2009年04月02日

今年度は、自由がテーマです。

このブログは、「タダでナンパした!」というタイトル通りに、お金がなくとも、
ナンパは楽しめること、そして、自分のルックスがブサイクだとか、年齢が
もう中年だとか、そんなタワゴトを一蹴して、高笑いするためのブログです。

これまで、ひきこもりを代表とする内気な男が、ナンパに慣れるための、
方法や理論、そしてGETに関することや恋愛に関すること、また他にも、
あーだこーだと、ナンパについて延々と、五年間近くも述べてきました。

そして今、この2009年度を迎え、結局は、自分は何がいいたかったのか、
何を求めて、これ程までに右往左往してきたのか、ハッキリとわかりました。


それはズバリ!自由です。この世で、最も楽しくて面白くて嬉しいもので、
人間が実は、心の奥底で最も欲しがっているものが、自由だと思います。

どんなに才能のあるスポーツ選手や武道の達人も、最後は、坊さんの所
に行くように、世間的に成功した人も最後はスピリチャル系にそまるように、
自由こそが、人間の最終願望でしょう。(悟りというのも、要は、自由です)

なーんで、今までわからなかったんだろう・・・。自由を求めていたことに!





しかし、それがわかってしまえば、話は早い。コンセプトは確立です。

これまで意外なほど、「自由」という言葉を使ってきませんでしたが、
ナンパが出来るようになること、そしてナンパにさえ囚われないことは、
まさに「自由」を求めての行為であったことに、感動せざるをえません。

これから、この「タダでナンパした!」は、自由がメインテーマとなります。


私自身も、まだまだ自由ではありません。しかし、自由というのは、
はたして、努力や根性で勝ち取るものでしょうか?それとも、逆に、
スピリチャル系のように、無努力で達成することができるものなのか?

こまかい理論などは知りませんが、とにかく、実際に、街に出て、
タダでナンパを繰り返すことで、新たな何かをつかんでいきたい。

そのためには、傷つくのも、バツの悪い思いをするのも、大歓迎!

と、強がるっきゃない・・・。

(そんな泥だらけの、タダナンパ実録音声はこちら ⇒ ナンパ教材

posted by fmtbank at 14:53| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2009年04月06日

タイトル変更しました

このブログは、初期の数年、まぐまぐのメルマガ、
「タダでナンパする!」のバックナンバーを掲載し、
「タダでナンパした!」と過去形になっていました。

しかし、まぐまぐのメルマガを廃刊にしますので、
そのタイトルを、そのままブログに適用いたします。

本日より、当ブログは、「タダでナンパする!」です。

「した!」よりも、「する!」の方が意志が感じられ、
力強いからです。まぁ、それだけ私、燃えてまっす!

今後とも、新ブログ、「タダでナンパする!」を、
よろしくお願いします。たいして変わらんけど。

(なおメルマガで、最後の挨拶を配信します)

posted by fmtbank at 15:55| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2009年04月07日

まぐまぐのメルマガ終了しました

五年間にわたって続けてきました、まぐまぐのメルマガは、
本日配信しました、最終号をもちまして、廃刊いたします。

ただの挨拶のつもりだったのが、けっこう熱くなってしまい、
長くなりましたが、一番伝えたかったことは最後の二行で、
ぜひとも、ムダに自分を変えようとせず、ラクにいきましょう!





なお、文章だけの「まぐまぐメルマガ」の終わりとともに、
明日からは、新しく、ナンパ実録の「音声メルマガ」が、
始まります。引き続き「春の章」として、再スタートです。

今回は、無一文の図々しい、タダナンパがメインとなり、
原点に帰る意味から、当ブログのタイトルも変えました。

また、ある時点から、私は一切タッチをしなくなるのですが、
そのターニングポイントとなった事件も、語られます。さて、
エゴイスティックになった、ナンパ師の末路はどうなるのか?

一人を愛する「純愛」とは、はたして、狂気じみたことなのか?

彼女がほしい方や、もっと開き直りたい方に、お勧めです。

明日、8日より、配信開始! ⇒ 音声メルマガ(春の章)

posted by fmtbank at 12:52| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2009年04月11日

次は『無努力』を目指します!

タダナンパの音声メルマガ版「春の章」が始まりました。

今回は、まだタッチをガンガンにしていた頃のトークです。

とにかく、数分以内にタッチしようと、そればかり考えては、
トークを組み立てていたので、まぁー、手が早かったです。

ちなみに「春の章」は、まだちょくちょくタッチが出てきます。
なんたって「春」なので、発情期ということでお許しください。


なお今週号は、水商売をやっている人とのトークでした。

前半が、18歳のギャルで、彼とのデート中に声かけて、
連絡先を教えてもらったシーン。要するに、軽い子です。

そして、後半が、どっかのお店でナンバー1とかいってる、
20代後半くらいの相手で、前半の素人キャバ嬢との
対比を表現してみました。彼女は、プロとして稼ぐため、
人生を賭けてました。そこまでやらんとダメなんでしょう。

では、ナンパも、人生を賭けないといけないのだろうか?

それとも、頑張らずに、徹底して、気楽にやるべきか?





内気な男が、ナンパを極めるにはどうすればいいのか?

最初の頃は、死の覚悟だとか、当たって砕けろだとか、
つべこべいわずに行動するスタンスを主張してましたが、
次第に、当たり前のことを、一歩一歩やっていくべきと、
地味で、手堅いスタンスを勧めるようになってきました。

やはり、当たり前の繰り返しこそが、誰にでも共通して
できることなので、それをイチオシにせざるをえなかった。

しかしながら、三番目のスタンスとして、要は、気持ちの
持ち方一つで、手段とかもどうでもよく、なぜかうまくいく、
願望が叶う道があります。しかも、まったく努力せずに!

そういった、思いの強さだけで勝負する道は、確かにある。


私が今、一番興味があるのが、その「無努力」の道でして、
それをナンパで培うことにより、ナンパ成長段階のゴール、
「10、魔術師」までいけるんじゃないかと、思っています。

今年度のテーマは「自由」です。なんとか到達したい。

そのために、ひたすらナンパを使ってみるだけです。

その試行錯誤を、たまたま縁があったあなたに、

お伝えしていく、いわば、公開実験となります。

いやはや・・、これから、どうなっちゃうんだろう?

posted by fmtbank at 15:58| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2009年04月13日

ナンパ依存症という病気?

いろいろ用事が重なって、数日間ナンパできず、
ふと気づくと、思いっきり、ウツになっていました。

内にこもって、自信を喪失して、不活性な状態・・・。

ところが、気が進まないながらも、ほんの一時間、
ナンパに出掛けると、気持ちは反転し、もう絶頂!

最高の気分で、晴れ晴れとした精神状態です。


正確には、40分くらいしかナンパしていませんし、
別に、何かしら成果があったわけでもありません。

それなのに、ここまでスカッとした気持ちになれて、
ストレスもゼロになるとは、なんて素晴らしいんだ。

以前は、ナンパ自体が、ストレスの元だったのに、
人は変わるものです。今では、最高の気分転換!

ナンパすれば、快食、快便、快眠、目覚めも最高!





しかし、不安もあります。完全に、ナンパ依存症で、
わずか数日しないだけで、落ち込んでしまうのなら、
ある種の病気ではないのか?このままで大丈夫?

・・・というのは、杞憂にすぎません。

世の中には、いろんな依存症があって、ブランド品や、
アルコール、タバコ等の嗜好品から、セックス依存まで、
なにかとお金がかかったり、リスクがあったりします。

私のナンパ依存は、セックス依存とは別で、ノビノビと、
自由全開で、他者とコミュニケーションしたいという、
アッサリしたものです。なので、たぶん大丈夫でしょう。

手に入れるための努力はいらないし、耽溺にならない。


たとえば、散歩を日課にしてる人を、散歩中毒などと、
言わないように、水と空気に依存していても、それは、
すぐ手に入るものだし、副作用も、ほとんどないもので、
ナンパだって、結局は、同じようなものだと思います。

特にタダナンパなら、お金もいらないし、ただの散歩に
毛が生えたようなものです。やろうと思えば、誰だって、
すぐに出来るし、やり方さえ間違えなければ、副作用
もなく、健康的で、手軽で、日常的で、オープンな行為。

いやはや、この春の陽気とナンパは、相性抜群ですな。

もう「ひきこもり」がどうだとか、どっか逝っちまいやした。

さぁ、あなたも、ナンパでもって、オープン!オープン!

posted by fmtbank at 14:40| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2009年04月15日

おごってください!初対面だからこそ!

ナンパは、無一文でもできます。散歩みたいなものです。

ただしナンパは、相手にお金を出してもらおうとすると、途端に、
難易度が高くなります。本日配信しました、音声メルマガでは、
普通にナンパするには簡単な相手に、おごってくれと言うことで、
非常に気まずくなるトークを、お伝えしました。つらかったです。

私の喋りは飄々として、決して傷ついていないように見えて、
実は、かなり繊細です。それをごまかすために、いいかげんな
脱力トークをこころがけているわけで、実は、気まずいの苦手・・。

だから、タダナンパが嫌になってしまったことが多々ありました。

店に入れないし、入るからには、相手におごってもらうしかない。
そうなると、「ありえないんだけど!」と態度が急変する人もいた。

あー、タダナンパのせいで、これまでに、どれだけ出会いを、
踏みにじってきたのだろう?いったい誰が得をするのだろう?


なんせ、最初は、本当にお金がなくて、食費さえなかったため、
タダナンパせざるをえませんでしたが、今では、お金はあります。
(教材ナンパCDをご購入いただいたからこそで、感謝です!)

お金があるのなら、別に飲み屋とはいわずとも、喫茶店や漫喫
ぐらいには行ってもいいんじゃないかな?と、心が揺れ動きます。

やはり、お金はあるのに、あえて無一文でナンパするというのは、
いったい何の意味があるのか?と散々、悩みました。この悩み、
おそらく日本で自分一人だけなので、心細くなってしまいました。

しかしながら、そのケモノ道を、ひた走ったからこそ、新たな何かを
見つけることができたわけですね。ここまできたら、もう意地ですよ。

なぜタダでナンパするか?それは、単純に、ストーリー的に面白い!

それだけですね。とにかく、ドラマは制限があると、面白くなるから。





だって、普通にナンパして、店に入って、GETするなんてトークは、
もはや聞いても面白くないでしょう?一人のトークパターンなんて、
そんなにバリエーションないものです。相手が変われば、そりゃあ、
何かしら違いは出てきますが、それだって飽きるのは時間の問題。

それに、これをお読みのあなたも、連絡先なら散々聞いていたり、
GETだって、そこそこしてて、自分のパターンもできてると思います。
なので、見落としてるような、何か新しい観点が欲しかったりする。

だったら、普段、自分がしないようなことを、しているトークこそが、
面白いんじゃないかと考えました。その一つがガチのタダナンパで、
さらに突き進んで、誰もやらないような、非効率の世界に入ります。

ですので、ある意味、私は自分のGETを生贄に捧げて、ひたすら、
斬新で面白くするために、タダナンパ街道を邁進するしかない!

すると、不思議なことに、新たなものを発見することに必ずなる。

そういうわけで、タダナンパは、公開実験でもあるわけですね。


ちなみに、ナンパ自体には、もう迷いはなく、完全に安定しました。

もうね、下心をかかえて、声かけて何たらかんたら、GETがどうとか、
そんなことはしませんよ。もはや声かけた記憶さえなく、いつの間にか、
話し込んでいる。そんな感じですね。非常に平和で、スカッとします。

でも、平和すぎるとつまらないので、タダナンパ!無一文こそが最強!

もうノウハウなんていらん。コミュニケーションに効率を追う必要ない。

非効率の芸術こそが、豊かさ。ナンパは、機能性よりもデザインだよ。

(たまには、強がってみるのもいいっすね)

posted by fmtbank at 17:14| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2009年04月16日

二度目に会う時は別人・・・。

たとえば、ナンパでよくあることに、連絡先を聞いて、約束をとりつけて、
さぁ、いざ再会してみると、「あれ?」と思うことがある。クラブナンパなら、
暗闇とアルコールで、よくわからなくなってるので、まぁ仕方ないですが、
おてんとさん照りつける、真っ昼間にナンパしていても、同じことがある。

「あれ?こんな人だったっけ?」と、ギョッとすることさえもあるでしょう。

別に、忘れてるわけでもない。これは一体、何が起こっているのか?

答えは簡単。その再会した相手は、前回会った人とは別人です。

(お〜、いいねー、またまたオカルトめいてきたよ〜。)


なんと、連絡先を聞いた相手とは違う、他人が来てしまっている。

多少似てるけど、パラレルワールドって、そういうもんですからね。

だから、ゼロから人間関係を構築しないといけない。二度目に
会うのだから、完全に知らない人ではないのに、どうしたことか、
初対面の時より、ずっとぎこちなく、しんどい会話になったりする。

ヘタに、相手のことを知ってると思っているからこそ、とまどいます。

でも本当は知らない人なんだから、焦ることはない、脳内リセット!


相手の正体は、全然知らない人だし、実は、会う必要ない他人かも。

これは、他人というよりも、ミスキャストと呼んだ方がいいでしょうね。

あなたの人生とは本来関係ない、場違いな人と会ってしまってる。

はやいとこ切り上げて、さっさと、次にいくのがいいかもしれない。





さて、「よくアポはとれてもGETできない、ダメだ」なんて、自信なくす人が
いるかもしれませんが、それは間違いです。あなたのテクニック不足でも、
なんでもない。悩む必要はない。単純に、その女性は無関係だっただけ。

この世界には、どうやら流れみたいのがあって、(よく運命と呼ばれますね)
その流れに逆らうと、ぎこちなくなり、微妙な不快を感じます。不自然です。
自分の人生と無関係な女性と会ってると、妙な違和感を感じ、疲れます。

逆に、流れにのってる時は、最高の気分!ストレスがゼロではないけど、
それは、このまま行っても大丈夫かしら?というドキドキ感にすぎません。

流れという不思議なエネルギーの潮流にのってるので、自分自身の、
エネルギーを使う必要がなく、もう死ぬ程、ラクチンです。この流れを、
味方につけ、流れ自体を、自分で呼び込むことができないのでしょうか?


まず、ナンパで最初に、連絡先を聞いた時というのは、ある意味、流れに
のってる感じです。どんなにぎこちないトークになろうが、たまたま、そこで
出会ったわけですから、偶然が働いてる。この偶然が働いてる時というのが、
より「流れ」的なんです。人為的ではなく、自然に近い。(わかるかしら?)

ところが、自分で連絡してアポをとる時というのは、自分の意識、理性が、
働いています。すると、人為的な再会になってしまう。また、いろいろと、
あーしよう、こーしよう、なんて考えていると、さらに人為的になってしまう。

人為的というのが、不自然という意味で、必ずエントロピーを含んでいる。

二度目の再会というのは、不自然なものだと、前提で思っていたほうが、
すんごいラクです。人為的にしようとすればする程、相手はドタキャンし、
せっかく来ても、盛り上がらなかったり、不完全燃焼で終わったりする。


ナンパで、その日にGETしてしまうのが一番簡単といわれるゆえんは、
「流れ」が、味方してくれるからです。日にちが変わると、リセットされ、
流れがどうなるかわかりっこない。しかし、反対に考えると、初回では、
どうしようもなくても、次回、ひょっこり、流れがきてる場合もあります。

この流れは、ある程度、読めるし、自分で自動的なパターンを
繰り返していけば、流されやすい相手なら、それに乗りますね。

要するに、自分で流れをつくれる。(世の中、流されやすい人ばかり)

しかし、もっと大きな流れみたいのが起こったら、自分の作る、
「箱庭」程度の流れなんぞは、大自然の脅威の中で、簡単に、
メチャクチャになってしまうでしょう。実は、それこそが素晴らしい。

うまくいったことだけ喜ぶなんて、セコイこと言ったらあきまへん。

むしろ、ボッロボロに失敗して、失恋することこそが、最高の宝!





結局は、自分の理性で予想することなんぞ、たいしたことなく、
すべて予想通りにいくとしたら、ナンパなんて、クソ面白くもない。

ちっぽけな予想など、ひっくり返されることにこそ、意義があり、
そこにこそ、ナンパの無限なる感動とエネルギーが潜んでいる。

動揺しないようにするには、全てをルーティーン化、パターン化
すればいいのだが、それは皮肉なことに、自分の首を少しずつ
締めていき、最後は、ナンパから瑞々しさを奪い、カラッカラに、
干上がることを意味する。心身ともにインポテンツになりはてる。

でも大丈夫!あなたは、かならず破壊される。

そして、新たに、広大な世界(ジブン)を知る。


まず最初だけは、ナンパにシステムを!

そして次は、システムを捨てて、神秘を!

さらに、神秘さえも笑い飛ばして、

無となれ!


(結局、そうくるか)

posted by fmtbank at 14:49| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2009年04月19日

おススメの純愛映画!

お金を持たずにナンパするというと、ただのセコイ、ケチケチナンパに、
なってしまいがちですが、そこを裸一貫で、自分の存在そのものだけで、
タダナンパすることにより、純粋な愛を追い求めることにまで昇華する。

そんな純愛ナンパを標榜しているからには、『スラムドッグミリオネア』
という映画を観ないわけにはいきません。公開初日に観てきましたよ。

スラム出身の貧乏な青年が、一人の女性への愛を貫いて、最後に、
クイズショーで奇跡を起こし、お金も愛も手に入れる見事な話です。

アカデミー賞もとって、有名なので、観に行く予定の方も多いのでは?

しかし結論としては、そんなにピンと来ませんでした。インドのスラムの
圧倒的な映像美や、プロットは最高ですが、共感するまでは到らず・・。





なぜ共感できなかったんだろう?と考えると、身を焦がすような恋愛の、
あの何ともいえない切なさや、パワーの描写が足りなかったんだと思う。

たとえば、日本映画でいうと、『グミ・チョコレート・パイン』に出てくる、
好きな子と話すだけで飛び上がるほど嬉しく、でも素直になれないで、
成就しなかった恋の、あの青春ぶりときたら、凄まじい限りでしたもん。

また洋画でいうと、『パンチドランクラブ』の不器用な男が恋した時の、
爆発的な情熱なんてのは、最高に心を打ちました。ただし、この映画、
かなり異色なので、全く受けつけない場合もあるので、ご注意ください。


さて、他にも、『アダプテーション』で、ニコラズケイジが女性に対して、
自信がなくて不様な様子だとか、共感できる映画はたくさんあります。

それらに対して共通なのが、自分の好きな感情をストレートに出せず、
とまどいながらも行動できなかったり、タイミング遅れて行動したりなど、
とにかく、不器用な心情が描かれているところです。そこがツボですわ。

『スラムドッグミリオネア』の主人公も、純愛で行動しますが、どうにも、
迷いがなく、描写の繊細さが物足りなかったです。とはいってもですね、
やっぱり、この映画は観に行ったら、絶対に、面白いことは確かです。

以上、久々に、数年ぶりに、映画紹介をしました。

ナンパで恋心を忘れている方は、要チェック!

posted by fmtbank at 19:03| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2009年04月29日

学生気分で、死ぬまでいける?

は〜い、新入生諸君、お久しぶりです!学校には慣れました?

またもや、新入生にむけて、ナンパのススメを書いてみたい。

なぜ、そうやって、学生(特に大学生)にこだわるかというと、
キャンパスライフというものが、私の人生の理想だからです。

大学に入学したことない方や、理系で忙しかった方だとか、
苦学生でバイトばかりしていた方は、共感できず、申し訳
なく思いますが、キャンパスライフというのは、パラダイス!


授業など、まともに出なくても平気で、ありあまる時間があり、
要するにヒマ!友達と遊び呆けるのも、純粋にモラトリアムを、
孤独を楽しむのもOKで、まだまだ将来が不安で、敏感です。

バイトに明け暮れるのも自由だし、貧乏生活するのもOKで、
お金がないのも許される。恋愛するのも、バカするのも楽しい。
仕事ではなくバイト、部活よりもサークルだとか、中途半端な
感じがいいですねー。そんな中でこそ、新しいものが生まれる。

就職し出すと、ガッチリ時間を固められてしまうし、フリーターや、
無職で過ごすとしても、とたんに、身分が落ちてしまう気もする。

『学生』という肩書きがあると、中途半端が許されるし、しかも、
学割だとか、社会的に特典もついてくる。いいなー、学生って・・。


そういうわけで、一生、『学生』のような身分でいれたら、どんなに、
楽しいだろうかと、暗黒の学生時代を過ごした私は、思うわけです。

やはり、自分自身の学生時代が、ひきこもって悲惨だったからこそ、
その欠けた青春時代を、いまだに引きずって、こだわって、美化して、
取り返してやろうと、パワーを注いだのでした。今後もさらに注ぎたい。

これから死ぬまで、学生気分で、生きてやろう!そんな覚悟です。

それを実現するための、最大の手法の一つが、ナンパとなります。





人間は、自分の短所や欠落感こそが、行動力の源になるらしい。

そして、私の学生時代の欠如は、SEXしまくりたかったというよりも、
もっと根本的な、何やってもいいキャンパスライフの自由感の中で、
面白いことをしまくり、もちろん、女の子とも遊び、毎日をお祭りに
して、悩みながらも楽しく、感動的に、過ごしたかったことでした。

しかし、自意識過剰の檻の中に閉じ込められて、出来なかった・・。

もちろん、これは実際の学生生活には存在しない、ただの幻想だ
とも認識していますが、今の日本自体が、まさにキャンパスライフ
に見えてしょうがない。旧体制が崩れていき、すんごい自由です。

まず性が解放され、思いっきり気軽に手に入る時代となったし、
何よりも嬉しいのが、お金を持ってないことが許されることです!


貧乏といえば、学生の特権でしたが、いまやどんな世代でも、
いつ職をなくすかわからず関係なく、無職も認められてます。

あー、定職がない?仕方ないね。で、終わりです。だって、
そういう人が多いんだもの。また恋愛だって3高がどうとか、
馬鹿らしいこと言う人なんて死滅状態だし、デートなんか、
そこら辺の安居酒屋どころか、家でまったりが主流ですよ。

ゆとり世代は、車も持たず、酒も飲まない人が多いそうだし、
もう、そんなにお金なんて、いらんのです。これまで日本は、
極端なまでに、お金、お金できたから、必ず反動で、お金
なんてたいしたことない、という風潮になるのは避けられない。

すでにナンパも、漫画喫茶で数百円でGETしてる人も増え、
それとは違うスタンスで、純愛ロマンを求めて活動している、
このブログ「タダでナンパする!」の場合は、もう無一文です。


とにかく、いい時代になりました。最高に自由な社会が到来!

「勝ち組、負け組」という発想自体が、すでに旧式なこじつけ。

もっとネズミのように働いてもらいたいから、仕組んでるだけ。

そうカリカリせず、遊んでしまいましょうよ。そして堂々と悩もう!





ニートや無職など、まったりと中途半端な人達が増えているのも、
国全体がモラトリアムに入ってるかのような、素晴らしさを感じる。

疲れるだけのバカらしい「競争社会」から、さっさと降りてしまい、
最低限働いて、あとは自分の時間にすればいい。自分の好きな
ことだけを追求して、自分の興味ある人とだけ会えばいいのでは?

30代も40代も、はてには50代でも、空き時間でバイトに励む、
大学生みたいな生活をしている人が、増えています。はたして、
これのどこが悪いのか?だって、定年退職した60代の人達を
見ても、同じような生活をしています。年金があるからバイトさえ
せずに、ボーリングやダンスなどサークルも盛んで、遊んでます。

私は、もう若い女の子だけじゃなく、老若男女すべてに興味あり、
よく老人と呼ばれる、60代、70代以上の人も観察していますが、
なんだよ、遊んでるだけじゃないか、いいですねー。と感心します。

いやいや、それまで一生懸命働いて、子供を育てて頑張ったから、
などと思うかもしれませんが、結局、行き着くところが、遊びの生活
だったら、それまでも、ずっと同じでもいいのでは?と、思ってしまう。


ほとんどの定年退職者は、そんなに金持ちでもなく、ささやかに、
遊んだり、旅行したりしています。一生懸命働いて、体がボロボロ
になってたりするならば、ずっと、まったりして60代になってもいい。

そして、面白いことに、恋愛問題は、老人ホームでこそ多いわけで、
だったら、一生、恋愛すればいい。周囲に、「いい年して、キモ〜。」
なんて言われても、それがどうした?当人が幸せなら、それで、よし。

今まで、周囲の目から、いろんな制限があったわけで、そんなくだらん、
何の足しにもならない、ガン患者を増やす原因となっている世間体など、
捨ててしまえばいい。というか、すでに腐ってきてるから、サイナラ〜。

よく若者がマナーが悪くなった、人の目を気にせず騒いでる、なんて、
悪いことのように批判されていますが、それも、これまで周囲の目を
気にしすぎてきた社会の反動の一つです。力学的には、仕方ない。


まぁ、話が長くなりましたが、ナンパをするにあたっては、無神経な
ふるまいこそを取り入れるべきです。自分をただ「いい人」のように、
おそおそる半身で行動している限り、社会からの洗脳は解けない。

あなた本来のパワーを発揮できないよう、抑圧を施されてるだけ。

しかし、精神的な去勢というものは、必ず脱することができる。

なんせ、我々には、ナンパがあるじゃないか!


つくづく、ナンパは、弱者のものである。

強者は、向こうから女が寄ってくるからいい。

それを時間差で、GETしてしまうのも、また弱者。

弱者には、繊細さと、何も持たざる者の強みがある。





ところで、「裸のどこが悪い!」という草薙くんには、賛成です。

しかし、警察官に食ってかかるのは大損ですよ。せめて落ちてた、
葉っぱだけでもつけたり、靴下を片方だけ履いて「全裸じゃない!」
と主張したりと、何かと、他のコミュニケーションがあったはずです。

「いい人」というのは、普段ガス抜きできないので、いざというとき、
大爆発してしまう。それを避けるのに、一番いいのがナンパです。

草薙くんが、ついやりすぎちゃったのも、ナンパできなかったから。

周囲の目ばかりを気にしていた挙句、それを拭い去るように、
全裸で、でんぐり返し!考えてみれば、それもカッコいいなあ・・。


そういうわけで、あなたの進むべき道は、

ナンパ OR 全裸ででんぐり返し、である。

今こそ、草薙くんのフォロワーが必要だ!


さぁ、服を脱ごう。準備はいいかい?


それでは、皆さん、ご一緒に〜。


「裸で何が悪い!」


そう言い放ち、全裸で、でんぐり返し。


(一瞬、チラッと、菊が満開。)

posted by fmtbank at 12:45| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2009年04月30日

ブログも終了と思いましたが

ご無沙汰しております、久しぶりの更新となりました。

現在、ナンパが楽しくて楽しくて、しょうがない時期で、
どうもブログを更新する気になれませんでした。一度、
頑張って更新してみましたが、全然しっくりこない感じ。

SMAPの草薙くんのことを書いたのが、恥ずかしくて、
すぐに削除してしまいました。読まれた方は忘れてちょ。

記事を書くのに、何時間もかけたのに、無意味でしたね。

もしや、このブログは、すでに役目を終えたかもしれない。

(まぐまぐのメルマガの次は、ブログの終了と思い始めた)





もう、小難しいことはいいんですよ。努力もいらない。

要するに、ナンパは、やるか、やらないか、だけです。

決意とかもいらない。すべて逃避や、言い訳になり、
言葉は、ただの遠回りに、なるだけかもしれません。

ナンパしないんだったら、無理してしなくてもいいし、
誰かに頼まれてやるものでもない。全て自己責任!


そういうわけで、ブログは、もういいかなと思いましたが、
更新のリクエストをいただいたので、なんとか続けます。

ただし、今までは長文のブログでしたが、もう終わり。

これからは、もっとコンパクトに更新していく予定です。

それでは、明日、5月より、ブログ再開しまーす!

posted by fmtbank at 16:57| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする