2006年04月08日

ナンパは続くよ、どこまでも

すでに、ナンパの本格的な季節に入りました。

これからナンパデビューする方は、もちろんのこと、
ナンパをごぶさたしている方々にもチャンス到来です!

ナンパというものは、いったん辞めてしまっても、
またしばらくして再開したり、何度も休みをはさんで、
長く続けていくものであります。それが普通です。

だからこそ、この春という快適な時節に、
ナンパ休止中の方も、挫折してしまった方も、
新たな意識で再スタートしてみてください。





やめては続け、やめては続け、その繰り返し。

調子も上がったり下がったり、面白いように周期があります。

それに気づけば、一本調子じゃないからこそ感動的なんだと、
心の底から実感できて、多少ダメだろうが、もう揺るぎません。

私も次から次へとトークが成立して、自分は天才なんじゃないかと、
自惚れたその翌日に、全然ダメで落ち込み体調を崩したりもしました。

しかし、そのさらに翌日、街に出るの嫌だな、と思いながらも、
淡々と作業のようにナンパを続ければ、大抵は、あっ!と驚く
出会いがあり、天にも昇る気持ちになり、絶頂を迎えます。

ついその前までの、悲惨な精神状態は何だったんだ・・・。

もう戻れません。最高にうかれてます。全肯定の気分!


こうして自分が変わるのは一瞬なんだと、
心底納得できるのです。

どうか、これを体験してもらいたい。

特に、ナンパに嫌な思い出しか残っていない方々!

それがほんの小さなきっかけでクルンと反転するのを、
ぜひぜひ経験してください。トラウマを癒してください。





とにかく、ナンパは挫折しがちです。

そんなに明確に「やーめた!」というものではなく、そのほとんどが、
なんとなく面倒でやめてしまい、気づいたら、ものすごく時間がたってる。

それを防ぐために、できれば周期的にナンパを思い出してもらうために、
今年からは、もっともっと、本格的に活動を広げていこうと思います。

いったい自分に何ができるかと、いろいろ悩んだ末、
ようやく新展開のビジョンがはっきりしました。

ナンパCDを購入していただいたおかげで、
初めて税金を払い、すっかり目が醒めました。

もっと、ちゃんとします。

posted by 家元 at 13:00| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2006年04月09日

ナンパによる自己啓発

これまで1年半にわたってお送りしてきました、
このブログ「タダでナンパした!」ですが、改めて、
今までの経緯を、振り返らせていただきます。

総括的にみて、最初は意識していなかったのですが、
「ナンパによる自己啓発」がメインとなってしまいました。

このジャンルは少なく、ほとんどが表層的な情報ばかりなため、
いかにして自己を解放していくかを、これでもかと書きました。

ただSEXするためのナンパというのは、いかにもな感じだし、
すでにネット上で多くのヤリヤリ日記などがあると思います。

私はナンパ成功談など、安っぽいもので欲情させられるのが、
損した気がして嫌いなので、エロ系ブログは読みません。
(なんせウソが多い!)


それに、他人が一日で何人GETしただとかの情報は、
ついつい比べてしまい、ダメな時に焦りを生みます。

特に、ナンパ慣れしていない人が上手な人のナンパ日記を
読んでしまうと、自分のやってることがバカらしくなりがち。
どうしても比較してしまい、つまらなくなるのです。

お金で例えれば、他人がいくら儲けた、とかの話を読んで、
自分の仕事の質が向上することがない、のと同じことです。

他人のナンパ成功談を読んでも、何ひとつ得することはなく、
99%は害しかないと断言します。読んじゃだめよ、そこの僕!


ナンパの良いところは、比較がないところです。

他の男は関係ない。自分が王者となってしまう。

身ひとつで、目の前の女性に飛び込んでいき、

そこに自分独自の宇宙をつくってしまう。

これぞ、ナンパの絶対感!





ナンパを始めてから、普段、女性について考えたり、
想像したりしなくなりました。時間のムダだからです。

女は外に出たらウヨウヨいるので、外へ飛び出して、
その時だけ実際に感じればいいだけです。ぼっきーん!

それで飽きるまで、疲れ果てるまで接触しまくり、
また部屋に戻ってくれば、もうケロッとしたもの。

勘違いしないでほしいのは、
接触といっても、別にSEXしまくる!
という意味でもありません。

結果などを無視して、誘惑しまくるという意味です。
はしゃいだり笑わしたり、ちょっとイチャついてみたり、
その程度で本当に、本当に解放されてしまうんです。

もちろん流れでSEX方面に行くこともありますが、
その行為との境が、あまりなくなってしまいました。
この感覚は、何て幸せなんだろうと驚いています。

このあまり語られることのない、

独特な解放感を知らしめたい。


私はナンパの繊細な、精神部分を追求したかったのです。
引きこもり生活が長く、瞑想(宗教ではありません)ばかり、
やっていたため内向的で、心の動きには敏感でした。

しかし、独りで部屋に閉じこもっていても、たいして成長しません。
多くの時間を使って訓練したので、ムダとは思いたくありませんが、
結局、ナンパを始めてからのほうが、格段に変化が訪れました。

他人と関わりあってこそ、傷つき喜びながら更新していくのです。
思い切って、自意識を放り投げないと新しく生まれ変われません。

私は、全力をもってナンパに向かいました。

しかし残念ながら、プロのナンパ師にはなれませんでした。


でも、いいんです!

結果を無視して、オリンピック選手並にストイックな生活をおくる。

そうです、私は偉大なるアマチュアになりたかったのです。

もしインタビューされたら、こう答えるでしょう。


「チョー気持ちいい!」

「こけちゃいました。」

「自分で自分をほめてあげたい。」


もうすぐ金メダルがとれそうです。

もちろん、自分で自分に、ですが。

posted by 家元 at 15:19| Comment(5) | カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2006年04月10日

これまでの総決算と新たな旅立ち

そもそもタダナンパ活動の発端は、お金を持たず、
ただ声をかけて女性と会話し、ときめいて恋する。

そんな、プラトニックな展開を目指しておりました。

『ロスト・イン・トランスレーション』という映画で、
SEXをしない一期一会の心のつながりが描かれており、
それに憧れたからこそ、タダナンパを始めれたのです。

可愛い子と話せるだけで幸せという謙虚な気持ちでしたが
次第に、トークを鍛えて、必死になり奢ってもらうという、
かつての電波少年のような体当たり企画に移行します。


人間が成長するのは、逆境が一番でしょう。

お金がないことを逆手にとって、
自分をさらに飛躍させるスプリングボード
として利用することを目論んだのです。

ところが・・。


私は面白い会話能力さえ、身につけばよかったのに、
予想に反して、エロい展開がまき起こり始めました。

もう些細な会話だけを楽しむどころではありません。

そうすると、別に喫茶店や居酒屋に入らなくても、
何でもできることに気づきます。広い世間には、
すぐSEXに応じる女性がこんなに多いとは!

男よりも女のほうが性欲は格段に強いという事実に、
心底、カルチャーショックを受けたものです。





こうして、タダナンパ活動は、気づいた時には、
最初の路線とは、全然違う方向に進んでました。

結局のところ、タダナンパ活動は、声かけてから、
なるべく早くタッチして、すぐやってしまうという、
かなり即物的なものに成り果てたのです。

それはそれで面白いのですが、何か足りない。

どこか粗い・・。


その過程を表現しても、低俗になりがちだし、
どうすればいいんだろう?と考えました。

試しに、フミトファックという二重人格ものにして、
バカっぽくSEXだけを追い求める構成もやりましたが、
どうにも、しっくりこなくて、企画倒れに終わります。

最終的には、まるでナンパの先生になったかのように、
声のかけ方などの安易なノウハウものに走りましたが、
これからは、新たな部分にスポットをあてて展開します。

それは、今一番興味がある、「会話」そのものです。

はっきりいって、会話はすごい。

会話をナメてました。

いったん飽きたと思い込んでましたが、とんでもない!

バリエーションは無限だし、ありとあらゆる感情も
引き出せるし、しかもお金がかからない、タダです!


この会話という宇宙を深く研究し、どうせなら、
かなり無理そうなものにもドンドン挑戦して、
再度モチベーションを引き出したいです。

今まで難しいからと否定していた「面白い話をする」や、
臨床心理学の高度なテクニックも本格的に導入します。

私はトーク全般に関して、スペシャリストになります。

別に会話自体を極めなくとも、ナンパはできますが、
もっともっと面白いことがしたいし、感動させたい。
ナンパを通して、コミュニケーションの神業レベル
までいけると嬉しいです。非常にやりがいがあります。

もちろん、コミュニケーションの上級者を目指すからには、
不断の試行錯誤が必要ですが、あなたの協力があれば、
なお、共に高めあっていけるだろうと、信じております。

ぜひとも画期的な「技」や「ネタ」を発見、共有し、
あーでもない、こーでもないと試していきましょう。





さぁ、エロかっこ悪い男性諸君!

古びた常識に洗脳されて、小さく
縮こまってる場合ではありません。

会話技術を使いこなして、マイナス条件を
根底から、ひっくり返してみませんか?

毎日GETできなくても、いいじゃないですか。
毎日起こることは、すぐ飽きて、あくびが出ます。

そんなことよりも、

ジワジワと成長していき、手ごたえを感じ、
時おり、絶頂感に身を貫かれてみませんか?

それこそが、毎日を新鮮に生きるすべです。


もう地位や名誉も、大金もいりません。

ナンパがあれば生きていけます。

人間は、豊かなコミュニケーションを

するために生まれてきたのです。

posted by 家元 at 15:40| Comment(15) | カテゴリ無し | 更新情報をチェックする