2021年02月01日

残された時間で、性急に伝えたいこと。

photo-1544502062-f82887f03d1c.jpg


2月になりました。先月は、やらなくていい非常事態宣言が、
再び発令されて怒っていたため、社会への批判ばかりでした。

私が社会に対し怒ったのは、2013年に医療の悪事に対してと、
今回の過剰なコロナ騒動の二回だけです。前回の時は、別に、
ナンパしてれば楽しいからと、すぐ忘れましたが今回は違う。

ナンパの領域にまで、はなはだしい害があったため、もうね、
黙っちゃいられなかった。まぁ家元はナンパはやりきったし、
別に引退すればいいと平気ですが、これからの男達が可哀想。

あんなに素晴らしかったナンパが、ますますやりづらくなり、
息苦しく委縮していき、挑戦する男達も激減していくことを、
やはり見て見ぬふりは出来ない。ハリボテの感染症ごときで。

そこで後世に残すつもりで、このコロナ・デマ社会の中にて、
どうナンパで戦っていくか?の具体的なアイデアや解決策を、
残りの時間で伝えていきます。いわゆるナンパワクチンです。

posted by 家元 at 07:17| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2021年02月02日

まず怒ること。でも、そこで終わらない。

photo-1474418397713-7ede21d49118.jpg


とにかく怒ることは大事です。ナンパに使えます。普段、なかなか、
怒る理由が見つからない人も、今はコロナの無意味な自粛に対して、
かなり怒りやすいので、最高のチャンスですよ。人生が変わります。

だから先月は少しでも、社会悪に対して目覚めてもらうキッカケに、
なればいいと思って真面目に書いてみました。そこから真実を知り、
自分で怒れるようになったら、新たなエンジンが搭載されますから。

ただ、怒りだけでは、ナンパは成功しないし、幸せにもなれません。
確かに起動の力はあります。例えば去年の春の非常事態宣言の時に、
よく「ステイホーム」という言葉が言われました。引きこもれ、と。

何で風邪以下なのに、こんな大げさな事しなくちゃいけないんだ!と
私はメチャクチャ頭に来て、過去最大に外に出てやる!とムリヤリ、
街に出かけていました。もう、屋外で生活したろう!と、激怒です。

でも人もいないし、ポカポカと日向ぼっこして気持ちよかったけど、
すぐ面倒くさくなって出かけるのを止めました。怒りがおさまって、
穏やかな気持ちになってしまった。そう、怒りは持続しないのです。



それでも、小池都知事や芸能人が「ステイホーム」とか言ってるのを
目にしたら、いちいちイライラしてしまってたので、このワード自体、
違う意味に変えました。「ホーム」を自分の内部という意味にします。

要するに『ホワイトミッション』でいう、中心のことです。瞑想して、
最も気持ちのいい、自分の内奥に入ることを「ステイホーム」にした。
するともう、芸能人が「ステイホーム」と言う度に、気持ちよくなる。

そうやって、たんに怒るだけでなく、自分でマイナスを快感に変えて、
満たされた状態をキープすることも大事です。怒りだけを増やしても、
いつもイライラしているだけの不機嫌な奴に成り下がってしまいます。

これはコロナの過剰な感染対策に反対している「反自粛派」の人達に、
よく見受けられるのですが、何に対しても批判して、マスクしてる人、
コロナを怖がってる人を小馬鹿にして、自分達は賢いと思ってしまう。

私は反自粛派を応援していますが、唯一、彼らに足りないのが、軽さ。
ナンパ修行をしてないので、いちいち重いんです。物事はすべからく、
軽く考えるべきです。重い正義よりも、軽やかな快適さが日本を救う。

(1月は第1段階の怒りをテーマにしましたが、2月は第二段階です)

posted by 家元 at 07:39| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2021年02月03日

今の日本人に最も必要なことは何か?

250px-War_flag_of_the_Imperial_Japanese_Army_svg.png


今の日本国を1人の男に見立てたら、外部と交流しない、
声かけない「地蔵」で、家からも出ない「お蔵入り」だ。
もう大丈夫なのに、不安になって、非常事態宣言も延長。

怖がって脅されて、大量のワクチンも買わされてしまい、
これがないとダメだ!と今はワクチンを待っている状況。
彼は委縮して生活しているが、この男に必要なのは何か?

そこで日本の集団意識を見ると、去年、『鬼滅の刃』が、
大ヒットした。まぁ面白いけれど、内容うんぬん以上に、
とんでもない社会現象にまでなって、あれは異常だった。

そして、この作品には、やたらと「呼吸」が出て来るが、
まさしくこれが今、日本の集団意識が求めていることで、
無意識に「呼吸」が強調されて、全国に広がったんだね。

というのもマスク生活が長く、みんな、酸素不足になり、
すぐイライラする人が増えた。エネルギーの循環が鈍り、
常に欲求不満の状態に陥っては、心がすさんでしまった。



間違いなく、日本人の集団意識は「呼吸」を求めている。
あの映画の大ヒットはメッセージで、我々が1番最初に、
取り組むのは呼吸である。ナンパのテクニックは後回し!

特に仕事で1日中、マスクしてる人なんか、恐ろしい程、
体が鈍化してしまっているから、呼吸法の時間をとって、
パワーを充填するべきだ。外に出たら、とにかく深呼吸。

多くの人々が不安げだったり、元気ないのは酸素不足で、
体の不純物を燃やせなくなっているからで、これはもう、
単純に呼吸を深める訓練の時間をとれば、すぐ解決する。

しかし、そんなタダで出来る小さなことには目を向けず、
自分の弱った体には何もせず、厳しくロックダウンしろ!
とか、大きな無意味なことをしようと叫ぶ連中ばかりだ。

本当は政府が時短営業の補償金を出すなら、国民の浅い
呼吸に対しても、呼吸法を義務化して、補助しなくては
いけないのだが、こればっかりは自分でやるしかないよ。

(マスクで足りなくなった酸素や活力を、自ら取り戻せ!)

posted by 家元 at 08:02| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2021年02月04日

何度でも繰り返すが、呼吸に全集中だ!

universe-1044107__340.jpg


もし現在、体調がすぐれずに、心も塞ぎこんで、やる気が出ないのなら、
1番最初にやるべきことは呼吸です。あなたは毎日マスクばっかりして、
呼吸が浅くなり、以前より、酸素不足となっています。そりゃ鈍化する。

あんなフィルターを鼻と口につけてたら、息苦しくてたまらない。もう、
すっかり慣れてしまったかもしれませんが、それはエネルギーの弱~い、
鈍化した家畜として、飼いならされただけにすぎず、野性を忘れてます。

いや、マスクしていても酸素の吸引量は変わらない、なんて論文なども、
出ているようですが、もうね、医学界のデタラメぶりは、信頼できない。
今回のコロナ騒動で科学は地に落ちました。頭の悪い権威など無視です。

そんなことより、信じるべきは自分の感覚。私も毎朝、1時間も呼吸法
をやっていますが、試しにマスクつけてやってみると、全く深い呼吸が
出来ずに苦しくて、すぐ外しました。ここまで息苦しいとは驚きでした。

これを1日中、つけてる人がいると思うと、そりゃ相当、エネルギーが、
入ってこなくてイライラするよな~と納得。だから自分を守るためにも、
しょっちゅうマスクを外しては、深呼吸してリフレッシュするべきです。

(こればっかりは誰もやってくれません。自分で自分を守りましょう!)

posted by 家元 at 07:47| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2021年02月05日

さぁ、ウイルスを胸いっぱい吸い込もう!

network-4205698__340.jpg


いまやウイルスは、すっかり悪者になってしまったね。細菌にも善玉がいるように、
ウイルスにも、いいヤツは、いっぱいいるというのに。例えば、人間にとって有害
なバクテリアをやっつける殺菌ウイルスや、ガンを消してくれるウイルスまでいる。

そもそも人間の体はウイルスだらけだし、海の中には、とんでもない量のウイルス
が存在するし、最も多いのは宇宙である。今もず~っと天空から大量のウイルスが、
地上に降ってきているし、どこもかしこもウイルスで、人間は絶対、逃れられない。

それなのに、コロナ怖いよ~!と息をひそめて生きるのは、あまりにも馬鹿げてる。
むしろマスクで呼吸が浅くなっているため、善玉ウイルスも取り入れる事が出来ず、
パワーが湧いてこないのが実情だ。実は呼吸は、酸素だけでなく、ウイルスも吸う。

だから私はよく、電車の中とかではマスクを外し、深呼吸している。電車の最前列
に立って、全車両のウイルスを吸ってやろうとばかりに、何度も何度も深呼吸する。
これぞまさに無限列車である。無限なるパワーを体の中心に集めるイメージでやる。

ウイルスは我々の最強の味方。ラテン語では「virus」といい、ヴァイタリティの源
という意味でもある。だから悪いイメージがついてしまったウイルスと呼ばないで、
ヴァイルスと呼び、積極的に体に取り入れて自分の力に変えよう。気持ちいいよ~。

(これを意識してたら、今年の冬は人生で最高に体調がいい!コロナありがとう!)

posted by 家元 at 07:49| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2021年02月06日

具体的な呼吸の方法(大事だからダメ押し!)

matrix-3926908__340.jpg


どうだい?ちゃんと呼吸しているかな?満員電車とか、どんなに密だろうと、
めいっぱい深呼吸したほうがいいよ。別に悪いウイルスを吸い込んでもいい。

大事なのは、自然に体を通過させること。吸っても、悪いものは吐き出して、
いいウイルスを取り入れる。基本的なイメージは「鬼は外、福は内」であり、
この心構えひとつだけでも心身は絶好調になる。病は気からは、まさに真理。

やたらコロナに怯え、二重にマスクをして、息を詰めて生きている弱者とは、
180度違う人生になるだろう。不自然な感染対策に血眼になっている彼ら、
彼女らは、むしろ怠け者だ。呼吸という自分の体の換気は、ちっともしない。

それなのに電車や建物の換気をしろ!と、外部ばかり気にしている。それで、
病気になって高熱が出たりしたら、今度は解熱剤を飲んで下げようとするし、
一体、どこまで自然の働きの邪魔をするのか?外部に頼って、自滅するのか?

自分の肺の二割しか使わずに呼吸しているため、常にパワー不足でイライラ
してしまい、「お前ら、俺が病気になるから、自粛しろ!」と外部を威嚇し、
変えようとする。これが日本の医療に起こっていることと一緒で、情けない。



ただ確かに、呼吸法は面倒くさいです。私は『極意ミッション』で紹介した、
呼吸法を毎日1時間やっているけど、効果を感じるまでに時間もかかったし、
そもそも呼吸のトレーニングは地味なので、なかなか続けることが出来ない。

慣れてしまえば、これ程、気持ちのいいものはないのだが、やっぱり最初は、
少しずつ増やしていったほうがいい。私も1分ぐらいから始めて、最終的に、
1時間になったが、本当はもっと出来るけれど、キリのいい時間にしただけ。

なので諸君は難しく考えず、気づいた時に深呼吸だけでもいい。信号待ちや、
移動中に立ち止まる時にでも、ひと呼吸、ふた呼吸やる程度でも、気分転換
になる。なお、その時のコツは、すぐに息を吐かないこと。苦しくなるから。

まず最初に軽く息を吸ってから、ユックリ吐いていくと、気持ちよく吐ける。
そうして吐ききったら、またユックリ吸っていく。その繰り返し。いろいろ、
呼吸法はあるけれど、基本としては「ユックリ吐く」ことを意識すればいい。

他に、吸う時は一気に吸ったり、鼻の右穴から吸って左穴から出したりとか、
ヨガになると、ポーズとりながら呼吸するが、それも結局、たんに呼吸する
だけだと飽きるから、動きを加えているにすぎない。基本は深呼吸でも充分!

posted by 家元 at 08:03| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2021年02月07日

『最終ミッション(全)』の予告編

22.JPG


最終ミッション(全)』の予告編が完成しました。しかし現時点で、
いつ配信開始するか?が決まっていません。当初は非常事態宣言が延長
される明日からスタートするつもりでしたが、まだ様子を見ています。

すでに街自体は、夜は人が少なくなるとはいえ、それ以外の時間帯では、
女達の反応は、かなり良くなりました。1月前半の厳しい感じは終わり、
コロナ以前のレベルに近い、かなりイイ感じです。地方はどうでしょう?

できるだけ諸君が1番盛り上がる時期に始めたいので、ひとまず予告も、
今は未公開にしておき、ここぞ!という時に、あらためてお送りします。
次回のラスト作はこれまでの最高傑作になるので、ぜひご期待ください。

posted by 家元 at 14:23| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2021年02月08日

非常事態宣言の延長(まだ怒れる?)

photo-1557428894-56bcc97113fe.jpg


誰もが予想した通り、非常事態宣言が延長された。相変わらず、
まったく意味のない感染対策が続くわけだが、もういいかげん、
怒る気も失せてしまい、コロナに興味がない人達も多いだろう。

また、その逆に勉強熱心な人は、調べれば調べるほど、現在の、
コロナ騒動が政治的に仕掛けられたインチキだと知り、もっと、
怒りが増しているかもしれない。特に青春を奪われた学生とか。

どうだい?医療の世界が、どんだけ汚れてるか、わかったろう?
この世界で最も儲かるのは石油産業で、そのために多くの戦争
が起こってきたが、二番目に儲かる医療ビジネスは、より陰湿。

このままだと病気になって死ぬぞ!と脅して、ワクチンや薬を、
世界中に売りさばく。事実なんて、どうででもいい。研究者に、
巨額の寄付をしたり、政治家にもワイロを送り、やりたい放題。

もちろん厚労省の幹部も、おさえられている。じゃないともう、
あんなに指定感染症を外さない理由がわからない。結局、日本
においては感染爆発は全く起こらなかったのに、ひどい有様だ。



ただ、コロナ詐欺のおかげで社会派に目覚めるのはいいけれど、
自分が「重く」なっちゃいけない。反自粛派の人達は怒ってて、
いろいろと批判してくれてはいるが、いかんせん真面目すぎる。

アンチ自粛に入り込みすぎると、コロナを怖がってる女たちを、
許せなくなり、攻撃してしまう。すぐイライラして、不機嫌な、
ネガ夫君になってしまうので注意も必要だ。ナンパには逆効果!

せっかく声かけて、楽しい会話中に「PCR検査はデタラメだよ。
死者も水増しされてるし・・・」とか、ついペラペラ喋り出し、
相手の洗脳を解こうとしたことないかい?それは、ほぼ無意味。

一方的に喋り出す、その様子が、相手には気難しい男だな~と、
魅力がなく見えてしまう。だから本来は、どっちでもいいんだ。
コロナがウソだろうが、そんなの知らんという、軽さこそ中心。

女が「コロナ怖いよね~」と言ったら、たんに共感すればいい。
我々は「反自粛派」ではなく、何にもとらわれない「何無派」
であるべきだ。だから怒りを使うのも、ただの遊びにすぎない。

posted by 家元 at 07:50| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2021年02月09日

意外にもナンパ天国だった場所

EtePir1U0AQj1c4.jpg


私は2013年頃、かなり自然主義運動に没頭しました。当時のブログは、
もっと自分勝手になろう!と主張したり尖っていたし、この記事にも、
新型インフルエンザの事が出てきてるように医療への反発は強かった。

というのも当時、子宮頸がんワクチンの副作用が社会で問題になって、
調べたら、あまりに無意味なものを少女たち全員に打つということに、
ナンパしている身からしたら、どうしても許せなかった。激おこです。

結果的には、全員に打つのは中止となり、希望者だけになりましたが、
後年、この時のマスコミが騒ぎすぎたせいで、ワクチンが広がらずに、
子宮頸がんで死ぬ人が増えたと逆に問題になった。もっと打とう!と。

例えば最近では、コロナで病院に行く人が減り、子宮頸がんワクチン
を打つ人がさらに激減し、死ぬ女性が5000人増えるだろうなんて、
論文が出ていましたが、実際に上の図を見ると、それもデタラメです。

ワクチンを打たなかったから死者が増えたのではなく、がん患者の数、
その全体が、そもそも増えている。それをワクチンを打たないせいに
して発表した研究者は当然、ワクチン会社から報奨金をもらっていた。



さて、そんな薄汚れた医療界に対しての反対運動は昔からありました。
他にも、動物愛護や地球環境へのエコ運動とか、いろいろありますが、
実は、これに関わるのは女性が多い。それも可愛い子がいたりします。

私も当時、毛皮の反対デモとかに誘われましたが、もう女ばっかりで、
男が行くと、めちゃくちゃ重宝されます。雰囲気としてはオーガニック
の店に行くと、女ばかりでしょ?あんな感じで、まさしく女の園です。

現在は、どうなってるか、わかりませんが、女に慣れていない人なら、
そういう運動に気軽に参加してみるのもいいかもしれません。しかし、
ガチでのめり込んでいる主要メンバーは、遊び半分で口説けませんぞ。

私も当時、ある幹部を家に連れてきたら「そういうつもりじゃない!」
なんて、あからさますぎる拒絶をもらったことがある。ちなみに現在、
コロナの反自粛運動が盛んだが、これもどんな感じか行ってみました。

そしたら、モテそうにない男ばかりが集まって、むさ苦しかったため、
参加せずにUターンしてしまった。もちろん、女もいるだろうけれど、
コロナに対してはファッションでは出来ないので、ガチ勢ばかりです。

(もしナンパ運動をしないなら、ガチで参加するのもアリでしょう!)

posted by 家元 at 07:46| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2021年02月10日

ようやくコロナの収束が確定しました。

news-644847__340.jpg


ついに厚労省はPCR検査の感度を下げましたぞ!これまでは、
CT値という、コロナウイルスを見つける感度が40でしたが、
今後は30~35に感度を下げるようにと指導をあらためた。

すると、当然のように陽性者は激減していきます。以前から、
コロナの陽性者が少なかった台湾やニュージーランドなども、
この低い数値でPCR検査してたけど、ずっと日本は高かった。

だからピンピンしている健康な人だろうと、次々と感染者へ、
仕立て上げられてきましたが、これで、ようやく普通に戻り、
コロナも落ち着いていって、今年の春はイイ感じになりそう。

とはいっても、それもこれも全部、出来レースにすぎません。
このCT値を低くしたのも、ちょうどアメリカの選挙が終わり、
バイデン政権になった1月20日から、始まったものでした。

示し合わせたようにWHOが「CT値を低くしよう!」と提唱し、
それによってアメリカの感染者も減っていき、これであたかも
バイデンの手腕が凄いように見える、ただの政治ショーですね。

(それはそうとしても、コロナの詐欺が収束するのは嬉しい!)

posted by 家元 at 07:35| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2021年02月11日

結局、コロナ詐欺の黒幕は誰だったのか?

earth-fe57a-thumbnail25B15D-thumbnail2[1].jpg


コロナ詐欺が起こって1年たったが、本当の黒幕は誰だったのか?
よく政治は結果と言われるように、誰が得をしたのか?を見れば、
おのずと、その答えはわかるだろう。まずはアメリカの民主党だ。

コロナを利用して見事、トランプ政権を倒すことが出来たわけで、
私も1年前は、アメリカの軍産グループが仕掛けたと思ってたが、
それにしても自国への被害が大きすぎる。たんに利用しただけか?

ならば国に関係なく、富裕層たちがコロナで資産を増やしたので、
やっぱり陰謀論でおなじみの「世界統一政府」を樹立するために、
影の支配者が民衆のパワーを奪うようにと、策略したのだろうか?

それとも、ここは素直に、目に見えるまま、経済で独り勝ちした、
中国がより強大になるために起こしたものなのか?いずれにせよ、
いろいろ考えるのは面白いにしても、確実な答えは出ないままだ。

でも誰が策略したにしろ、そうさせるように集団意識が仕向けて、
人類を変化させようとしているのは間違いない。そして、これは、
人類というよりも、地球全体の意識が、そう働きかけたのだろう。



人間に免疫があるように、地球にも免疫はある。多く増えすぎた
人類は今回のコロナで、ほとんど移動しなくなり、不活性化した。
そして今度は、お互い殺し合うように持っていくのかもしれない。

地球は大がかりに人類にストレスを与えて、人類を減らしたいと、
そう思っているようにも見える。ただ、もっと冷静に見てみれば、
今回のコロナで被害が大きいのは西欧諸国ばかりでアジアは違う。

特に東アジアでは、欧米のような大被害にあった国は皆無であり、
その逆に、欧米では東アジアのように大丈夫だった国は全くない。
つまり明らかに、コロナは西洋を虐めて、東洋をひいきしている。

実は地球の中心は、かつて東洋だった。それが近年、西洋優位の、
支配におかれていたのが、少しずつ逆転していき、今回の騒動で、
最終的に、またアジアの時代に戻ることになる。時代は繰り返す。

そうやって地球は800年や何千年の周期で、西と東とシフトし、
文明の中心が変わってきた。これからは明らかにアジアの時代だ。
なのに欧米のマネしてコロナにビビってる日本は、もったいない。

(感染対策なんてやめて、さっさとフルに経済を回せばいいのに)

posted by 家元 at 07:38| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2021年02月12日

アジアの時代が来たというのに怯える日本

EtzEP5IVEAQolar.jpg


これは米国、ドイツ、英国、日本の人口10万人当たりの新規感染者数、
推移のグラフだが、ご存知の通り、相変わらず日本は地を這うような、
最低レベルの人数が続いている。結局、何も起こらなかったに等しい。

それなのにコロナの感染対策に使ったGDP比率でのお金はダントツで、
世界一である(小さいマルタ共和国を除けば)。これはもったいない。
あまりに心配性!もう世界一、潔癖症でヘタレといってもいいだろう。

それもこれも全ては医療の問題。コロナを指定感染症にして、わずか、
2%の病床しか使わず、大変だ~!と騒ぎ立てる。ナンパでいうなら、
女に無視されたことを、いちいちガンシカと呼び、大変だ~!と嘆く。

たんなる無視ごときを特別視するなよ。指定感染症なんかにしたから、
女が怖いよ~!と、できるだけ声かけ数を少なくしようと引きこもる
はめになる。今の日本の地蔵っぷりは本当に、もったいなさすぎるね。

明らかに人類の全体意識では特別扱いされて、コロナの被害は免除に
されているのに、自分で自分の首を絞めている。本来なら普段通りに、
ノビノビと自分のパワーを発揮して、世界をけん引できるのに自滅だ。



だけど今後の日本は、かなり混乱して面白くなりそうである。現在は、
完全に東洋の時代になったので、そこでどう立ち回るのか?アメリカ
の思惑通りにムリヤリ中国と戦争させられるのか?自立できるのか?

なんせ長い間、アジアは西洋に支配されてきた。19世紀はイギリスが、
20世紀はアメリカが世界の覇者になったわけだが、いまや見ての通り、
アメリカは分断して弱体化し、イギリスは4分の1が貧困層になった。

コロナでロックダウンを繰り返してボロボロの有様。フランスなども、
いまだに午後6時以降は外出禁止。そんな状況でも日本は全然大丈夫。
本来なら、口笛を吹きながら、イケイケに突っ走れる状態にあるんだ。

とにかく今後、アジアは熱い。東南アジア諸国も超元気いっぱいだし、
去年、アメリカのアカデミー賞にて初めてアジア映画の「パラサイト」
が受賞したが、あれもアジアの時代が来るサインとして、受け止めた。

まさに人類というよりも、地球全体の意識が東洋優位に変化しており、
これは過去の歴史で何度も繰り返されてきたこと。そしてナンパでも、
現在、激変が起こっている。この稀な時代に生きれたことに感謝だね。

posted by 家元 at 07:46| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2021年02月13日

積極的に風邪をひいて、失恋しようぜ!

85eWg8Nf.jpg


とにかく日本にとって、新型コロナは敵ではなくて味方です。
実害などないし、振り返ればコロナは本当に優しいウイルス
でしたね。ウイルス干渉でインフルエンザを減らしてくれた。

上のグラフは近年のインフルエンザ感染者の数ですが、もう、
えげつない程の感染爆発を起こしていますが、コロナなんて、
ず~っと、なだらかな丘のようなグラフです。平穏そのもの。

私も去年の12月には、なるべくコロナ風邪に感染したくて、
寒い中でも薄着で出歩き、マスクなしで電車で深呼吸しては、
セキをしている人を見つけたら、近づいたりもしていました。

というのも、極秘任務で日本海側の街へと旅に行ってきたら、
ひどく疲れて、その疲れが全然とれなかった。こういう時は、
風邪をひけば高熱が出て体がリセットされ、一気に治ります。

おかげさまで、しっかり風邪をひき、1日の高熱で、見事に、
元気になりました。コロナかどうか?は検査していないので、
わかりませんが、別に何だっていいんだよ。熱さえ出ればね。



確かに高熱が出てる時はしんどいし意識不明です。それでも、
熱が下がった後は3日ぐらい安静にしていたら、スッキリと、
体が元通りに修復され、風邪は自然に通過してくれるのです。

それを解熱剤で熱を下げたり、咳止めの薬を飲んだりしたら、
体が治らないまま、ダラダラと後遺症が残ってしまう。これが
西洋医学のやっている対処療法であり、古くて間違った方法。

そもそも風邪を敵だと思って戦うのがいけない。実際、私も、
12月に早めに風邪ひいておいたので、1月、2月は元気で、
かつてない程、パワフルでした。体が整えられ、抗体もある。

なんか経験上、1月、2月の風邪はヘビーにり、長引くので、
今後も早めの12月にサッ!と、ひとっ風呂、浴びるように、
積極的に風邪をひきたいと思う。ワクチンより、ずっといい。

これはナンパにおける失恋なんかも一緒で、フラれるの怖い!
と自分を守り、逃げまくっていると、いざ失恋した時はもう、
ズルズルと引きずり、余計な事をして後遺症も残ってしまう。

(でも前のめりで積極的に動いて失恋するなら、すぐ回復!)

posted by 家元 at 08:02| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2021年02月14日

ネット情報をシャットダウンします。

photo-1547446206-cc9cddc87727.jpg


なんか気づいたら、コロナ情報とか社会情勢とか、どうでもいい、
戯言ばかり書いてしまっていたので、家元は少し反省しています。
ちっともナンパのことを書かずに、コロナの記事の連続でしたね。

毎日1時間はネットでニュースを追っていたために、どうしても、
頭脳が乗っ取られて、そういう傾向になっていました。それでも、
先月は役に立ちました。コロナの情報を知ることで、怒れたから。

初めて東京の陽性者が千人超えたり、非常事態宣言が出されたり、
それがどうした?この野郎!という純粋な怒りをバネに外に出て、
イキイキと活動できたので、おいしかった。ありがとう、コロナ!

でも今となっては、すっかり緊張感もなくなり、新しい動きなど、
ほとんどなくなり、ダラダラと惰性でネットサーフィンしてたり、
マイナスの方が大きいと判断したため、しばらくネットは禁止だ。

例えば12年前の新型インフルエンザの時は、情報を遮断してて、
その結果、めちゃめちゃナンパを楽しんでいたようです。当時の、
ニュースに汚れてないピュアな感じを、また取り戻したいですな。

(なおブログとメールだけは、これまで通り、普通に使います。)

posted by 家元 at 08:26| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2021年02月15日

あらためて「姉人(ネット)回線」へ

woman-3509150__340.jpg


あらためて「姉人(ねっと)回線」に繋ぎました。今後は世の中の動き、
社会のニュースなどは、街にいる女たちから直接的に教えてもらいます。

つまり家にこもって、1人でネットニュースなど見ずに、そういうのは、
全部、実際に外に出て生身の女に聞くわけです。「お姉さん、教えて!」
と直接の口コミで人から教わるため、「姉人(ねっと)」という呼び方。

やはり自分が中年にもなると、「お姉さんが教えてあげる」なんていう、
甘美なシチュエーションはなくなってしまいます。むしろ、いろいろと、
ガールたちに教える側になり、しまいには説教までもしている始末です。

それはあまりに寂しい。だったら自分が徹底して無知になり、常識から、
最近の社会ニュースまで、ぜ~んぶ、お姉さんたち(10代であっても)
に教わればいい。なんたって女たちは、お喋り好きで、ずっと話してる。

これまではペチャクチャうるさいなと思うこともあったが、自分が無知
で知りたいことが多かったら、なんとか聞き出したくなり、全ての会話
に意味が生まれて新鮮になる。つまり外に出て、声かけたくなるのです。

(これがネット断食をする利点。ネットをやめて「姉人」につなごう!)

posted by 家元 at 08:25| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2021年02月17日

たまにはネット断食がおススメ

photo-1543654916-8071f17ee466.jpg


ネット断食をすると、日々のニュースが入らない。

知りたいことが知れず、知的欲求が高まってくる。

その欠けた渇望感を利用して、ナンパに出かけて、

姉人(ねっと)という、女達の口コミに頼るんだ。


世間知らずになりたくないなら、姉人につなごう!

調べたいことがあったら、女たちに直接、聞こう!

この検索を、グーグルならぬ「ガーガル」と呼び、

ガールたちに聞くことを「ガガる」と呼んでいる。


なぜ君の股間は大きくなるのか、知ってるかい?

妙に興奮してくる、この膨張感覚は、何なのか?

わからない時は、お姉さんに教えてもらえばいい。

ネットがなくとも、僕らにはガーガル検索がある。

(前のめりにガガって、ガガって、ガガりまくれ!)

posted by 家元 at 08:29| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2021年02月18日

ネット情報はウイルスのように忍び込む

artificial-intelligence-4550606__340.jpg


かなり昔に、こんなウソ広告を出したことがあるのだが、この時、
ガチで問い合わせしてきた者が、何人もいたことには驚きました。
だって「老女が」とか書いてんのに信じられない!ビックリです。

おそらく、まともに読んでないんでしょう。でも今、こんな戯言
を書いても飛びつく人はいない。人々の情報リテラシーは格段に、
上がったと思いたいのですが、コロナ騒動を見たら、首を傾げる。

結果、大衆は相変わらず騙されやすく、どうしようもないんだと、
これまたビックリしました。でも、そういう自分は情報に対して、
真実を読み取り、したたかに使いこなしてるか?というと怪しい。


例えば先日、あるナンパ修行者がツーリング中に、偶然出会った、
バイカーの女と楽しく会話した後、なぜか押すことが出来ないで、
そのまま逃げてしまい、大後悔した!という報告をもらいました。

彼は普段、自由に声かけれる実力者ですが、その直前に何げなく、
「バイカーの女は少ないので、よくナンパされるため、ナンパに、
ウンザリしている」という動画を見てしまい、遠慮してしまった。

もし、そんなの知らなかったら、普通にスムーズに連絡先交換を、
切り出していたはずなのに、無意識に迷惑かもしれないと思って、
瞬間的にやめてしまったのです。これが情報ウイルスの怖さです。


もちろん、私にも経験があります。先日、楽しく会話していたら、
ふと、その女が二重マスクであることに気づきました。その途端、
コロナを気にしてるんだ?と思い、急に腰が引けて遠慮モードに。

また同時に、二重マスクなんて無意味なことをするとは、なんて、
しょうもない人だろう!と見下してしまった。それもこれも以前、
二重マスクの情報を読んでいて、意見を刷り込まれていたのです。

そんな情報を知らなかったら、気づいてもなかったかもしれない。
また気づいても「二重にするなんて、あったまいい~!」だとか、
軽く流していたのに情報で汚れると、こうして人と人が分離する。

(混沌とした時代には、逆に知らないパワー、無知の力も重要!)

posted by 家元 at 08:38| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2021年02月20日

路上から笑顔が消えた。(コロナ時代)

bomb5.jpg


今回のコロナ騒動によって、もっとも大きな変化はマスクである。

女たちがマスクをすることで、みんな、無表情になってしまった。

つまり、それは路上から笑顔が消えたことを意味する。大打撃だ。

なんせ自分もマスクをすることで、笑顔を見せられなくもなった。

このデメリットに当初、ナンパ修行者は困惑し、コロナを呪った。

もうナンパは終わった、「ナンパ・イズ・デッド!」と絶望した。



ところが1年たった今、どうだろう?ナンパ修行者は、すっかり、

このマスクだらけのコロナ時代に適応している。コロナ以前より、

むしろ結果を出したり、すでに、どこ吹く風だ。これが人の強さ。

男と女の惹かれ合うパワーをナメるなよ!と。誰も止められない。

特に最近、ふたたびナンパを再開する者も増えてきたこともあり、

あらためてコロナ時代のナンパについて具体的に述べていきたい。

posted by 家元 at 08:22| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2021年02月21日

まずはマスクの幻想から目覚めること

photo-1553136380-a72e2bd822fe.jpg


明らかに、この1年でナンパ修行者の数は減った。ところが逆に、
ナンパされたという女は増えた。今まで声かけれなかったような、
地味な顔の女やオバちゃん世代までがナンパされるようになった。

もちろん、これはマスクのせいである。よく顔が見えなくなって、
男たちも、なかば当てずっぽうで声かけたり、ストライクゾーン
が広がってしまったんだね。これはナンパにとっては、いい変化。

しかし当然のごとく、女がマスクを外したら、コミカルフェイス
がドーン!と表出してガッカリすることは、あまりによくあるし、
その原因は相手ではなく、自分の責任にあることは、間違いない。

勝手に相手を美人と思い込み、イメージを投射してしまっていて、
その幻想が破れただけのことで美化した自分が悪い。だからこそ、
マスクしている女を美化しないことが重要。みんな、ブスと思え。

「うわ!イイ女で無理そう!」なんて感想は、もはやありえない。
マスクしている女は、すべからくブスであり、街からイイ女など、
かき消えてしまった。それ位に思っていれば、声もかけやすいよ。



特に童貞とか、元から女性に幻想を抱きやすい人は気をつけよう。
コロナのマスクによって、それが加速してしまう。なんか前より、
美人が増えたな~、なんて思う人なんかも、考えをただしたまえ。

むしろ下に見るぐらいがちょうどいい。平然と誰にでも、自由に、
声かけれるようになるし、実際にマスクを外して、美人だったら、
やった!もうけもの!と得した気分になれるし、メリットも多い。

それでもマスクをしていると、美人に見えてしまうのは仕方ない。
昔から、スキー場ではゴーグルしてて美女に見えたのに、その後、
普段着で街で会ったらガッカリなんていうのも、よくあったしね。

だから日常でも、マスクしている女を見て、美人だな~と思って、
その後に、彼女がマスクを外した顔を見てはガッカリするという、
マスクバブルが弾ける経験を何度もしたほうがいい。意識的にね。

例えばカフェに居座って、マスクで入ってくる女が席に着いた後、
マスクを外して飲み出すのを見て幻滅したり、慣れといてもいい。
大事なのは最初から素顔の女を見るのではなく、落差を見ること!

posted by 家元 at 09:02| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2021年02月22日

最後のプログラムの延期について

welder-2964752__340.jpg


今月、発売予定だった『最終ミッション:全(ZEN)』は、
またもや延期になりました。まだ時期が中途半端ですから。

一応、非常事態宣言が解除されるまで、残り二週間となり、
その後も段階的にオープンにしていくのでしょう。すでに、
ナンパはしやすくなっていますが、さらに状況はよくなる。

つまり桜は咲く!それだけは確実なので、楽しみしかない。
これからナンパを再開する人も増えていくだろうし、最も、
いいタイミングで、最後のプログラムもスタートする予定。

現在は日々、鋭意制作中で、ブラッシュアップしています。
これまでの最高傑作になるのは確実なので、お楽しみに~!

posted by 家元 at 08:15| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2021年02月23日

なぜコロナでナンパが楽になったのか?

photo-1567104980154-61fedc87c2b7.jpg


この世に起こる、どんな物事にも、マイナスがあればプラスもある。
コロナ騒動でいうなら、女たちが全員マスクをしたことは、当初は、
顔が見えない!表情が読み取れない!と、大きなマイナスに思えた。

ところが現実は、どうなったか?顔が見えないと、声かけることが、
かなりラクになってしまったのだ。まず、これまで、こんなイイ女、
絶対に自分ではムリだ!と遠慮することがなくなり、平気で行けた。

マスクをすると不思議と、みんな美人に見えてくるため、視覚自体、
もはや、そんなに信用できなくなった。ほとんどは、ただの幻想で、
そんな幻影に惑わされるのはアホらしい。さっさと声をかけるだけ。


まず、このイイ女に対する抵抗がなくなり、以前より声かけが楽に
なったわけだ。また逆も真なり。これまでブスだ!オバサンだ!と、
声をかけなかった層に対しても、男たちは声をかけるようになった。

これはマイナスではない。我々は思った以上に、相手を選別してて、
声かける前にいろいろ考えてしまっていたが、それらの労力が一切、
いらなくなってしまった。とりあえず声かけてしまえばよくなった。

そうして女のルックスに対してのレベルの高い、低いが無意味化し、
ハードルが下がって、ナンパは以前よりも10%ほどラクになった。
我々は思った以上に、女の「選別」にパワーをとられていたんだね。

posted by 家元 at 08:45| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2021年02月24日

最大のメリットは自分を隠せること

photo-1557806093-12a785e841ed.jpg


コロナのおかげで、ナンパは楽になった。女達がマスクをしたため、
よく顔が見えなくなり、イイ女にも遠慮しなくなったし、これまで、
声かけなかったブスやオバサンにも行ってしまい、選ばなくなった。

別にGETするか?は別として、とりあえず誰に対しても気兼ねなく、
声かけやすくなったんだね。もうこれだけで10%は楽になったが、
実はもっと大きく抵抗感をなくしてくれた要因がある。それは自分。

自分がマスクをして顔を隠すことで、めっちゃ楽になった。だって、
ブサイクもバレないし、オッサンかどうかも、ごまかせたり出来る。
そして何よりも、顔バレしないので、匿名性をまとうことが出来る。

自分の正体を完全に見せない、見えない、これ程、気軽なことなど、
ないかもしれない。特に地方で頑張ってる人なんかは、知り合いに、
ナンパしているところを見られるのがイヤで地蔵になりやすかった。

ところが今はどうだろう?たとえ見られても「似てる人でしょ」と、
しらをきれる。こりゃ最高ですよ!ナンパなんて恥ずかしくて無理!
と抵抗あった男達も、今は平然と声かけれるようになってしまった。

(これでナンパが、さらに10%ラクになり、合計で20%ラクに)

posted by 家元 at 09:04| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2021年02月25日

全てのリアクションが薄くなった新世界

cyber-4295464__340.jpg


コロナによって、声をかけることが、かなりラクになったのは事実。
女達がマスクで顔を隠し、よく見えないからこそ、逆にビビらずに、
平気でいけるし、何よりも自分の顔を隠せるのが、最高のメリット。

こうして男女が匿名性を得ることで、少なくとも20%は楽になり、
以前の8割の気軽さで声かけることが出来るようになった。そこで、
「久々にナンパするか!」と再開したくなるわけだが、注意も必要。

なぜなら絶対に最初はガクゼンとするから。まず自分がマスクして、
声をかけると、思った以上に声が通らないことに気づく。口元など、
全く見えないし、物体に遮断されているのだから、そりゃそうなる。

そして女側もマスクで口元は隠れていて、以前より、よく聞こえず、
表情も見えやしない。つまり自分と相手という、すでに二重マスク
越しの会話なんだ。当たり前だけど、あらためてショックを受ける。

しかも女達はマスクをつけると、全体的に内向的というか遠慮がち
になってしまい、声をかけても、やたら無視が増えた。感染対策の
クセが染みついたのもあるし、とにかくリアクションが薄くなった。



まず、これが最初の洗礼。あなたは必ずショックを受けて、ナンパ
は終わった!「ナンパ・イズ・デッド!」と落ち込むかもしれない。
その気持ちは分かるが、まぁ待ちたまえ。もう少しだけ、続けよう。

このコロナのマスクによって、せっかく声はかけやすくなったのに、
女達の反応が薄くなり、つまんねぇ!と投げ出すのはもったいない。
このリアクションの薄さ自体は慣れてしまえば、むしろラクなんだ。

というのも、コロナ以前は、生意気な女からキツイこと言われたり、
時には大声で罵声を浴びることもあったが、それらが、かき消えた。
みんな、無視するか、マスクの下でボソボソ、ささやくだけの反応。

私も自分の顔がマスクで隠れたのをいいことに、以前は恥ずかしくて
出来なかったような過激な声かけをしてみたところ、多くの女から、
反感を買ってしまったのだが、みんな一様に小声で「キモイ」だけ。

「声、ちっさ!」と何度も笑ってしまった。つまり反応が薄いのは、
ネガティブな攻撃さえも抑えられるので、悪いことばかりではない、
と嬉しくなった。以前は怖かった野性的な女達が、いまや家畜同然。

だから、この反応の薄さで、さらに10%ラクになり、合計30%!

posted by 家元 at 08:09| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2021年02月27日

そして邪魔者は誰もいなくなった・・・。

photo-1572851899646-a1f69c664e1e.jpg


まったくもって、コロナのおかげで、声をかけるのがラクになった。
なんせ男も女もマスクをして顔を隠すようになったため、匿名性を、
身にまとえるようになり、以前よりも気軽に、誰に対しても行ける。

ところが、いざ声かけてみると、その反応の薄さに驚く。コロナ後、
ナンパデビューした者なら、そういうもんだと思うだけだが、実際、
コロナ以前の反応を知る者は大きなショックを受けるかもしれない。

やたら無視が増えたし、反応する声も小さくなった。マスクにより、
表情が見えないどころじゃない。全てのリアクションが薄くなった。
これは最初こそ当惑するが、続けてみると、妙な心地良さを感じる。

なぜならポジな反応も薄くなったと同時に、ネガな反応も薄くなり、
女から意地悪を言われたり、罵声を浴びることが極端に減ったので、
ちっとも怖くなくなったから。みんな大人しくてエネルギーも低い。

ゆえに考え方を転換すれば、これはやりたい放題やっていいんだと、
自分が王様のように振舞っていいんだと、かつてないエネルギーが、
体の奥から湧き出してくる。皮肉にも、以前より自由感が得られた。



さらに、この反応の薄さというのは、実は女だけではなく、周囲の、
第三者にもいえる。要するに、君が声をかける時、周りにいる人達、
彼らのリアクションも同時に薄くなった。これこそ素晴らしい変化!

以前だったら、ナンパしてる所をまじまじと見られたり、失敗して、
「だせぇ」なんて言われたり、そこまではないにしても、何となく、
見られているようで遠慮してしまい、固くなったり、行けなかった。

しかし今は、この第三者たちもマスクをしていて顔が見えないため、
以前よりも気にならない。同じように声も小さくなって、会話自体、
聞こえてこないだけでなく、他者への介入する意識さえ減っている。

事実として、ナンパ中にからんでくる男も激減し、こちらに対して、
意識を向ける人さえ、少なくなっている。これもコロナのマスクで、
他者とのコミュニケーションを抑えるように、しつけられたからだ。

ゆえに以前なら気になっていた第三者たちも、いまや人格さえない、
記号にしか見えず、存在感を失っている。これでナンパが、さらに、
10%ラクになり、コロナ以前より、合計で40%もラクになった。

posted by 家元 at 07:42| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2021年02月28日

失敗は全部、コロナのせいにしよう!

photo-1532998766099-bc0845902373.jpg


さて、ここ最近はコロナによって、いかにナンパがラクになったか?
を述べてきたが、そのポイントは「反応の薄さ」を、どう処理するか
にかかっている。これは一見、マイナスだが、簡単に味方に出来る。

その最たるものが「すべてはコロナのせい」という責任転嫁である。
あなたが声かけて、女に無視されまくろうが、反応が最悪だろうと、
コロナが怖いから、そうなっているだけで、あなたに責任などない。

実際、いまだにコロナを怖がってる女はいる。私も普段はマスクを、
出来るだけしないようにしているので、たま~に避けられたりして、
ちゃんと実感もしている。おそらく思った以上に、もっといるはず。

ていうか、コロナ怖いというより、見知らぬ人を避ける消極的姿勢、
これが無意識に習慣になってしまってるわけ。ホワイトミッション
でガードという、自分を守る思考の断片が出てきたが、あれのこと。

ガード自体は子供時代に生まれたものが多いように、もはやコロナ
なんぞ怖くなくても、トラウマのように、いまだに守ろうとしては、
意味のないガードの壁を築いてる女達が存在する。これは仕方ない。



まぁ難しい話はいい。とにかく全てをコロナのせいにするのが大事。
以前だったら、声かけて無視されたりしたら、自分はブサイクだし、
口下手だしと、どうしても自分に原因を持っていってしまっていた。

でも今はマスクで顔も隠れているわけだし、もう自分など関係なく、
コロナの時代だから仕方ないで、終わりに出来る。実際、そうだが、
もっと意識的に、イヤなことは全部、コロナのせいにしてしまおう。

これは日本における新型コロナの死者が、ガンや心臓病など、他の、
重い病気が原因で亡くなっているのに、PCR検査でコロナウイルス
が付着していただけで「コロナ死」とカウントされているのと一緒。

ヨボヨボの90代の爺さんがコロナで死んで、コロナは怖いよ~!
なんて記事になっていたが、そんなの老衰やんけ!という話なのに、
とにかくコロナのせいにされ、濡れ衣ばっかりで本当にかわいそう。

そのうえナンパで失敗した男からも、その原因を全てコロナにされ、
それでも黙って受け入れてる心優しきコロナちゃんに、心より感謝。
いつも汚れ役をありがとう。おかげで自由に声かけ放題になったよ!

(この責任回避で、さらに10%ラクになり、合計で50%ラクに)

posted by 家元 at 08:07| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする