2021年07月01日

夏季のテーマは「狂騒(きょうそう)」です。

!cid_0E14B605-D0B1-47B6-80E8-61D3F13EA033@zaq_ne1.gif


今月より、東京オリンピックが始まります。もちろん私は五輪には大賛成で、
観客もフルに入れるべきだと思うし、もはや、そんな程度で死者の増加など、
絶対に起こりえない。それなのにマスコミは口を揃えて、反対しまくってる。

確かに、東京五輪を開催したいがために、三度目の緊急事態宣言が出されて、
過剰に感染対策をしやがった経緯はありますが、それ以上に、つい先日まで、
「五輪を中止・延期すべき」の世論が8割もいました。これにはムカついた。

これまで、コイツらの世論とやらのせいで、緊急事態宣言を出されまくって、
日本をメチャクチャにされてきたので今回、それを無視して強行開催されて、
ザマーミロ!と嬉しくなったものです。少しはリベンジできた気にもなれた。

とにかく今の日本に必要なのは「祭り」です。それも抑圧されてきた停滞を、
ドカン!と吹き飛ばすような、とんでもねぇ明るさでもって復興すべきです。
だって実害なんてなかったんだ。全ては気分の問題で本来、一瞬で変われる。

そういうわけで、この夏は東京五輪にもシンクロさせて、テーマは「狂騒」!
この狂った世の中では、それ以上に狂い、騒ぐことでしか正常化できません。
もう賢さなんて不要です。準備は整った。狂気の大爆発に向かって突き進む。

posted by 家元 at 09:57| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2021年07月02日

この夏のプログラムについて(延長のお知らせ)

photo-1560131741-5222e0fd4b2d.jpg


この夏は『最終ミッション(全)』の続きのプログラムを配信します。
申し訳ないが、最終と言っておきながら、結局、途中までしか作れず、
伝えるべきことが半分も残ってしまったため、後編としての発表です。

つまり『最終ミッション』の「全(ZEN)」は「前(ZEN)」になって、
前編となり、続いて後編の「後(GO)」が配信されることになります。

予告なしに延長してしまい、すみませんでした。しかし非常事態宣言も、
あれだけ政府が延長しまくっていて、それよりかは、ずっとマシだろと、
お許しいただければと思います。東京五輪に合わせて配信する予定です。

以上。
posted by 家元 at 08:49| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2021年07月03日

すべての扉が全開になるとき(フルスロットル!)

この夏季の最新プログラムのタイトルが決まりました。『開(KAI)』です。

これは春にお送りしました前作の延長戦であり、二つは対になっております。


photo-1557375122-47006c0347d0.jpg


まず前編の『最終ミッション(全)』は、まだ口が閉じている状態でした。

しかし続く後編の『最終ミッション(開)』は、口が全開となっています。


photo-1560131741-5222e0fd4b2d.jpg


こうして前編と後編を合わせて『全』と『開』で『全開』になる趣向です。

ぜひ、全てが明かされるフルスロットルの爆走プログラムを、お楽しみに!

(東京オリンピックに合わせて、配信スタートの予定)

posted by 家元 at 11:46| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2021年07月05日

狂った世の中で生命力を爆発させるには?

odori.jpg


今年も多くの夏祭りが中止になるようだが、本当にワケがわからない。
新型コロナは、とっくの昔に集団免疫に達して、普通の風邪になって、
放っておけばいいものになっているのに、いまだに洗脳されたままだ。

ここまで世の中が狂うとは想像してたかい?まるでパラレルワールド
に迷い込んでしまったかのようで信じられない。どこからどう見ても、
数値というデータは「何も起きていない」と示しているのに感染対策。

私も去年の春から、この愚策に大反対でノーガードが正しいと思って、
1人でデモ活動していたが、もしかしたら自分の頭がおかしいのかも?
と何度も疑った。だって、これだけ多くの人々が間違えるわけないし。

そこで毎日、感染症の勉強を続けてきたわけだが、何度考えてみても、
世の中がおかしい、という結論に至るしかなかった。ならば話は簡単。
そのおかしい世の中に合わせて大人しくしているか、無視するか?だ。

でも、その世の中というのは圧倒的多数の世界であり、かなり手強い。
普通のテンションで対抗しても簡単に負ける。だから狂うことにした。
世の中が狂っているなら、その上をいくキチガイになるしか道はない。

(そこに唯一の突破口がある!)

posted by 家元 at 11:56| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2021年07月07日

夏季のテーマは「全開」となりました。

zzzzzz.jpg


この夏のナンパ五輪のテーマ、「狂騒(きょうそう)」を変更します。

東京オリンピックのテーマが、結局のところ「競争」でしかないので、
それに当て字をして「狂騒(きょうそう)」という、他者と比べずに、
ただただ狂って騒ごう!を夏のテーマにしていましたが、やめました。

確かに、我を忘れてクレイジーになるのは大事ですが、あくまで一部。
やはり、ここは最後なので、すべての可能性を開く「全開」をテーマ
にします。全てを出し切ることで、全てを捧げることで奇跡を起こす。

この「全開」とは、「全壊」と「全快」の陰と陽の意味も持っていて、
全てを破壊しないと、新たな創造は起こらない、という厳しさもあり、
心の底から魂がうち震える大感動を手に入れるために、全てを捨てる。

そんな我が身をスペクタクルの真っただ中に投げ出すような祝祭です。
これまでの全抑圧から全解放される喜びと苦しみを、全て吐き出して、
頭がおかしくなりそうな快感に、全身をしびれさせてください。では!

posted by 家元 at 08:26| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2021年07月08日

4度目の緊急事態宣言が発令される・・・。

gotocity.jpg


もうムリです。緊急事態宣言が発令されることで「ふざけんな!」と怒り、
その反発を活動するパワーに変えられた時期は、すでに終わっております。
さすがに今の時期は「ふ~ん」て感じで、味がしなくなってしまいました。

だって人流は減らず、街はますます活気づくのみ。むしろ今回は大多数が、
一周遅れで怒り始め、言うこと聞かなくなるでしょう。もはや真面目にね、
言うこと聞いてたら自滅する。無視したり、反発するのがトレンドになる。

例えば先日、茨城県で予定されていた「ロックインジャパン」のフェスが、
医師会の圧力によって中止になったが、あまりにもダサい。そんな戯言は、
無視して強行すればいいのに、本当に真面目。どこがロックだ?情けない。

しかし、こういうイケニエのおかげで、さらに大衆は目を覚まし始めます。
この夏はドンドン、人心の解放が進み、東京五輪をキッカケに手の平返し
が起こるでしょう。これが面白い!最後には全開までいく、ひと夏の経験。

このクレイジーサマーを味わえることは、人生最大の喜びをもたらします。
もはや輝かしい希望しか見えない。汗みどろになって身を捧げる価値アリ!
誰もが青春を味わえる、激動のクレイジーサマーが始まります。オーライ?

posted by 家元 at 08:24| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2021年07月11日

この夏の祝祭「ナンパ五輪」について

GettyImages-77931746-600x400.jpg


さて、東京オリンピックは、ほとんど無観客となりましたが、そんなことは、
どうでもいい。大事なのは我々のナンパ活動に、どう影響するのか?だけで、
とりあえず開催してくれたら、舞台装置として、いい刺激になるのでOKです。

このままオリンピックにシンクロして、熱い夏を盛り上げていきたい。まるで
アスリートが全力で東京五輪に挑むように、我々、いわゆる「ストリート」も、
全てのパワーと才能を全開にして「ナンパ五輪」に挑むわけです。カッコいい!

過去の数年間は全て、この夏のためにあったと言っても過言ではない。これぞ、
大団円というフィニッシュ、素晴らしい着地を見せたいと、ストリートたちは、
ウズウズしていることでしょう。もちろん狙うのは、大金星である、金メダル。

リアルな話、前回の1964年の東京五輪は外国人が大勢、来日して、かなり、
路上は厳戒態勢になりました。路上で、たむろしてるだけで警官に注意されて、
ナンパはやりづらくなったわけですが、今回は無観客だし、ずっと楽でしょう。

でも路上飲みの規制が始まったりとか、テロだとか、何が起こるか?不明です。
ただ、その不確定要素さえ取り込んで、全力で駆け抜けていくところに喜びが
あるわけで、これはマジでガチで、クレイジーな熱すぎる夏になりそうですな。

(我、トキメキに死す!)

posted by 家元 at 11:01| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2021年07月12日

アルコールは「全開」のキッカケになる?

pic_f002.jpg


本日より、東京は4度目の緊急事態宣言となり、首都圏および関西は酒の提供
が禁止となる。全く意味のない、アホらしい対策が、また長期間、続くことに。
こんなデタラメに真面目に従っても自滅するだけ。全ての飲食店は反抗すべき。

これまで、酒を飲まないと声かけれないのは情けない!やめるべし!と思って、
切り捨てていたが、コロナ騒動で、ここまで酒が敵になっているのを見てたら、
逆にドンドン、飲みまくれ!と腹が立ってきた。禁止されると、やりたくなる。

コンビ二でビールでも買って、声かけるのもアリですな。なんせ以前と違って、
路上飲みが大盛り上がり!確かに道が汚れてイヤな人もいるだろうが、近年は、
街が清潔になり、区画整理されて、混沌が排除されてきたので、ちょうどいい。

なんだかストリートにかつての熱気が戻ってきたようで、めちゃくちゃ嬉しい。
明らかにナンパも増えた。路上で飲んでると、歩いてる女たちが目につくので、
じゃあ声かけようか?となりやすいから、男達も酔った勢いで声かけまくりだ。

そこで、どうしても地蔵ウイルスに勝てないなら、真面目に頑張るのではなく、
酒をがぶ飲みして、声かけてみよう。我を忘れて、ムチャクチャ声かけまくり、
片っ端から誘ってみよう。そのヤケクソが、小賢しい枠をぶち壊すことになる。

(これから始まる、狂った夏の祝祭に、カンパ~イ!)

posted by 家元 at 10:52| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2021年07月14日

今度は食事を抜いてみると、どうなる?

sixpack.jpg


酒を飲んで、メチャクチャに声かけまくる。これは別に何も残りません。
たんにエネルギーをワーッと放出しただけで、弱い人は二日酔いで数日、
グッタリするかもしれません。それでも唯一、手に入るものがあります。

それが自分のパワーを全開にしたという感触です。特に普段、酒なんて、
ほとんど飲まない人で地蔵ウイルスに苦しんでいる者ほど、この全開の
感覚の記憶というのが宝になる。成功とか関係なく、スカッとした満足。

それだけ普段、自分の力をセーブしてるんです。それが酒の力によって、
マヒして外れる。しかし、これを常用するのは勧めない。酒は体に悪く、
夏など汗がダラダラ出てくるし、スタミナも続かず、毎回は無意味です。

毎回、酔わないと声かけれなくなるのも怖い。だから、たまに全開の感覚
を忘れてしまった時に飲む程度で、ちょうどいい。1度でも思い出したら、
しらふの時でも、その爆発を起こせるように、もっていきやすくなります。

では今度は逆に、ハイテンションではなく、ローテーションの覚醒の感覚
を呼び起こしてみましょう。そのためにやることは、食事を抜くことです。
朝と昼を抜いて、夕方以降に腹ペコで声かけてみてください。どうなるか?

(そこには意外な結果が・・・。)

posted by 家元 at 08:55| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2021年07月18日

食べないパワーにおける神秘的な覚醒

matrix-3926908__340.jpg


何も食べずにナンパする。朝と昼を抜いて、腹ペコで夜に声をかける。
そこには不思議な覚醒があります。なぜか、どんな女でも怖くなくて、
いくらでも声かけれたり、いい出会いも起こりやすい。なぜでしょう?

それは胃腸が消化で働いてないので、パワーを余計なことに奪われず、
歩いて声かけて話すこと、その全てに使われるからです。消化なんて、
とんでもなく大量のエネルギーを長時間、消耗するため、疲れちゃう。

毎日のことなので普段は意識していないが、腹ペコで声かけまくると、
それが即座にわかります。頭脳も明晰、体が透き通ったようになって、
軽やかな無敵の状態になれるから!これが食べないことの強烈な作用。

そうして、これこそ最強!と次の日も食べずに出かける。移動の電車
の中でも、普段なら不安になったりするのに、それも全然なく安定し、
余剰のエネルギーがあるから、普段は迷うんだと気づいたりもします。

ところが、街に着いたら、まったく声かける気がしません。エネルギー
がゼロになって底をつき、何もする気が起きず、そのままUターンして
帰ることに・・。これだから絶食ナンパは難しい。日によって変わる。

(このエネルギーの欠乏が、初日に来る人もいて、個人差もあります)

posted by 家元 at 11:28| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2021年07月20日

あえてバランスを崩すことでリセットする

slimming-1136637__340.png


何も食べずに腹ペコでナンパすると、まったく力が入らずフラフラで、
やる気が出ないため、何も出来ない場合もあります。その時はすぐに、
食べてしまえばいい。すると急激にパワーが湧いてきてハイになれる。

いったん飢えさしてから食べ物を与えると、体は大喜びするからです。
これは酒でハイになるよりも、もっと根源的な喜びなので、そのまま、
その勢いにのって声かけてしまえば、無敵状態に入れるかもしれない。

しかし空腹から急に食べると、一気に消化活動が始まり、眠くなって、
グッタリする時もあります。その場合は、帰って寝てしまいましょう。
そして翌日も、ちゃんと昼ご飯を食べてから夜、ナンパに出かけます。

すると、どうでしょう。体がめちゃくちゃパワフルになって、ついに、
念願のブレイクスルーが起こるのです。これも、いったん食事を抜き、
体が脱力した後、飢えを乗り越えたために起こった、無双状態ですね。

こうして人によってタイミングはズレても、現代人は食べ過ぎなので、
あえて食事を抜き、バランスを崩すことで、簡単にリセットできます。
心身が活性化され、正常に戻る。停滞している人には、最高の薬です。

posted by 家元 at 09:13| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2021年07月22日

食べないことで、軽やかな体を手に入れる。

photo-1555858730-c438bf9fbe89.jpg


この熱い夏を乗り越えるために、食べないことを強調してきましたが、
これは本当にガチで役に立ちます。なぜなら根本から体調が整うから!
めちゃくちゃ元気になって、体が軽くなり、自由に動けるようになる。

例えば体調を崩すと、すぐ何か体にいい物を食べたり、胃腸薬を飲み、
早急に治そうとしますが、これが余計なこと。そんな外部から何かを、
取り入れるのではなく、シャットダウンして何も食べないようにする。

すると自分の体が、自分の力で修復作業を始めます。よく食べないと、
頭がボーッとしたり、脱力してやる気を失くしたりしますが、この時、
体の工事が行われていて、まず血管の中のゴミをキレイに掃除します。

普段、脂っこい物ばかり食べてて、血管の壁がギトギトになってても、
食べないことで、それが掃除されて流れがよくなり、さらに内蔵など、
機能が落ちていたものも刷新されていく。だから、この脱力こそ恵み。

やはり食べずに脱力すると、すぐ体に悪い!と勘違いしてしまいがち。
そうじゃないんだ。その時に最大の回復が起きている、という真実を、
どうしても伝えておきたかった。それを知っていれば怖いものはない。

(最近、やる気が出ない人も、まず食事を抜けば、すぐに回復するよ)

posted by 家元 at 09:54| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2021年07月23日

東京五輪の後にナンパ五輪を始めます。

!cid_0E14B605-D0B1-47B6-80E8-61D3F13EA033@zaq_ne1.gif


東京オリンピックが始まりました。当初は、それと同時に、
最終ミッション:開(KAI)』もスタートする予定でした。

しかし、どうしてもオリンピックをTVで観て、応援する人も
多いでしょうし、ナンパに全集中できないので、延期します。

私も私でサッカーが観たくなり、すぐ帰宅したり、せっかく、
日本でオリンピックやるのだから、応援することにしました。
少しでも、お祭り気分を盛り上げて、小さい旗を振りますぞ。

これまでのオリンピックは、ほとんど観てなかったのですが、
今回に限り、やたら中止を要求されたり、無観客にされたり、
邪魔ばかりされてムカついているので、逆に応援したくなる。

そういうわけでナンパ五輪は、東京五輪の閉会式が終わった、
その翌日から開始します。まずはアスリートたちの頑張りを、
応援して、その刺激をストリートに持ち込みましょう。では!

posted by 家元 at 10:11| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2021年07月24日

ナンパ五輪は8月9日よりスタート!

coming-3605857__340.jpg


いや~、オリンピックの開会式は素晴らしかったですな。批判に負けず、
よく頑張った。感動した!残念ながら無観客ではあったが、多くの人が、
ブルーインパルスの航空ショーを見るために集まったり、盛り上がった。

やはり強行して正解。今の日本に必要なのは祭りだなと、つくづく確認
できました。「恐ろしい感染症」というデマによって翻弄された1年半、
その洗脳から、この五輪をキッカケに解放されていくのが目に見えます。

マスコミも、さんざんコロナを煽りまくってきたが、さすがに五輪中は、
アスリートの活躍ばかりにスポットを当てるだろうし、もともと過剰な
感染対策も、五輪を開催したいという目的があったのも大きいわけです。

なので五輪が終われば、かなりマシになる。そして現在、旅行に行く人
も増えているように、もはや無意味な感染者数なんか気にしなくなって、
ドンドン自由になっていくでしょう。全ては、この五輪を分岐点にして。

そういうわけでナンパ・オリンピックの開催は、東京五輪が終わる翌日、
8月9日よりスタートします。タイトルは『全開ミッション:炎(EN)
となりました。あなたの心に聖なる炎を灯したい、その一心であります。

(なお緊急事態宣言が発令中は『五輪プログラム』が特別に1万円引き)

posted by 家元 at 08:35| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2021年07月25日

この夏の『全開ミッション』の5つの意義

GettyImages-77931746-600x400.jpg


東京オリンピック後に始まる『全開ミッション:炎(EN)』の「EN」は、
5つの意味があります。まずは「炎」ですが、これは新たなる情熱の炎を、
あなたの精神に灯すということで、聖火リレーのイメージで伝授していく。

というのも、今回のプログラムで家元は引退するからです。本来は2020年
に終わらせるつもりだったのが、東京五輪のようにコロナで延期となって、
1年遅れました。そういう意味で「延」であり、うたげの「宴」でもある。

つまり最後の祝祭としての「宴」となり、内容としては運命をテーマにした
「縁」がメインです。そうして全てが満ちた「円」で大団円を迎えるという
「炎」「延」「宴」「縁」「円」の5つの意味を含んだ「EN」というわけ。

さらに『最終ミッション』は「全(ZEN)」でしたが、『極意ミッション
は「Z」であり、これに今回の『全開ミッション』の「EN」を足すことで、
「Z」「EN」となり、「ZEN」として完成します。実は、これらは三部作。

そして聴く順番も、「全」⇒「Z」⇒「EN」という流れになるので、もし、
この夏の戦いに参加するつもりでしたら、『最終ミッション』の後で再度、
『極秘ミッション』も復習しておいてください。あの続きから始まります。

(それと緊急事態宣言が発令中は『脱出プログラム』も特別に1万円引き)

posted by 家元 at 09:38| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2021年07月26日

オリンピックで覚醒できるかもしれない。

nippon-thumbnail2[1].png


こんなにオリンピックが凄いとは思わなかった。時間もったいないから、
サッカーだけ見るつもりだったが、たまたま卓球の水谷・伊藤が大逆転
しているシーンを目にして興奮してしまった。そうか、わかったぞ!と。

スポーツっていうのは人間が本気になってる姿を見れるのがいいんだね。
しかもオリンピックは4年に1度で、最も本気になっているため、それを
見るだけでも、自分も感化される。だから元気が出たり、刺激が大きい。

感動した私は、その後、柔道の阿部兄妹も続けて見たが、妹の詩ちゃんが
金メダルをとった時の喜びようにはショックまで受けてしまった。あんな
全身で大喜びを爆発させるような経験を、自分もしてみたいやんけ~!と。

いやはや、アスリートたちの本気度は凄いね。彼ら、彼女らは心の底から
金メダルが欲しくて、全てを賭けている。その意志にシンクロできるのが
オリンピックであり、ナンパをするストリートたちも刺激を受けるだろう。

だって、あそこまで本気でやってないでしょう?そういうわけで、次回の
プログラム名は『全開ミッション:金(KIN)』となりました。もちろん、
金メダルに値するような大金星をとるための内容です。がんばれ、自分!

posted by 家元 at 10:53| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2021年07月28日

ナンパ・オリンピック、目指すは大金星

photo-1560131741-5222e0fd4b2d.jpg


いいですね~、オリンピック、最高ですわ!毎日、ドラマがあり、
何よりもアスリートの本気っぷりが、心身に刺激を与えてくれる。
しょせん映画とかの物語は作り物ですが、スポーツはリアルです。

だから、めちゃくちゃ刺激になって、やる気が増してくる。実は、
7月に入って暑くなってからは、すっかりだらけてしまってたが、
オリンピックのおかげで、シャキン!と背筋が伸びて目が覚めた。

もちろんプログラム制作の方も、調子いいです。いまやジャージを
着こなして体育会系の気分で作ってます。卓球の叫び声を上げたり、
そんな感化されやすい自分が愛しくて仕方ない。柔道着も欲しいな。

ただし『全開ミッション』は「金(KIN)」というタイトルにすると
あまりに露骨なので「〇(EN)」に戻します。この「〇(EN)」は
大金星をあげる意味の「〇(白星)」の意味もあるし、これでいい。

とにかくアスリートたちには負けてらんない。我々、ストリートも、
東京五輪をキッカケに大躍進するべきです。ナンパ五輪の開催まで、
日数も少なくなってきましたし、ここで今一度、身を引き締めたい。

posted by 家元 at 09:41| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2021年07月30日

やっぱり人間の免疫力は凄いですな~。

E7dSe9CVUAU9SNZ.jpg


さすがにオリンピックは飽きてきましたね。最初こそ、アスリートの頑張る姿に、
やたら胸を打たれてましたが、すでに今は「それがどうした?」という感想です。
つい先日まで目をキラキラさせて見ていたのが、嘘のように冷めてしまいました。

卓球を見ても、そんなことでムキになるなよ、と思ったり、柔道なんか、たんに、
服を引っ張って倒すだけのことに人生を賭けていて全員、変人に見えてきました。
そもそもアスリートって、狭~い分野に対して、異常な程に執着して生きてます。

特に水泳なんて、ほんの少しでも速く泳ぐことに、よくもまぁ一生懸命になれる。
何人もの選手がわずか0.01秒差で、ほぼ同時にゴールしてるのを見ると、もしも、
あの選手たちが精子だったら、三つ子、四つ子が生まれてるよな~、と思ったり。

本当に、ちっとも感動できなくなってしまった。そりゃ朝から晩まで、スポーツ
ばっかり放送してるんだから仕方ない。すっかり慣れたわけです。これが免疫力。
最初こそ新鮮で感動しまくっていたが、免疫がつき、心が動かなくなってしまう。

まさにコロナ風邪と同じように、最初に感染したときは高熱が出るが、数日間で、
すっかり熱も下がり、それ以降はコロナウイルスが体内に入ってきても、もはや、
何の変化も起きない。さっさと免疫で処理して終わり。人間の免疫って凄いです。



ところで、上のグラフを見てください。これはコロナ陽性者の数のグラフですが、
最近、過去最多の記録を突破した!と騒がれているように、グラフは伸びている。
しかし下のグラフの死者数を見ると、ドンドン下がってて過去最少にまでなった。

つまり感染者数が過去最多なのに、死者は過去最少という、見事な反比例ですね。
これが免疫の力!すでにコロナに慣れたわけです。そもそもワクチンを打つ程に、
世界中、どの国も陽性者数は激増します。そして死者が激減するという同じ流れ。

でもまぁ、日本はあんなワクチン(通称:毒チン)なんか、本当は不要なんです。
例えば南海キャンディーズのしずちゃんは冬にコロナにかかり、高熱を出したが、
最近、二度目の陽性者になったけど、無症状です。もう免疫で処理できるように。

ところがマスコミは、しずちゃんが二度目のコロナ感染!抗体は半年で消えるぞ!
こりゃ毒チンを打たないと!と騒いでいた。アホらしい。抗体があるから無症状
だというのに。人間の免疫力をナメたらいけない。いつまで茶番を続けるのかな?

もうすでにコロナは終わっている。そもそも始まってもいない。PCR検査という、
健康な人を病人に仕立て上げる、過剰な嘘さえなかったら、たんに体調が悪い人
は休めばいい。そういう当たり前の日々が、ずっと続いていただけの話でやんす。

posted by 家元 at 09:57| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2021年07月31日

人間は「高熱」によって、しなやかに強くなる。

man-3338109__340.jpg


前回、南海キャンディーズのしずちゃんが二度目のコロナにかかって、
無症状だったと伝えましたが、もしかしたら、その後、高熱が出たり、
発症するかもしれません。彼女の体が疲れていて、必要とするならば。

人間は疲れて、体に毒が溜まってきたら、自然と高熱を出して解毒し、
体をリセットします。だから高熱はトモダチです。その時は苦しいが、
ちゃんと身を任せて通過させれば、信じられない位、体調が良くなる。

例えば先日、安田大サーカスの団長がコロナで肺炎にまでなりました。
彼は自転車レースに出たり、かなり体力には自信があったのに、なぜ、
肺炎になってしまったのか?まず最初の間違いはワクチン接種でした。

コロナの毒チンを打って、その数日後にコロナに感染した団長は高熱
が出て寝込みます。さらに、その熱を下げようとして解熱剤を飲むと、
熱は下がったが、またしばらくすると上がるので、何度も飲みました。

せっかく体が消毒しようとして熱を出してるのに、それを止めたので、
体の奥まで侵入されて、結果的に肺炎になったという話。最初っから、
何もしてなければピンピンしてたのに、余計なことばかりした罰です。



こうしてコロナ騒動の中、人間は逆のことばかりしています。自分の、
元から備わったパワーの邪魔をして、薬づけです。ワクチンを打って、
さらにその副反応を抑えるためにと、解熱剤を飲み、ドツボにはまる。

なぜ自分の体の最大の武器である、高熱を止めようとしてしまうのか?
食べ物だって、心配なナマモノは火を通して消毒するように、身体も、
徹底的に消毒すべきです。もともと人間の自然免疫はハンパなく強い。

しかし家畜化された人間は、ほんの数日の高熱の苦しみにも耐えれず、
薬づけにされてしまう。だから高熱が出た時が分かれ道。自分が家畜
として生きるか?それとも野性化して自由になるのか?が決まります。

もともとナンパという分野も、この自分を野性化させるための道です。
ふと見かけたメスに近づこうとするオスは、まったくの自然な動きで、
身体にもパワーがみなぎりますが、それが出来ないようにされてます。

いわゆる「空気」という同調圧力ですが、そういう家畜の首輪なんぞ、
引きちぎって動くことで自分を野性に戻す。支配しやすい善人という、
薬づけの家畜から脱出する。それは断固とした拒否から始まるのです。

posted by 家元 at 09:50| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする