2021年02月13日

積極的に風邪をひいて、失恋しようぜ!

85eWg8Nf.jpg


とにかく日本にとって、新型コロナは敵ではなくて味方です。
実害などないし、振り返ればコロナは本当に優しいウイルス
でしたね。ウイルス干渉でインフルエンザを減らしてくれた。

上のグラフは近年のインフルエンザ感染者の数ですが、もう、
えげつない程の感染爆発を起こしていますが、コロナなんて、
ず~っと、なだらかな丘のようなグラフです。平穏そのもの。

私も去年の12月には、なるべくコロナ風邪に感染したくて、
寒い中でも薄着で出歩き、マスクなしで電車で深呼吸しては、
セキをしている人を見つけたら、近づいたりもしていました。

というのも、極秘任務で日本海側の街へと旅に行ってきたら、
ひどく疲れて、その疲れが全然とれなかった。こういう時は、
風邪をひけば高熱が出て体がリセットされ、一気に治ります。

おかげさまで、しっかり風邪をひき、1日の高熱で、見事に、
元気になりました。コロナかどうか?は検査していないので、
わかりませんが、別に何だっていいんだよ。熱さえ出ればね。



確かに高熱が出てる時はしんどいし意識不明です。それでも、
熱が下がった後は3日ぐらい安静にしていたら、スッキリと、
体が元通りに修復され、風邪は自然に通過してくれるのです。

それを解熱剤で熱を下げたり、咳止めの薬を飲んだりしたら、
体が治らないまま、ダラダラと後遺症が残ってしまう。これが
西洋医学のやっている対処療法であり、古くて間違った方法。

そもそも風邪を敵だと思って戦うのがいけない。実際、私も、
12月に早めに風邪ひいておいたので、1月、2月は元気で、
かつてない程、パワフルでした。体が整えられ、抗体もある。

なんか経験上、1月、2月の風邪はヘビーにり、長引くので、
今後も早めの12月にサッ!と、ひとっ風呂、浴びるように、
積極的に風邪をひきたいと思う。ワクチンより、ずっといい。

これはナンパにおける失恋なんかも一緒で、フラれるの怖い!
と自分を守り、逃げまくっていると、いざ失恋した時はもう、
ズルズルと引きずり、余計な事をして後遺症も残ってしまう。

(でも前のめりで積極的に動いて失恋するなら、すぐ回復!)

posted by 家元 at 08:02| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする