2017年06月23日

ナンパを始めた人が最も挫折しやすい地点?

pic_b047.jpg



とてもじゃないけど、ナンパなんて出来ない。声かけれない、という内気な人でも大丈夫。

最初は、たった1人だけに、声かけることから始めれば、誰であろうと、出来るようになる。

確かに最初は、それでも大仕事です。しかし、面倒くさくて怖いけど、これだけは義務的に、
絶対にクリアします。実際、ほんの一瞬で終わるので、これは、ほとんどの人が出来ます。

そして、そんな風に、強制的に1人だけのノルマで声かけ続けていると、今度は、意外にも、
「もっと声をかけたい」という自発的な思いが生まれてくる。やはり、1人だけは少なすぎて、
物足りない。それを、あえて続けてみたのは、この自発的な思いこそを引っ張り出すため!

なぜなら、この「もっと声をかけたい」という思いがないと、結局、早いうちに挫折するからで、
逆にいえば、この自主的な願望が出てきたら、こっちのもの。さらにナンパの奥へと進める。





ところが、ここに恐ろしいワナが隠されてます。私にとっても長年、最大の悩みのタネでした。

というのも、「もっと声をかけたい」と思い始めた人達が、次から次へと挫折していくからです。

まず、「1人革命」はいいんですよ。たった1人に声かけ続けると、さらに声かけたくなるのは、
ほぼ全員が到達するのですが、その後、人数を増やしていこうとして、次々と、倒れていく・・。

私が、声かけの第一段階ばかりを、ここに書くことになったのも、ここで挫折する人の数こそ、
最大だからです。なので絶対に、新しい解決策を導いてやろうと、長年、ムキになってました。

なんたって、まず、ここをクリアしてもらわんと、その後の話が通じないわけですから。そして、
おそらく第一段階に関して、日本で最も長年、深く研究したであろう、私、家元の最終結論が、
「声をかけないようにすること」でした。これは隠されていた盲点であり、最もラクな方法です。

posted by 家元 at 11:26| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする