2018年12月31日

初めて訪れた者へ

ここは独りでナンパを極める者のために14年続いた、情熱ブログです。

お金もなく、若さもなく、ルックスも武器にならないヒッキーが、ひたすら、
ほぼ無一文でナンパを続けると、どうなるか?その14年間の実験です。

なお語り手は『何無派(ナンパ)道場』の家元を名乗る、何も持たざる者。

続きを読む
posted by 家元 at 00:00| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2018年10月20日

毎週のように配信しなくて、ごめん!(お詫び)

appearance-1.jpg


まず、あらためて、お詫びしたいのは、夏季の『トーク最強化計画』について。

このプログラムは、開始前にアナウンスしたのと全然違う内容になってしまい、
本当に、すみませんでした。当初は、使える台詞をふんだんに盛り込んでいく
予定だったのが、ひたすら空間把握や意識の移動の訓練ばかりになりました。

なぜか、これが重要だ!と嗅覚が働いて、正解が見つかるまで、しつこい程に、
粘り抜いてしまった。最終的に発見したとはいえ、混乱させて、申し訳なかった。


でもね、使える台詞なんてのは、いくらでも、ネットやTV等に転がってるんですよ。
千も万も。でも結局は、使えないじゃないか。覚えれないし、とっさに出てこないし、
相手に伝わらないしで、到底、使いこなせない。だったら、そんなの集めても無駄!

だから、それを使えるような頭脳と意識と感覚のシステムをプレゼントしようとした。
それがあれば、そこに台詞を当てはめればいいだけだからね。そういったハードが
手に入れば、ソフトなんて入れ替えればいいだけで無限にあるし、後は、自由自在。

そういう意味で、今回の暴走はゆるしてほしい。ただ、よくコツが掴めなかった人は、
来週から、『トーク芸術化計画』というものを始めるので、これも参考にしてください。



あと私は後悔しています。なぜ今まで、もっと音声メルマガを配信しなかったか!と。

振り返れば、これまで、せいぜい年に1回程度で、ひどい時はゼロの時もありました。

どうしても最高のものだけを、お届けしたいと思い、自分が極めたものだけを限定で、
凝った作品として配信しようとしていたため、寡作になってしまったが、これは間違い。

もっともっと頻繁に、というより、毎週ずーっと、最前線からの情報として送り続けては、
諸君の精神を鼓舞したり、後方支援として武器を調達していくべきだった。例えそれが、
まだ開発途上のものだとしても、アウトプットし続けることに意味があったと、思います。


というのも、この夏、『トーク最強化計画』を配信していて、あまりにも、次から次へと、
新しいアイデアが湧いてきて、面食らったからです。用意していたお盆をひっくり返し、
ノープランで突っ走ったら、すでにネタ切れだと、あきらめていた事に爆発が起こった。

孤独に1人で取り組んで、結局、6年たっても発見できなかった極意が、面白いように、
形になってしまった。それもこれも、諸君に向かって配信したからで、他者に向かって、
アウトプットすると、不思議なほどに、新しいものが生まれてくる。それを心底、知った。

私としては、ひたすら諸君の背中を押そうとしていただけだが、気づくと、諸君によって、
私の方が、背中を押された形になってしまった。やはり締め切りがあり、プレッシャーや、
不安が生まれるからこそ、新しい扉が開く。そういうわけで、今後は毎週、メルマガです。

(とはいえ、このサイトは平成をもって終わる。残り少ない貴重な時間を、大切にしたい。)

posted by 家元 at 15:39| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2018年10月19日

あえて、正反対のことに挑戦してみました。

pic_g220.jpg


今年は、とにかく新しいことに挑戦していきます。やった事がないことに。

まず春に『トーク自由化計画』という、音声メルマガをやりました。これは、
今まで実録音声だけで編集していたプログラムを、初めて、家元1人だけ、
たんにノウハウを喋るだけの内容で、お送りしました。すげえイヤでした・・。

これまで大勢の音声を細かくMIXして作っていたのが、自分1人で話すと、
どうしても薄い気がして、何よりも、相手がいる会話なら自由に話せるのに、
部屋で1人で話すとなると、全然、調子が出ずに、最初は落ち込みましたね。

「これでええんか?」という不安が大きく、そのため、台本もキッチリ書き上げ、
それに沿って、着実に、慎重に、検証に検証を重ねて制作しました。あいにく、
ノウハウ自体は、しっかりしたものだったので、最終的にこれは成功しました。

しかも、あらためて訂正したセカンドバージョンまで作り、万全も期したのです。



この成功に気をよくした私は、もう同じことはしたくないと、今度は真逆のことを、
やろうと決めました。次は台本も作らず、すべてアドリブで行き当たりばったり・・。

それが夏の『トーク最強化計画』です。これはトコトン、未知へ、未知へと跳んで、
新しいノウハウを作ろうと、徹底して変化させていきました。「これでええんか?」
という不安が、またしても起きて、最初の3号を作った時点で、深く落ち込みます。

そこで4号では、また台本を作って、キッチリやろうと守りに入りました。ところが、
ここで見つけた「回転」という技が、あまりにも威力があると気づいて勇気が出て、
残りの6号は全部、アドリブのノープランで突っ走りました。批判も覚悟の賭けで。

すると、とにかく検証の時間もないわ、締め切りがすぐ来るわで、ギリギリで作り、
後ろを振り返らずに、最前線を進んでいたら、いつの間にか、最高のノウハウが、
出来上がってしまった。さらに台本ナシで、1人で、いくらでも話せるようになった。

要は、覚醒したのです。ロケットでいう第2エンジンが点火した。ご協力ありがとう!

posted by 家元 at 13:08| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2018年10月18日

失敗作か?成功作か?(お手上げ?バンザイ?)

pic_g026.jpg


ようやく、『トーク最強化計画』の音声メルマガが配信を完了しました。

これは10週間、聴いていた者はわかると思うが、ノウハウものとして、
まれに見る、大失敗作でした。というのも、完成したノウハウなどなくて、
次から次へとノウハウが変更され、訂正ばかり、繰り返されたからです。

すでに配信が終了したにも関わらず、なんと今日も、訂正メールを送り、
先週号の内容を変更している。そしてまた後日、追加メールも送る予定。

いったい、こんなにも変化し続けて、何なんだ?と、あきれた者もいます。

しかし家元は、「最前線のノウハウとは、こういうものだ」と笑うのみです。



実は、今回のプログラムは、ある意味、ノープランで推し進められました。

諸君らを「最強化」する、「激変」を起こす、と大風呂敷を広げつつ、実際、
そこまでの手駒はなかった。ある程度はあったが、そこまで言う程の凄い、
爆発的なものはなく、私にとっても「未知」に満ちてて、非常に不安でした。

ただ唯一、配信中に、それが見つかるだろう、という確信だけがあり、もう、
それに賭けたわけです。だから、手探り状態が続き、とにかく変化しまくり、
最後まで、それが止まらなかった。でも、その結果、どうなったのでしょう?

そうです、日本一、いや、世界一のノウハウが見つかった。これは最後に、
一気に形になっていったもので、真の力を発揮するのは、これからですが、
ここまで希望を持てたのは人生初です。これも『未知』へと跳んだからこそ。

つまり、今回のプログラムは既知ではなく、『未知力』のパワーを自ら示して、
内容自体にも反映させようと企てたものでした。そして最後の最後で勝った!

posted by 家元 at 15:49| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2018年10月16日

『トーク最強化計画』が配信完了しました。

napa1-thumbnail2[1].jpg


10週間にわたる、『トーク最強化計画』が配信完了しました。

最終号は久しぶりにカンヅメ状態となり、もうダウン寸前です。

ブログは明日から再開します。すぐに夏の総括も始める予定。

(その前に、購読者の方へ「追加のメール」をお送りしました。)

posted by 家元 at 12:18| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2018年10月12日

月面へと到達するまでの映画が本日公開。

kPtaTzFx.jpg


本日、アポロ計画の映画『ファーストマン』が全米で公開されました。

月へと到達するまでの物語を、『ラ・ラ・ランド』の監督で、お送りする、
超大作です。日本公開は2月ですが、楽しみすぎて、もうたまんない。

日本のTVでは、もうすぐ『下町ロケット』の続編が始まるし、楽しみに
していましたが、残念ながら、もう宇宙は関係なく、無人トラクターなど、
農業の話になってしまった。有人での月旅行の話なら、よかったのに・・。

あと余談ですが、今日から『大恋愛』というドラマも始まり、もしかしたら、
そろそろ世の中も大恋愛ブームが来るかも?でも主演はムロツヨシで、
ガッキーも出ないし、それはないか。ていうか、ドラマなど、どうでもいい!

あたしゃ、月に行きたい。遥か遠くの彼方へと到達したい。ただそれだけ。

posted by 家元 at 16:06| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2018年10月10日

赤ちゃんを連れた、ママさんナンパ講師?

pic_g117.jpg


何年か前に、「あなたのナンパノウハウを全部、私に教えなさい。」という、
女からの突然のオファーがあった。赤ちゃんを連れた、シングルマザーだ。

彼女は、そのナンパノウハウを使って、内気な男達に教えて解放していき、
救うんだ!という熱い情熱を持っており、断っても、断っても、連絡してきた。

私は会うつもりなどなく、彼女はあきらめたのだが、その2年後、全てを失い、
廃人のようになった私は(フォース・インパクト)、「月」にとりつかれてしまい、
「月」に向かう前に、ふと彼女のことを思い出した。あの情熱は凄かったなと。

そこで、自分が「月」へ向かい死ぬ前に、全てを伝授しようか?と思い立って、
とりあえず1回、会ってみようと思ったのだった。何たって、赤ちゃんを連れて、
男たちにナンパ講習するママというのは、想像すると、すごく斬新で面白い!



そうして会ったのだが、彼女は、まだ第三段階が開けておらず、つまり「バカ」
が出来ない真面目な人だった。これではナンパを教えるのは難しいと判断し、
彼女がもっと「バカ」になるためのワークを考え、半年間はかけよう、と思った。

ナンパを教えるには、やっぱり、教わる男よりも、底抜けに開けてて、「バカ」に
なれないといけない。ただ、彼女の強みは、小さい女の子を連れてナンパ講習
できることで、内気な男でも、先生が女で、しかも幼児がいるとリラックスできる。

だって、聞いたことないでしょう?そんなナンパ講習。でも実際に女の立場から、
アドバイスされたり、小さな子供がいるだけで、声かけた女性たちも和みやすく、
私は、ものすごく可能性を感じていた。だから、初めて、ネット経由で人と会った。

それまで12年間、このサイトを続けてきて初めてのことであり、腰が重かったが、
それだけ新たな希望を感じたのである。ところが、私は、この計画から逃げ出す。



その原因は、彼女の連れていた子供だった。最初に連絡をくれた時は、赤ちゃん
だったのに、ようやく会った頃には、もう2~3歳になっており、時の流れを感じる。

そして、この子が、可愛くて可愛くてしょうがない。もう24時間、ずっと見ていたい。
世話しては成長する様を見守りたい!という、とんでもない魅力を感じてしまって、
ナンパがどうだとかも全部吹っ飛んでしまい、この子のことばかり、考えてしまう・・。

自分でも驚くほど、父性というよりも「母性」が目覚めてしまい、驚いた。普段から、
図書館の絵本コーナーに1人で行ったり、育児の本を買いあさるようにまでなって、
「これは危険!」だと思った。これから月へ行くのに、ストイックさが失われてしまう。

そうして、その子の可愛さに恐怖まで感じ、この計画は自ら、強引に終わりにした。
今考えれば、本当に、申し訳なかったと思う。このママさんに対しても、すまないし、
救われたかもしれない男達にも申し訳ない。結局、ただ、愛をケチっただけだった。

(その後のシビアな1年間を考えるに、間違った選択だったなと思い、ここに懺悔!)

posted by 家元 at 15:58| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする