2021年01月31日

毒ワクチンを打って、コロナを撲滅せよ!

photo-1545096145-be77276ccccb.jpg


私はコロナ騒動に対して、怒っています。あんなにも大衆がテレビに洗脳され、
いとも簡単に行動を変えるとは驚きでした。真実とは違う、空気というものに、
ただただ流されるだけ。太平洋戦争の時も、こんな感じだったんだろうな、と。

これまで私は、自分の半径1メートルが幸せならいいや、社会がどうなろうと、
かまやしないと、なかば出家したような「家系ナンパ」を提唱してきましたが、
やはり人間は、ハッキリと自分の幸せを侵害された時、初めて社会に目がいく。

なんか日常がドンドン、息苦しくなり、女たちの反応も悪くなり、もう明らかに
街全体が委縮してしまった。もう、この野郎!ですよ。さすがの私も怒るほど、
この国は変わました。そして、このマヌケな暴走の犯人は誰だ?と、探します。

もちろんマスコミが害悪なのは当然としても、調べていくと、どうしても医療
のゴウマンさにブチ当たる。たんに現在の医療体制の問題だけでなく、奴らは、
昔から過保護に守られていることをいいことに、やりたい放題やってきました。

とにかく儲けるためには手段を選ばない。まず検査しまくって、ムリヤリ病気
を見つけては手術し、大量の薬を売りつける。このままじゃ、もっと悪くなる!
と脅しては無意味な治療でボロボロにします。しかも当然と思ってやっている。



実は、私は2013年頃に、この医療の害悪を知って、朝から晩まで勉強して、
反対運動まで参加しようか?とも考えてました。ちょうど、子宮がんワクチン
の副作用が問題になった時ですね。ワクチン産業の、あまりのヤバさに驚いた。

どんな凄まじい副作用が出ても、ワクチンとは関連性がないと切り捨てられる。
でも医学データなんて、いくらでも改ざん出来るし、信用できないことは今回、
コロナ騒動で、これでもか!これでもか!と分かったように、全然、意味ない。

結局のところ、今、軽く見られているのは、人間の自然治癒の力です。お前ら、
何もしないと死ぬぞ!コロナで42万人は死ぬ!とか、ガンの場合は、あんた、
何もしないと苦しんで、すぐ死ぬ!と脅す。その根拠も怪しいのに、強要する。

ところが、こんな大先生が言ってるんだからと、専門家の脅しに乗ったら最後、
あれよあれよと放射線を浴びせられ、皮膚がただれ、猛毒の薬を打たれて絶叫
しながら衰弱していき、その拷問代金として、これまでの貯蓄を全て奪われる。

これが過去、ずっと医療が大衆にやってきたことです。人間の自然治癒を殺し、
痛めつけてきた。そして今、医療はそれを、日本という国全体にやっています。
国民を恐喝し、自然な営みを制御して、不可解なワクチンを打って撲滅したい。

(そんな粗雑なシナリオはアッカンベーだ!こっちは自然のパワーでいくぜ!)

posted by 家元 at 08:11| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする