2009年06月08日

まだまだ続くよ!これからよ!

先日、運命の人が見つかったので、これでナンパ引退、
というのは間違いでした。というよりも、そう思わせといて、
音声メルマガで、予想外の結末にしたかっただけです。

つまり、期待を裏切るためのサービス、確信犯でした。

ブログを読んでいるだけの方で、本気にされた人も多く、
申し訳ありませんでした。しかし、こんな普通の終わり方、
するわけないじゃないですか!なんの感動もありゃしない。


これが、有名な川口リサさんの、30代女性の婚活ブログ、
『運命の人を探して』だったら、ここらで終わってますよね。

激しい恋に落ちるのではなく、優しくて、なんとなく気があい、
軽くない相手、結婚するにも条件がいい相手こそを選んで、
ごく普通にデートを重ねて結ばれる。何の問題もありません。

ところが、この『タダでナンパする!』の書き手は、とにかく、
ひねくれまくっていて、なにか超越的なものに憧れており、
とことん、ストーリー至上主義です。そのためには、普通の
幸せなんぞ、平気で犠牲にします。そんなの退屈だから。

というわけで、見事に、理想の相手との縁をぶち壊して、
さらにナンパを続けることになります。今後とも、ヨロシク!





なお、今回のメルマガで伝えたかったことは、ただ一つでした。

なぜ、「運命の人は、この人に決まり」と、宣言しておきながらも、
すぐに引っくり返すようなことをしたのかというと、ある重用な事を
表現したかったからです。それは、ナンパ慣れした後によくある、
初デートで、何もやらせなかったら、相手に興味を失くすこと!

これに共感する人は、たくさんいるはずで、超あるあるネタです。

GET系のナンパが身にしみついてると、何もしないで会話だけ、
というのが、物足りなくてしょうがない。また会う気まで失せます。

私も、本当に、つきあってみてもいいかなと思っていたのに、
相手がスキンシップに応じないだけで、急にシラケてしまい、
どうでもよくなり、自ら縁を切ってしまうということになりました。


となると、いったい今までの好感とか会話は、何だったんだ?

軽い相手をGETせず、さんざん探した結果が、これなのか?

基本的にGET系のナンパと、スタンスは変わってないのか?


そういう疑問が沸いてきて、なんかどうでもよくなってきました。

ナンパでは、必ず「つきあわないと、何もさせない」という人とも、
出会うことになります。そういうタイプこそが運命の人だと思い、
ずっと探していたわけですが、実際に出会うと、今日やろうが、
ずっと先でやろうが、結局、同じじゃないか?ただ頭で考えて、
段取りを作ってるだけじゃないの?と、どうも魅力を感じない。

もちろん、拒否する相手の気持ちもわかる。まだ信頼が生まれず、
要は、愛されてる感が欲しいわけで、それを相手に与えていない。

この「愛され感」というのが、初めてのデートで迫らずに、何度も
会って、大事にする、みたいなのが相手の需要だったわけです。

それをわかっていながらも、急に面倒になってしまった。

これは自分でもよくわからない、意外な反応でしたね。

すっかり、GET系のナンパは卒業したつもりだったのに・・・。





彼女は、さりげなく言った。


「痛い目にあってないから、わからんねんて。」


もう女遊びは卒業し、運命の一人を探していることを、

伝えたのだが、彼女はそれを信用せず、言い放った。

まだ痛い目にあってないから、わからないと。


そんなバカなと聞き流していたが、まさに、

その言葉が現実となる日は近かった・・・。


(そうして、セカンドインパクトが勃発!)

posted by 家元 at 16:21| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする