2018年12月31日

初めて訪れた者へ

ここは独りでナンパを極める者のために14年続いた、情熱ブログです。

お金もなく、若さもなく、ルックスも武器にならないヒッキーが、ひたすら、
ほぼ無一文でナンパを続けると、どうなるか?その14年間の実験です。

なお語り手は『何無派(ナンパ)道場』の家元を名乗る、何も持たざる者。

続きを読む
posted by 家元 at 00:00| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2018年12月06日

太陽の塔への参拝(そして戦争は佳境へ)

taiyou1.jpg


「太陽の塔」へと、参拝に行っておりました。

今年から公開されてる、内部に入るためです。

(すでに帰還したので、通信は再開しました。)


しかしまぁ、「太陽の塔」の魔力は、凄まじい。

その日も嬉しいことがあり、パワーをもらった。

これで残りの日々を疾走できる。では、やるか。

posted by 家元 at 13:10| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2018年12月03日

ブラックアウト!(現在、通信不能)

212.jpg


極秘任務のため、通信不能の状態に入りました。

ちゃんと生きて帰還するまで、少々お待ちください。

posted by 家元 at 14:52| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2018年12月01日

このブログは、今月をもちまして終了します。

pic_b008.jpg


もはや心残りはありません。私は、やりきりました。

心も完全に澄み切っていますし、最高の境地です。

あとは、この一カ月を加速して突き抜けていくのみ。

では、いよいよ、新たな世界へと、旅立ちますかな。

posted by 家元 at 15:00| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2018年11月30日

美しき使徒たちは、セカイからの恩恵である。

0door1-thumbnail2[1].jpg


ナンパを「信仰」にまで高めてやること。これが究極の面倒くさがりの道だ。

すべては「偶然」という神に任せて、自分はラク~に遊んでるだけ。ただし、
この「偶然」というのは、かなり抽象的で、いわゆる偶像崇拝ではないため、
なかなか手を合わせづらい。そこで目に見える形で、偶像化させたのが女。

女そのものは「神」ではないが、女を通して「神」を感じとれる。いろんな感情
が引き起こされるし、明らかに、あなたの心の奥深くを開こうとしてくる「意図」
が透けて見える。とにかく今のあなたにピッタリの相手が遣わされてくるのだ。


彼女によって、あなたは影響を受けて凹んだり、喜んだりと解放されるわけで、
まさに女たちは、「偶然」という神に使わされた「使徒」である。この使徒を通じ、
あなたは自分の道を進むよう、導かれていくが、絶対に他者と違った道になる。

それぞれには、それぞれの道があり、それを見つけるように「偶然」を駆使して、
意外な展開を起こす、この神がかったシステムのことを、「セカイ」と呼んでいる。

これは目に見えている「世界」ではなく、見えないが、裏で支える「セカイ」である。

posted by 家元 at 09:26| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2018年11月29日

ナンパ神宮を持つこと(世間に負けないために)

photo0000-2281-thumbnail2[1].jpg


ナンパという闇の中へ、未開の地へと入るには、相当の覚悟が必要だ。

世間は冷たい。君がいかに準備しようと、無視し、拒絶して、淡い期待を
持たせてから、地面に叩き落す。それが何度も行われて、耐えられない。

そこで我々は、自分の内面世界に、心の支えとなる強い何かを創造する。

最もおススメなのは「神社」で、「何無派(ナンパ)神宮」を建立し、そこへ、
参拝していく。なにしろ神社っていうのは、よく縁結びの神様も多かったり、
実際、結婚式も挙げるしで、まさに男女の神聖な契りの場として合ってる。

だから自分の目の前も、それがどこであろうと、サッと、そういう神聖な場
にしてしまい、たんなるナンパを全身全霊を捧げる、宗教的行事と化して、
執り行っていく。そうすることで、世間の冷たい壁に負けずに、前進できる。



最近、ずっと主張していた「信仰」を持つことの一例が、この「ナンパ神宮」。

神社というのは、神の祀られてる「宮」まで、参道が真っすぐ続いているが、
我々も、目の前の相手と真っすぐ向き合い、心身を清めては、突進していく。

はたして、それがうまくいくのか?そんなことは神に任せればいい。もちろん、
ベストは尽くすが、結果が、どうなろうと、知ったこっちゃない。鳥居を挟んで、
そこより先は、神の領域なので、すべては神が決める。神にすべてをお任せ。

そして、神とは何か?それは「偶然」である。自分の力が及ばない出来事こそ、
美しい。今日、出会う女も偶然そこに居合わしたわけで、さらに偶然うまくいき、
やったー!と喜んでもいいが、そんなの君の実力ではないし、考えなくていい。

今日、出会うべき女は、「偶然」という神が決めてくれる。出会いがない場合は、
1人でいるべし!というだけのこと。全く何の心配もない。この「信仰」は最強で、
自分に責任はなくなり、最終的に「無」に向かう。そして「無」こそが、自由である。

posted by 家元 at 09:58| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2018年11月28日

ナンパをすると、「偶然」を愛せるようになる。

pic_e045-thumbnail2[1].jpg


我々は、自分の思い通りに生きれたら、なんて素晴らしい!と思う。

ところが、すべて思い通りになったら、すぐ飽きてしまい、空しくなり、
逆に絶望してしまう。普通にゲームでも、簡単すぎると面白くないし、
時間つぶしにも、ならないだろう?つまり、思い通りなんて、クソゲー。

だから逆に、自分でコントロールできないこと程、素晴らしいわけで、
いいことだろうが、嫌なことだろうが、究極的には、どっちでもよくて、
「さぁ次は、何を見せてくれるんだい?」と、意外な展開を楽しみたい。

そして、この自分の想定外のことを「偶然」と呼び、これを楽しむのが、
ナンパの醍醐味である。とことん偶然を呼び込み、偶然を利用しつつ、
とんでもない高みまで到達してしまうための修行であり、冒険なんだ。

これは自分の生活が停滞し、あまりにワンパターンとなってしまった者
にとって、自分の未来を拓く、最強の道である。もともと停滞した理由は、
彼が自分の生活から、「偶然」を排除し、ひからびてしまったからである。



今の時代、自分で全て、物事をコントロールしたい者が増えてきており、
実際、スマホを持つようになり、かなり自分の好みで生活を送れている。

それは一見、自由に見えるが、逆にパワーダウンしてしまうのはなぜか?
というと、「偶然」の排除によって、「無秩序」や「未知」から、遠ざかって、
いつの間にか、快適で安全な檻の中に閉じ込められ、家畜化するからだ。

例えば、おいしい店に行こうとしたら、口コミ・サイトを見て、他者の意見を、
参考にしながら、ワンタッチで予約まで出来てしまうし、場所もすぐわかる。
この人工的な便利さは、もう今更、やめられない。しかし、喜びは減ってる。

自分の足で、わざわざ探して、飛び込みで見つけた、おいしい店というのは、
まさに「偶然」の産物であり、それまで何軒も外してしまっていたら、喜びは、
さらに倍増するだろう。この無秩序で整頓されていないのが、ナンパである。

きれいに最適化された君の生活に、「偶然」を呼び込み、「無秩序」と「迷い」
の中で、とんでもない歓喜を見つけること。だからスマートとは、正反対だよ。

posted by 家元 at 15:53| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする