2021年02月18日

ネット情報はウイルスのように忍び込む

artificial-intelligence-4550606__340.jpg


かなり昔に、こんなウソ広告を出したことがあるのだが、この時、
ガチで問い合わせしてきた者が、何人もいたことには驚きました。
だって「老女が」とか書いてんのに信じられない!ビックリです。

おそらく、まともに読んでないんでしょう。でも今、こんな戯言
を書いても飛びつく人はいない。人々の情報リテラシーは格段に、
上がったと思いたいのですが、コロナ騒動を見たら、首を傾げる。

結果、大衆は相変わらず騙されやすく、どうしようもないんだと、
これまたビックリしました。でも、そういう自分は情報に対して、
真実を読み取り、したたかに使いこなしてるか?というと怪しい。


例えば先日、あるナンパ修行者がツーリング中に、偶然出会った、
バイカーの女と楽しく会話した後、なぜか押すことが出来ないで、
そのまま逃げてしまい、大後悔した!という報告をもらいました。

彼は普段、自由に声かけれる実力者ですが、その直前に何げなく、
「バイカーの女は少ないので、よくナンパされるため、ナンパに、
ウンザリしている」という動画を見てしまい、遠慮してしまった。

もし、そんなの知らなかったら、普通にスムーズに連絡先交換を、
切り出していたはずなのに、無意識に迷惑かもしれないと思って、
瞬間的にやめてしまったのです。これが情報ウイルスの怖さです。


もちろん、私にも経験があります。先日、楽しく会話していたら、
ふと、その女が二重マスクであることに気づきました。その途端、
コロナを気にしてるんだ?と思い、急に腰が引けて遠慮モードに。

また同時に、二重マスクなんて無意味なことをするとは、なんて、
しょうもない人だろう!と見下してしまった。それもこれも以前、
二重マスクの情報を読んでいて、意見を刷り込まれていたのです。

そんな情報を知らなかったら、気づいてもなかったかもしれない。
また気づいても「二重にするなんて、あったまいい~!」だとか、
軽く流していたのに情報で汚れると、こうして人と人が分離する。

(混沌とした時代には、逆に知らないパワー、無知の力も重要!)

posted by 家元 at 08:38| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする