2017年07月29日

ずーっと会議していました。(陸・海・空・宇宙)

pic_d092.jpg


ここ数日、この夏の戦いを、どうするのか?という、作戦会議が続きました。

まず陸軍は、とにかく突撃につぐ突撃で、玉砕していくことを主張しましたが、
それに対し、海軍は、そんな無駄なことをせず、技を使い、ラクすべきと言う。

いわゆる陸軍というのは、ナンパ五輪でいう、第一段階(地)の声かけであり、
このサイト自体が、この第一段階ばかりで、もっとも陸軍が力を持っています。


ところが、あまりに玉砕や死を強調しすぎて、陸軍が暴走し始めたので、先日、
海軍から、待った!がかかった。海軍は、第二段階(水)であり、ラクする立場。

さらに第三段階(火)の空軍は、このブログを小説のように、フィクションにして、
もっと面白くしろ!と主張する。空軍は、より高みを目指す、クリエイティブ志向。

しかし、宇宙開発を担当する、第四段階のNAPAは、ブログは、さっさと休止し、
そんなことより、音声教材の「脱出プログラム」を打ち上げるべきと焦っている。


そんな四者四様の意見が、ぶつかりあい、なかなか、まとまらず、会議は難航・・。

しかし、全ての結論を決めるのは、第五段階の総司令部に君臨する、家元です。
彼は最後に、おっしゃいます。「細かい方法は、いいのです。大事なのは、目的。」

そして、その目的を、ナンパに囚われ、ナンパに追いつめられた人々、全国にいる、
40万人のナンパ難民の救出としました。これが第二次世界大戦での奇跡の撤退、
ダンケルクになぞらえた「ナンケルク作戦」といいます。ほぼ全員を帰還させる予定。

posted by 家元 at 15:58| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする