2021年02月21日

まずはマスクの幻想から目覚めること

photo-1553136380-a72e2bd822fe.jpg


明らかに、この1年でナンパ修行者の数は減った。ところが逆に、
ナンパされたという女は増えた。今まで声かけれなかったような、
地味な顔の女やオバちゃん世代までがナンパされるようになった。

もちろん、これはマスクのせいである。よく顔が見えなくなって、
男たちも、なかば当てずっぽうで声かけたり、ストライクゾーン
が広がってしまったんだね。これはナンパにとっては、いい変化。

しかし当然のごとく、女がマスクを外したら、コミカルフェイス
がドーン!と表出してガッカリすることは、あまりによくあるし、
その原因は相手ではなく、自分の責任にあることは、間違いない。

勝手に相手を美人と思い込み、イメージを投射してしまっていて、
その幻想が破れただけのことで美化した自分が悪い。だからこそ、
マスクしている女を美化しないことが重要。みんな、ブスと思え。

「うわ!イイ女で無理そう!」なんて感想は、もはやありえない。
マスクしている女は、すべからくブスであり、街からイイ女など、
かき消えてしまった。それ位に思っていれば、声もかけやすいよ。



特に童貞とか、元から女性に幻想を抱きやすい人は気をつけよう。
コロナのマスクによって、それが加速してしまう。なんか前より、
美人が増えたな~、なんて思う人なんかも、考えをただしたまえ。

むしろ下に見るぐらいがちょうどいい。平然と誰にでも、自由に、
声かけれるようになるし、実際にマスクを外して、美人だったら、
やった!もうけもの!と得した気分になれるし、メリットも多い。

それでもマスクをしていると、美人に見えてしまうのは仕方ない。
昔から、スキー場ではゴーグルしてて美女に見えたのに、その後、
普段着で街で会ったらガッカリなんていうのも、よくあったしね。

だから日常でも、マスクしている女を見て、美人だな~と思って、
その後に、彼女がマスクを外した顔を見てはガッカリするという、
マスクバブルが弾ける経験を何度もしたほうがいい。意識的にね。

例えばカフェに居座って、マスクで入ってくる女が席に着いた後、
マスクを外して飲み出すのを見て幻滅したり、慣れといてもいい。
大事なのは最初から素顔の女を見るのではなく、落差を見ること!

posted by 家元 at 09:02| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする