2017年05月27日

人生の停滞期にいる者が、救われる道とは?

0syuraroad.jpg



もしも現在、あなたが人生に迷っていて、闇の中をさまよっているのなら、ようこそ!

特に、いろいろ解決策を求めて、試してみても結局、ほとんどダメだったら、なおOK。

その停滞期から抜け出るためには、ある強大なキーがある。それが、「会話」だった。


または、そこまで重くなくとも、毎日が面白くないと、気持ちが沈んでいる場合も、同様。

人生をとてつもなく面白く、充実させていくには、「会話」こそが、ブレークポイントとなる。

だが、そんなこと言われても、あまりピンとこない。「会話」なんて、昔から、やってるし・・。





ハッキリいって、この歳になって、今更、「会話」なんて勉強したくないんですよ、普通は。

例えば、英会話だとか外国語の習得なら、いろいろ役立ちそうだと勉強しやすい。実際に、
外人と話して、ちょっと疎通できただけでも嬉しく進歩も感じやすい。だから多くがやってる。

しかし日本語の会話なんて、すでに出来てるわけだし、魅力を感じません。それでも中には、
もっと喋るのが上手になりたいとか、コミュ障をなおしたい、などと思っていたりする人も多く、
実際、コミュニケーションの強者になったら、人間関係も仕事も恋愛もよくなると思ってます。

それでも、日本語での会話を勉強しようとは行動しない。なんとなく思いはすれど、やらない。

どうですか?周りに、「オレ、会話を勉強してるんだよ。」っていう人、いますか?外国語なら
学んでる人はいるかもしれませんが、「本気で日本語やっとる!」っていう人、いないでしょ?


これがもう、不思議な程、いないんですね。大抵の悩みは、会話を勉強して高めれば、解決
してしまうというのに、何かわからんけど、他の横道にそれて右往左往している人ばかりです。

まず、その理由としては、勉強方法がわからない、という点もあるでしょう。コミュニケーション
に問題を抱えた人は、いろんな会話のノウハウ本とか読みあさったと思いますが、どうでした?
まぁイイことは書いてあるけれど、ウワーッ!と爆発するほどの変化は起きなかったはずです。

それに、そもそも会話を勉強するのは、なかなか続きません。毎日、誰かしら人と会うのならば、
すぐに実践できるのに、すぐ忘れるというか、止めちゃうんです。結局、いつもの感じのトークで、
茶をにごす。なぜなら、そこには「緊急性」がないから。強烈な「必要性」がないため、続かない。

そこで、ナンパの登場です。もちろん普通の男なら、ナンパなんて出来ない、または意味ない、
といった抵抗感を覚えます。しかし、これ程、確実に、会話の力がつく「道」は、他にありません。





なぜ、会話の力をつけるためには、ナンパが一番なのか?それは、その「緊急性」にあります。

まずは手始めに、見知らぬ女子に話しかけてみてください。もう驚くほど、喋れないのに気付くし、
次々に失敗します。無視されるし、冷たいし、少し話せても盛り上がらないしで、やってらんない。

ここで身にしみて、トーク力を上げないと!と思うわけです。トーク力がないと苦しくて気まずくて、
最悪の時間ばかりになり、これが死活問題となってくる。この「緊急性」があって初めて、真剣に
会話の勉強に取り組むようになる。そして少しでも向上すると面白くなり、ますます、のめり込む。


これは特に、女に縁がない人の方がいいですね。うわっ!初めてのデートで、何を喋ろう?とか、
必要性が高くて、勉強せざるをえない。そもそもルックスがいい男だと、最初から相手にされて、
トークはシンプルなもので充分だったりする。会話力を高める必要性がないため、伸びません。

とにかく、勉強に必要なのが「必要性」です。受験勉強だって、試験があるから頑張れる。ただ、
勉強しろ!と言われても、先延ばししてやらない。だからナンパでもって、必要性を作る。さらに、
性エネルギーという、女を求める本能も利用し、高みにまで昇りつめます。それが「和道」です。

では、前口上が長くなりましたが、そろそろ「和道」の、具体的な稽古内容に入っていきましょう。

posted by fmtbank at 15:29| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする