2021年12月01日

初めて訪れた者へ(ボクが家元だよ!)

iemoto_w1.jpg

ここは独りきりでナンパを極めるためのサイトです。18年目に入りました。
お金もなく、若さもなく、ルックスも武器にならないヒッキーが、ひたすら、
ほぼ無一文でナンパを続けて、女を1億人GETした記録です。(前世を含む)

続きを読む
posted by 家元 at 00:00| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2021年09月21日

「A」が反転して「∀」となった。

photo-1562639916-627ffe5f9539.jpg


最新の『全開チャレンジ』第02号を、お送りしました。
タイトルは「双子作戦と逆転のシナリオ」で、いきなり、
普通のナンパを否定するところから始まる、変化球です。

今回のプログラムは、これまでで最もトリッキーですが、
求めているのは目先の面白さではなく、根本的な大逆転。
そのために、ずっと隠していた秘術を全部、公開します。

全てをやりきった時、全てが逆さまになる、人生の奇跡
というやつを、あますところなく、描き切りたいという、
強烈な情熱でもって、私は前進していく所存であります。

そして、そんな決意を込めて、さらにプログラムの名前
を変更しました。以前は『全開ミッション:〇(EN)』
でしたが、現在は『全開チャレンジ:∀(スベテ)』に。

この「∀」は数学の記号ですが、始まりの「A」が反転
することで「∀(スベテ)」になる、という意味であり、
終止符を打つにはピッタリなので、この名称にしました。

posted by 家元 at 08:30| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2021年09月20日

男と女の危険な綱渡り(イントロ)

Twin_Towers.jpg


これは911事件で崩壊した、ワールド・トレード・センターのツインビルです。

この秋のプログラムの第1号は、この二つのビルの間を綱渡りした男の話から、
始まりました。彼は実際にツインビルの屋上にワイヤーを張って、命綱ナシで、
風が吹きすさぶ中、400メートルの上空を歩いた。もちろん、落ちたら死ぬ。

この挑戦をナンパの象徴として扱いました。二つのビルを男と女として見立て、
その間を綱渡りするように、男側から女側へと進んでいく。とんでもない高み、
失敗したら確実に死ぬ恐怖を乗り越え、バランス感覚を研ぎ澄ませて進みます。

それがナンパを極めること。「最高の女、最高の方法、最高のドラマ」を求め、
いざ行かん!という、武者震いするような始まりです。しかし、このビル自体、
最終的には911事件によって爆破され、全壊します。それもまた、象徴ですね。

今回のプログラムのタイトルは『全開チャレンジ』ですが、自分を全開にする、
全ての可能性をオープンにするためには、古きものは全て壊れないといけない。
つまり「全開」とは「全壊」と表裏一体。だから、震えあがる程、おっかない。



それでも諸君には、勇気を持って進んでほしい。別に最初から、大きなことに、
挑戦しようとする必要もなく、真のチャレンジは、どんな小さなことだろうと、
「チェンジ」することです。とにかく変えます。やったことのないことをやる。

だから、この秋は、これまでやろうとして、やらなかったことを、全て残らず、
やってみるのがミッション。これは人によってバラバラなので、各自が書いて、
リストを1つ1つ潰していってください。全てをやりきれば、スッキリします。

たとえ大きな成果がなかったとしても、全ての扉を開けば、清々しいラストが、
必ず待っています。やはり多くの人は、全ての可能性を開くことをせず、ただ、
自分には合わないとか、変な思い込みで、がんじがらめになり、動けてません。

他者から見れば、ハッキリわかるのに、どうしても自分で自分は把握できない。
だからこそリストに書き出して、片っ端からヤケクソで、やっつけていく位が、
ちょうどいい。完全に我を忘れるのがコツで、それが真のナンパ師であります。

そして、このサイトは、そんなチャレンジャーのために、存在しているのです。

posted by 家元 at 08:57| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2021年09月19日

この秋は「チャレンジ」をメインにします。

zzzzzz.jpg


今月に始まった、最後のプログラムのタイトル『全開ミッション』を、
あらためて『全開チャレンジ』に変更しました。というのも、今回は、
家元がミッションを出すというより、各自のチャレンジがテーマです。

もう最後なので、これまでやろうと思っていたことを全てやってみる。
あたかも余命宣告された患者が、死ぬまでにやりたかった事のリスト
を書き出して、全てやりきり、悔いを残さないように死ぬかのごとく。

とにかく、やり残しがないように、すべてを試して、たとえダメでも、
自分はやりきった!と、清々しい顔でナンパを後にしてほしいですね。
そのために、これでもか、これでもかと、新しい方法を紹介していく。

それを全部マネしろなんて言いません。自分なりに新しいチャレンジ
をしたのなら、それで万々歳。プログラムでは、むしろ無意識の変容
を狙います。そこまでやっていいのか!という驚きや固定観念の破壊。

家元の10年間の狂気的な試行錯誤から何かを感じとり、これまでで、
最も全開のパワーを出すキッカケとなってもらえれば幸いです。別に、
ナンパ以外でも構いません。新たな挑戦に飛び込む人間を応援します!

posted by 家元 at 08:24| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2021年09月18日

「不安」があるなら、その道は正しい。

photo-1566901325665-a2cd71bcc2e2.jpg


どうですか?現在、人生に不安がありますか?もちろん家元はあります。
そして不安があるからこそ、目をキラキラさせて、生命力が上がってる。
まさに不安、バンザイ!これだけが新しい世界へと連れていってくれる。

たんなる惰性で同じ繰り返しを続けていても安定するが、心は死にます。
ちょっとした喜び程度なら、安定した中でも享受できるが、そんなのは、
ただの慰めみたいなもの。あなたの魂は、もっと深い変化を求めている。

ここ最近、ナンパの3つの段階を「A」「B」「C」で表しました。これを
英語の頭文字とすると「ATTACK」「BREAK」「CHALLENGE」となる。


1「A」:ATTACK

2「B」:BREAK

3「C」:CHALLENGE


まず第1の「ATTACK」は、同じ事を繰り返して安定させる初期の段階。
いわゆる型稽古です。ここには感情は不要。ノイズになるので、単純に、
身体の動きを重視し、武術のように無意識で声かけていけるようにする。

つづく第2の「BREAK」は壊すという意味ではなく、打ち解けることで、
アイスブレイクという言葉が、氷を溶かす意味があるように、初対面の、
緊張をとかすこと。ここで初めてポジな感情を出す。好意や笑いも使う。

そうして声かけに慣れ、好意を伝えたり、笑わせたり、感じのいい会話
が出来るようなったら、それで充分のような気がしますが、この程度で
満足してたら、つまらない。というよりも大抵は「いい人」どまりです。

そこで次は第3の「CHALLENGE」に進みます。これは文字通り、挑戦。
自分がやったことないこと、抵抗を感じることを、前のめりでやります。
この時、出てくるのが不安です。これ、大丈夫か?と、ビビッてしまう。

おっかなびっくり、続けてみても、どうにも確信は得られず、あたかも、
闇の中を手探りで進んでいるかのよう。しかし、そんな不安な道こそが、
あなただけの正しい道であり、奥深くからチャレンジしている証拠です。

(だから『全開ミッション』では、過去のナンパを全否定していきます)

posted by 家元 at 08:45| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2021年09月17日

ナンパのホップ・ステップ・ジャンプ

tripple.jpg


これまでナンパの第1、第2、第3段階の流れを「A」「B」「C」
で表しましたが、これは要するにホップ・ステップ・ジャンプです。

まず「A」で声かけて、次から次へと女をカットして切り捨てていき、
「B」で会話を流して、こちらの要求を伝え、「C」で夢中になって、
会話を盛り上げる。これを「拒否」「要求」「夢中」と表しました。

もっと分かりやすくいうと、「決断力」「肯定力」「未知力」です。
決断するというのは、それ以外の選択肢を否定することで、要求は、
肯定することであり、夢中になるには未知なる挑戦があるからこそ。

自分を超越するような新しい革命を起こすには、すでに慣れた既知
なんぞ、捨てなくてはいけない。それは怖いけれど、そういう不安、
混乱の中にしか、新たな宝はないので、偶然の闇に飛び込むのです。

そういうわけで、あらためますと、単純に、まず第1が「守り」で、
第2が守りと攻めが半々となる「攻守」で、第3が「攻め」となり、
つまり「既知」から「未知」へと次第に飛び込んでいく流れでした。

(その気が狂いそうな10年間の記録が『全開ミッション』です。)

posted by 家元 at 08:36| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2021年09月16日

ナンパで手に入る第3の力:「C」(夢中)

C.jpg


ナンパの第3段階、会話を盛り上げることは「C」にて表される。

「C」は見ての通り、右横が開いていてオープン型の文字であり、
これまでの「A」や「B」のように閉じているクローズ型ではない。

つまり自分を守ろうとせず、全開になって「夢中」になることで、
相手をそのトランス状態に引きずり込む。これまでは台詞を決め、
冷静だったのを、今度は未知のアドリブで話し、興奮状態に入る。

結局、最後はノウハウがどうだとかの問題ではなく、いかにして、
自分自身が「夢中」になれるか?が勝負を決める。トランス状態
のままに、無我夢中で話しているうちに、なぜか成功してしまう。

意外にも、これは初心者の時にも、よく起こる。慣れてないので、
とにかく開き直って全身をぶつけるしかなくなり、全てが新鮮で、
感情の起伏も激しく、興奮状態に入りやすいから、夢中になれる。



ところが、それは自分でコントロールしたものではなく、次第に、
ナンパに慣れて日常化するにつれて、皮肉にも夢中は消えていく。
あらゆることがパターン化されて、その中に未知は入ってこない。

そこで今度は、わざと自分を不安定にする。何かをプラスすれば、
解決する!と考えず、何かを欠如させ、足りない状態で恐ろしい、
危険を作り出すわけ。そのアンバランスな状態が「C」なんだね。

「C」には安定した直線の軸がなく、しかも横が開いてて自分を
守ろうとしていない。「O(オー)」の場合は、丸く閉じていて、
それで完結しているが、「C」は未完であり、満たされていない。

実は「C(シー)」とは「死意(しい)」の意味もあり、根本に、
未知へと飛び込んで死んでやる!という跳躍がある。これこそが、
自分を無我夢中にするポイントで、ナンパ第3の力の源泉である。

(そうして、今いる世界から抜け出すのが『全開ミッション』だ)

posted by 家元 at 08:43| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2021年09月15日

ナンパで手に入る第2の力:「B」(要求)

B.jpg


ナンパの第2段階、会話を流すことは「B」の一文字で表される。

まず縦に伸びる、まっすぐの1本線が自分の要求を表現すること。
ナンパの初期段階でいうなら、店に誘ったり、連絡先を聞いたり、
手をつないだりと、相手に何かを求めるために提案していく台詞。

そして、そのために、あらかじめ目的に沿ってトークを組み立て、
相手を誘導しようとする。ところが通常は1本線でいけるような、
そんなシンプルにはいかない。相手は、こちらの要求を拒否する。

そこで相手の立場に立って、相手を全肯定していく。そうすると、
相手の緊張が緩和し、会話も流れる。その柔軟な柔らかい動きが、
「B」の字の横についている二つの半円であり、縦軸とのセット。



ナンパでは、常に短時間で真っすぐ突き進めばいいものでもない。

真っすぐの1本線の「要求」から、会話が横道にそれても大丈夫。
しばらくして、また自分の要求の本軸に戻せばいいだけ。そんな、
半分は相手任せのアドリブとなるトークが、第二段階の「B」だ。

この「B」は、実はポジの「P」とオシの「O」とも構成されてて、
ポジで好意を伝えて、オシで誘うという、ナンパの基本形である。

よく「B」を見てみると、「P」の下半分に「O」を付けてみれば、
「B」になるように、このポジとオシが合わさることで誘惑できる。

そうして、この「剛と柔」の技を体得するのが、第二段階の修行だ。

posted by 家元 at 15:14| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2021年09月14日

アメリカから来た最強の「使徒」の言葉

usa.png


ようやく『全開ミッション』の第1号を配信することが出来ました。
タイトルは「男と女の綱渡り(最高峰へ)」となり、911事件から
始まった最初のプログラムは、アメリカで大成功した使徒が登場する。

そんな自分のパワーを全開で生きてきた彼女の言葉は芯をついてます。
「多くの日本人はイヤなことをイヤと言えない」という、まさに周囲
の空気に流されやすい、拒否権を放棄している奴隷のことを言ってる。

「欲しいものは欲しいって言った方がいい。そのうち、なくなるから」
という言葉も、まさにその通り!あたかも彼女はナンパの第1段階と、
第2段階のことを指してます。第1が「拒否」で第2が「要求」です。

つまり「拒否」ができない、主権のない男には「要求」する権利など、
ありません。だから、まずは第1の「A」という拒否する力を鍛えて、
しっかりと自立することから始める。つべこべ言わず、声をかけよう!

(カモ~ン!)
posted by 家元 at 08:52| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2021年09月13日

ナンパで手に入る第1の力:「A」(拒否)

A.jpg


ナンパの第1段階、声をかけることは「A」の一文字で表される。

まず横にある、斜め線の二本は、時間軸と空間軸であり、それが、
交わる先の鋭角が「今」である。その1点に現れた女に声かける。

そして「A」の中にある横の一本の線は「マイナス」の意味をもち、
拒否すること、カットすることを示している。いわゆる拒否権だ。

つまり声かけることは、なんとかして仲良くなろうと頑張ったり、
相手に肯定的に働きかけることではない。むしろ切り捨てること。

なぜなら圧倒的多数が、あなたとは縁のない、どうでもいい女で、
彼女たちの冷たい反応に、いちいち向き合っていると、たちまち、
傷ついてボロボロになる。ゆえに自分を守るために拒否しまくる。



ただし、この拒否するタイミングは状況によって変える。例えば、
東京や大阪などの大都市では、冷たい反応が多いので、短時間の、
数秒でカットしてもいい。いくらでも他に替わりはいるのだから。

一方で地方都市になると、女たちの人数は少ないが、反応は良く
なるため、もっと話してからカットする。そうやってカットする
秒数の上がり下がりのことを「CT値」と呼び、相手でも変える。

好きなタイプなら、多少粘ってみたりするし、また自分の調子が、
あまりに悪い場合は「CT値」を最低値の2秒にして、片っ端から、
声をかけまくり、すぐにカットしては、反応が最良の相手を選ぶ。

そうして自分の免疫力によって、女の冷たい反応への耐性と相談
しながら、「CT値」を決めていこう。とにかく自分を守ることが、
最大のポイントであり、決して女達に主権を奪われてはいけない。

(ついに本格始動!今夜は『全開ミッション』の第1号が配信!)

posted by 家元 at 08:26| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2021年09月12日

「拒否剣(きょひけん)」を持っているか?

katana3.png


今のウソまみれのコロナ時代は、ただ周りに流されていると命取りである。
何でもないウイルスを怖いと思わされ、よくわからない毒物を注射される
はめに陥る。どこかおかしいと感じても、周囲の同調圧力には逆らえない。

そこで必要になってくるのが拒否する力である。常識や周囲とか関係なく、
イヤなものはイヤと瞬時に斬り捨てる。これは簡単なようで非常に難しい。
試しにナンパしてごらん。100人に声かけてごらん。ボロボロになるよ。

なぜ女たちに冷たい反応されると傷つくかというと、あなたは自分自身に
主権がないから。すべて周囲という外部に主権を奪われてるんだ。例えば、
声かけた女に無視されると、君は自分が拒否されたと感じて凹んだりする。

もうこの時点で、君に主権はない。相手の女がご主人様で偉いので、君は、
その偉い人から拒否されたんだね。ところが自分に主権があると、そんな、
無愛想な女は好きじゃないのでズバッ!とカットできる。自分が拒否する。

いいかい?これは天と地の差だよ。すべての女に対し、拒否するのは自分!
無視したり、意地悪なことを言ってきたり、不快な女と、それ以上、一緒
にいるのはイヤだろう?そう感じたら、自分が拒否する。それだけの話だ。



これは別に発想の転換ではない。頭でそう考えようとしてもムリ。実際に、
声をかけまくって泥だらけになりながら掴むんだ。ふと気を抜くと、すぐ、
うわ~!女に拒否された!とか、誰にも相手にされねぇ~!と、落ち込む。

その時点で、主権を他者に譲り渡してることに気づこう。つまり主権とは、
拒否権のことで、自立した人間は誰しも、拒否する権利を持っているわけ。
ただ、この拒否権はスキを見せると、すぐ奪われてしまう。自分から渡す。

特に好きなタイプなんかに当たると、「ぼくを評価して~!認めてよ~!」
と拒否されることを恐れる。そんな相手の反応なんて知ったこっちゃない。
こちらが不快に感じるような反応をしたら、こちらから、すぐ切り捨てる。

そうやって、すべからく自分中心にしないといけない。これが自分を守る、
最強の極意であり、出来ている人は、ごくわずか。それだけ拒否権は普段、
意識して磨かないと、たちまち鈍って、あたかも剣のように、刃もかける。

だから声をかけることで、「拒否剣(きょひけん)」の刃を研ぎ澄まそう。
常に、自分に主権ありの精神をよみがえらすんだ。そうしないと、無様に、
「モテない」と嘆く、奴隷に成り下がる。彼は拒否剣を持たない、家畜だ。

(いよいよ明日より『全開ミッション』が本格始動!第1号の配信です!)

posted by 家元 at 08:43| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2021年09月11日

やる気を出すには「デッドエンド」も使える。

time-2373652__340.jpg


まともな人は、たんに女の尻を追っかけるだけでは、すぐにやる気を失います。
あたかもハムスターが輪っかの中を走ってるかのように、同じ場所から動かず、
アホらしく感じるからです。特に長年、ズルズル続けた者は心底ウンザリする。

そこで起爆剤として『ブラックミッション』の催眠術に挑戦します。これがね、
最初は新鮮で面白くてしょうがない!停滞していた私も、ついハマってしまい、
毎日300人に声かけていました。もっと探究したい!という内なる要求です。

この時は、どんな美女でも、催眠にかかりにくいと分かった途端、興味ゼロに
なるほど、頭の中は「催眠」一色でしたね。しかし、それも三カ月でマスター
した後には、一気に興味を失くしました。急に盛り上がったものは続きません。

一方で『極秘ミッション』のスタンド能力は、すぐにマスターできるものでは
ないため、ジワジワと長く興味は続きました。明らかに心身も変わり、自然体
になっていった。ただし闇の中を歩くようなもので、何度も挫折したものです。

それでも目覚める時は一気に開けるため、感動は凄まじかった。世界が変わる。
私がここまで長い間、ナンパを続けられたのは、まさに「Z」で、これナシに、
普通にナンパしてる人達は、あまりに原始的な旧世代にしか見えず、可哀そう。



それと、お笑いの研究もナンパを続ける力になりました。いろんな台詞やネタ
を試したり思いついたり、少しでもトークを目新しくして飽きないようにした。
しかしコロナになって、このお笑いの研究はバカらしくなり、全て辞めました。

だって女たちはマスクして、笑顔が見れない!凝った台詞も伝わりづらくなり、
得意としていた初期のお笑いトークが弱くなったので捨てたのです。それでも、
このムカつくコロナ時代は、ナンパに対して、やる気をパワーアップさせます。

あまりにウソばかりで、デマにより生命力を落とそうとするテロリストに対し、
ふつふつと怒りが湧いてくる。この反骨心はナンパに使えます。しかもさらに、
今後、このコロナ詐欺によって、もっと息苦しい時代になることは確定してる。

10月から限定的にワクチンパスポートが運用され、11月には本格化していって、
ワクチン打っていない自然児たちは、飲食店や映画館などにも入れなくなるし、
冬には再び、感染爆発が過剰に演出され、ようやくガチのロックダウンに入る。

もちろん、これは悲観的な予想です。しかし、こう考えることで、今を生きる!
今しかチャンスはない!と燃え上がれる。デッドエンド(締め切り)があると、
内なる要求は高まるのです。だから最終的には「死」を意識するのが1番いい。

(『全開ミッション』では、声かけないと死ぬ!という究極の手段も使います)

posted by 家元 at 08:43| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2021年09月10日

「内なる要求」こそ、全ての結果を決める。

man-3338109__340.jpg


先月、私は体調を崩して寝込みましたが、回復した後、リハビリのために、
ウォーキングから始めました。人間の体は少し寝込んだだけで、たちまち、
筋力が弱ります。私も、ちょっと近所を歩くだけで疲れてギブアップです。

なので毎日ちょっとずつ、1キロ、2キロと距離を増やしていこうと考え、
やってみたのですが、すぐに挫折。歩くのなんて面倒くさくて外に出ない。
ところが、ちょうどその時、かつて好きだったアーティストにハマります。

そこで彼らのCDを再び買おうと思い、ブックオフに通いました。少しずつ、
買い集めているうちに全部、揃えたくなり、都内のブックオフをほとんど、
探索することになったのです。これでメチャクチャ歩きまわることになる。

もちろんアマゾンで買えば、もっと簡単に安く手に入ることは知ってます。
けれども、そうやって体を動かして、わざわざブックオフを探し、偶然に、
欲しいCDを見つけて喜んだり、何もなくてガッカリしたりすることが大事。

どこにあるか分からないという不安定さの中でこそ、面白くなって探して、
夢中で歩き回った1週間後、気づいたら私は強靭な足腰を手に入れており、
リハビリを達成していました。よくもまぁ、あれだけ歩きまくれたと感心!



こうして何か欲しいものがある時、内なる要求が働いて、人間は動けます。
たんに1キロ、2キロと数値を増やして歩こうなんて考えても、そこには、
ノルマがあるだけで、内なる要求はなく、ものすごく億劫になってしまう。

これはナンパも同じで、たんに声かけ数を10人、20人に増やしていく、
なんて決意しても、なかなか難しい。しかし女に対して、可愛い!だとか、
やりたい!という内なる要求があれば、街に出て歩き回り活動的になれる。

ところが、この内なる要求はナンパを続けていくうちに、殺されてしまう。
特に全然うまくいかないまま月日がたつと、もうムリと、やる気を失くし、
女を見ても、むしろストレスを感じ、内なる要求は出てこなくなるんです。

またはナンパに飽きた者も、単純に女を見たら、いいなとは思うのですが、
実際に声かけるのは面倒くさくなる。同じパターンの繰り返しとウンザリ。
もう余程の相手じゃないと話したくないわ、とか思ったり、停滞しまくる。

こうして内なる要求は意外な程、簡単に殺されてしまう。だから、たんに、
女を追うことだけでは続かなくなり、他の要素を取り入れ、開発したりと、
工夫します。そして他者から奪われないよう、自分で守らないといけない。

(『全開ミッション』では、内なる要求の枯渇によるスランプも扱います)

posted by 家元 at 09:54| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2021年09月09日

月の属性 VS 太陽の属性

photo-1574388628724-c8319d449336.jpg


女たちは「月」の影響をかなり受けている。月が地球に近づいたり、
遠ざかったりするのに合わせて、身体が周期的に変動しているのだ。

これを「月経」と呼び、いわゆる生理のこと。女の体は、月の周期の
4週間ごとに変化する。それは主に骨盤に現れる。ビックリするほど、
この1カ月で骨盤が閉じたり、開いたりする。男なんて全然動かない。

よく女は一流シェフになれないと言うが、そうやって体が変わるので、
味覚まで日によって変わり、常に一定の味を出せないから。もちろん、
そこまで体が変わるのだから、心も変わる。女心の変わりやすさだね。

そうして女は「月」の影響を受ける。「月」とは不安定の象徴であり、
彼女たちが急に心を閉じたり、怒ったり、泣いたりと、予想できない
変動を見せるのも仕方ない。なんせ、女は「月」の属性を持つ生き物。

一方、男たちは「太陽」の属性を持つ生き物である。こちらは安定し、
思う存分、自分のパワーを放出することができるので、女から見ると、
頼もしく感じたり、逆に単細胞なバカにも思える。男はそういう存在。



ただし「太陽」だって、曇りで隠れたり、雨が降ったりと、不安定な
要素があるように、男にも一定のバイオリズムがある。生命力が強い、
高潮の時期もあれば、生命力の弱い低潮の時期もあり、変動している。

これは女ほどハッキリしていないので、わかりづらいが、もう確実に、
円を描くように変化しているため、感覚的に捉えることが大事。要は、
その自分の調子のリズムに合わせて、ナンパ活動もやっていくことだ。

よく初心者の人が「よ~し!1日に10人ずつ、声かけ数を増やせば、
1カ月後は300人になるぞ!」と計画するが、それは必ず挫折する。
そんな頭で考えた、単純で直線的な成長など、絶対にありえないから。

長期的に見ると、この世に直線など存在しない。たとえば、ひたすら、
直線を伸ばしていくと、地球を一周して「円」になる。惑星も銀河も、
すべてが回転して、円運動をしている。この大宇宙は「円」にて構成。

だから我々の戦いも、たんに1日やってダメだったから挫折といった、
単純な話ではなく、常に満ちたり、引いたりしている「円」のリズム
の中でやっていかなくてはいけない。まずこれが最初のメッセージだ。

(ゆえに『全開ミッション』の副題も、最も伝えたい「EN」となった)

posted by 家元 at 08:48| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2021年09月08日

意外にも、コロナこそが救世主だった。

corona.jpg


もちろんコロナによって、ナンパは大打撃を受けた。マスクしろ!距離をとれ!
早く帰れ!自粛しろ!と、男と女を分断させようとする力が大きく働いたから。
これで、もはやナンパなんかやってられない!と辞める人も続出してしまった。

しかし逆に、社会から圧力をかけられることで初めて、ナンパしたるわい!と、
反骨精神を刺激された者が立ち上がり、今までにない覚醒を起こしたりもした。
それまで全然ダメだった者が、毎月10人GETしたりと、大フィーバーとなる。

また、それとは逆に、この人と人との分断の時代には、1人の信頼できる女が、
最も大切だ!と目覚めて、恋人を作る男も増えた。いずれにせよコロナ騒動は、
多くの男たちに変化を与えている。そのポイントは「抑圧」と「自立」である。

まず、かつてない抑圧を与えられたことで、怒りやショックを受け、目覚めた。
さらに、この大きな社会変化は一体、何なんだ?と自分でも、いろいろ調べて、
コロナ騒動の事実を知ることになり、専門家やマスコミなどのウソがわかった。

つまり他者の言うことが、あまりに信用できないので、自分で調べて、自分で、
決めないと生きていけない!と腹の底から、確信したのだった。これは大きい。
今まで流されて生きるだけの弱者が目覚め、自分の中心を取り戻したのである。



よって、このサイトでは、コロナを救世主のように扱いたい。ハッキリいって、
コロナ騒動のおかげで、ナンパというものを本当に掴めたと思う。まさに最後、
何か足りなかった部分を補ってくれるための起爆剤になってくれた。大感謝だ。

ちょうど、ここ数年は見えない力をテーマにしていたし、見えないウイルスも、
見えないゆえの恐怖も、ちょうど、このテーマに含まれる。しかもコロナとは、
もともとの意味は「太陽の光冠」から来ている。これは太陽の外気の最も外側。

明るさが太陽の表面の100分の1しかないので、ふだんは見ることができないが、
皆既日食の時だけ、太陽の周りに白く輝くように見える。このコロナはなぜか、
外側にいけばいくほど熱くなる。普通は温度は低くなるはずなのに逆転してる。

この科学的に謎だらけのコロナは、まさにナンパの逆転の象徴としてピッタリ。
また以前より、このサイトでは万博の太陽の塔をナンパ師の象徴として偶像化
してきたのだが、あの堂々と自立した建造物に、さらにコロナも加えてみたい。

つまり本物の太陽も守り神として、参拝する対象に加える。かつては太陽の塔と
「月」を祈りの対象にしていた。最後は「太陽」がそれに代わる。生命の源は、
やはり太陽であり、人は日々、あの莫大なエネルギーによって生かされている。

(さぁ解放せよ!統合せよ!爆発せよ!『全開ミッション』はコロナがメイン)

posted by 家元 at 09:05| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2021年09月07日

最後の「戦闘モード」に入りました。

zzzzzz.jpg


昨夜、諸君に「ストリンピック開会式」のメールを配信しました。

これは『全開ミッション:○(EN)』のイントロダクションです。

もし、まだ届いていない方は一言、ご連絡ください。再送します。


なお、これにて、このサイトも平常モードから戦闘モードに入る。

「ストリンピック」とかいっても、やはりナンパはスポーツより、

戦争に近い、ルール無用のゲリラ戦です。心して、かかるように!

posted by 家元 at 08:12| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2021年09月06日

それでは「ストリンピック」を始めます!

!cid_0E14B605-D0B1-47B6-80E8-61D3F13EA033@zaq_ne1.gif


ようやくパラリンピックが終わりました。そして本日より、ストリンピックです。

これは、オリンピック ⇒ パラリンピック ⇒ ストリンピックという流れで、

とり行われる平和の祭典ですが、中でも、ストリンピックは最も盛り上がります。

ちなみに、あまり聞き慣れてない「ストリンピック」の意味は、以下の3つです。


1、ストリート

2、ストリップ

3、ストーリー


まず1つめの「ストリート」は路上を意味します。ストリンピックの競技場は路上、
または店内など、公の場所の全てが舞台。いつでもどこでも自由に競技が行われる。
なおスポーツする者をアスリートと呼ぶように、ナンパする者もストリートと呼ぶ。

そして2つめの「ストリップ」とは服を脱ぐこと。これは女の服を脱がすためには、
心を開かせる必要があるので、まず自分から心の服を脱いでいかなくてはいけない。
それがストリップの意味であり、興奮してトランスに入る「トリップ」も意味する。

そうして路上で出会いを重ねるにつれ、自分独自の「ストーリー」が生まれていく。
いわゆるドラマ。これが三番目の意味となり、このストリンピックでは、できれば、
アッと驚くような大金星(金メダル)をあげてほしい。そうすれば、より感動的だ。

(では、本日より『全開ミッション』をスタートします。まず今夜は開会式です!)

posted by 家元 at 09:13| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2021年09月05日

ブラックホールからホワイトホールへ

five1.jpg


これまで多くのナンパ音声プログラムを作ってきました。まず基本なのが、
五輪プログラム」で、これは多くの女をGETするためのナンパ入門編で、
その反対に「脱出プログラム」は、1人の最高の彼女を口説き落とす内容。

そして本来は、ここで彼女と結婚して終わるつもりだったんですが、結局、
東日本大震災が起きて、人間はいつ死ぬかわからない!とショックを受け、
まだナンパをやり続ける!と別れて、ひたすら極めることを決意しました。

このストイックな修行も最初こそ調子よかったのですが、理想が高すぎて、
次第に停滞し、ドロ沼化していき、最終的にはコロナ騒動で大逆転します。
その10年間の記録や発見したノウハウが、以下の4つのプログラムです。


1、『ブラックミッション』:まず入口はキャッチーな催眠術から入る。

2、『ホワイトミッション』:無意識の領域を知った後は、自己催眠へ。

3、『極秘ミッション』:内面の世界を敏感に開発した後、スタンドへ。

4、『最終ミッション』:目覚めた力をすぐに使っていく具体的な方法。


これらは、それぞれ10号ずつで構成されてて、合わせて全40号となり、
明日から始まる『全開ミッション』の10号を合わせると、全50号です。
つまり5つのプログラムを統合することで、1つのプログラムとなります。

そして、実はこれが「脱出プログラム」の全50号の続編でもありますし、
「五輪プログラム」の全50号のパワーアップ版でもあります。そうして、
今回の最終作にて、50号・50号・50号が揃い、完結となるわけです。


では、『全開ミッション』は、どういう内容になるかというと、テーマは、
ナンパの終わらせ方です。特に、ズルズルと長く続けていたり、いまだに、
ナンパに未練がある人に対し、ズバッ!と引導を渡す役目になるでしょう。

例えば『ブラックミッション』で、家元が内面のブラックホールに突入し、
悟りを開くシーンがありましたが、あれはあくまでも内宇宙のゴールです。
最期の『全開ミッション』では、今度は実際の外面世界のゴールを目指す。

要するにブラックホールには理論上、ホワイトホールという出口があって、
そんな幻の出口を信じ、さらに激しくナンパを探究していったわけですね。
今回のプログラムでは、ここで発見したノウハウと意外な出口を扱います。

(それでは明日より、開始いたします!)

posted by 家元 at 09:48| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2021年09月04日

思ってたんと違う~!(そんな2021年の夏)

E-SDRFiVQAA4VEq.jpg


これでは話が違うよ。私は自然主義者なので、ワクチンなんて打たないから、
世の中、あんなにも平気でワクチン打つ人がいるんだと驚いていた。どこか、
みんな騙されて可哀そうだが、それでも自粛が解けるならいいかとも思った。

大勢がワクチン打てば、マスクもしなくてよくなり、飲食店もフルオープン
になるのだったら、副作用による犠牲者も仕方ないか、と涙を飲んだのだが、
フタを開ければ、ワクチンを打ったら陽性者は激増し、さらに厳しくなった。

そりゃないわ。コロナは怖いぞと騙すんだったら、もうちょっとしっかりと、
ワクチンの方はやってくれよ!全然効果ないやんけ!例えばグラフの上部は、
イスラエルの感染者数だが、効果あったのは3カ月だけで、その後は激増だ。

夏なのに冬のピークを遥かに超えて、死人も出まくっている。結局、これは、
抗がん剤などと同じで、一時的に薬剤で抑圧しても、その反動でもっと強毒
になるだけという話。だから、むしろワクチンは逆効果で被害を大きくする。

例えばグラフの下部は、アフリカでワクチンを多く打った国と、少ない国の
比較だが、打っていない国は去年の日本のように、ずーっと、さざ波なのに、
多く打った国はドーン!と増えている。これは世界中で見られる現象なんだ。



こうなると日本でも、世界で1番早くワクチンを打ちまくったイスラエルと、
同じような現象が起こるかもしれない。現在は、まだワクチン効果があるが、
ちょうど、それが切れるのが冬であり、その時、たくさん死ぬ可能性がある。

もし死なないにしても、感染者数はドーン!と上がり、今度はさらに厳重に、
自粛生活が強いられるかもしれない。欧米みたいに日本も、コロナは風邪と、
割り切ってオープンな生活に戻せればいいのだが、過剰に慎重なので難しい。

そうなると、最もナンパしやすいのは、この秋しかない。ちょうど感染者数
もピークアウトして下がってきているので、女達も緩んできてるし、やっと、
飲食店の自粛も解けて、普通に遊べるようになり、ナンパ天国になるだろう。

そして何よりも、暑さが終わる。ハッキリいって、あのクソ暑い中でマスク
しながらナンパするのはアホらしかった。私も、ようやくノーマスク時代に
戻れると期待していたのが裏切られたのもあって、ナンパするのを止めたよ。

それでオリンピックを観たり、デートしまくったり、自然治癒力の研究して、
ノンビリすごした。おかげで新しいアイデアも浮かんだし、いい充電期間に
なったので、これで良かったと思ってる。物事にはタイミングがあるからね。

(そういうわけで機が熟したので『全開ミッション』を二日後に始めます!)

posted by 家元 at 10:41| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2021年09月03日

ナンパが禁止になる時代が近づいている。

hacker-1952027__340.jpg


ついに親がワクチンを打ってしまった。ずっと反対していたが、やはり難しいね。
なんたって現時点で、すでに48%が二回打っていて、テレビでも連日、コロナ
が怖い!救急車が呼べない!と脅しているし、普通の高齢者は、騙されてしまう。

しかし、ここまで根強くコロナ騒動が長引き、ひどくなっていくとは意外だった。
この夏は出来るだけマスクしないで歩き、電車に乗っていたのだが、冬の時より、
明らかに白い目で見られることが増えたし、ノーマスクの人も減ってしまってた。

あんな暑い中で、全員がマスクして歩いてるのは信じられない。あんなに副反応
が異常なほどに出ているものを、あれだけの人が平気で打つのも、信じられない。
自分の体の快を無視し、ただ頭でっかちに、みんながやってるからと流されてる。

私はコロナ騒動に対しては楽観的だったのだが、こりゃ行くとこまで行くのでは?
と気持ちをあらためた。というのも現在のイスラエルが感染者数で世界1位になり、
死者もメチャクチャ増えているので、これが日本に起こるんじゃないか?と思う。

ワクチンの効き目は短いだけでなく、効果を失うと、打ってない人よりも、なぜか、
死にやすくなる。これがちょうど今年の冬にあたるので、その時、日本は、またも、
過剰反応するのでは?そして、それをキッカケにガチガチの監視国家へと突き進む。



おそらく、もうすぐナンパは禁止されるだろう。まず路上飲みなどが取り締まられ、
感染対策を名目に、飲食店の客引きなども、より厳重に処罰されるようになるんだ。
これが、知らない人に声をかけるのが禁止という条例で、ここにナンパが含まれる。

まぁ来年、そこまでいかないにしても、ワクチンパスポートは義務化されるだろう。
そうなると店に連れ出すことも、やりにくくなる。たとえ自分がワクチン打っても、
女側が打っていなければ、一緒に入れないし、映画館などのデートも出来なくなる。

だから私は1億円もらっても、前科がついてもワクチンは打たないので、こういう、
遊戯施設には一生、行けなくなることを見越して、この夏は遊びまくって、デート
しまくっていた。恥ずかしながら、女に全部払わせていたが、なかなかいいものだ。

12年ぶりにジェットコースターに乗ったり、グルメツアーしたり、普通の男女が、
よくやるベタなことを楽しんだ。これも今後、出来なくなると思うと、感動も倍増!
どこか、はかなさもあり、なんか青春してるな~、と思えるので諸君にもおススメ。

しかし、もっと青春のたぎる炎を全身に感じとれるのは、やはりナンパだ。これも、
今後、できなくなる貴重な経験になるため、今までとは、また違った気合が入るし、
最高の結果も出やすくなる。まさに厳しくなる前の、この秋こそが最期のチャンス。

(なお貴君の心身をフルパワーに爆発させる『全開ミッション』は3日後に開幕!)

posted by 家元 at 11:08| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする