2017年03月12日

ナンパ道は死ぬことと見つけたり・・・。

rokumon.jpg



ナンパで最大の難関は、誰が何といおうと、やはり最初の「声をかける」ことです。

ナンパに挑戦した者の多くが、この第一段階で脱落します。めちゃくちゃ挫折する。

その原因は簡単。自分の「脳」の奴隷だからです。延々と考えてばかりで動けない。

そこには、たくさんの選択肢や言い訳と、多くの彷徨える余裕、無駄な時間がある。

だから最初は、ありとあらゆるものを拒否して、「拒否する力」で、瞬間に飛び込む。


この時、ものすごく不安になりますが、大丈夫!最も安定した力を利用すればいい。

それが重力です。この地面に向かって働く、下方向の力に身を任せて、声をかける。

すると、ドシッと大地に足が着き、相手からの影響を受けず、身体は無敵になります。

なぜなら重力こそが、この世で働く力として、唯一といってもいい、1次元的な原理で、

反発する「斥力」をもたない、安定の極みだからです。これを使わずして、どうする?





ところが、残念ながら、この重力を使えない者も多い。つまり、いまだに、地蔵のまま・・。

それもそのはず。なぜなら彼らは、もう1つの安定した力から、逃げに逃げまくっている。

確かに、目の前の「空間」において、最も安定した唯一の力は「重力」ですが、また別に、

心理的、内面的に、最も安定した力があるのです。これを使えば、さらに無敵になる力!

それが「死」です。「死」を意識すれば、何でもできる。瞬間的に声をかけるのも楽勝です。


つまり、声かけれないでグズグズしている男は、死ねない弱者であり、「死」から逃げてる。

しかし本来は、「死」こそが中心なのです。今後の人生、何が起こるか?は、わかりません。

それでも「死」だけは確実。全員に共通して「死」が唯一の真理。そういう意味で最も安定し、

揺るぎないものが「死」なのだから、それを意識すると、心は落ち着き、やるべき事も見える。

自分の中の「死」から逃げず、直面した途端、「死」こそが最大の行動力だと知り、驚きます。





そうして、「空間」で最も安定した「重力」と、「時間」で最も安定した「死」を使って声をかける。

つまりナンパとは、空間と時間が交差した「今」という1点に全てを注ぐ、生と死のダンスです。

だから、ナンパ五輪の第一段階こそが、極めつきであり、その厳かな美しさに、人は感動する。

もちろん、行動自体は単純で、たんに10人声かけることですが、その深さ、強さは、至高です。

(以上、『ナンパ五輪プログラム』の第一段階の配信完了と共に、ブログも第一段階は完了!)

posted by fmtbank at 17:01| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2017年03月11日

戦争の時代に突入する日本(3.11)

iemoto_w1.jpg



東日本大震災から、6年がたちました。あの時、僕らは、大変ショックを受けた・・。

地震だけでなく、津波に原発事故と、大量の死者もあり、衝撃的な事件でしたが、

あれもまた一つの恩恵です。あのショックのおかげで、少しは免疫がつきました。

今後、関東や他の地域で、大地震が起こっても、以前より、冷静に対処できます。

しかし、セカイは、もっと違うメニューも用意しており、僕らは衝撃を受けるでしょう。


それが戦争です。日本は間違いなく、戦争に巻き込まれて、本土で死人も出ます。

そうなると、戦争反対の運動だとか、軍備するなだとか、そんな日和見の意見など、

一気に吹っ飛び、手の平を返したように、「自衛」すべしと、戦争ムードへと傾きます。

そのために911の時のような、なるべく派手な事件が演出されますが、アメリカより、

日本の時の方が、よりヒステリックに軍備一色になるでしょう。これまでの反動がくる。





もちろん、戦争は避けるべきなのは当然ですが、すでに、時代がそちらに進んでいる。

安全神話で生きてきた、世間の「家畜」たちも、自分の安全が脅かされると知ったなら、

途端に、態度を急変させます。「家畜」とは、マトリックスに弱くて、ヒステリックなのです。

そして人間は、あまりにも人口が増えすぎたため、自ら、殺し合いの自殺を選ぶでしょう。

増えすぎたネズミが入水して集団自殺するように、人類も無意識レベルで、戦争を望む。


なお「ナンパ道場」では、日本が完全に戦争モードに入るのは、2021年と予想してます。

東京五輪という「陽」なるお祭り騒ぎが終わってから、「陰」の戦争時代に転換するはずで、

その新しい年号の頃には、まさに「平成」は、なんてノンキな時代だったと懐かしむでしょう。

今はまだ、戦争の時代なんて、リアルな実感はありませんが、東日本大震災の時のように、

ある日、突如、とんでもない事象となって、それは僕らを襲う。その時のショックは凄まじい・・。





ところで、なぜナンパサイトなのに、こんなきな臭いことを書くかというと、戦争が役立つから。

もし実際に起こらなかったとしても(私は確信してますが)、戦争を意識すると行動が変わる。

東京五輪までの3年間をどう過ごして、激動の時代を乗り切るタフネスさを育てていくか?を、

真摯に考えるようになる。この10年代の後半は、陽なる「お祭り」の時代が盛り上がっていく、

最後の大花火の打ち上げなのです。これを楽しまずして、どうする?ただ後悔するだけです。


とはいえ、たんにバカ騒ぎするだけでなく、激動の戦争の時代に備えて、自分自身も育てます。

しっかり、「中心」をとらえて、真なる自信をつける。そのために最も役立つのが、ナンパでした。

ナンパは男をより男らしく、女をより女らしくします。そして、その「中心」にあるのは、実際には、

「死」です。「死」を中心にそえるからこそ、今に真剣になり、戦争の時代さえも逞しく生きられる。

そして『ナンパ五輪プログラム』は、その「死」に捧げられて作られました。「死」こそを祝福せよ!

posted by fmtbank at 16:51| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2017年03月10日

さっそく、ナンパに挫折してしまった人へ

napa1.jpg


さて、早いもので、『ナンパ五輪プログラム』の配信開始から1週間がたちました。

今週は、声かけの基本をお伝えしてきましたが、どうでしたか?(以下がタイトル)


第01号:「超ハイパー・エントランス(1人革命)」

第02号:「まずは地蔵脱出と、続けるためのコツ」

第03号:「トラブル回避と、最も楽な声のかけ方」

第04号:「反応率を高める入り方と、出口の受身」

第05号:「運命の分かれ道、最大の味方を発見!」

第06号:「何でもありの自由を求め、守りを強化!」

第07号:「相手の警戒を解く方法(正統派と邪道)」






最初は「1人革命」から始まり、内容も少〜しずつ進んできましたが、ふと気づけば、

「もう、ついていけん・・・。」という気持ちになった方もいるのでは?それが普通です。

真面目に「1人革命」だけを続けていた方さえ、すでに挫折しているかもしれません。

お金を出してプログラムを購読し、始めたばかりは、誰だってテンション高く、やれる。

しかし、ほんの一週間で、たちまち低下していくのは、もうとっくの昔にわかってました。


だから本日より、二週目に入るにあたり、再び、初心者に対する内容に戻したのです。

それも、以前よりパワフルで即効性のある方法を、時間差でお伝えしました。そろそろ、

最初のテンションを使い果たした頃ですから、投入するには今だ!と遅れて登場です。





このように、凡百のナンパ教材とは違い、ただドンドン、階段式にノウハウだけ進んで、

弱者を置いてけぼりにはしません。毎週救いながら、らせん状に上昇していくデザイン。

二週目は「10人解放行」へと進んでますが、同時に最弱者への内容も含めております。

(ちなみに、明日の第09号は、強烈な叱咤激励になります。さぁ挫折者よ、再起せよ!)

posted by fmtbank at 15:25| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2017年03月09日

標準的な声のかけ方の3パターン

pic_g355.jpg



標準的な声のかけ方、入り方には、大きく分けて、3パターンあります。


1、Qモード (人助け、人聞き、人間違い)

2、Pモード (最初から好意を伝えて入る)

3、Nモード (面白さを狙った、ネタモード)



もっとも自然な入り方は、1の「Qモード」で、まず初心者はここから始めます。

代表的な、道聞きもこれですし、なるべく不自然に思われず、対応されやすい。

続いて2の「Pモード」はポジ入りのことです。こちらは、まだ普通の対応にさえ、

慣れていない場合、すぐフラれた気分になるため、「Qモード」の後に挑戦する。

最後は3の「Nモード」で、これは奇襲戦法ですから、バカにされること前提です。





以上の3パターンの声のかけ方を、『ナンパ五輪プログラム』で今週、伝えました。

ただ、3の「Nモード」は、最後に少しだけの紹介でしたが、こういう邪道を最初から、

やろうとしない方がいい。基本的な方法こそが最強なので、飽きた後でやりましょう。


それはそうと、プログラム開始から1週間がたち、そろそろ、何が起こっているのか?

もちろん、それは挫折者の続出です。そんなこと了承済みですから、お任せください。

posted by fmtbank at 15:08| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2017年03月08日

ナンパは捨てるとこないよ。しゃぶり尽くせ!

1start3.jpg



現在、『ナンパ五輪プログラム』を配信中のため、ブログはお休み状態でした。

やはり、どうしても配信スタート時は、全ての時間、全エネルギーを注がないと、

離陸できないんです。ナンパ同様に第一段階だけは、最も本気に取り組みます。


しかも今回は、自分自身があまりに夢中になってて、毎日、ずっと聞きまくってる。

こんなの初めてです。「最高!」と絶叫しながら、真剣にブラッシュアップする日々。

できれば、限界まで内容をよくしたいので、配信期間の50日は、命を賭けますぜ。





なお、この期間は、ブログは以前より短文で、時々になりますので、ご了承ください。

こうなることは、すでに分かっていたので、最近は、早いところ伝えないとマズイぞと、

ず〜っと毎日更新してきました。ところが結局、さわりの部分までしか書けていません。

ナンパ五輪の第5段階まで書くつもりが、声かけの第1段階さえも、終わらなかった・・。

(最も伝えたかったのは、誰もが一目でナンパがわかる、新しい極意図だったのに!)


この原因は、私が声かけの第一段階について、これでもかと、しつこく書きすぎたから。

どうしても、「地蔵脱出」という基本的なことばかり、肩入れしてしまうんですよ。だって、

ナンパに挑戦した過半数が、この最初の段階で挫折します。これが悔しくて仕方ない・・。

だったら、せめてナンパに挑戦したことが無駄にならないよう、「中心軸」を作ることなど、

実生活でも使えて、人生が変わるような修行を組み込んで、ナンパを体系化したのです。





ハッキリいって、ただ女を追うだけなら、バカらしくて続きません。最終的に、時間の無駄。

たとえ成功しまくったとしても、それに慣れて、ハムスターが同じ輪を走ってるだけになるし、

全然成功しない人にとっては、結果が出るまで、自分を虐めてばかりの苦行になってしまう。

だからナンパの全ての過程から、できる限りの恩恵を得ようとしたのが、ナンパ五輪であり、

もう徹底して、骨の髄までしゃぶり尽くしています。たとえ、すぐ挫折しても、損しないように!


たとえば、まったく結果が出なかった人でも、第一段階の声かけの軸づくりをやっただけで、

パッと瞬時に動けるようになったり、苦手な人と話すのも平気になったりと、成長できます。

以前、結婚式のスピーチが怖くて、声かけを訓練したところ、大丈夫になった人もいました。

そういう感じで、GETできたとか、彼女ができたなどの結果以外に、いろんな変革が起こり、

毎日が変わるものとして、ナンパを体系化しました。どんなにダメな人でも損はさせません。

(これが、全員が救われる道!)

posted by fmtbank at 08:45| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2017年03月03日

ナンパ師の誕生から死まで、12年の記録

death.jpg



本日より、『ナンパ五輪プログラム(50日間)』が、配信スタートとなりました。

これは12年にわたり、実際に録音したナンパ音声を緻密に構成したもので、

ナンパ師の誕生から死までの12年を、全50号の音声メルマガで描きます。

ただし、もちろんメインは、少しずつステップアップしていくノウハウ教材です。


最も意識したのは、できるだけ短くすること。こういうのは長いとダメなんです。

ダラダラ長いと集中できません。サッと空き時間で、繰り返し聴けるのが大事。

だから各号も、約15分前後にして、これが50号あるから、合計は12時間半。

つまり12年ぶんの内容なので、1時間が1年分の凝縮された英知となります。





ちなみに、記念すべき第01号は、やっぱり「1人革命」から。これは欠かせない!

しかも内容は、私が一ヶ月間、毎日「1人革命」を続けた記録を15分に編集して、

聴いているうちに、自分でもやってみよう、続けてみよう、と思う感じを狙いました。

ただし次号は、いきなり、この10年前の実録へと戻ります。今回の教材の強みは、

初心者の頃の音声と、10年後の達人の音声とが、クロスオーバーしていくところ。


すでに慣れた人の安定した実録だけでは、共感しにくいんです。だから、オドオドと、

弱気の中でも頑張っている姿と、その両側から解説し、混ざり合っていくのがベスト。

そうして、気持ちをノセることを第一に、制作しました。すでに、お聴きの通り、かなり

細かく編集しまくり、BGMも使うスタイルです。なぜなら、この世で、最も退屈なのは、

ナンパトークだから。それを承知の上で、面白く聴けるようにと、挑戦した12年でした。

posted by fmtbank at 09:07| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2017年03月01日

ようやく、ナンパ教材で日本一になりました。

!cid_0E14B605-D0B1-47B6-80E8-61D3F13EA033@zaq_ne1.gif



日本で最も効果のある、圧倒的な内容の「ナンパ教材」は何でしょうか?

はい、実は、明後日から始まる『ナンパ五輪プログラム(50日間)』です。

ようやく日本一になれました。こういう自画自賛は、この13年で初めて!

でも仕方ない。もはや私の意志ではなくて、これは作らされた感がある・・。


最終的に、こんな強烈な傑作になるとは、最近までも、予想できなかった。

今年になってからの制作中など、ずーっとワクワクが止まりませんでした。

だけど、これまで購読された人達への感謝を、絶対に忘れてはいけない。

皆様の協力があって、最終的にバケモノのような教材が出来たわけです。





はたして、これを超える教材を今後、誰かが作れるのか?はわかりません。

私は、もう無理。全てやりきりました。女遊びに関しても、一切、悔いはない。

いわば今回の教材は、私の卒業論文であり、最後の「ウィニングラン」です。

そして作品としては、これだけ聴いて!というディレクターズカット版でもある。


特に今回は、あまりに胸が熱くなる、新バージョンのラストにもご注目ください。

全体を通しては、とにかく聴く者をナンパの世界へと誘う、凄みに満ちてます。

時間軸のズラしや、小さなギミックにもこだわりぬいた、珠玉のアートでもある。

飽きずに、何回も聴き直せるよう工夫しました。どうか焦らず、実践してください。


配信開始は、3月3日の雛祭りになります。この日は通称「女遊び」とも言われ、

まさにお祭り気分で、この春を「女遊び」や「空間遊び」で盛り上げていけたらと、

思っています。それでは皆様、明日より最後の50日間を、よろしくお願いします。

posted by fmtbank at 09:04| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする