2017年02月27日

最も簡単なのは「勢い」で声かけること!

pic_d043.jpg



やはり、ナンパで最も難しいのは、その日初めて、1人目に声かけることです。

だから1人目は、意識を1点に集中させ、瞬時に声かける。これが「1人革命」。

そうして1人できたら、今度は「地」と「天」に捧げるようにして、2人に行きます。

これが天と地を結ぶ、縦の軸をつくる儀式の「天地統合」です。これで合計3人。


ここまで出来たら、今度はさらに次のステップに移りましょう。お次は「スピン」で、

テーマは回転です。スピンすることにより、勢いをつけて、パワーを燃焼していく。

具体的には、これまでよりスピードアップして、連続で3人に声をかけていくこと!





すでに経験ある方も多いでしょうが、声をかけるのに最もラクなのは「勢い」です。

勢いをつけて、バババッ!と声かけていくと、慣性の法則で、次から次へと行ける。

その感覚、ノリを確認するためにも、3人連続で声をかけ続ける。これが「スピン」。

うまく「スピン」できるとパワーがあふれ、「何でも出来る」万能感までも出てきます。

しかし最初から、それを狙うと難しい。そこで、準備しながら回転速度を上げていく。


例えば、現地について、いきなり多く声かけようとしてスピンすると、どうなるでしょう?

もちろん、うまく回転し出す時もありますが、大抵、空回りしてしまい、場から浮きます。

その空間の調和を乱し、目立ってしまい、男にからまれたり、警察に通報されやすい。

そういうナンパ師を見たことないですか?空回りして頑張って、痛々しく目立ってる人。

これを避けるために、まず「1人革命」、「天地統合」で落ち着いて声かけて、準備する。





実際に、たくさん声かけていくと、パワーに満ちていく時もあれば、ダメになる時もある。

このダメになっていく時というのが、自分の中心軸がズレて、空回りしている時ですね。

やはり、「軸」を決めないと、「中心」を捉えないと、コマ回しが失敗した時のようになる。

コマが「軸」を傾けて、バランス崩して回っていると、変な動きになり、早くに止まります。

それと同様に、ナンパでも「軸」をズラしたままスピンすると、消耗が激しくなってしまう・・。


だから、まずは「1人革命」した後に、「天地統合」で2人に声かけて、「軸」を確認します。

そうして初めて、「スピン」を開始する。いわゆる、スピードを上げる。テンションを上げる。

とはいえ、いきなり最高速度にはしない。少しずつ、ホップ・ステップ・ジャンプで加速する。

つまり、3人声かけるというのは、三段階で加速するということ。これで空間に馴染みます。

しっかりと、下方向の重力「↓」の意識があれば、その場で浮かずに、次々、行けるのです。

posted by 家元 at 12:59| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする