のみとなりました)

posted by 家元 at 08:32| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2021年06月19日

ただいま、最終号を制作中です・・・。

welder-2964752__340.jpg


ただいま、『最終ミッション』の第10号を制作中です。

プログラムの最後なので、全エネルギーを集中してます。

三度目の非常事態宣言が解除された翌日、21日の配信。

書きたいことも溜まっていますが、少々お待ちください。

posted by 家元 at 16:58| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2021年06月17日

モテない奴隷から脱出する唯一の方法

katana1.png


世間には「自分はモテない」と嘆く男たちがいる。いうまでもなく、
彼らは哀れな奴隷である。なんたって女という他者が認めてくれず、
それに対し、いちいちピーピー泣いて、自分はダメだと弱気になる。

彼らは勘違いしている。女なんかに肯定される必要などないんだよ。
そんなことより、自分が気持ちいいか?気持ちよくないか?だけを、
最重要として生きる。そのために、ほとんどを拒否して切り捨てる。

例えば美女に声をかけて無視される。その状態は気持ちいいかな?
気持ち悪いのなら、瞬時に相手をNGにして、さっさと次に行こう。
死んだ目をした女との時間なんて人生の無駄だから、排除するだけ。

つまり全ての主導権は自分にあるんだ。相手が気持ち悪い人ならば、
こっちが瞬時に縁を切る。別に無視されても、その横顔も可愛いな、
と思うなら、話し続けてやる。しかし頑固すぎたら、その後で切る。

そうしてズバズバ!と切りまくっていく。自分の活力を奪う時間を、
決して許さない。この拒否権を発動するのが、奴隷の人生から脱出
するための始めの1歩だ。これを持っているかどうか?だけが重要。



モテない男たちを見てごらん。彼に主権などない。赤の他人である、
女たちに主導権を預けたまま、うつむいて生きている。その現状は、
「モテない」のではなく「持たない」んだ。拒否権という「刀」を。

しかしナンパ師は違う。常に刀を帯同し、少しでも気にくわない女
であったら、瞬時に斬り捨てる。だからダメージもなく、依存など、
ど~こにもない。モテないなんて曖昧な妄想、知ったこっちゃない。

自分が気持ちいいか?気持ちよくないか?という、生命にとっての、
最も基本的な本能に基づいて生きる、現代のサムライである。当然、
彼も以前は洗脳され、モテない奴隷側にいたが、自ら立ち上がった。

そのためにやったことは「刀」を手にし、拒否権を取り戻したこと。
それはプラス思考とか甘ったるい概念ではなく、もっとシリアスで、
自分の人生は自分で取捨選択する!という、断固とした反抗である。

それまで散々、時間とエネルギーを無駄にむしり取られてきた事の、
はらわた煮えくりかえるようなリベンジ。もはや戦うことしか道は
なかった。君も同じだろう?さぁ!刀を手にして、武装ボッキせよ!

posted by 家元 at 08:45| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2021年06月16日

新型・地蔵ウイルスに侵された街

photo-1574388628724-c8319d449336.jpg


結局のところ、新型コロナウイルスなんて、日本では流行らなかった。
ちゃんとデータを見れば、最初から最後まで「さざ波」以下だったと、
子供でもわかる。そして大人たちの暴走に、あきれ果てることだろう。

ただし新型コロナは実害がなくても、新型の地蔵ウイルスは明らかに、
日本に蔓延してしまった。それはそれは恐ろしい程、ナンパに反映し、
我々はガクゼンとしたものだ。そして感染した男達は重症化しまくり!

もちろん、以前より地蔵ウイルスは存在していたが、この旧型はまぁ、
気合いを入れたり、工夫したりして、なんとか共存していた。しかし、
今度の新型は脅威だった。アッという間に心が重くなり、苦しくなる。

なにしろ女たちは自粛モードで遊ぶのに消極的で、マスクで顔が隠れ、
無表情に見えてしまう。これがジワジワとメンタルを削り、あたかも、
アンドロイドたちの群れの中に放り込まれたような絶望感に陥るのだ。

そこで大本営は、この新型地蔵ウイルスに対抗するために「PCR」と、
「ラクチン」というトークシステムを開発した。もはや、これナシで、
あんな汚染された街で戦うなんて考えられない。企てないと殺される。

(まず自分自身の活力が殺されないようにするのが、最初の命題だ!)

posted by 家元 at 08:18| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする