2017年05月19日

絶対に、声をかけ「よう」とするな!

0end.jpg



ナンパ入門者が、最もやってはいけないこと。

それは、声をかけようとして、止めることである。

別に、慣れてないのだから、地蔵でかまわない。

まったく声などかけなくていい。しかし、この図式、


 声をかけようとして ⇒ かけない


これをやってしまうと、すぐ自分を信頼できなくなる。

しょせん自分の意志など通用しないと、弱体化して、

これを繰り返すほど、負けを重ねて、無力感に陥る。

そんな最悪の状態にハマるのなら、そのほとんどを、


 声をかけようとしない ⇒ かけない


これを繰り返した方が、全然疲れないし、百倍マシだ。

これなら、自己信頼は失われず、パワーも保存される。

ナンパの「守り」とは、この安全地帯の確保のことをいう。

そして、これだ!という時だけ、突如として、指令を出して、


 声をかけようとする ⇒ かける


これを実行する。それも瞬間的に、ためらいなく決行する。

別に、最初は店員だろうが、高齢者だろうが、誰でもよくて、

声かけの台詞も道聞きだろうが、どんなに短いのでもいい。

絶対に外してはいけないのは、自分の命令に従わせること。





とにかく、自分の身体を操作するには、まずは簡単なものから、

手なづけていくのが一番。そうやって、主導権の所在を教えよう。

全然言うこときかないと、不信感だけが募り、ナンパだけじゃなく、

日常や仕事でも、自信を喪失して、最低限のことしかしなくなる・・。

これが怖い。人生がドン底へ向かう。ゆえに「1人革命」からやる。

posted by fmtbank at 08:57| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする