2020年12月31日

初めて訪れた者へ

ここは独りでナンパを極めるためのサイトです。17年目に入りました。

お金もなく、若さもなく、ルックスも武器にならないヒッキーが、ひたすら、
ほぼ無一文でナンパを続けると、どうなるか?その16年間の実験です。

なお語り手は『何無派(ナンパ)道場』の家元を名乗る、何も持たざる者。

続きを読む
posted by 家元 at 00:00| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2020年10月18日

これからが本番!(時間との戯れ)

time-3863105__340.jpg


ひとまず『極意ミッション』を二カ月間かけて、
配信してきたが、はたして覚醒できただろうか?

もし全然ダメだったとしても、安心してほしい。
普通はプログラム配信期間で、何らかの結果を、
出してもらうことだけを目指して制作している。

しかし『極意ミッション』だけは違って、ただ、
こういう「Zの世界」があることを知ってもらい
ナンパの奥深さを求める心が芽生えれば成功だ。

例えば、見つめるだけで口説くなんて、通常は、
漫画チックだが、実際にあると信じれただろう?
いや、むしろ大昔は、それが主流だったんだよ。



とにかく、この二カ月は、結果を出すことより、
新しいナンパ世界の入口を示すことを目的とし、
真なる実践の本番は、この秋からと考えていた。

そもそも「Z」は、すぐに出来るようにならず、
時間がかかる。だから、たった二カ月でムリ!
なんて、あきらめないで、地道に続けてほしい。

稽古そのものはシンプルだし、気持ちいいしで、
続けることはラク。ただ変化を求めると焦って、
途中で投げ出す。「術」の稽古は、積み重ねだ。

例えば「Z」を習得するには、最も優秀な人でも
レベル1は1日で出来るとはいえ、レベル2は、
1週間はかかるし、レベル3は1カ月はかかる。

さらにレベル4は半年は必要となり、レベル5
まで到達するには、1年かかるだろう。だから、
そういう時間スパンで、焦らず、淡々とやろう!

posted by 家元 at 08:56| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2020年10月17日

それでは20年度の後期に入ります。

clock-2905507__340.png


このブログは21年の3月まで続ける予定です。
ちょうど東日本大震災が終わってから10年で、
区切りもいいため、延長することに決めました。

すでに最も伝えたかった『極意ミッション』を、
発表できたので大満足していますが、それでも、
この冬のコロナがどうなるか?が楽しみなので。

もはや新型コロナは、たいしたことないと大勢、
わかった今でも、感染対策という、おままごと
が堂々とされている中でのナンパは燃えますぜ。



そこで後期は、かなり外向的で攻撃的な内容に、
シフトしていこうと思います。前期はコロナで、
緊急事態宣言から始まって、かなり翻弄された。

だから静なる『Z』の世界をお伝えしましたが、
今度は、これを用いながら、いかに世間と戦い、
常識を打破していくか?の動的な実践編に入る。

ちょうどエヴァンゲリオンの最後の映画も1月
に公開が決定したことだし、全てを終わらせる、
いいタイミングです。さ~てと、暴れますかな。

posted by 家元 at 15:26| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2020年10月12日

これで、やっと肩の荷がおりました。

key-2114459__340.png

ようやく『極意ミッション:Z』が完結したので
ホッとしてます。元々、これは音声プログラムに
落とし込むのは難しいと思い、避けていました。

よく小説とかで、これを映画化するのは難しい、
と言われて敬遠される原作がありますが、まぁ、
あれと同じ。どうも伝えにくさを感じたのです。

なんたって非言語の技術を音声で表現するのは、
矛盾があります。そして、そもそも『Z』とは、
あまりに単純なやり方なので、尺も心配でした。

例えば、トークの『芸』の世界ではドンドンと、
ネタが増えていくが、『術』の世界はドンドン、
無駄がそぎ落されては、簡略化されていくから。

ノウハウが足し算ではなく、引き算になるので、
内容が薄くならないか?という不安もあったが、
これは杞憂で、むしろ逆に尺は足りなくなった。

(だから追加の第10号を制作したわけです。)



しかし最大の杞憂だったのが、はたして諸君が、
受け止めてくれるか?という心配でした。実際、
私は周囲の人達から、かなり拒否を受けてます。

「ウソつき」「ありえない」と相手にもされず、
特に男たちからは無視されて、ビックリする程、
まったく伝わらなかったので途中であきらめた。

なので発表がズルズルと遅くなってしまったが、
ハッキリいって、もっと早く発表すべきでした。
だって思いのほか、すんなり受け入れてくれた。

私は諸君を過小評価していましたね。もう全然、
世間の男たちとは違う!もう、すぐに『Z』を、
当たり前のように信じて、稽古を始めてくれた。

考えてみれば、こんな内向的すぎるマニアックな
ブログを読むような人だから、それも当然です。
もう、あなた、普通じゃない。変人です。最高!

(以上、これにて最後のキーをお渡ししました)

posted by 家元 at 13:52| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2020年10月10日

普通の催眠から、非言語催眠への進化

22.JPG

212-thumbnail2.jpg


人と人とのコミュニケーションは見えるものと、
見えないもので行われる。言葉は音波であるが、
理性で意味をとらえるため、見えるものである。

例えば催眠術なんかは、3つ数えると、あなたは
動けなくなります!などハッキリと伝えるので、
わかりやすい「陽」の伝達になり、かなり単純。

だが催眠術は同じセリフを言ってるのに、なぜか
人によって上手い、下手が出てきてしまうのは、
言葉ではない、見えない何かが関係するからだ。

それは無意識から無意識へと伝達する「術」で、
一般の人は、これに気づけない。無意識ゆえに、
つかみどころがなく、訓練しようとも思わない。

この隠されたダークサイドの術が「Z」であり、
それをナンパに活用しようと、私は長年、奮闘
を続けてきたのだが、ようやく完結して嬉しい。



ちなみに上の画像で、おなじみの舌を出してる、
イエモトのマークが『ブラックミッション』で、
言葉を使った催眠術のプログラムを示している。

そして、その下の真っ暗闇が『極意ミッション
となり、言葉ではない、非言語の技術を表して、
両者の違いを区別した。とはいえ両方とも必要。

だから、当初の予定では『ブラックミッション』
の後に、すぐ『極意ミッション』を発表しようと
考えていたのだが、まだ難しすぎると判断した。

ある程度は瞑想したり、自分の体を感じたりと、
内宇宙を開発するトレーニングに慣れなければ、
まったく糸口さえ、つかめないだろうと思った。

ゆえに、その間に『ホワイトミッション』という
内向するプログラムを挟んでから、満を持して、
発表した。これで多くが受容できたので大成功!

posted by 家元 at 15:07| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2020年10月08日

ブラックミッションとの統合でした。

22.JPG


今週の『極秘ミッション』では、最後の最後で、
おなじみの催眠術が出てきて、統合させました。

たんなる言葉を使うだけの「催眠」と非言語の、
「Z」を掛け合わせることで最強の武器になり、
初めて「術」の世界は完成するといってもいい。

なので「Z」を知ってから、あらためて催眠に、
取り組んでみると、自分でも驚くほど、結果が、
出るようになったりします。極意を知ったから!

そこで今度は久しぶりに『ブラックミッション
を1号から聴きなおしてみてください。すると、
また以前とは違った景色がハッキリ見えてくる。

実際、あの中でも「Z」を多用していましたが、
多くがついてこれないと思ってカットしていて、
『極意ミッション』で初めて公開したわけです。

posted by 家元 at 15:17| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2020年10月07日

ブラック!ブラック!ブラック!

212-thumbnail2.jpg


本日、『極秘ミッション』のラスト、第10号を
配信します。当初は短いオマケのつもりでしたが
結局、盛り上がって、フルの本編となりました。

タイトルは「ブラック!ブラック!ブラック!」
です。なぜ、この題名になったかは、聴いたら、
すぐに納得することでしょう。それでは後ほど!

posted by 家元 at 08:56| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする