2013年09月06日

その気にさせるだけの女たち!

やけに色っぽい格好をして街を歩いては、男から声かけられて喜ぶ。

しかし、絶対についていかず、ただ声かけられた数を誇るだけの女・・。

そんな女みたいにならないようにと、『脱出プログラム:第三章(究)
に関するページを、この夏の間は消していました。だって、それを読み、
欲しくなっても、販売終了していたのですから、そそるだけ意地悪です。

そして、本日、消していたページを復活させました。つまり、あらためて、
『脱出プログラム:第三章(究)』の販売を、日刊で緊急再開したのです。

その理由は、後で述べますが、とりあえず、まずは簡潔に、ご伝達まで!

posted by fmtbank at 05:55| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2013年09月30日

秋祭りの開始です!(究から極へ)

お久しぶりです!表の世界に戻ってきました、ナンパ道場の家元です。

ちなみに、裏の世界は、音声メルマガで、クローズドな少数の方にだけ、
お送りしているものです。この夏は、『第三章<究>』をお送りしました。

この制作が、本当に大変で、1000ある候補音声から1だけ選ぶような、
すさまじく時間のかかる作業でした。もしや、完成しないんじゃないか?
という不安も大きい中で、全力を尽くし、今までで一番神経も使いました。

その甲斐あって、どうにか成功したようです。多くの方からのご報告や、
ご感想をいただき、これでよかった!やりきった!と、悔いはありません。





なお、内容は、映画『運命じゃない人』に影響を受けています。この映画、
まずは電話番号をもらうまでの恋の話があって、それから、その裏話を、
こんなことがあったんだと時間を戻して描き、最後は、さらに、その裏話を、
ガツン!とかまして、伏線を回収するという、三層構造の面白い映画です。

私も『脱出プログラム』で同様のトリックをしかけようと、『第二章<破>』
で描いた、ナンパ師を引退する話に対して、今回の『第三章<究>』では、
意外な、その裏話を描き、最後の『第四章<極>』にて、さらに引っくり返し、
逆をつく、二転三転するストーリーで、面白がらせようとしていたのでした。

これは、『桐島、部活やめるってよ』のように、他の人達の視点で、同じ日を
描くことを、自分の表の部分と、裏の部分で、それぞれを描きながら、リンク
させていくという、離れ業に挑戦したものです。またドキュメントだというのに、
どこかパラレルワールドを思わせ、『四畳半神話大系』も取り入れています。


そういう意味で、私自身も、心底、面白がって作っていたのですが、これが・・、
普通に一人ずつ、女性を口説くトークを並べるだけだったら、簡単なところを、
時系列をズラしたり、ヒントを隠したり、パズルを作るようにして、編集したので、
気が狂いそうになりました。なんとか完成したのは、皆様のおかげであります。

お金をもらうと、逃げれないんですよ。販売するということは、最後まで責任を
はたす、という約束ですから。もし無料だったら、とっくにギブアップしてました。

そんな感じで、皆様の協力があって完成した、『第三章<究>』ですが、別名、
「自虐的代理戦争」として、この秋こそが本番となります。がんばってください。


これは完全に、裏のセカイでの対決なので、もう二度と、ブログ上には出てこず、
ノーコメント状態となりますが、水面下では続いていくので、よろしくお願いします。

内容に関するご質問も、今月で打ち切りますが、これは解説に反映させたくて、
急いだだけですから、今後も、ご報告、ご感想をいただけた方には、特別解説を
お送りします。今後の謎解きの参考にしてください。ナンパは何でもアリですぞ!

それでは、10月より、ブログを通常更新に戻します。(これにて、『究』は完了。)

posted by fmtbank at 12:17| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする