2016年09月04日

<パズル>の前半部分を発表しました。

2second2.jpg


現在、『ナンパ脱出プログラム:第五章(悟)』の配信に全て賭けてます。

最新号のタイトルは、「豊潤に与えられたヒント!上昇する価値」でした。

なお今回、ようやくパズルの前半である、「○○」の答えが明かされました。

ロケットも対流圏を出て、成層圏へと入りました。さらに上昇していきます。

(お知らせ:『ナンパ脱出プログラム(序と破)』は、今週にて販売終了です)

posted by 家元 at 15:30| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2016年09月13日

限界を突破して、さらに上昇する・・・。

2second3.jpg



ついに、『ナンパ脱出プログラム:第五章(悟)』の配信が、間に合わずに、
二日も遅れてしまいました。今回のテーマは、「モテ期」を呼び込む方法。

タイトルも、「強引なる力技!人生最大のモテ期が到来」となり、いうなら、
自分は非モテだし、とかクヨクヨしてる人を、ぶっ飛ばす内容にしたかった。

そのためにも、ハンパなく突き抜けた内容にしようと、睡眠不足で、何度も、
寝オチしながら、夢の中でも制作しているという、全力モードに入りました。

遅れて申し訳なかったですが、この全力モードに入れたのが、久しぶりで、
その時は大変でも、終わってしまえば、最高の満足感にひたれ、幸せです。


さて、この自分の限界を突破していくのが、『ナンパ五輪』でいう第三段階で、
「火」の行(ぎょう)にあたります。ロケットでいうと、限界まで上昇していくこと。

そこで突然ですが、ある勇者の素晴らしいレポートを紹介させていただきます。

彼は、全国47都道府県でGETし続けて、全国制覇だ!という目標を掲げて、
旅ナンパを繰り返してきた、愛すべきヴァカですが、ついにナンパを引退する
というので、最後の禊(みそぎ)として、律儀にも、千人に声をかけたそうです。

「限界突破」というテーマにも通じますし、何といっても、去り際が美しいため、
ここに転載させていただきます。学べる部分があるので、参考にしてください。

(お知らせ:『ナンパ脱出プログラム(究と極)』は、もうじき販売を終了します。)





<↓↓↓ ここからレポート ↓↓↓>


『脱出プログラム』、真っ只中のところ、すみません。

毎度長々と報告をする男、火川勇気です。

今回が最終報告です!


9月3日で、関東でのナンパ活動を完全引退いたしました。

ナンパを開始したのが2009年9月でしたので、7年間の関東での

ナンパライフでした。 以前からの目標地点にやっと到達できました。


夢でもあった外国人ゲットも達成しています。金髪はブリーチでしたが、

ハンガリーの白人さんでした。英会話の勉強をして、準備をしてからの

チャレンジでしたが、外国人ナンパのプレッシャーは凄まじかったです。

僕は中学が不登校だったので、学校で英語の勉強をした事は全くなく、

後に受けた大検の試験でも、当時は選択だったので英語は外したため、

つい最近まで、haveの意味も知りませんでした。


それでも、やりゃあ、出来るもんですね。本当に・・・。

4ヶ月間も外国人ナンパをして、かすりもしない状態から、

いきなりの、まぐれ当たりゲットでした。



ところで、かなり過去の話ですが、ナンパを開始した初期の頃にゲットした、

日本人女性がいました。 その後、綺麗な外国人女性も含めて、色々な女性を

ゲットしたけど、好みという点では結局初期に出会ったその女性が1番だったなー

と感じています。最高の相手は、やっぱりあっけなく現れちゃうものなんでしょうね。

それに気づくのに、数年もかかってしまいましたが・・・。


それと後年、アクセサリーをいっぱいつけたり、カツラをかぶったりして、

ナンパしていた僕ですが、初期の頃は、普通の地味な格好でした。

週末だけとか、月に1、2回とかのハンパなナンパ男でしたが、

ナンパから学んだ事も多かったような気がします。


これまでのナンパ活動を振り返って、冷静になって、正直な気持ちを書きますと、

楽しさと辛さでは、辛さが少し勝っていたと感じました。でも人間、冷静になった時

の気持ちが、本音とも限らないと、ナンパで実感しましたが(笑)。

はっきり言えるのはナンパの世界に触れてみて、後悔は全くありません!

ナンパは「良い」です。こんな単純な言葉でしか表現できませんが。



辞める前に、禊(みそぎ)として1000人声かけに挑んでみました。

10回に分けて、合計24時間以内を目差したのですが、意外や意外。

体がめっちゃ軽いのです!


出撃回数は5回に短縮して、1回平均200人に声をかけました。

合計時間は約17時間23分。予定よりも大幅に早く終わってしまいました。

声をかけるという部分のみに力を集中すると、これほど体が軽くなるのかと驚きました。

現役時代の最高・声かけ数は、1日に77人だったのですから・・。


ちなみに、ブログの方も長い間、お疲れ様です。

出来れば終わらずに、このまま永久に語り続けてください。

このブログには何度励まされたことか、どれだけモチベーション維持に

役に立ってくれたことか、計り知れません。名ブログを長い間、

リアルタイムで読めたことを、誇りに思います。

それでは色々と、ありがとうございました。

火川勇気より


(もちろん、お返事は結構です。good bye!)

posted by 家元 at 11:21| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2016年09月20日

最後の終焉にむけて・・・。(フルパワー!)

2toside1.jpg


いやはや、『ナンパ脱出プログラム:第五章(悟)』の制作は、大変でした。

現在、配信中なんですが、全力を出すにも程がある、ハードワークとなり、

ようやく、今週の第54号「最後の希望、はかなき夢、五次元の招待」にて、

ピークは超えたようです。次週からは、宇宙へと出て、軌道に乗せる予定。


なお、それに伴い、これまでの音声プログラムを、順次切り離していきます。

まず今週で、『第五章(悟)』が販売を終了し、『脱出プログラム』を切り捨て、

次回からは、『超覚醒シリーズ』を順番に販売終了し、宇宙を突き進みます。

公約通り、最後はゼロに向かう。これが私の覚悟であり、最後の希望でした。

posted by 家元 at 14:43| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2016年09月25日

絶望的なスランプ期を脱出するには?

2toside.jpg


誰しも、ずっと停滞する、絶望的なスランプ期というものがありますが、
そこから抜けるための基本構造は簡単です。それは垂直からの平行。

まずは真っすぐ自立する。自己中心的になること。これで安定させます。

ただ、それだけだと独りよがりになるだけなので、続いて、今度は、横に、
つまり平行に相手側へ向かう。相手を中心にして、相手の心に寄り添う。

もうこれだけでOK。コミュニケーションは、こんなにも単純明快なのです。


3kidou1.jpg


これはロケットの発射にも似ています。よく勘違いされがちなのが、たんに、
ロケットは、ただ真っすぐ上に飛ぶだけで、横になんて行かない、ということ。

それは、とんでもない。最初こそ、成層圏へ抜けるために、真っすぐ行くけど、
その後は、地球の自転に沿って、思いっきり横へと、ぶっ飛んでいくわけです。

そこで、第二ブースターを作動させて、大気圏を突破しつつ、軌道に乗ります。

軌道に乗せさえすれば、あとは無重力状態で、一気にラクになる。ここまでが、
本当に大変で、ほとんどのエネルギーを使うのは、この宇宙に出るまででした。


2toside2.jpg


なお、現在配信中の『ナンパ脱出プログラム:第五章(悟)』は、ようやく今週の、
第55号「完全なる盲点!循環して湧き起こる開花」にて宇宙が見えてきました。

これは前回まで、自分の価値を上げようとしていた方向性から、急に相手中心へ、
シフトした途端、第二ブースターが始動し、ついに成功が目前となった内容でした。

これまで、あんなにも長い年月、結果が出ないで苦しんでいた地獄から、たちまち、
天国へと浮上するという、スランプを脱出する時によくある、奇跡のようなお話です。

実は、人は盲点だらけで、なぜか真実に気づけない。気づけば、簡単に成功します。


3kidou.jpg


そういうわけで、『脱出プログラム』のロケットは、いよいよ次号より、宇宙へと出ます。

それに伴い、申し訳ありませんが、『脱出プログラム』自体の販売を終了するどころか、
記録さえ抹消させていただくことになりました。もう地上を離れたので、悔いはないです。

ただ『第五章<悟>』は、すでに発売終了となりましたが、お振り込み期限は、次号の
配信前の9月30日(金)までなので、どうしても最後に参加したい方は、メールで直接、
お申込みください。ご入金が間に合うのならOKとさせていただきます。以上、お知らせ。

posted by 家元 at 13:42| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする