2017年05月29日

あなたは話し上手タイプ?聞き上手タイプ?

pic_i030.jpg



会話が上手くなりたいと思う人は多い。しかし口下手な人ほど、大きな勘違いをします。

それは、ペラペラと面白い、マシンガントークが出来るようになりたい!と焦ることです。

自分にないものだからこそ、憧れるわけですが、もしや、そっちのタイプじゃないのかも。

よく、話し上手と聞き上手と言われるように、会話の力は二種類に分かれます。自分は、

受けが得意なのか?喋りが主体なのか?と考えると、やはり口下手な人は受けを選ぶ。


そして、これもまた勘違いな場合が多い。自分に正直になってください。喋り上手の方が、

楽しそうじゃないですか?もし、少しでも興味があるなら、やってみると、案外できたりする。

ただし会話の目的は、上手に喋ることではありません。相手と打ち解けて、楽しむことです。

「会話」とは、心を開いて和する「開和」でもあり、緊張を解き、打ち解ける「解和」でもある。

あくまでも「和」することが目的で、面白いトークだとかは、たんなる手段の1つでしかない。





そういう意味で、相手と「和」するためには、使えるものは何だって使うぞ!の姿勢が正解。

だからナンパでも、相手を面白がらせるために喋ると同時に、聞き上手の稽古も両方やる。

この面白~く喋ることを、第三段階の「芸」と呼び、聞き上手を、第四段階の「術」といいます。

ここでよく勘違いするのが、「芸」の方が難しそうで、聞き上手なら出来そうだな、という感想。

てめぇ、ナメてんじゃねーぞ。そういう人には、この一言を送りたい。だって、すんごい難しい!


まるで芸人のように、マシンガントークで笑わせて惹きつけるのは、その力が、わかりやすく、

多くが納得できます。でも聞き上手の「術」というのは、一見、地味です。たいしたことしてない。

ところが、特別なことしてないのに、女子はあれよあれよと心を開き、気づくとハダカになってる。

いわば聞き上手というより、「開かせ上手」であり、もうね、「術」としかいいようがないんですよ。

ゆえに、マネしやすい喋りの「芸」よりも上位の「術」となりました。ぜひ両方とも磨いてください。

posted by 家元 at 13:28| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする