2014年05月01日

怒涛のリンク集で、応援していきたい

ブログの記事が、千件突破しようが、読んでる人には関係ない。

「へー、千件いったか。たくさん書いたんだね。」と思われるだけ。

これは、私が千人GETしようが、読んでる人には、全く関係なくて、
「へー、ストライクゾーン広いんだね。」と、ただ思われるのと一緒。

やはり、内容です。読み手側に立って、再構築しないと意味がない。

そこで、記事を目的別にまとめて、リンク集を作っていくことにします。


例えば、先日、「人の目が気になって、声かけれない。どうしよう?」
という質問をいただきましたが、今更かい!と思ってしまったのです。

そんな基本的なこと、今まで、どれだけ書いてきたことかわからない。

すでに伝えたことを聞くなんて、ただの甘えにしか思えませんでした。

しかし、私自身でさえ、ブログを読み返すと、ほぼ内容を覚えてないし、
書き手がそうなら、読み手なんか、もっと覚えてません。忘れてます。

だから読み返してもらいたいのですが、あまりにも記事の量が多くて、
テーマもバラバラに記録されているため、そんな気にはなれません。

なので、そういう時に、「人の目が気になるとき」に読むといい記事を、
リンク集でまとめておけば、読み返して、思い出してくれるという意向。


他にも、「サボろうか迷っているとき」「自分のルックスが気になるとき」
だとか、「雨の日」「アポの日」「凹んだとき」などといった、それぞれの
目的別にリンク集を作っておけば、少しは助けになると、思ったんです。

そこで、これからリンク集を作っていきますが、未完成なままで次々と、
更新しまくって、日々、増殖していく感じになります。記事の内容の方も、
重複するものが多くなるでしょうが、あまり気にせず、どんどんやります。

試行錯誤しながら更新していくため、多少の混乱などは、お許しください。

では、少しでも役に立てばいい、その一心で、少しずつ、やっていきます!

(リンク集の項目に関しては、ご要望があれば、ドシドシお寄せください。)

posted by 家元 at 07:08| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2014年05月03日

地蔵脱出:(毎日1人ずつ増やしていく方法)

誰しも最初は、声なんかかけられない。

恐くてしょうがなく、身を縮こませるだけ。

まるで、お地蔵さんのように固まります・・。


とにかく、最初は10人声かけられるまで、
気合いで慣らしてください。もちろん恐い!

なので、まずは毎回1人ずつ、声かけ数を
増やしていって、10人達成させるのもいい。

これを入門者の「10人解放行」といいます。





地蔵の日々

ナンパしないとウツになる

女性が怖くて声をかけれない。


毎日1人ずつ増やしていく!

ナンパにマニュアル本はいらん!

ナンパって、死ぬほど怖い。

ついにナンパ天国の門が開いた。

毎日300人に声かけてナンパする!

posted by 家元 at 07:05| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2014年05月04日

初めての大量声かけ(毎日10人ずつ増やしていく)

どんな分野でも、量稽古こそが上達の道です。

そこで、一日10人に声かけれるようになったら、
さらに増やしてもいいでしょう。もちろん、あまり
無理しすぎても、苦しくなり挫折の元になります。

私の失敗例でいうと、まだ一日10人に声かける、
10人解放行でさえ慣れていないうちから、さらに、
毎日十人増やしていく、大量声かけに挑戦しました。

最後は挫折しましたが、こうして自分の限界を知る
ことも必要です。人は失敗から、多くを学ぶのです。





とにかくナンパは慣れだ。

失恋して、ひきこもり

自分のナンパに他人を巻き込む

ナンパは修行だ。

ついにナンパで100人!

もう、ナンパやめます。

毎日400人に声かけて、三十年間ナンパする。

酒の力でナンパする!

酒の力でナンパするな!


(この時は挫折したが、後に『100人解放行』として確立)

posted by 家元 at 07:25| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2014年05月05日

最初は無理しない:(まずは挨拶から)

最初は恐いので、特に、失敗なんかしたくない。

だからこそ、1人1人を丁寧に声かけていきたい。

その結果、こんな感じになるのも、よくわかります。

女性は、いつも尾行されている!





しかし、そんなビクついた態度を捨て、無敵になる。

そこから始めようというのが、準備体操の挨拶です。


ナンパ貧乏でTV出演

ナンパに努力はいらない

ラクしてナンパするには?

自由にナンパできる方法?

ナンパあいうえお(挨拶訓練)


ただし、これは出来ない人は出来ない。相性がある。

だから結局、最終的には、この方法をボツにしました。

posted by 家元 at 07:52| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2014年05月06日

家元による、地蔵脱出体験記

gorin


地蔵脱出:(毎日1人ずつ増やしていく方法)

初めての大量声かけ(毎日10人ずつ増やしていく)

最初は無理しない:(まずは挨拶から)





とにかく最初は、自分にできる小さなことだけをやり続けるしかありません。

上図の何無派五輪でいうと、黒の「土」にあたります。これは「地」でもあり、
「地」に足をつけて、「地」味なことを積み重ねるという意味。それと同時に、
「地」を踏みしめ、ジャンプすること、何も考えずに、跳ぶことも意味します。

地固めとジャンプ、この二つ(陰と陽)の方向性で、まず体を作ってください。

焦りは禁物です。家元が、この最初期に、焦りすぎて凹みまくっているのは、
最初から、何無派五輪でいう第三段階の、赤い「火」になろうと頑張りすぎた、
その欲張りからの自滅でした。そんな先のことはいい。まずは第一段階から!


最終的には、ただ跳ぶこと!

明日なんか来ねえ。今日、跳べ!

posted by 家元 at 07:10| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2014年05月07日

最終的には、ただ跳ぶこと!

いろいろ書いたが、考えすぎてはいけない。

ナンパを始めるためには、まずは飛ぶこと。

理屈はいらない。とにかく、ジャンプである。


ナンパマニュアルは全部、燃やせ!

これがナンパの全てだ!

「なぜナンパできないか?」





この声かけた時点で、ナンパ全体の8割が成功!
というのはいいすぎで、今は2割だと思っている。

ただ声かけて、せいぜい短い会話する程度ならば、
ナンパ五輪の第一段階:「土」にあたるわけだから。

しかし、それでも、やはり声かけないと、ゼロとなり、
その後の展開も何もないので、8割の大事さはある。

ナンパで最も難しいのは、第一段階。これは真理だ。

posted by 家元 at 12:57| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2014年05月08日

無視や冷たい反応について

声をかけることは、ジャンプだ。純粋な身体的跳躍!

周囲の目が気になる、女性が怖い、そんなの知るか。

ただ跳べ!未知へと跳べ!それが、後から道となる。


周囲の目を気にしないようにするには、どうするのか?

そんなの簡単、跳べばいい。跳んでしまえば気にならん。

跳ぶ前に、気になるのは当たり前。誰だって条件は同じ。

世の中には、跳ぶ人と跳ばない人がいる。ただそれだけ。


ただし、このジャンプというのは、必ず着地とセットである。

着地に失敗すると、痛い思いや、無残な気持ちになるので、
実は、着地こそが、会話の終わらせ方こそが、重要なのだ。

そのために受け身や、そもそもの考え方などを訓練していく。

特に、無視や冷たい反応に対しては、発想を転換してほしい。

あんなもの、全然たいしたことない。むしろ気持ちいいよ!と。





ナンパは修行だ。

内気な人ほど、ナンパするべき。

ナンパで無視された時のコツ

あなたも女性に断られよう!

ナンパの断りが平気になる

posted by 家元 at 10:42| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2014年05月09日

地蔵を脱出するための陰陽思想

ナンパを始めて、かつ続けるためには、当然、考え方も重要。

それが「覚悟」と「リラックス」という、相反する二つの精神だ。

最初は緊張したり、逃げたくなるので、第一段階は「覚悟」で、

慣れてきたら、「リラックス」の第二段階、量稽古に入るべし!





第一段階: 覚悟(ロストすること)

最後のタダナンパ宣言

モテない男は覚悟が足りない

常識を捨てて、ナンパする覚悟

新潟地震おめでとう!



第二段階: リラックス(量稽古のススメ)

何人に声かければいいのか?

ナンパで無視されることは失敗か?

ナンパサーフィンで女に乗る

posted by 家元 at 13:13| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2014年05月12日

『五輪書』として完成させます。

今月は、ブログの総集編です。これまでの記事を再構築し、
ナンパに悩む人々のための、『五輪書』として完成させます。

ところが、これが思ったよりも大変で、最初は、全てキッチリ、
完成させてから発表しようとしたら、面倒になり、投げ出して、
GWは遊びまくってしまいました。(おかげで新企画を思いつく)

やはり人間、他者のための、アウトプットがないと、ダメですね。

そこで、毎日応援するつもりで、未完成のまま、更新していって、
最後に統合することにします。多少、訂正したり加筆しますので、
ナンパに悩む方は、その中でピックアップして、お役立てください。

(なおブログタイトルも、「タダでナンパするぞえ!」に再び戻しました)

posted by 家元 at 15:32| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2014年05月13日

ナンパの利点について

今日は、再び原点に返り、ナンパの利点について。

これらは、まだ私が前座修行をしている時に書いた、
ナンパの長所です。この時は、最もガムシャラでした。

しかし、ガムシャラになれること自体が、最高の報酬。

前座修行は、とにかく前へ前へ行く。それで幸せです。





ダメ男こそ、ナンパしかない!

その日限りのロマン

ナンパする男、しない男の違い

クラブより路上ナンパ!

ナンパを続けるのは大変!

口下手の男はナンパできない?

posted by 家元 at 14:57| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2014年05月14日

明日なんか来ねえ。今日、跳べ!

現在、日替わりで、過去の記事を紹介しています。

これらは全て読む必要はなく、なんとなくご自身の
課題に合っていた時だけ、クリックしてみてください。

結局、これは私自身が過去の記事をリニューアルし、
再構築するためにやっていますので、最終的には、
最近のリンク集は全て消したりするかもしれません。

本来は、すべて再構築が完了してから、発表したい。





それでも、やはり、人間いつ死ぬかわからないので、
というよりも、肉体よりも、情熱が死ぬのが怖いので、
少しでも、役に立てばいいと、毎日、応援しています。

ナンパに対する情熱というのは、本当に、脆いもので、
ちょっと時間がたったら、引退していた、なんて人達は、
これまで、めちゃくちゃいましたよ。もう身に染みてます。

ちゃんと完成させて、来月発表しようだとか、そんな悠長
なことやってたら、ナンパ志願者は、すぐに死んでしまう。


とにかく未来なんかない。今日しかない。その心づもりで、
最近は取り組んでます。明日のことなんか、知らねえよ。

また、こんな最高の季節に、動かない奴も、どうでもいい。

今日、動く人だけにおくりたい。つまり、跳ぶ人に向けてる。


「俺はこの星の一等賞になりたいの、ナンパで。そんだけ!」


そんな「I CAN FLY」のあなたが、路上へと跳び出すための、
ほんのささやかなキッカケになればOK。それ位しかできない。

だって高度なことなんか書かないし、書いても出来ないですし、
今回も、またナンパの第一段階に関しての記事を紹介します。





まずは「ナンパ」を忘れて、ごくささやかに入ること。(陰の入り)

毎日が成人式!!(ナンパを忘れる)

そして、その真逆、緊張の中でのジャンプについて。(陽の入り)

ナンパの原点に戻る!(跳躍のススメ)


ちなみに、忘れがちだが、ジャンプするなら、当然、着地も大事!

ナンパの捨てゼリフはやめよう

この記事は、これまで反響が大きかった記事のベスト10に入る。

ナンパは女を幸せにする

posted by 家元 at 15:26| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2014年05月15日

ナンパに罪悪感のある人へ

今日は、おススメ記事ではありません。他者の「おススメCD」です。

実は、昨日ご紹介した、この記事が、当時、メルマガで書いたとき、
かなり反響があったことを思い出したのです。その時は驚きました。

だって、かなり地味な内容でしょう?しかし、今はそれも納得できる。

なぜなら、ナンパに罪悪感をもつ人達は、めちゃくちゃ多いからです。

もう最初の最初、女性に声をかけること自体が、相手にとって迷惑と、
遠慮してしまう。だいたい、そういう人は性格がいい。だからできない。


確かに、声をかけると、うっとおしそうな顔をされたりもします。しかし、
それが女としての勲章です。女は、お声がかかるうちが華なんです!

最近は熟女パワーが凄いといえども、やはり女の最も美しい時期は、
短いです。最盛期が終わった女は、相手にされなくなる。昔は、男が
たくさん寄ってきて「シッシッ!」と追い払ってた女も、別人と化してる。

そこら辺に歩く、太った地味なおばちゃんや、腰の曲がったお婆ちゃん、
彼女達は、今さっき、あなたが声かけて睨んできたギャルの未来です。

それも、そんなに遠くはない未来。女性なんて、アッという間にババア・・。





それを心底理解できるのが、中高年漫談でおなじみの『きみまろ』CD!

ビデオよりCDの方がいいですね。2000人位の中高年達が、一斉に、
ドワーッ!と笑っている姿が、自分の頭でも想像できるから。ほとんど、
女性客だし、彼女達に向かって、きみまろ師匠が毒舌しまくっています。

「あれから40年!」とかのネタを聴いていると、人生なんてアッという間、
すぐに老人になるんだろうなと、笑いながら実感してしまう。どこか哀しい
ペーソスも混ぜつつ、笑い飛ばしているところが秀逸。そりゃ人気出るわ・・。


とにかく、女性に声をかけることに罪悪感がある人なら、いっぺん聴くべし!

女性が、どんなに迷惑なポーズをとろうと、言い寄られてるうちが華でっせ!

(相性もあるから、図書館かツタヤで、ついでに借りてみるのがベストです)

posted by 家元 at 16:12| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2014年05月16日

家元、本気出してよかですか?

ついに「春シーズン」も、折り返しました。(4月、5月、6月が春シーズンね)

もし、あなたが前半、何もしていなかったのなら、ただのクズです。バ―カ!

先延ばしばっかり、してんじゃねぇよ、クーズ!お前なんかに、明日はない。

そんな意気地ナシは、どうせ何やってもダメだろうから、くっだらない一生を
お過ごしください。何も起こらないよう、何も変わらないように、ずっと寝とけ。

ゴチャゴチャ理由ばっかり、うるせえんだよ。奴隷は黙ってエサだけ食っとけ。





な~んてことを書かれると、逆にやる気になる人もいるでしょう。基本的に私は、
ナンパが出来ない人、やらない人を否定するつもりなんぞ、まったくありません。

あくまでナンパは、少数の目覚めた人だけがやるものです。だからといって、別に、
大衆を馬鹿にするような選民思想もない。これはフィギュアスケートをしない人を、
フィギュア選手が馬鹿にしないのと同じ。ただ、やりたい人がやればいいだけの話。

しかし、せっかく興味をもって、このブログを読んでくれる人に対しては、地蔵だとか、
ナンパ出来ないことを否定することは大事だと思いました。そのために、ヒール役も
かって出ないと、かわいそう。やらない、できないことを肯定することは、絶対にNG!


中には、カチンとくることで行動する人もいるんですよ。それにねー、やはり、いつも、
いい人の感じで書いても、マンネリですわ。素直に応援している文章が、最もラクで、
簡単だけど、パンチがないでしょ?もっと性格悪くて、破綻している方が刺激になる。

そういうわけで、これからは、時々、わざと口悪く書いたり、もっと偉そうになります。

最近、ブレていた、「家元キャラ」を貫きますので、これはあくまでも、たんに女慣れ
しているだけのヒッキー(社会的に最下層の人間)が、日本で一番偉そうにしてる!
という姿勢を示して、誰もが一等賞気分で生きまっしょい、という隠れメッセージです。





ちなみに最近、やけにやる気になっているのは、ブログを引越しして、リンクが無効
になってしまい、手直しするためにも、過去の記事を読み返していることが原因です。

ハッキリいって、圧倒されました。自分の過去なんて、すっかり興味をなくしていたし、
ほとんど忘れていたのですが、読み直してみると、全て思い出し、スイッチが入った。

一時はブログを全部消してもいいやと思ってましたが、こんなに素晴らしかったとは!

特に前座時代は、かなり捨て身で、ひたむきさに溢れており、感化されてしまいます。


また、この冬に、浅田真央への感動をキッカケに、フィギュアスケートやアスリートの
世界に魅了され、今や自分を「ストリート」のコーチだと、役割に入り込んでいるため、
やる気が再燃しましたね。本当に、このフィギュアとの出会いは大きく、ゴールだった。

前にも、ナンパをスキ―に例えた記事とか書いてましたが、やはり最終的にピタッ!と、
ハマったのはフィギュアですよ。最近の記事にも書いたように、氷上をジャンプしたり、
体重移動してすべっていく様は、路上でジャンプしたり、トークを流していくのと同じです。

次回からは、ふんどしを締めなおして、あなたをアスリートならぬ、ストリートの選手とし、
私はコーチとして、更新を続けていきます。初期の無垢な記事を紹介しながら、現在の
成熟した、煮ても焼いても食えない達観コメントを混ぜつつ、あなたを刺激していきたい。

posted by 家元 at 14:00| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2014年05月17日

ズバリ!このブログの存在意義

結局、このブログの目的は1つだけしかない。

とりあえず、今日だけは、路上に出てみようか。

せいぜい、その小さなキッカケを与える位だろう。


このブログを読んでも、ナンパで結果なんて出ない。

それどころか、「地蔵脱出」さえも出来やしないのだ。

しかし、家から外へ出るための、キッカケ位にはなる。

そして出てしまえば、とりあえず何かしら始まるだろう。

そのキッカケで充分であり、それがブログの存在意義!





さて、そんなわけで、書いてる内容自体は、本音をいうと、
もはや何でもいい。全部が戯言、ただの方便にすぎない。

とにかく、今日、家から出る=「出家」することを勧めるだけ。

しかし同時に、ナンパなんてしなくていいと、むしろ宣告して、
やめてもらうように、主張もしなくてはいけない。いつまでも、
ただナンパ情報だけ採集して動けない人は、ムリだからだ。

まず、今日出来ない人は一生ムリ。とっとと、あきらめなさい。

そう言われても、やる人はやるのである。同様に、どんなに、
勧めようが、その人のために音声プログラムを制作しようが、
やらない人は、やらないのである。だから、放っておけばいい。


昨日は、ナンパできない人に対し、あえて悪態をついていこう、
と思ったが、どうでもよくなった。彼らに、興味はないのである。

与えられた狭い檻から、怖くて抜け出せない家畜に向かって、
ムキに言うことなど何もない。むしろ、やめときな、と止めよう。

落語家の弟子入りに対し、師匠は必ず最初は断りまくるらしい。
「落語家なんてね、すごく頭がいい奴か、馬鹿のどっちかしか、
続かないよ。」と言う。まさにそれは、ナンパに対して同じだろう。

もちろん、ナンパに師匠も弟子もないが、先達者として、家元は、
ハッキリと、あなたに言いたい。「やめときな、お利口さんよ」、と。





ナンパできない人を、あえて批判してみても、しょうがないのである。

ナンパできない人は自分勝手

むしろナンパしない方がいい、と優しく言ってあげた方が正解だった。

ナンパなんて出来なくていい!

posted by 家元 at 13:37| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2014年05月25日

ナンパでズダボロにならないために

大丈夫!基本的に女性は、そんなに怖くはない。

ナンパはウザイ?キモイ?

動揺することで、ムダに疲れてしまうのが問題です。

ナンパに疲れないコツ(目の使い方)





続いて、攻めるための基本。人間は記憶で出来ている。

退屈なナンパの原理

そして攻めるには受け身が大事。断り文句をゼロ化する。

ナンパの断り文句を無効にする

このゼロ化は最高!だって難しいことしないでいいから。

ナンパが平気になるコツ

無視されたときも同じ。あくびが出るほど、簡単なんだな。

ナンパの無視は怖くない





こんな感じで続ければ、いつの間にか無敵になってしまう。

口下手の男はナンパできない?

要するにナンパとは、何も考えないことを学ぶ、悟りへの道!

何も考えない無我ナンパ

posted by 家元 at 07:49| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2014年05月27日

どんなダメ男でもナンパで成功するには?

自由に声かけるためには、何を言われようが平気になること。

無視されようが、断られようが、罵られようが、ダメージがゼロ。

それが『何無派(ナンパ)五輪』でいう、第二段階の「水」である。


しかし、その柔軟な状態になるには、第一段階「土」での訓練を、
積み重ねないと、なかなか難しい。「土」とは「地」であり、地味な、
地に足を着けた作業のことで、たんに短い会話を繰り返すことだ。

特に長年、引きこもりだった者など、だいぶ時間がかかるだろう。

たとえば、彼でさえも、まず最初に、1500人に道聞きしている。

ナンパは誰にでもできる?


人それぞれで、コミュニケーション能力は、かなり個人差があるし、
それは道聞きをしてみれば、すぐわかる。たんなる道聞きでさえも、
多勢から敬遠されるなら、かなり不審者の振舞いをしてしまってる。

だからこそ、全然女っ気がない者は、鏡の前で全身をチェックしたり、
朗らかに発声してみたり、どうすれば反応率が上がるか試行錯誤し、
とにかく、やれることだけを1つずつやること。絶対に焦ってはいけない。

初心者だけではなく、迷う者は同時に、いろんなことをやろうとしては、
自滅している。結局のところ、人は1つのことしか出来ないのである。

一つだけ行動すればいい!





そして1つのことを数回やるのではなく、たくさんやる。量稽古するのが大事。

ところが普通の人は、いろんなことを、それぞれ少ししかやらないで、自分は、
何も出来ない!どうすればいい?と迷っている。これは救いようのない欠落・・。

1つだけに絞り、それだけをひたすらやれば、突破できないものなどないのに、
笑っちゃうほど楽勝なのに、ネットサーフィンばかりやってキョロキョロしている。
そんなことだから、結局、何ひとつ身につかず、モヤモヤしたまま自己嫌悪に・・。

これが情報過多の時代における自信喪失=「人間の根腐れ」というやつである。

我々が今、やらなくてはいけないのは、いろんな情報を取り入れるのではなく、
むしろ、ほとんど捨てて、1つに絞ること。そして、そこに全力を注ぐことである。

これこそが、ナンパという、弱者によるゲリラ戦を戦い抜くための、唯一の道!


なお営業では、弱者が戦うための戦略は、「ランチェスター戦略」が有名だ。

この「ランチェスター戦略」の公式をナンパに当てはめると、個人の成果は、
ルックス+技術+(声かけ数×2乗)となる。これは営業の新人などと同じで、
最初は技術なんかより、ただ声かけ数を上げるだけで、結果は出るという話。

もちろん、ルックスや技術がゼロであると、結果もゼロになるため、最低限の
清潔さや明朗さは、誰でもできる範囲でいいので整えてから、量稽古に入る。

20秒に1人、声をかける

確かに、こんな極端な間隔は大げさすぎる。でも考えてしまったら、動けない。

ナンパできない人は自分勝手

まずは純粋に体を動かして、基礎体力をつけること。技術の話など、その後だ。

ナンパは総合格闘技、柔術だ!

posted by 家元 at 14:54| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2014年05月29日

ナンパ弱者の戦い方(無敵戦略)

ナンパは、ただ勇気を出して、声をかければいいってものでもない。

それだけでは、アッという間にズダボロになってしまう。だからこそ、
武道と同じように、受け身が必要。無視や冷たい反応を流していく。

その際、コミュニケーションの強者と弱者では、アプローチは真逆。

弱者には弱者の戦い方がある。これを『ランチェスター戦略』という。

ランチェスター戦略でナンパ





ここでいう「接近戦」こそが、ナンパの特色だが、またナンパの中にも、
強者と弱者のアプローチがある。相手を突き放したような、強気の会話、
かつてオラオラ系と呼ばれていたトークだが、あれは強者に向いている。

では弱者に向いているアプローチは、どういうものかというと、けっして、
弱気になって相手にへつらうことではなく、とことん「接近戦」をすること!


ただし、接近といっても、ただ身体的に近づき、スキンシップすることより、
まずは心理的に近づくことを意識してほしい。それは一言でいえば簡単で、
「相手になること」である。相手の頭の中を想像して、相手になってしまう。

たとえば、相手が「家に帰る」と言うなら、家に帰らせないようにするのは、
まだ相手と距離がある。そうではなく、「よし、家に帰ろう。何しようかな?」
と全肯定してしまい、家に帰る相手を想像して、そこで話を進めていくのだ。

この時点で、あなたは相手になってしまっている。ゆえに相手は、あなたを
拒否など出来ない。拒否しようとしても、その拒否する場には、誰もいない!


これが接近戦だ。相手のパンチは当たらない。相手に密着さえしてしまえば、
こちらは自分をガードする必要もなく、無敵状態になる。相手を「口説く対象」
として見てはいけない。相手は自分なのだ。すると、まったく傷つかなくなる。

しかも、相手に寄り添うなら、これまでがウソのように、うまくいくようにもなる!

それも当然で、相手は無意識に、あなたと気が合うと思ってしまうのだ。これを、
米国人が細かくテクニック化したのが、かつて流行った「NLP」というものだった。

ナンパでNLPは使える?





しかし、こんな呼吸を合わせたり、大枚はたいて、NLPなんぞ学ぶ必要などない。

ただたんに、相手になればいい。それだけの事を、後付けで言ってるだけなのだ。

結局、ナンパをやれば嫌が応にも、そのコツは身に着く。また身に着かなければ、
苦しくなって、消えていくしかない。それは、いかに自我を抜け出せるか?だから。

そして、この自他同然の修行の始まりが、「ナンパ五輪」の第二段階:『水』である。

なぜ会話を続けるのが難しいのか?(大いなる錯覚)

posted by 家元 at 08:31| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする