2008年05月22日

関西はナンパ自由圏!

まず私は、大阪でナンパの技を開花させたのですが、絶対に、
関東より関西の方が、ずっとナンパしやすく初心者向きでっせ!

何にしろ関西人は、本当に人懐っこくて、おせっかいというか、
図々しいというか、とにかく声かけても反応してくれやすくて、
これは昔から、商人の街だったことによる伝統なんでしょうね。

お笑いを見てもわかるように、関西弁は見知らぬ人と
会話しやすい言語ですし、一部で流布しているらしい、
「大阪はナンパに向かない」という説は、大きな誤解です。

おそらく東京からロケに行った、ナンパAVの製作者達が、
あまりうまくいかなかったから、言い出したのかもしれない。


確かに、東京弁の「俺さー、」「可愛いよねー。」などの、
語尾を伸ばす感じは、気持ち悪く感じる人が多いです。

なぜなら関西弁自体が、

「言うてるやん。」「おかしいわ。」「めっちゃうまいで。」

などと、語尾がピタッと止まる言葉が多いためか、
普段使ってる自分のと、違和感を感じてしまうから。


で、東京弁を使う私にとって、大阪は、普通に考えれば、
アウェイでしょうが、ちょっと工夫すれば、とたんに強みに!

どうしたかというと、単純に、語尾を「~やん。」「~やで。」
などに変えただけ。ただそれだけで、全てが逆転しました。

べつに、そんな付け焼刃の大阪弁が通用したわけではなく、
たんに田舎から出てきた人と思われ、「どこから来たん?」
と向こうから、よーく聞かれました。一生懸命声かけてると、
ずっと無視していた相手が「なんか訛ってますね?」なんて、
急に笑顔になったり、何かしら、得することばっかりでした。

よく「自分、九州人?」と聞かれたので、今度は九州に行くと、
大阪以上にナンパしやすく驚いたのですが、それは別としまして、
とにかく言いたいのは、弱点こそが武器になるということです。

しかし、その際、弱点を弱点として、そのまま使うのではなく、
ちょっとでもいいから創意工夫すると、パワーを発揮します。





たとえば私は、大阪にナンパ部屋として、本当にボロボロの
安アパートを借りていました。歩いてすぐ梅田に行けるのに、
たったの1万2千円!(まぁ、これは奇跡的な破格ですが)

ただし、この部屋は狭いし、壁も土壁だし、雰囲気が悪く、
せっかく部屋に連れてきたとたん、ア然として帰る女性が、
当然ながら頻発しました。しかし、そのおかげで、まだ外に
いる時に、とことんスキンシップしちゃうという姿勢が生まれ、
それは大きな効果を、私のナンパにもたらせたわけです。

ところが、外で体にさわられるのが嫌な相手も当然います。
好感をもってたのが、ベタベタしたとたん、冷める人ですね。

そういう相手は、何らかの理由をつけて、部屋に誘うのが
一番手っ取り早いし、相手もそれを望んでます。ところが、
部屋に連れ込むと、全てがオジャンになってしまうことも!


まず廊下の薄暗さに、「怖いよー!」と叫び逃げられたり、
泊まるつもりだった相手に「オフロないの?」と帰られたり、
冬に連れ込んだ時など、それまでいい雰囲気だったのが、
あまりの寒さにガタガタ震えて、「服は絶対脱がない!」
と言われ、服の素材を手で確かめるだけで朝を迎えたり・・・。

そんなことが続くと、相手から「部屋に行きたい」と言われても、
こちらから断ってしまい、チャンスを逃すことまで出てきました。

そこで、これじゃアカン!と思いなおしたわけです。


その結果、なんとか、弱点を強みに変えたわけですが、

なんせ隙間風がピューピュー吹きすさぶ、安アパートです。

これを一体どうやって、強みに変えたのでしょうか?

わかるかなー?

答えは、次回。

posted by 家元 at 15:02| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2008年05月24日

安アパートに楽しく連れ込む方法

安アパートの冬は、なかなか辛いものがあります。

暖房があっても、スキマ風がピューピュー吹きすさび、
そんなに暖かくならないために、部屋に連れてきた
女性からも、よく不平不満が飛び出したものです。

そこで私がとった手段は、部屋にテントを張ることでした。

これが予想以上に、効果があったんです。大逆転です!





ただ私のボロい部屋に、テントを張っただけで、たちまち、
リクリエーションに満ちた楽しい空間になってしまいました。

だってテントの中って暖かいし、それ以上にキャンプ気分!

中に招き入れ、そのままキャンプごっこを展開していきます。


「ほーら、星がきれいだよ。」

「外では猛獣がさまよってる。」

「僕らは遭難したんや、抱き合おう。」


などなど、イメージの中で遊ぶだけですが、効果音も流して、
川のせせらぎや吹雪の音などを使い、臨場感も出しました。

そうすると、もう大丈夫!フロなしアパートも、キャンプだから、
フロがないのも当たり前だし、少し寒かろうが、当然のこと。

マイナスに思えたことが、全部、正当化されてしまい、
むしろ、もっと楽しい非日常の空間が作り出されます。

すると相手も喜び、特に口説く必要もなく、うまくいく。





私は一時、ずーっと、このテント暮らしを続けておりました。

自分の部屋にテントを張ることは、誰でも思いつくことですが、
あまり実際にやる人はいないでしょう。それは実にもったいない。
何かしら思いついたら、少しでも試してみると、面白いですね。

そうやって思いつきで行動することこそ、ナンパ精神でしょう。

ちょっとの工夫で成果は、天と地の差ほど、変わってきます。

あなたも、ぜひイマジネーションに花を咲かせてください。

もっとナンパに工夫を!もっと日常生活に潤いを!

posted by 家元 at 10:38| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2008年05月26日

「タダでSEXする!」企画について

現在、ブログを過去から遡って、あらためて紹介しています。

というのも、延びに延びた新企画を始める前に、どうしても、
「これまでのあらすじ」を述べる必要を感じているためです。

そして今回から、気軽に「GETすること」について、述べます。


以前、私は、『タダでSEXする!』という企画をやっていました。

巷にはびこる、「ナンパ=すぐSEX」というイメージにのっとって、
私も一度はGET日記を書いてみようと思い、面白くするため、
別の人格『フミトファック』というキャラを作って書いてたのです。

そのコンセプトは、真冬に路上で、一円も持たずに声かけて、
タダでSEXするぞ!という、なんとも、しょうもないものでした。

ちょうどナンパトークの探究期が終わり、自分のスタイルが
確立して、何も考えなくても台詞が次から次へと出てくる
楽しかった時期で、真冬の寒さなど、吹っ飛びましたね。

これをやっていた時は、二番目のCD「会話編」を発売し、
ようやく生活できるようになり、調子に乗っていた頃です。





不思議なことに、ナンパCDは第二弾を発売したとたんに、
それ以降、ずーっと売れ続け、いつ売れなくなるのか不安
もどこかに、そのまま三年半、お金に困ることはありません。

なぜここまでロングセラーで、生き延びることが出来たのか、
その理由はわかりませんが、結局は自分の使命なんだと、
肝に銘じている次第です。これも全て皆様のおかげです。

ご購入いただいた方々、本当にありがとうございました!


売り上げも、初期は、OLの初任給ぐらいから始まったのに、
ジワジワ上昇し、大企業の課長の月給ぐらいまでいったため、
これは売れすぎ!と、発売を休止していた時期もあります。

あまり大っぴらになって、目立ちたくなかったためです。

普通に、情報商材を販売している人は、短期間で一気に
売って儲けたい。悪くいえば、「売り逃げ」するわけですが、
私としては、毎日ナンパの研究をすることが最大の目的で、
教材販売は、あくまでそのための生活費、研究費でした。

だから必要以上の売り上げはいらないし、大勢に売ると、
それだけトラブルも出てくるし、ナンパ以外の面倒なことに
巻き込まれたくなかったんですね。時間がもったいない。

できれば、ナンパ以外のことは全部、他人に任せて、
教材の販売も、商売が好きな誰かに、全て委託して、
自分はひたすら研究に打ち込みたいのが本音です。

誰か信頼できるいい人、いないですかねー?

だってね、これからが、面白くなるんですよ!


今までは、引きこもりがナンパできるようになっただけの、
自己啓発的とはいえ、よくある、ありふれた内容でした。

実は今後、まだ誰も手をつけていない領域に、
全ての時間を使って、足を踏み入れていきます。

ただし、その前に、これまでのナンパを総括しながら、
未発表の文章なども、残さず掲載していきますので、
新しい企画の発表は、もうしばらくお待ちください。


*次回は、私の中ですでに懐かしい思い出と化している、
GETするためのナンパ、つまり、すぐSEXすることについて
語りたいと思います。誰でも一度は通る道ですね。では!
posted by 家元 at 15:02| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする