2017年05月24日

日本は最高の国であり、今後の未来も明るい。

nippon.png



僕らが住む、この愛すべき国、ニッポンは、これまで、とんでもない偉業を達成してきた。

20世紀前半は、アジアで唯一の、超イケイケの軍事大国となり、とんでもなく強かった。

さらに20世紀後半は、これまたアジアどころか、世界で二位となる経済大国にまでなる。

こんな資源も何もない小さな島国が、なぜ、こんなに強いのか?不思議がる人達は多い。

特に、アジアでは、いまだに日本はスーパースターである。一度は訪れたい、憧れの地だ。





ところが、21世紀に入り、日本は迷走している。このまま経済は落ちていくが、それでもOK。

たとえ、たいしてお金がなくとも、精神文化が花開いていれば本来、楽しく生きれるのである。

それはかつての日本が、最も得意としていた分野であり、世界でも、あまりにも独特なセンス。

確かに今は、弱体化している日本人が多いが、それを、たんに忘れているだけで、心配ない。


そもそも20世紀は、鎖国で内向していた日本が、西洋に追いつけ!とばかりに、思いっきり、

外向していった「陽」の時代だった。しかし、もはや学ぶべきものは少なく、祭りの後のようだ。

だから我々は、「陽」の時代に切り捨てられてしまった、埋もれてしまった、日本に昔からある、

伝統から、次は学ぶべきである。すでに今は「陰」の時代となり、ナンパも「和道」が生まれた。

posted by 家元 at 12:24| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする