2005年09月01日

ナンパは飽きる

今までなかなか書けなかったのですが、
実は、とても重要な注意点があります。

私に次々とふりかかった、
ナンパの落とし穴です。

それは以下の三つ。


1.義務化、空洞化する
  (ナンパが空しくなり飽きること)

2、所帯を持つ
  (大好きでもない特定の女性とばかり会うこと)

3、ダークサイドに陥る
  (やばい女性が原因で、精神的に不安定になること)


あー、嫌だ、嫌だ、恐ろしい。

こんなことになるなんて、全く予想がつきませんでした。

この春、東京をメインにしてからというもの、
最初の頃は、やたらGETしまくっていたのです。
大阪で培ったパワーを、東京にぶつけていました。

このブログも、ほとんど更新しなくなってしまい、
そんな暇があるなら、外へと飛び出したかった。

しかし、次第に雲行きが怪しくなっていき、6月には、
やる気が全く出ず、ずっと体調を崩していたのです。

その原因は、ナンパに慣れてから初めて起こりうる、
上記の落とし穴です。見事に、はまってしまいました。


今回は、あなたにも降りかかるかもしれない、
このナンパ3つの洗礼を、お伝えいたします。

特に、少しナンパをやって辞めてしまった方、
または、以前は、かなりナンパをならしたのに、
すでに過去の話になってしまった方、必読です。

今回は、その中で最もお伝えしたかった、

1.義務化、空洞化する

を、歯を食いしばって、お送りいたします。





ナンパは、ハッキリいって、飽きます。

よくナンパ歴10年以上の方がいますが、
そういう方は、だいたい週末だけやったり、
さらに、一ヶ月に1回だったりします。

ところが、毎日のように長時間やり続けると、
アッという間に上達しますが、劣化も早いです。
えらく消耗してしまいました。飽きたのです。

女に飽きたというのではなく、ナンパという行為に飽きる。

これをお読みの中で、わかる方もいるのではないでしょうか?


昔ナンパばかりして、今は合コンばかりというシフトチェンジも、
よく見うけられます。それは仕方ないことです。

せっかく声かけたのに、無視されるのは面倒くさいでしょう。
だったら最初から会話はできる、楽しい合コンのほうがラク。
そうして、ちょっとブランクが空くと、出来なくなったりします。

友達と飲んだ時には出来るけど、一人では出来なくなる。

そのまま時間がたち、ズルズルと所帯を持ち、
もうええねん、と疎遠になってしまいます。

そうしてあなたは、まるで、しっぽのない精子、
ただの頭しかない残骸に成り果てるのです。

もう動けない。

丸くなったなぁ・・。

昔は無茶したよなぁ・・。





●義務化、空洞化について

以前は、とにかく大勢に声かけていくことこそが、
ナンパに慣れる王道だと強く思っていたものです。

女慣れするためだと、顔も見ずに声かけていました。
声かけてから判断すればいいやという、やり方。

何も考えないで自動的に声かけるため、
この方法を「オートマ」と呼びます。

しかし、これをやりすぎてしまったため、
必要以上に、変なクセをもたらすことに・・。


たいしてタイプじゃなくても、体が勝手に動いてしまう。
まるで貧乏症のように、声かけなきゃ損!損!なんて、
気づいたら、話しかけている。

たとえば、派手で気の強そうなヤンキー五人組とか、
声かけてどうすんの?という相手でもいってしまうし、
また、すぐにSEXに応じてしまうような女にも、
下品だなと思いつつ、ついつい話しかけてしまう。

声かけなかった時は、負けたような気持ちになったり、
それにしては、相手がいい反応をくれても、嬉しくない。

だって、好きなタイプじゃないんだもの!


これは時間のムダではないのか?

なにか不自然ではないか?


最初は、声かけれること自体が楽しくてしょうがなかった。
まるでハイハイから、やっと歩き始めた赤ちゃんのごとく、
目を輝かせて、ヒョコヒョコ歩いてナンパしていました。

ところがナンパが日常になってくると、
どうしても、飽きてくるんですね。

嫌いではないけど、なんか空しい・・。

そんなジレンマに陥っている時に、
ある方からCDのご感想をいただいたのです。


> 初めて声を掛けてみました。
>
> 10人に声を掛けて、すべて撃沈。
> でも、落ち込んだりしてません。
>
> フミトバンクさんのようには会話を続けることが出来ませんが
> 今のところ罵声を浴びるようなことはまるでないし
> 完全無視する人も思ったより少ないと言うことだけは
> 身をもって知ることができました。
>
> それに、たとえほんの一言二言でも可愛い女の子と話すのはたのしい!
> (僕は可愛いと思う女の子にしか話しかけません)
>
> そんな訳でまだまだ先は長いですが
> CDを覚えてしまうくらい聞き込んでこれからも頑張って行きたいと思います。
>
> (東京都 ブロードウェイさん)
>


ご感想の一部を掲載させていただきましたが、
私は大変ショックを受けたものです。

(僕は可愛いと思う女の子にしか話しかけません)
という部分です。これは当たり前ですよね。

当たり前なのに・・、当たり前なのに・・、

最近の私は、出来ていなかった!





というのも、新しい声のかけ方を開発していたので、
反応率を調べるため、声をかけまくっていたのです。

無駄だらけの声のかけ方をしていました。
前述した「オートマ」という声かけです。

片っ端から声かけていき、自分のタイプでない人には、
こちらから話しかけたくせに、後から断っていきます。
要するに、声かけてから相手をちゃんと見るわけです。

そうして声かけ続けていくと、もちろん可愛い子に当たります。
そうなると今までの流れで緊張せずに、対応できるわけです。

これをオートマ(全自動)と呼ぶ声のかけ方として、
実践していました。すんごいラクだったからです。

これは初心者の方が、最初にナンパ慣れするには、
経験値が短期間で、異常なほどアップするため、
最適です。スタンディング拍手をしてもいいくらい。


ところが慣れてからも、こればっかりやってたら、
ちょっと問題ありですよ。飽きます。目が死にます。
もっぱら義務的になり、疲れちゃいます。

やはり、大量に声をかけていくと、どんなに自分のタイプだろうと、
個人に対する差異の感覚がマヒしてしまい、トキメかなくなります。

どんなに可愛い人でも、みんな同じに見えてくる。

それはそれは、大きなマイナスです!

もう相手が、誰が誰だかわかんなくなって、
一人一人の印象が薄まってしまいました。

だからこそ、まったく意識しなくていいので、
平気で話せるわけですが、これでいいのか?

うんにゃ、よくありません。


私が間違っておりました。

慣れたら「オートマ」は辞めたほうがよいです。
ナンパがつまんなくなり、飽きやすくなります。

もちろん初期は、リラックスするため大勢に声をかけ、
自分の強張りを徐々に解いていくことが必要です。

しかし慣れたら逆に、わざとプレッシャーを求めて、
緊張するほど、可愛い女だけにいくといいです。

そうすると、またアタフタできるし、
新鮮味が取り戻せるでしょう。





また、話すことがいつも同じになるという問題もあります。

目をつぶっても、お得意のフレーズが出てきて、
同じパターンで会話してしまうなんて退屈です。

ナンパを続けていたら、試行錯誤を忘れ、
いつの間にか、そうなってしまいました。

そこで、新しい方法を開発しようとしたところ、
今度は反応率を調べるために、声をかけすぎて、
女性に対してのトキメキをさらに失ってしまった。

これは何たる、悪循環!


あぁ、初心に戻りたい・・。

ちょっと話せただけで「夢みたい!」
と有頂天になっていた頃へ・・。

いまや、すぐにSEXできても、
「うん、まぁまぁ。」


とにかくスリルが欲しい。

リスクを負いたい。

顔を赤くして、声かけたい。


これからナンパを習得する人が、
非常に、うらやましいです。

その過程で様々な感情を経験し、
一喜一憂できるのですから。

自分自身をゆっくりと開拓していく、
その面白さ、その喜びは極上です。

posted by fmtbank at 10:31| Comment(1) | カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2005年09月03日

ナンパにスランプはつきもの

実は、これまでに1度ならず何度も、
飽きては辞めようと思ったナンパ・・。

その度に、焦りまくって無力感でへばり、
自己嫌悪に陥ってしまったものですが、
今では気にする必要がないとわかりました。

周期的にそんな気分が襲ってくるのは当然で、
四六時中、イケイケのほうが不自然でしょう。
(あなたも、そうではありませんか?)

特に、成長する前段階の時には、決まって、
どこか行き詰まった閉塞感が待っています。

そんな時には、「よーし!来た来た!」と、
あえて、淡々と頭から突っ込んでいくと、
不思議にいつの間にか脱しているのです。


たとえば、無視ばかりで全然相手にされず、
欲求不満がつのり、もういいやとばかりに、
すぐ体にさわったらSEXまでいってしまい、
こ、こういうのもありか!と目覚める。

または、女との会話に飽きて途中で打ちきり、
「もういいですよ。あきらめました。」
と去ろうとしたら、相手は寂しそうな表情・・。
そうか!押してばかりじゃダメなんだと分かる。

本当は臭くないのに「お前、臭いよ。」
なんて傷つけるつもりで放った言葉が
逆に殺し文句となってビックリ仰天し、
そうか、ケナすのは使える!と知る。

苦しい時に、ちょっとだけやり続けると、
投げやり感が、やがて開き直りに繋がり、
思いもかけず問題が解決されたりもする。

そうして潜り抜けるたびに、新しい地平が
目の前に広がって、マイナスがプラスへと
転化されて、急成長していくわけですね。

そして、その成長には、終わりがないのでしょう。





とにかく、ナンパという営みは、まだまだ未開拓です。

女性に慣れるため、誠実に会話して恋人をつくったり、
たんにSEXだけを求めてひたすら「GET!GET!」
なんてものが、ナンパにまつわる先入観でした。

しかし、これまでのやり方をなぞるだけで、
新しいイノベーション、創意工夫がないと
物足りないので、さらに発展させます。

これからも、よろしくどうぞ。


●まずは標準的なナンパを習得してから、
 一緒に新しいナンパを開拓しましょう!
 ⇒基礎なんて簡単、簡単、ナンパCD
posted by fmtbank at 04:01| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2005年09月04日

ナンパが退屈になる原因

最初は、おっかなビックリだったのに、
ずっとナンパを続けていれば例外なく、
自分の得意パターンができあがります。

それを作り上げるまでの試行錯誤こそが、
感動に満ちた、真の醍醐味かもしれません。
思い返してみても、目頭が熱くなってきます。

しかし得意なので、そればっか繰り返すため、
次第に色あせて、トークに新鮮味がなくなり、
普通に話してても、つまらなくなるのです。


変化をやめてしまうと、淀んでしまう。

森羅万象、みな同じ。


そして、ナンパはダメな時は本当にダメなので、
そういう時に、これは時間の無駄ではないか?
など、ぼんやりと疑問が頭を持ち上げます。

さぁ、やめる時が来なさった!

すでに飽和状態だ!





ナンパは芸術なので、理路整然としたものではなく、
身体、感情、思考、全てを使う、混沌としたものです。

常に変化、イノベーションがなければ意味がありません。

特に、私は飽きっぽい性格なので
変化し続けないとダメなんです。

女をいつものように口説くだけでなく、どうせなら
頭がおかしいんじゃないかと思われるようなこと、
今までの常識とはケタ外れに違っている位のこと、
そんな驚きに満ちたことをしたい。

それは可能でしょうか?


Oh,Yes!

そうして試行錯誤し、葛藤の中であがきながら、
ようやく、新しい地平が見えてきました。

タイミングが良かったです。
ちょうどその頃、一通のメールが届きました。

(以下、急成長した勇者から)

---------------------------------------------------------------

フミと師匠! 大阪のハリウッドスターです。

もう、ブログは、書かないんでしょうか?

確かに、ナンパCDが完成したので、もう、俺達

に伝えるものが、なくなって、しまったとおっしゃる

意味もわからない訳では、ありませんが、俺的には

ナンパと言うよりも、毎回 楽しみにしているコラム

的要素が、強いです。小学校の理科のふなの解剖

のように、何度も、何度も、同じ事を反復して、伝え

て行けば、いいと思うのですが・・・ 人は、すぐ、行 

動に移す人と、まったく移さない人が、いると思うの

です。(俺も昔は、行動に移さない人でした。) でも、

もう、おじさんだし、お金も持ってない。でも若い女の

子とエッチしたい。ナンパ初めて見よう! でもやっ

た事がないので何か指南書が欲しかったんです。そ

んな時、師匠の「タダでナンパする」に出会いました。

今では、本当に、声かけが自然にできるようになった

と思います。(師匠のレベルの会話や、body タッチ

は、まだまだ、ですけど(笑) 師匠に俺のようにもっ

とたくさんのナンパへたれを救って欲しいと思います

お願いします。メルマガとかも、また書いて下さい。

                大阪のハリウッドスター

---------------------------------------------------------------

こんな誤字混じりの嬉しいメールをいただき、
さらにやる気を取り戻しました。感謝です!

一時は、やめるつもりだったブログも、
多少はサボりながらも復活しました。

とにかく、新しいスタートです。





私は再度、ナンパの可能性を発見できたので、
全精力をその新しいナンパの実験に賭けます。

同時に今まで通り、自己啓発的に、
ナンパへの参入も呼びかけます。

ここまできたら、もう使命です。
とりあえず、やれるだけのことはやります。

自分を投げ出して変革する勇気のある弱者。

つまり、あなたがいるからです。


勇者は、最初から強いのではない、

弱いのに、前に飛び出すから勇者です。


私は、ムラッ気たっぷりの勇者となりたい。

完璧なんていらない、一生、未熟でいたい。

そして、一人でも行動できる勇者のあなたを
同志として、これからも励むことを宣言します。

以下、私の活動は、

1、弱者がナンパできるようになる革命
2、ナンパそのものに対する新しい革命

この二本柱で展開していきます。

posted by fmtbank at 06:08| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2005年09月15日

ナンパの原点に戻る!(跳躍のススメ)

私はナンパにおける声のかけ方を2種類、
「オートマ」と「マニュアル」などと、
車の運転のように呼んでおります。

「オートマ」は自動的に、ちょっとでもいいなと思えば、
片っ端から声をかけていきます。まるでベルトコンベア。
からかって遊ぶスタンスで、ナンパに慣れる際に最適です。
(注意:現在のオートマとマニュアルの定義は違います)

一方、「マニュアル」はドキッとした時、
つまり極上の好きなタイプだけにいきます。
だから声かける人数は極端に少なくなるでしょう。
そんなに驚く程、いい女はたくさんいませんから。

そしてバツが悪いことに、好きなタイプは、
探そうとしてウロついている時ではなく、
日常生活で突然、現れたりするのです。

本屋でバッタリ!とか、自分が親といる時だったり、
また、ジャージ姿だったり、用意していない時です。
そんな時に限って、女神は現れます。


これは、あなたへの挑戦状です。

どうだ、声かけてみろよ、と。
勇気を出して、瞬間、死んでみろよ。
ほら、身を投げ出してみろよ。

そしてあなたは顔を真っ赤にして、
声をかけます。おめでとう!


「あのー、す、す、すす、すいません。」
     (歯をガチガチ鳴らしながら)


ここに声かけの、最大の醍醐味がありました。

とてもじゃないけど、声かけれないという状況こそ、
行動した後の充実感は、底知れぬものがあります。
それは、うまくいくいかないのレベルでは論じられません。

そのあなたの跳躍が成功をもたらすのは、
一生に数回、いや、1回だけかもしれない。

しかし、それだけでも充分でしょう。

なぜなら、声かけた時点で報われているから。

死ぬ前に後悔する原因が、一つ消えたから。


ところが、意外にもトントン拍子に、成功してしまい・・。

あなたは、すさまじい喜びの感情に巻き込まれ、
どうにもこうにも、舞い上がる気持ちを押さえきれない。

話してるだけで、涙があふれる。

恋だの愛だの、言葉はどうでもいい。

存在を貫く、激しい陶酔の予感・・。


これだよ、これ!

下手にナンパ慣れてしまい、損しました。
私はシャイに戻りたい。いや、戻ります!

結局、ナンパなんて上手くならないほうがいいと、
最近は強く思っております。オドオドしながら、
思いきって声かける。それが一番美しい!

足はガクガク、態度もボロボロが最高!

それこそが本気です。慣れたら終わり。





そもそも、なんでナンパなんてものを、
本気で取り組むはめになったのか?

その原点に遡って考えれば、すぐわかります。

元を正せば、ナンパなんて言葉を知る以前、
可愛い子を見かけた時、非常にドキドキして、
話しかけようと思ったのに、怖くてできなかった。

つまり、やりたいことから目を背け、
逃げてしまった、誰にでもある小さな出来事。
そんな経験が積もり積もった、ただそれだけにつきます。

そこに様々な雑音、知人からのナンパ自慢や雑誌など、
混乱させる、難しくしてしまう、結果的には遠回りさせる、
不必要な情報が入り、振りまわされてしまったわけです。

そして、ここに来てようやく、長年積もりに積もった
ガラクタを処分できました。今はスッキリしております。
まるで子供のようにフットワークが軽くなりました。


しかし、達成感は全然ありません。

やっとゼロに戻ったという感じです。
これからが真のスタートと言えましょう。

これからは、より素直に本音で、
さらに革新的に展開する予定です。

今回は、以前と矛盾するような、
「跳躍」についてお伝えしました。

ナンパなんて、ダメな方が素晴らしい。

いわゆる原点回帰です。

posted by fmtbank at 10:20| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2005年09月18日

ナンパは総合格闘技、柔術だ!

ナンパだろうが、総合格闘技だろうが、
物事は何でもリラックスが大事です。

ところが、女性に慣れていない内気な人は、
需要は大きいのに、結果ばかりに囚われて、
視界が狭まって鈍感になり、自爆しがち。

構えずにリラックスしながら過程を楽しんで、
目の前の相手に共感することが大事なのに、
完全に逆の状態になってしまうわけです。

皮肉なことに、女を軽く考えている人のほうが、
相手を喜ばせることができ、うまくいきます。
慣れているし、変な力みがないのです。


あなたは力めば力むほど負けるでしょう。
不安定になり、ムダに消耗するからです。

そして、あなたは力を抜けば抜くほど、
いつの間にか、主導権を握っています。
タックルして寝技に持ち込んでいます。

ナンパは漢字で書くと「軟派」です。

やわらかーく、攻めていきます。


ナンパはいわゆる柔術、

総合格闘技なのです!


というわけで、ナンパ柔術を習得して、
初対面のレディから一本とりましょう。

とはいっても、あせらないで!

ゆっくり段階的に進んだほうが、
結果的には、ウハウハですねん。





まず、ナンパ柔術では、
(心⇒技⇒体)の順番で、
訓練していきます。

ナンパの訓練場所、つまり道場やジムは、
基本的に、地球上ならどこでもありです。

訓練する時間帯も、日常生活すべてで、
できるだけ機会を見つけては試します。

ただ初期の、大勢に声をかける稽古では、
時間をとって、人が多い街に出ましょう。
近所でやったら、アッという間に有名人です。

それではナンパ柔術の基本からスタート!


1.「心」=声かけ

まず入門者は、声をかけることを習慣にします。
最初から可愛い子だけにいける人もいますが、
普通はビビってしまって、ぎこちなくなるでしょう。

または物色してたら、時間だけたってしまい帰宅・・。
何やってんだ!と自己嫌悪など、よくあるパターン。

相手を選ぼうとすると、その度に考えこんでしまい、
消耗しやすく、行動できないケースが多いようです。
ですので考えずに、もう片っ端から声かけます。

え?そんなの無理だよ!と思うかもしれませんが、
一声かけるだけなので、意外に楽勝です。

多くの方が、ナンパを始めてすぐ脱落するのは、
わざわざ無視してる女にも会話を続けようとし、
頑張りすぎてしまうという、理由もあります。

そうすると、自尊心が傷ついて疲れ果て、
ナンパなんて、すぐ嫌になっちゃいます。


最初は、とにかく苦痛を覚えやすいので、
わざわざ粘って、気まずい思いなどせず、
できるだけ反応がいい人だけと話します。

一声かけてダメだったら、
アッという間に次にいく。

すると、必ず一定の割合で、
最初から好反応な女はいます。
それを実感してください。

トークはボロボロで構いません。
ヘタな心理学の知識なんかあっても、
どうせ使えません。余裕ないっす。

もし何も話題が浮かばなかったら、
素直にそう言えばいいだけです。
それでバイバイなら、それでOK。

また、いくら反応が良くても、
いまひとつ変な人だったら、
もちろんバイバイ。


つまり、まずは声かけてしまい、
好反応の女の中から選ぶんです。

いちいち選んでから声かけるのは、
気負わなくなってからの方がいい。

選んでいると声かけてない時間がもったいないし、
おそらく、いろいろと考えすぎてしまいます。

「あ、あの子ゆっくり歩いてるな、どうしよう?」
「でも足太いしな。ミニスカは凄いそそるけど。」
「あ、店に入った。出てくるの待とうかな?」
「いや、あそこの女のほうが、でもなぁ・・。」

そして最後には、

「雨降りそう。今日は日が悪い、帰るか。」


ナンパは明らかに反射的にやるもので、
考えながらやってたら、ちょっと辛い・・。

迷いが生まれて、ついタイミングを逃すし、
マイナス思考にも縛られてしまいます。

だから最初の頃は、やり方にはこだわらず、
声かけに慣れるまで、とにかく量!量!量!

考えるのは自分のお家に帰ってからでいいし、
無心になってやれば、センスが磨かれます。

センスというのは、量でしか培われません。
だから、もう時間を圧縮して声かけまくりです。
徒労感を感じるヒマがない位の勢いでもって。

モチロン、あまり長時間やると大変なので、
短時間に集中してやるとといいでしょう。


なお、この時期は、声かけた人数を数えましょう。
反応率が低いなー、とガッカリするためではなく、
これだけ声かけたぜ!と自信を持つためです。

何らかの達成感がない限り、続けるのは難しい。
なかなか結果が出ず、楽しいトークができないなら、
質より量でもって、自分をめいっぱい励まします。

この、いかにも地味な基礎訓練を続けるうちに、
質は後からついてきますから、大丈夫です。

次第に開き直って、腹が据わってきます。
反復した行動によって、心が変わるのです。

あまり考えなくなって心が澄み、
ナンパ神経が目覚めてきます。


声をかけるのに抵抗がなくなってきたら、
もう人数を数える必要はありません。
すでに「心」の稽古は卒業ですので、
自由にピンポイントで声かけてください。

しかし私のように、ひどく内気な性格の場合、
ブランクが空くと、すぐに声がかけにくくなるため、
毎日ほんの数十分でもこの稽古をするといいです。

ジムで汗を流すより、気持ちいいですよ!

何て表現したらいいんでしょうか、
頭の中の自意識過剰でムダなものが
全部、キレイに排出される感じです。

これぞ、ナンパ・デトックス!

身心ともに、スカッとします。

この解放感が、やめられまへん!





●基礎なくして「技」はなし

以上は総合格闘技でいえば、基礎体力の部分です。
ナンパする体をつくるという意味あいもありますが、
その本質は「心」という内側がメインテーマです。

あなたの内側には、今までかき集めたノウハウや、
他人の成功談が雑然と転がっているかもしれません。

未知のことをやるのは不安なので、どうしても、
安心したくて知識にしがみつきたくなるのも当然。
しかし皮肉なことに、知識は邪魔になります。

他人のナンパ日記などは読まないほうがいいです。
他人の成功談ほど、害になるものはありません。

考えすぎたり、他人と比較することは混乱を生み、
「これでいいのか?」と、自信をなくすだけです。

いったん全てを忘れて、ゼロになってください。


ナンパ中には、できるだけ考えずに、
精神状態をフラットにもっていきます。

ナンパ初心者の場合、傷つきやすく、
頭でゴチャゴチャ考えてしまうため、
とにかく無心になることが最重要!

どんな声のかけ方がいいのだろうか、とか、
がんばって相手を楽しませなくては、とか、
全ての気負いは、空回りにつながるのです。

ハートで感じるためには、頭は黙っててほしい。
どうせロクなこと考えないから。そのためにも、
わざと単純作業化して、淡々とやりきります。

声かけるのが当たり前という、心の変化が訪れ、
その心境で初めて「技」を使いこなせるのです。


今回は、総合格闘技にからめたナンパ柔術の、

1、「心」=声かけ 

をお伝えしました。引き続き、

2、「技」=会話 
3、「体」=タッチ

の概要は、また今度にいたします。


●いつになったら「心」「技」「体」は完結する?
 早く「体」を発売しろとの声多数。⇒ナンパCD
(「体」のナンパCD『接近編』は、いまだ販売停止中)





<2012年後日談>

上記の説明に訂正があります。

最終的に、ナンパ柔術は、

1、「体」=声かけ 

2、「技」=会話 

3、「心」=一体化

というように、最初に体を動かし、
最後はタッチよりも、心を一体化
させれば全てうまくいくという結論。

順番は「体」⇒「技」⇒「心」です。

どうか、勘違いなさらないように!

posted by fmtbank at 12:50| Comment(6) | カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2005年09月19日

ナンパは必ず予想を越える

ナンパは短時間でもできます。
「仕事で忙しくて」なんて言葉は、
もしかしたら言い訳かもしれません。

わざわざナンパのために時間をとらずに、
日常生活で実践するだけでも充分楽しいし、
かえって、うまくいきやすいものです。

ナンパなんて、するつもりがなかった時に、
突然、可愛い子が現れ、つい声かけてしまう。
こんなに自然な出会いはありません!

トントン拍子にことが運んでしまうのは、
決まってこういうケースが多いんですが、
こちらに心の準備がないためビックリして、
腰がひけてしまうこともあります。

以下、そんな日常生活の声かけ
に関するご報告です。

ナンパCDの感想として、
送っていただきました。


--------------------------------------------------------------

CD楽しく聞かせて頂きました!

CDを聞かせてもらってから早速街に出てのですが、
最初は考えすぎてなかなか声を掛けれませんでした。
自分は理屈が先に来てしまってなかなか行動に出られないのです。

でも今日仕事場の近くの駅に行ったら、かわいい子が喫煙所で
タバコを吸っていたので思い切って声を掛けてみました。

もの凄い緊張してたのでうまく喋れなかったんですが、
お茶に誘ってみた所なんとOKしてくれたのでびっくりしました(笑)。

その後は全く想像してない展開だったので
うまく喋れませんでしたがすごく楽しかったです。

今日声を掛けてみて思った事はフミトバンクさんがおっしゃる通り、
声を掛けなければ何も始まらないと思いました。
女性との出会いもそうですし、声を掛けてする会話も
このままやり続ければ、やがて慣れていくだろうなと感じました。

ボクシングのスパーリングみたいなもんですよね!

今日は女の子とお茶をした事よりも、
それを感じる事が出来たのが凄い嬉しかったです。

それと同時に別に特別な事をする事はないんだ!
という勇気も貰いました。

(神奈川県 この夏ブレイクさん)

--------------------------------------------------------------


いやー、実に素晴らしいですね!

特に、女の子とお茶したなんてことよりも、
自分でもやれば成長していくという実感を
持てたことを喜んでおられるところがいい!

やはり人間は、食事やSEXも気持ちいいですが、
自分の可能性がパーッと広がり成長することが、
最大の快感なのではないでしょうか。

自分の成長のために、女を使わせてもらいましょう。
だからマイナスになるような女とは、すぐ離れましょう。

女はあくまで脇役で、主役は自分です。





あなたもナンパで心を解放していき、
自己の成長を実感してみませんか?

どうせ死ぬのに、なぜ生まれてきたんだという、
短い一生ですから、安っぽい慰めなんかよりも、
リスクを負って、真の快感を経験しましょう。

ナンパを続けていると、自分の予想を
越えてしまう出来事が必ず起こります。

ただのお茶だろうが、SEXだろうが、
そんなのはどうでもよく、「え?いいの?」
という拍子抜けする程の嬉しい体験ですね。

これは期待していないときに起こりやすいので、
とにかく軽い気持ちで続けてみてください。


●久々に、ナンパCDのご感想を更新していきます。
 お送りくださった方々、ありがとうございました。
  ⇒ 勇者の声はこちら(産声、歓声、罵声など)
posted by fmtbank at 10:18| Comment(4) | カテゴリ無し | 更新情報をチェックする