2010年05月02日

三日連続でナンパしてみると?

ゴールデンウィークまっただ中に、ちょいと失礼しまーす。

おそらく、この時期、久々にナンパを再開した方が多いと
思うんだけど、初日はね、たいていショックを受けますよ。

なんか、声をかけれても全然しっくりこないし、下手すれば、
地蔵になってしまうかもわかんない。これは、ほとんどそうで、
出来ることなら、また翌日、ナンパに出かけてほしいんです。

人間は、寝ると、脳が整理されて、新たな認識が生まれます。

で、こういう時の想いは、一言でいえば「悔しい!」となります。


悔しさも感じないで、ダラダラやってもいいけど、そんなんじゃ、
生きてる意味ない。たった一度の人生なんで、没入しましょう。

そこで二日目は、たくさん声をかけまくってやろう、という怒り、
開き直りを元に、ガンガンいってほしい。次々いくというのは、
勢いがついて運勢が上がるから。仕事だって何だって同じ!
(トロトロやってる人ってのは、不満やグチしか言わない)

そうすれば、何らかの結果が出るのが普通だけど、それでも、
やはり無理しているのもあり、疲れますし、完全に開き直り、
スカッとする時間も、たいていの人はない。(ごく短時間かな)

で、こっからなんですよ。普通、ナンパする人も、土日だけで、
終わってしまうから、ここで終わるけど、今は連休ですからね、
三日連続ナンパするのも可能です。これは、やるべきです。

すると、あれあれ?といった、不思議な現象が起こってしまう。





さて三日目、すでに、またガンガンにいこうとする気力はなくて、
反動で、おとなしい感じになってる場合があります。実をいうと、
これが宝なんです。そのまんま、力が入ってないまま、普通に、
声かけてください。それも、ごく当たり前の礼儀正しいのでいい。

すると、アッ!と驚くことが起こる。反応率が10倍に上がってる。

なんで?なんで?昨日、あんなに頑張ったのは何だったの・・・。

だって一晩寝ただけで、勝手に脳が整理され、もはや別世界。
要するに、声をかける時のコツみたいのを掴んじゃっています。

それは、あっけらかんとした、「バカ素直」な状態で、言葉では、
伝達不能です。こればかりは自分でつかむしかない!絶対に!


この「バカ素直」状態になると、もう滅多なことでは動揺しません。

いうなれば、それまでは、電車に乗ってる時、どこにもつかまらず、
立っているようにバランス崩したり、微妙に疲れる感じだったのが、
ちゃんと手すりをつかみ、ドーン!と安定した感じになります。

あくまで感覚的ですが、つり革をつかんでるのではなく、手すり。

なんていうんだろう、自分の背骨がシャキッとなって、それを、
掴んでいる感じ。すると自信持とうとしなくても、超堂々となり、
女性達は、無意識にそれを感じるのか、ちゃんと相手をする。

この安定感さえ取り戻せば、ナンパは最高に楽しくなります!


以上が、久々にナンパを再開した方へのエールです。

間違えても、二日目でやめないように!台無しだよ!

(それでも地蔵になった方は、次回の記事を参照に)

posted by 家元 at 15:35| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2010年05月03日

どうせなるなら、ドッシリと大地蔵!

地蔵を脱出するためには、考える前にポンポン動いて、
勢いをつけていくことばかりを主張してきた。それが最も、
効果があるからだった。しかし、もちろん逆も真なりである。

あっけらかんと明るく朗らかな状態をつくるには、オートマ、
『陽』の、連続して流れをつくる声かけがいいが、逆の『陰』、
ゆったりと落ち着いて穏やかな状態をつくるのは、また違う。

それは、あまり声をかけずに、ウォーキングでもしながら、
なにかキッカケがあれば、フワッと柔らかく声をかけていく。

こちらはボーっとしたリラックスを主体にする。こっちの方が、
初心者の方には難しいため、あまり主張してこなかっただけ。

物事にはすべて、陰と陽の二面性があって、どちらも正しい。


たまに、「地蔵しているのも有意義だと思う。」というご意見も
いただくが、もちろん、その通り!ただし気分が閉じなければ、
という条件は欠かせない。地蔵したまま、閉じるなら無意味だ。

そもそも、地蔵というのは、心身が固まり、目も閉じた状態で、
その場にいる女性達をまともに見れてない状態である。もしも、
ゆったりと、その場に落ち着いていられるなら、それはもはや、
地蔵とは呼べないだろう。いつでも動ける、自由な状態である。

地蔵というのは、立ち尽くしてなくとも、歩きながらでも、心身が
固まっていて、いいと思った相手に声をかけれない状態。しかし、
地蔵が役に立たないというわけではない。地蔵だって役に立つ。


本屋に逃げ込んで、自己啓発書を読むのだって、これは後から、
女の子達の悩み相談などに、非常に役立ったし、ただ歩くだけでも、
部屋に閉じこもっているよりは、いい運動になり、実にすがすがしい。

そうはいっても、「やっぱり地蔵は嫌だよん。」と思うかもしれない。

そこで一つ、私が以前よくやっていた、『大地蔵』をお伝えしたい。





『大地蔵』とは、地蔵を脱出するのではなく、むしろ地蔵の中に、
突入していき、地蔵を極めることである。声をかける必要はない。

やるべきことは簡単で、まずは歩行者よりも少し高い所に立つ。

ちょっと目立ってしまう場所。段になってるとこでいいが、もしも、
ビールケースなどの箱があれば、その上に立ってしまえばいい。

そして、その小さい高台から、歩行者をボーっと見つめるだけだ。


最初こそ、人の視線が気になるが、そのまま瞑想状態になれば、
不思議なことに、意識がセカイと溶け込み、全然平気になって、
自我が消える。これこそが地蔵をパワーアップさせた『大地蔵』。

他人の目なんて、たいしたことないという境地に至る効果がある。

さらに顔にメイクなどして、まばたきも我慢して動かずにいれば、
前に置いた空き缶などに、お金まで入れてくれるかもしれない。
(これだとストリートパフォーマンスになっちゃうね!)


またこのGWに、地方から東京に来る方にも、お伝えしたいのが、
この『大地蔵』を、澁谷のハチ公像に、よじ上ってやるということ。

その際、ベルトを外して、それをハチ公の首に巻いて立ちつくし、
着物に角刈りスタイルで、「上野~!上野~!」と叫べば最高だ。

待ち合わせしている皆も、間違えて上野に来たかと驚くことだろう。
(なぜそう思うのか、実際、上野に行って見ればわかるっちゃ・・。)

まぁ、そんなわけで、『大地蔵』には、爆発的なパワーがあるのだ。

私も以前、郵便ポストの上で『大地蔵』をして、おいしい目にあって、
それを広めようとしたが、軽犯罪に抵触するということで、その記事、
削除してもうた。あなたも、立つ場所だけは、よく吟味するようにね!

posted by 家元 at 15:56| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2010年05月08日

ついに腹を決めました。

覚悟しました。私はこれからも、ナンパの専門家、正確にいうと、
「ナンパを楽しくする、ラクにする専門家」を続けようと思います。

この一年くらい、今後の人生でナンパが邪魔になるかもしれない、
それはなんか嫌だなと、どこかネガティブな思いを育てていました。
早いとこネットから撤退しないと、手遅れになるとまで感じていた・・。

要するに、他の分野で頭角をあらわした時に、「元ナンパ師」という
黒歴史が、なにかと不利になったら、実に面倒だなと思ったのです。

ナンパ音声データは一生残るし、このブログもアーカイブに残るし、
これから、どんな仕事をしても、ナンパの烙印がつく可能性がある。

そしたら、つきあう相手が狭まってしまうようで、イヤだったんですね。


というのも、ナンパを続けてたら、最初は若い女の子にしか関心なく、
目がいってたのが、次第に、年輩の女性や高齢者、子供や男性など、
最終的に、人間全部に関心がいくようになった自分に気づきました。
(これは動くもの全てに発情する、という意味じゃないですよ!)

人間って本当に面白いし、できるだけ大勢の人を喜ばしたいと思い、
せっかく生まれてきたんだから、若い女の子ばっか相手にしてても、
しょうがないと感じてきました。もちろん、大の女好きなんですが、
女ばっか追っかける生活を何年も続けたら、さすがに卒業したくなる。

だから、ナンパでつちかった精神の力で、女の子だけでなく、もっと、
老若男女、いろんな人の心を軽くしたり、元気づけたい、いうならば、
一緒に爆笑したい、こちらも楽しみたい、というのが正直な思いです。

なぜなら、み~んな、この世界から遅かれ早かれ、消えちゃうんです。

100年の寿命なんて、アッという間だし、途中で死ぬかもしんないし、
とにかく、100年だろうが過ぎればアッという間の、この短い人生を、
どうせなら、縁があった人達と思う存分、楽しみたいじゃないですか!


そんなわけで、早いとこナンパを捨てて、違う分野にいくべきと焦って、
ナンパを敵視してしまった時期もありました。ところが、今となっては、
あ、知らん人と仲良くするのは、全部ナンパだと気づき、そうなったら、
老若男女すべてに共通し、社会がよくなる重要なことだとわかりました。

もう今では、知らない婆さんと長時間話しこんだり、ついさっきも外で、
すれ違ったオッサンに「その豆腐うまいですよね。」と声かけてみたり、
(豆腐を買ってた)どんなに態度が悪い店員さんも、ほめてみたりなど、
なんでもないコミュニケーションに、すがすがしい幸せを感じています。

昔の日本では、そういう思いやりは当たり前だったそうですが、今では、
多くの人が閉鎖的で、その結果、不機嫌になりやすく、自信もないです。

そこで、ナンパの登場ですね。人と人とのつながりを活性化するための、
最強のツール!やればやる程、心が豊かになって、人に優しくなれる道!

損得関係のない、なにげない周囲の人達に優しくし、それを女の子達にも
教えて、喜ばせ、社会全体の幸せを主導するのが、何無派師の役割です。

(いや、キレイ事じゃなくて、ほんと、そうよ!)





もっとナンパする人が増えたら、この現代社会は、風通しがよくなって、
犯罪も減ると思います。知らない人を気持よくするというのは、やはり、
なかなか簡単なようで実践できてない人が多い。そして一番できるのが、
我々、ナンパにいそしむ者なんです。ぜひ先導をきって、やりましょう。

見知らぬ人との気持ちいいコミュニケーション、その全てがナンパです。

ついGETだ、SEXだ、という扇情的なイメージがつきやすいので、あえて、
「何無派」と表記させていただきますね。もちろん、異性関係は最高で、
外せないわけですが、それだけやってると、必ず最後は行き詰まります。

しかし、目の前の人を、分け隔てなく喜ばそうとしてると、努力なんて、
いらない。勝手に魅力が増していくから、イイ女だって簡単に手に入る。


経営者だとか偉大なミュージシャンだとか、最初は「女にモテたい」から
始めたりしますが、入口はそれでいいんです。きわめて健全なことです。

しかし、女を追うという健全なことを続けてると、さらに心は健全になり、
周囲の人、みんなを喜ばせたくなり、全てに感謝したくなります。それが、
「幸せな何無派」ですし、そこには不満がゼロの、強烈な快楽があります。

もしナンパを続ければ続ける程、不満が増えるなら、どこか間違っている。

それをお伝えするために、『ナンパ脱出プログラム』を開発したわけです。

(ちなみに、『序』⇒『破』⇒『急』の三部作で構成されています。)


正直、三部作のすべてを発表することに、どこか恐怖を感じていたため、
こんなにも発表が遅れましたが、もういいんです。ナンパで有名になり、
一生の仕事になっても、構いません。もう何のひっかかりもありません。
(まぁ、一生というのは大げさですが、要するに、逃げ腰じゃいけない)

『ナンパ脱出プログラム』は、コミュニケーションの革命を含んでいて、
これを発表した時点で、私は、たぶんこれを一生広めていくことになると、
自分でも、うすうす感じていました。でも、それがとても怖かったんです。

だって、目立ちたくないし、静かにノンビリとしていたい、と思っていた。

いったん凄い物を発表してしまうと一生残るし、もう後戻りはできない。

だから抵抗して、もっと目立たない違う地味な分野に進もうとしたのに、
それは許されませんでした。(全然面白くなかった)まぁ仕方ないです。

おそらく運命なんだろうから、逆らっても辛いだけ。全部お任せします。

もう自分の『我』なんて、どうでもいい。人に喜ばれるだけでいいっすわ。





今回は、そんな覚悟の表明でした。怖かったけど、腹は括りましたぜ。

それでは、縁があった方は、これからも、どうぞよろしくお願いします!

posted by 家元 at 15:22| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2010年05月09日

ナンパ師は商人を超える!

ナンパは、この世で最もカッコいいことの一つです。どんなに、
下手っぴだろうが、街中で声をかけている人を見かけると、つい、
「いけいけ!うまくいけ!」と、心の中で応援したくなりませんか?

だって、わざわざナンパしようとするだけでも、男の中の男です。

ナンパは、世間では、あまりいいイメージがないため、好奇の目
にさらされやすいですが、だからこそ、男を磨く自立のツールで、
馬鹿にされようが、笑われようが行動する、精神力が養われます。

ナンパは女性にウザがられるのもよくあるため、性格のいい人は、
「相手に悪いしなー」と躊躇するかもしれませんが、それよりも、
女性は、お声がかかるうちが華ですよ。声かけられなくなったら、
とっても寂しい。結婚して旦那にも相手にされない人なんて特に!


一般的に、女性は目先のことで感情を動かしやすく、我々、男性は、
もっと広い視野で、空間的、長期的に、物事を考えることができます。

なので、声をかけた女性が不機嫌になっても、それはただの短絡的な
反応にすぎず、長い目で見ると、「声をかけられるうちが華」となります。

ですから、どうぞ遠慮なく声をかけて、どんどんウザがられましょう。

悪いことなんて、一つもない。そして女性の方も、もしイヤでしたら、
完全無視するか、外人のフリするか、携帯で話すフリするとか、子供
を迎えにいくウソとか、まぁ、何でもいいので、うまく断ってくださいね。
(やはり見知らぬ男を、無駄に怒らせても、何の得もないですから)

そんなわけで、ナンパするのは、とてもいいことだ、という結論です。





しかしながら、ごくごく一部の、ナンパしている人を見て、うわっ!
気持悪ぃー、と思われるのも、よくわかるなー、という人もいます。

それは、どんな人かっていうと、コミュニケーションの初歩の基本が、
まったく出来ていないのに、苦しそうな顔をして、ナンパしている人で、
あれじゃあ、本人も声かけられた相手も、大変です。両者とも、辛い。

で、コミュニケーションの初歩の基本ていうのは、ハキハキしていて、
楽しそうな姿勢、または穏やかで落ち着いた態度のことで、要するに、
販売とか、商売するうえでの基本です。笑顔だとか、明るい言葉です。
よく教育された店員さんを見れば、すぐにわかります。あの無難な感じ。


ナンパは最初、プロトタイプ(原型)といって、Q、ポジ、オシという、
3つのことだけを、しっかり取り組みます。それは質問して、ほめて、
誘う、という、あまりにも当たり前の単純作業的なやりとりのことです。

話してて楽しそう、相手を否定しない、という基本がないのに、なんで、
ゲットできないんだ?だとか、地蔵になってしまうと悩むのは言語道断、
そういう人がナンパに挑んでも、たちまち挫折するのは目に見えてます。

だって、やたら声をかけても、相手が喜ばないと、つらくて続かないよ・・。


ですから、長年ナンパに取り組んでも、結果が出なかった人は、ぜひとも、
販売員を経験してほしい。私もナンパに入る前には、数か月経験しました。
本気で取り組めば、他人から嫌われないコミュニケーションがわかります。

といっても、やはり、わざわざそんな大げさなことするのは、面倒ですね。

それなら大丈夫です!日常で出来ることも、たくさんあります。例えば、
店員さんに、しっかり「ありがとう」と言って接客をほめたり、近所の人
に元気よく挨拶したり、トイレ掃除の人に「いつもご苦労さまです。」と、
感謝を伝え、少し世間話したり、ビラ配りの人に店のことを聞いたりする。

セリフなんて凝ることもないし、楽しそうに話せばいいだけです。これを、
繰り返すと、信じられないくらい人生変わります。好青年になってしまう。
なぜなら、そうやって人に優しい言葉をかける人なんて、少ないからです。
昔は当たり前のことで、大勢がやっていましたが、現代は希少価値がある!


ナンパの準備体操で、道聞きだけしてる人は、むしろ、こういうことをやる。
道聞きなんて、相手の善意を利用してるだけだし、それよりも他人を喜ばす、
そのこと自体に、自分が喜びを感じられるようになったら、もうヤミツキです。

だから、タイプの女性だけを喜ばそうなんて、そんなケチくさいことはしない。

遠くばっかり見つめてないで、それよりも、すでに周囲に人がいるでしょう?
自分の魅力を伝えるっていうのは、一番近くからやっていく。店員さん以外に、
親だとか知人だって、そうです。もっともっとポジしまくって、喜ばしましょう。

それをしないで、ナンパがうまくいかないと嘆くのは、本末転倒な話ですが、
意外に、そのことを忘れている人が多いような気がして、あえて書きました。

少々お説教くさかったかもしれませんが、でもね・・・、気持ちいいですよ~!





なお、感じのよさがあれば、立派な商人にはなれます。しかし、ナンパ師は、
さらに、その先をいく。失礼なことを言ったり、いきなり、その場でゲットして
しまうような展開にも、もっていってしまう。そこが商人とは少し違います。

商人はお客さんを怒らしちゃいけませんが、ナンパは、さらに踏み込むため、
怒らせるかもしれない覚悟が必要です。そのために、ネガしてフォローする。

ただし、その先に進むには、あくまでもプロトタイプという、基本の原型を
身につけてからの話です。それから、あえて「いい人」を脱却していきます。
だからこそ、いってみれば商売よりも面白いし、精神的な爆発も起こりうる。
(会社だとか商品という、後ろ盾がなく、自分をメインにする純粋な行為!)

ナンパをやればやる程、心は豊かになり、販売や営業なども、余裕で出来る
ようになります。なぜなら、ナンパの方が高度で、精神的に深いからですね。

いやー、なんていうんだろう、やっぱりナンパって、カッコいいっすね~!

posted by 家元 at 17:16| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2010年05月11日

「自信」をなくすと奇跡が起こる!

ナンパをすると、皆、不思議と同じ過程をたどります。

まだナンパに慣れないうちは、「卑屈」になりがちで、
ナンパで結果が出るようになると、「傲慢」になります。

初心者は地蔵になったり、自信なくて弱腰になったり、
GETできるようになった人は、女を軽蔑したり、なぜか、
やたらとイライラして、不満をごぼすようになるんです。

この「卑屈」と「傲慢」、実は、同じ部分の裏表といえる。

それはエゴということです。エゴの陰と陽の両面であり、
たとえ初心者が、いい人ぶろうが、「どうせ僕なんて・・。」
と思うこと自体、「僕」なんてと、自我が強調されています。

結局、両者とも自由ではない。もし自由ならば、ナンパが
楽しくてしょうがなくて、もう最高にハッピーなはずなのに、
どうもしっくりこない。やはり「我」がある限り、不安定です。


私も、ナンパに慣れてからは、わざわざナンパ出来ない人
を攻撃したり、「ナンパに飽きた」と、こぼしてばかりいました。
そんな発言が、もう恥ずかしくて、過去の記事、読めません!
(ナンパが出来なくたっていいんですよ。押しつけちゃダメ!)

当時は、どうすれば飽きてからも、楽しくナンパを続けられるか、
本当に、本当に、わからなかった。そんな質問を受けても、もう、
正直に「わかりません、今、試行錯誤中です。」と答えてました。

しかし、人間は、ほっといても、勝手に成長しますね。いろいろと
遠回りしてしまいましたが、今では、どうすれば幸せにナンパを
続けることができるか、ハッキリとわかります。実に苦労しました。

でもね、皆さんは、苦労しなくていいですよ。そんなの無駄です!

本当は、苦労はいらないんですよ。努力もいらない。そうすると、
奇跡が起こります。これから、お伝えするのは、ナンパに奇跡を
起こす方法です。それが、『ナンパ脱出プログラム』なんですね。

おそらく『ナンパ覚醒プログラム』同様、他にマネする人が出ない、
オンリーワンの教材となります。(結局、ナンパの成長過程を録音
して教材にした人は現れませんでした。やはり相当面倒ですから)

しかし、それ以上に『ナンパ脱出プログラム』は革命的な内容です。





まず最初の『覚醒プログラム』では、弱気な状態から開き直っては、
強気になってく過程を収録しました。これは不安定になりがちなエゴ、
そこから強固な「我」を形成して、ナンパに慣れていくストーリーです。

いうなれば、背筋がシャンとして、ナンパの御柱が立つ感じでしょうか。

一方、『脱出プログラム』では、そうして強固になった「我」を、今度は、
失っていく過程を描いています。要するに、だんだん自信がついていく
のではなく、むしろ、だんだん自信をなくしていくプロセスが描かれます。

そうして、さんざん自信をなくすにつれて、自由になっていくわけです。
(エゴがゼロに近づくにつれ、セカイが自分になっていくという現象です)

つまり、『覚醒プログラム』が、自信のない状態から、自信ある状態へ、

そして、『脱出プログラム』が、自信ある状態から、自信のない状態へ、


まさに「陰」と「陽」が逆転しています。ですから、ナンパできるSHOP
の陰陽マークの色は、それぞれ真反対になってます。気づきました?

まぁ、そういうわけで、『脱出プログラム』は、自信からも自由になって、
とことん楽になることを指向した、逆転の発想のナンパ物語となります。

だって、自分が普段やっているようなナンパの延長ならば、わざわざ、
高いお金出して購読したいと思いませんよね?自分では、やらないが、
実際、やってみたらどうなるんだろうと、無意識で感じているような事を、
物好きな私が実践し、さらに、期待を上回るものを、脳に突きつけます。

あなたの固定した脳のナンパパターンを裏切るので、気持ちいいよ~。


ちなみに全部で三部作となっており、『序』⇒『破』⇒『急』の順番で、
途中参加はできません。(去年、音声メルマガをご購読された方はOK)

第一章の『序』では、最高のイイ女を探しに旅立つところから始まり、
軽い女をGETしないで、すぐに切っていきます。まだまだ余裕もあり、
どしゃぶりの中でナンパしてみたり、頼もしく、自信のあるトークです。

ところが、だんだん雲行きが怪しくなってきます。イライラしてきたり、
自信を失っていく。そして、やっと運命の女性と出会えたと思いきや、
ナンパにおけるセカンドインパクト(後でご説明します)が起こって、
精神的な死を経験します。そこから狂ったような転換期を迎える・・。

それが第二章の『破』なのですが、これまでのナンパを全否定して、
セカイが変わっていく。そして出てくる使徒(女性のこと)も強くなり、
とことん私の「我」が攻撃にさらされていく、クライシスの物語です。

そして第三章の『急』がクライマックスで、さらに話は転換し、まさに、
悟りの世界が繰り広げられる。「我」をなくすと、セカイが味方につき、
行き詰まっていた問題が、勝手に解決されていくドキュメントですね。

受け身になればなる程、物事はうまくいき、惚れられることの真髄を
つかみ、ついには待ち焦がれていた、サードインパクトが起こります。


こうして簡単に書くと、どんどん「我」をなくしていって、サードインパクト
を発動させるだけのストーリーですが、その中に、使える台詞や小技を、
たらふく含ませてますので、思いっきり楽しみながら、ご自身のナンパも
ラクにしていってください。狭い価値観を、根底からひっくり返しますから。

多くの人が、世間の常識だけでなく、ナンパの常識にも閉じ込められて、
窮屈に思えます。もっとラクになって、自分だけの花を咲かせてほしい。

実際、楽しくナンパ出来てるのなら、何の問題もないんです。しかしね、
ナンパが辛いんだったら、どこか間違ってるんです。そこでテクニック
ばかり、こだわるかもしれませんが、最後は、考え方ですよ。ひとつの
ことに気づいただけで、これまでの停滞した数年が嘘のように変わる。

それは私がイヤっていう程、経験しましたし、参考になれば幸いです。





また最後に、あらためてニュータイプの方々へ言わせてもらいますが、
初心者の方で、どうもGETできないんだったら、無駄なGETいりません。

テストタイプ(試行型)から、ゲットタイプ(実戦型)に覚醒しようとして、
努力するのもいいですが、あなたの人生では不要な場合もあります。

もし数をいけないんでしたら、たんに自分に合った最高のイイ女だけを、
手に入れればいいんです。それなら自信を持とうとせず、むしろ真逆の
アプローチで、女性の方から、惚れられてしまえばいいかもしれません。

他人のナンパブログなんか見ても、自分の足を引っ張るだけでしょう。

焦らなくていいし、軽いつきあいより、恋に落ちた方がうれしいですよ~。


また、「ナンパなんて、軽い女しか出会えない」と思ってる人、結局は、
あなたが軽い男なんですね。だから同じようなタイプとしか縁がない。

不満ばっか言ってる女としか出会えないなら、そもそも、あなた自身が
愚痴ばっか、こぼしてませんか?自分で、引き寄せてるだけですって。

それなら、まず自分が変わってしまえば、出会う相手も必ず変わります。

本当ね、世の中には、信じられないくらいに、魅力的な女性はいます。

うわー!この路線があったか!と、感動して夜眠れなくなる位の人も、
続けていけば現れるし、人間の多様性って、本当、果てしがないです。

だから、特に、初心者の方で、たまたま成功して、彼女にして、すぐ
ナンパやめる人がいますが、それで楽しければいいんです。しかし、
一緒にいて苦しいのなら、我慢しちゃダメですよ。残念な話ですが、
ナンパした彼女は、他の男にも、軽くついていくのかもしれません・・。
(その結果、嫉妬で苦しみ、女性不信なんかになっちゃダメですよ)

しかも精神的に問題を抱えた子で、あなたまでシンクロして暗くなり、
悪影響を受ける場合もあります。それでも、他の女性を知らないと、
無駄に執着するケースも多いです。他に、イイ女いっぱい、いるのに!


余計なお世話がすぎましたが、恋愛という観点でナンパをするならば、
ただGETするとは全然違う方向性も大事です。私も、遠回りばっかり
してきましたので、ついつい、苦労はいらないと、助言したくなります。

とにかく、ナンパを続けるうちに、心が豊かになって、出会う相手も、
どんどん魅力的になっていくのが本来の姿です。つまり、それは、
自分がイイ男になるということですね。出会う相手は鏡ですから!

やはり最後は、とことん「男気」のある、カッコイイ生き方をしたい。

そういった気持ちのナンパの先には、光があります。

これからも、もっともっと、日本を明るくしましょう!(何さま?)

posted by 家元 at 18:11| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2010年05月13日

ナンパには何もいらんぞい!(五無主義)

あらためて、このブログのコンセプトを固めてみました。

『タダでナンパする!』
(お金がゼロでも、内気でも、サードインパクトを起こす!)

人間、何も持たなくても、豊かなコミュニケーションさえあれば、
幸せに生きていける。これからの日本に必要なのがナンパ!

といっても、自分だけ気持よければいいというエゴを元にした、
「ナンパ」ではなく、和をもって尊しとする、日本風の「何無派」!

いまや現代は、心の時代で、道教、仏教、禅宗、ヒンドゥー教、
といった東洋思想や最新のスピリチャルを「エヴァンゲリオン」
で味付けしたのが、何無派である。特色としては、以下の通り。


ナンパにお金は、いらない。(会話が豊かであれば!)

マスコミからの情報もいらない。(女の子に聞けばいい!)

ルックスなんて関係ない。(生きてるだけでラッキー!)

ましてや年齢なんて関係ない。(中年よ、神話になれ!)

努力や根性も絶対いらない。(苦しいことはヤダヨーン!)


以上の5つが「五無主義」ですが、それは私、フミトバンクが
メッセンジャーとして、あえて極端に実践してきたスタイルで、
普通の方は、上記のうちの三つに当てはまればいいでしょう。

他にも、ナンパに車なんていらない。(デートスポットもイラネ!)
だとかもありましたが、地方の人には向いてないかもしれないし、
省きました。概ね、物質的なことより、精神的なことを重要と考え、
今の時代にあった、新しいライフスタイルの提唱が基本ですね。

お金を使わず、タダで出来ることで、ほとんどがカバーできると、
強気な発言をしていきますが、その際、最大の武器になるのが、
言葉や考え方で、ハッキリいって、これだけで無敵になれます!

何無派師とは、言葉と考え方でもって、心を動かす、術師です。





この何無派における言葉と考え方を、当ブログと音声メルマガ、
二つのメディアを使って、皆さまに徹底してお伝えしていきます。

具体的な台詞だとか、会話のやりとりなどは、実際に録音した、
ナンパ音声メルマガで少数向けに、(いわゆる秘儀的に)表現し、
このブログでは、主に考え方を、お伝えしていきたい。どうしても、
概念的になりますが、考え方を変えるだけでも凄い効果ですよ。

ナンパが苦しい人は、行動を変えようとするけれど、最終的には、
考え方を変えるだけで、努力なしに、あっけなく解決するものです。

そういった独自の考え方を持つことが、「セカイ観」を持つことで、
それが、いわゆる「セカイ系」のナンパと呼ばれる所以となります。

またアニメなどの「セカイ系」同様、「ぼくと彼女」という狭い関係が、
世界の破滅や平和につながると考えたり、大げさな面もあります。


セカイ系のナンパは、本当に面白いです。俺はナンパなんて無理!
などと食わず嫌いしないで、このブログを読んだのも、何かの縁だし、
ちょっとでもやってみると、自分でも驚くほど、はまるかもしれません。

特に、草食系やオタク系と呼ばれていて、彼女が欲しい方にお勧め!

やっぱり、ルックスに自信がなかったり、人間関係に憶病だったり、
考えてばかりいて行動できないような男性は、ディープにオタク化
したり、「非モテ」といって開き直り、生身の女性に背を向けがちです。

それもアリですが、どうせ開き直るなら、もっと徹底的に開き直って、
全然ダメだろうが、全開でナンパしちゃう。ダメならダメほど面白いと、
そんな自分を笑えるユーモアと、内向的な男性特有のイメージ力で、
自分の好きなようにセカイを書き換えて、日常を物語化させてしまう。

つまり、出来るだけ楽しく、そしてラクできるように、セカイを変える!

そうやって、ゲーム感覚で遊んでいくと、覚醒や解脱が起こっていく。

それが21世紀に新しく生まれた、ナンパのニュータイプ、「セカイ系」。

それを思うたびに、ワクワクしてきます。あらためまして、よろしくね!

posted by 家元 at 12:07| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2010年05月23日

男は絶滅の危機にあります!

ご無沙汰しました。久々の更新なので、本日は軽めに。

毎月恒例の(といっても二回目だけど)、ナンパに役立つ、
今月の映画紹介です。別に、強くお勧めするのではなく、
ナンパをサボってしまった時など、軽い感じでご覧ください。

今回の作品は、『2999年異性への旅』という無名の映画で、
おそらく聞いたことないだろう、アメリカのコメディ映画です。

ツタヤでDVD5枚借りたら安くなるというので、半ばムリヤリ
借りたら、意外に面白かったので、皆さまにもご紹介します。





内容は、ある惑星の宇宙人が、科学の発展と共に、なぜか、
男しか生まれなくなり、女がいなくなって、このままでは絶滅
という危機に瀕します。要するに、その惑星は男ばっかです。

そこで、姿形は地球人と同じなので、まず代表者1人だけを、
地球に派遣し、そこで女を妊娠させようという作戦をとります。

そのために、ナンパをするわけですが、自分の故郷の未来が
かかってるだけあって重大です。なので代表に選ばれたのは、
「女性を口説くシュミレーション」で、成績優秀だった男でした。

それがイケメンじゃなくて、どうにも冴えない中年男なんですよ。

しかし、彼は凄い!地球に着いたとたん、女性には片っぱしから、
声をかけていくんですが、あまりに無差別で、笑ってしまいます。

もう妊娠させることしか考えてないのですが、あきらめも早くて、
宇宙人特有のカルチャーギャップも面白いし、別に感動なんて
ないかもしれませんが、ナンパに疲れた時、観るといいでしょう。

アホやなー、と苦笑し、思わずナンパしたくなるかもしれません。


また、自分がナンパする時も、自分のDNAを残さないと、自分が
この世界から絶滅する!なんて思い込んでみれば、ただナンパ
することが、重大な使命に思えてくるから、やる気が出るかも?

ただし、さぁ妊娠させるぞ!と思いながら声はかけても、ちゃーんと、
避妊はするように!あくまで、セカイ観で遊ぶためのものですから。

なお、「運命の人」を探すためのナンパだとか、最高のイイ女だけを
ナンパする!といった方向性も、簡単にいうと、その女性に、自分の
子供を産んでもらいたいかどうか?一緒に、子育てしたいかどうか?
そんな基準で選ぶと、わかりやすいでしょう。これでだいぶ絞れます。

だって、誰とでもやっちゃうような軽い相手だと、自分の子供かどうかも
わからないし、精神が不安定だと、心配でしょうがないです。必然的に、
可愛くて、体は健康で、精神も安定している人を、選びたくなるのでは?

そんなわけで、この世界に自分のDNAを残したい方は、必見で~す!

posted by 家元 at 17:05| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2010年05月30日

ヱヴァンゲリヲン『破』の発売記念!

数日前に、エヴァのDVDが発売されて、気づけば、
ずっと、エヴァ一色の毎日を過ごしてしまいました。

前回紹介したB級の映画なんて、吹っ飛んでしまい、
やっぱり、ナンパする人は、エヴァを観ないとね!と、
つくづく思う次第です。でも、わざわざ買ってまでは、
観なくてもいいです。(レンタルは6月23日開始です)

結局のところ、使徒という敵が現れ、それを倒す話で、
本当は、もっと深い話ですが、興味ない方は、そんなに
気にする必要ありません。ただ、これから、このブログ、
主にエヴァの世界観を下敷きにして、展開していきます。

これまでは、さわりしか述べてきませんでしたが、やっと、
新劇場版の『破』も発売したので、心おきなく新たなナンパ
の世界を表現して、あなたのナンパをラクにしたいですね。

これで必ず、今よりさらに、ナンパが楽しくなることでしょう。





で、まず最初に、『ナンヴァ』について、説明していきます。

『ナンヴァ』といったら、たんに「エヴァ」を、もじっただけで、
安易で、なんてことないと思うかもしれませんが、おやおや、
不思議と『ナンヴァ』の深い意味を知ると、革命が起こります。

一言でいえば、『ナンヴァ』とは、ナンパするために駆使する、
自分の肉体のことです。そして、我が肉体を『ナンヴァ』という、
乗り物として捉えると、あなたのナンパは根底から変わります。

てなわけで、次回から、その話を軸に、お送りしていきま~す!

ようやく、新たな神話『ナンヴァゲリオン』が、本格スタートです!

posted by 家元 at 16:42| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2010年05月31日

ナンヴァという乗り物

現在、幽体離脱、体外離脱が密かなブームで、ブログや本も増加している。

私自身も、寝てたら体がブーンと振動して、スッと抜け出したことがあって、
「何だこりゃ?」と恐ろしくなった。いろいろ調べてみたら、よくあることらしい。

この現象に対して、オカルトだ、嘘だ、思いこみだと否定するのは簡単だが、
実際には、あなたも毎日のように体外離脱しているのを知っているだろうか?

それは、完全に無意識になっている時間帯、つまり、毎日の睡眠中にである。





眠っている時、あなたは意識がなくなる。意識がないということは、その場に
いないということだ。体がそこにあるから、その体の中に深く入ってるとか信じ
こんでいるかもしれない。本当に、そうだろうか?科学的には証明できない。

体を揺さぶれば、すぐに起きるから、体の中にいると思うのは安易である。

意識がないというのは、どっか他のところにいってると考えるほうが自然で、
本当のところ、眠ってる間は、体を抜け出しているのが事実かもしれない。

体そのものには、放っておいても勝手に維持される、セーフティーモード
ともいえる、自律的なシステムがあるので、少々抜け出しても大丈夫だし、
習慣的に覚えさせた時間や、アラーム機器により、自然と戻れるだろう。

また、大きな騒音がしたり、体が揺さぶられたり、トイレいきたくなったりなど、
何か異変が起こった時は、瞬時に、体に戻れる。おそらく、体を抜け出すと、
時間も空間も関係ない領域にいくため、そのような迅速な帰還が可能なのだ。


ところで今は、『体に帰還する』という表現をとったが、むしろ逆で、寝ている時の、
無意識の時に行ってる世界こそがメインで、向こうから見れば、『体に乗り込む』
という、まさに乗り物に入るような感覚かもしれない。シンジがエヴァに乗るように。

事実、ナンパの世界では、肉体がナンヴァと呼ばれていて、中に入り込んでは、
意識をシンクロさせ、ナンヴァを動かすという、まさにエヴァの世界と同じなのだ。

同様に、肉体というナンヴァとのシンクロ率が高ければ高いほど、自由に動かし、
何のストレスもなく、自分のしたいようにできる。しかし、現在、見わたしたところ、
人々、特に若い男性達は、ナンヴァとのシンクロ率が非常に低くなってしまった。

たとえば、道で見かけた女性に対し、声をかけようとしても、身がすくんでしまう。

何も失うものはないと頭では分かってるのに、実際には、なぜか体が動かない。
肉体であるナンヴァとシンクロ出来ていないため、いうこときいてくれないのだ。

どうすればシンクロ率を上げれるのか?、それを今後、述べていきたいと思う。





ちなみに、ナンヴァとは、ナンパとエヴァを無理矢理こじつけて、
実にゴロの悪い呼び方になっているが、ナンヴァは漢字にすると、
『何無場』と表記され、これは、『何も無い場』という意味である。

要するに、あなたの肉体は、あなたがいなければ、何もできない。

ただし、時に暴走する危険もあり、ナンヴァはまだまだ未知数だ。

その可能性を、どう引き出すか?全ては、あなた次第である。

さぁ、ナンヴァを自由に操縦して、中年よ!神話になれ!

posted by 家元 at 14:08| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする