2017年02月07日

ナンパワールドの入口はここにある。

0door.jpg



まず最初に、ナンパ入門者がやるべきことは、すぐ1人に声をかけること。

相手は女なら誰でもいい。ただし、最も簡単で、最も難しい相手にこそ行く。

それは、その日の一番早く、目の前に現れた女で、絶対逃げてはいけない。

好きなタイプか?など、どうでもいい。男連れでなければ、すぐ行けばいい。

自分の思考は、必ず「やめておけ」と邪魔するだろう。それを無視して跳ぶ。





確かに、怖いし面倒だが、だからこそ、最も負担のない形で、1点集中する。

たった1人だけを、もっとも短い時間でクリアする。あとはさっさと帰っていい。

声をかけるセリフも、一つの「型」として、あらかじめ練習して、体に入れておく。

「頭」に入れるのではなく、「体」に入れること。要するに、飽きるほど稽古する。

「頭」なんて信用おけない。そもそも、その「頭」を拒否して、「体」で声をかける。





そのためには、選択肢を捨てて、何も考えなくていいよう、すべてを簡略化する。

セリフにターゲット、声かける人数など、すべてを確実にして、迷いの余地を消す。

なぜなら絶対に、失敗しないことが重要だから。これは大事な最初の「中心」作り。

「中心」さえ出来れば、あとはもう、何とでもなるゆえに、何が何でも、成功させよう。

この、たった1人だけに声をかける「型稽古」が、人生を変えてくれる「1人革命」だ。

posted by fmtbank at 08:50| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする