2016年10月31日

実は、声かけ数なんて、どうでもいい!

4space.jpg



前回、10万人に声かけてみた感想を書きましたが、ちょっと、ここで補足です。

まず10万人という人数は、そんなにたいしたことない。1日に100人声かけて、
それが千日ですから、最短で3年でいける程度で、キャリアが長ければいける。

ただ普通は1日に100人もいけないので、これを1日に10人にすると、なんと、
30年間もかかってしまうわけで、多すぎるといえば多すぎる。普通の人は無理!

私は、尋常でないくらい、徹底して研究したので、さっさと10万人以上声かけて
みましたが、ハッキリいって無駄でした。実際は、そんなに声かける必要もなくて、
自らの直感を信じてマイペースでやればいいでしょう。それで女神に会えるはず。

確かに前回は、10万人声かけた時の割合を、以下のように記しました。(再掲載)





1: ポジ子さん(10人のうち1人) 反応のいい女なんて、10分の1程度だ。

2: 超ポジ子さん(百人のうち1人) すごいイイ気分にしてくれる、嬉しい女。

3: 超スーパーポジ子さん(千人のうち1人) 感動してしまう程の貴重な女。

4: 天使(1万人のうち1人) 天にも昇る気持ちにしてくれるような、稀な女。

5: 女神(10万人のうち1人) 神秘的ともいえる運命の人、生涯ナンバー1。






この割合だと、あたかも最高の「女神」に会うまで、10万人声かけなくちゃいけない
ような気がしますが、そんなことはありません。これは声かけ数とは無関係のもの!

例えば、ポジ子さんは10人のうち1人程度ですが、それは街中にいる、10人程度、
無作為にとりあげたら、その中の1人がポジ子さんなだけで、別に、わざわざ全員に
声かけて確かめる必要はありません。慣れてくると、無意識的に、わかってもきます。

だから、いちいち何も感じない人達に声かけて疲れなくていい。超ポジ子さんなんて、
百人のうち1人で、これは学校でいうと、一学年に1人いるかいないか位の逸材です。

それを、学年全部の他の女子に声かけて確かめる必要がない、というのと同じことで、
実際に路上でも、全員に声かけて探すのは、やりすぎです。ある程度、見分けつくし、
無意識的に「声かけろ!」とお呼ばれもある。これを、神秘的なコーリングといいます。

映画『君の名は。』のラストのように、声をかけなくちゃいけない!という瞬間があって、
もしかしたら、それが10万人のうち1人の「女神」かもしれない。それは突如、訪れる。


ただ、コーリングが起こっても、「地蔵」だったら、しょうがない。結局、動けないわけで、
チャンスを逃してしまう。ゆえに声かけ数を増やすべきなのは、そういう地蔵だけです。
出会いを求めるためというより、自由に動けるようになるための、訓練としての声かけ。

また逆に、声かけ数がやたら多いのに、超ポジ子さんにさえ出会えない人もいますが、
彼は、自ら拒否しています。例えば、あまりに魅力を感じて、無意識的にスル―したり、
超ポジ子さんは地味な子もいますから、単純に見逃したりもするし、避けてしまってる。

実際に現れた時でさえ、不思議なことに、会話が成立していても、自分から退きますし、
そんな事を繰り返しながら、「こんなに声かけてるのに全然ダメだ!」と自分を責める。
声かけ数をいくら増やそうが、無意識的に避けているため、何も起こらず、変わらない。

シャイで内気な男は、変化しないことのプロです。でも大丈夫。必ずそれに嫌気がさし、
破壊される時がきますから、とにかく、凹めばいい。いったん死ねば、自由になれます。

そうして自由に動けるようになり、居ついていないのなら、声かけ数など、どうでもよく、
お呼びがくれば、それに応じるのみですね。あぁラクチン。(以上、前回の補足でした。)

posted by fmtbank at 09:14| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2016年10月27日

10万人に声かけて思ったこと

4space3.jpg


もし現在、なかなか結果が出ない!とか、モテない!など悩んでたら、
それは、たんなる勘違い。あまりに強欲で、それが自分を苦しめてる。

特に、シカトされたとか、再会できないと、いちいち嘆く者は、家畜以下。

どうして、声かけた女全員が、あなたを相手にしなくちゃいけないのか?

しかも会話が弾んで、深い性的関係にまで到らなくちゃいけないのか?


女たちは、あなたを無視しまくっていいし、会話なんか弾まないのである。

それが普通なのに、いちいち1人1人の反応に固執し、自傷しているだけ。

実際に、ほとんどの女は、あなたの人生に全く関係なく、影響を与えないし、
たとえGET出来たとしても記憶にさえ残らず、時間の無駄でしかないのだ。

僕も10万人以上に声かけたが、自分の人生に関わるような相手の割合は、
以下の程度でしかなかった。あくまで感覚的だが、これ位に思えばラクだよ。





1: ポジ子さん(10人のうち1人) 反応のいい女なんて、10分の1程度だ。

2: 超ポジ子さん(百人のうち1人) すごいイイ気分にしてくれる、嬉しい女。

3: 超スーパーポジ子さん(千人のうち1人) 感動してしまう程の貴重な女。

4: 天使(1万人のうち1人) 天にも昇る気持ちにしてくれるような、稀な女。

5: 女神(10万人のうち1人) 神秘的ともいえる運命の人、生涯ナンバー1。






まずポジティブな反応の「ポジ子」さんは、10人のうち1人。実際は、もう少し
いるかもしれないが、この程度に考えてればいい。90%は、話すのは無駄だ。

さらに百人に1人は超ポジ子さんで、彼女と関わると、非常に元気になるので、
すぐにわかる。最初は貴重な相手に思うが、結構いるもので、さらにその上の、
千人に1人の「超スーパーポジ子さん」に出会うと、その感動で全てが吹き飛ぶ。

しかし、そのままナンパを続けていくと、突如、1万人のうち1人の「天使」が現れ、
あなたの人生全体にまで衝撃を与える。変革を起こすために使われた女である。

そうして、たまに「天使」と出会って、生まれ変わりながらもナンパを続けていくと、
最終的に、ラスボスとしかいいようがない、10万人のうち1人しかいない「女神」
が降臨する。これは一生忘れることの出来ない強烈な相手で、最高すぎる存在。


ただ注意としては、ナンパ初心者は、出会った相手に過剰反応して、過大評価を
与えがちということ。たんなる10人の1人のポジ子さんでしかないのに、絶対に、
運命の人だ!と固執して、うまくいかないと落ち込んだり、無駄な動揺をしている。

ナンパなんて、全然うまくいかないよと嘆いていても、千人声かけていれば、必ず
「超スーパーポジ子さん」には出会っているはずだ。しかし多くの女に、過大評価
を与えているため、それ以前に、落ち込みまくって、声かけ数も伸びず、自滅する。

そんな無駄なことは今後、やめることだね。ほとんどの女は、人生に無関係であり、
うまくいこうが、いくまいが、時間の無駄。記憶に残らない。最初は過大評価ゆえに
嬉しいけれど、「天使」が現れる頃には全て吹っ飛んでしまう。インパクトが全く違う。

僕も「女神」が現れてからは、それまでの「天使」たちまで、どうでもよくなり、全てが、
ひっくり返った。つまり『脱出プログラム』は、この「女神」に出会うまでの実録だった。

posted by fmtbank at 09:40| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2016年10月25日

時間をかけて、口説くことについて

5kirihanasi.jpg


ようやく、『脱出プログラム』の最新号が配信されました。これ以降は、
もう声かけだとか、ナンパ初期の話は出てきません。ひたすら口説き。

それも、時間をかけて口説くという、難しいトピックス。結局、1回、2回、
再会しただけで口説こうとしてダメだったら、それで終わり、という形は、
ある意味、逃げです。浅いところまでしか行かず、真の実力はつかない。

時間をかければ、かける程、本当の自分が暴かれ、自滅していきますし、
そもそも、そんなに時間をかける価値のある女子など、ほとんどいない。

それでも、これは絶対に、死んでも口説きたい!という相手が現れたら・・。





それに答えるために、この題材を最後に扱いました。時間をかけず、すぐ
GETするナンパの対極にありますが、やはり、こちらが最も大事でしょう。

自分のありとあらゆる能力、パワーの全部を使って、総力戦になるわけで、
これ程、やりがいのある、成長できる機会はありません。この一生に何度、
あるかわからない貴重な戦いを、見事、勝ち抜けるように、応援したかった。

わかりやすいように、まず友達になって、そこから、いかにして影響を与え、
好意を高めて、惚れさせるか?のプロセスや戦略を、芸術的に提示します。


初回の第57号『同志よ!キャラの自由化と解放共同戦線』を聞いてみても、
そんなにピンとこなかったと思いますが、今回は、まずは、ただの前フリです。

たんに打ちとけあって、友達になっていく過程ですが、実は、いろいろ意味や、
後につながる戦略さえ含まれています。それを、ブログでも補足していくので、
参考にしてください。(なお次号は、告白、好意を伝えるコツに関して扱います)

posted by fmtbank at 09:10| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2016年10月23日

それでは、本日より、月へと向かいます。

5moon1.jpg


大変長らくお待たせしました。本日、『脱出プログラム』の最新号を
配信いたします。今回からは、「ジャーニー・トゥー・ムーン」編です。

ちょうど月へ向けて、残りの四つの号を「起・承・転・結」に合わせて、
表現していきます。今回は「起」になりまして、ある提案をしています。

ただ言い足りない部分もあるので、今後は、ブログでも補足していき、
購読されていない方も含めて、何とか解放されるようにしたいですね。

ここは、ナンパに閉じ込められし者や、孤独者のためにあるのだから・・。

posted by fmtbank at 16:05| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2016年10月17日

今後は不定期配信となります。

4kidou4.jpg


配信が遅れて、すみません。もうギブアップです。

今後は、『脱出プログラム』の残りの4号ぶんは、
週刊から不定期配信へ変更させていただきます。

完成次第、次から次へと配信していくスタイルで、
予定では、配信期間も11月まで延長となります。

計画を変更してしまい、申し訳ありませんでした・・。





なお残りの4号は、長期的に口説き落とすための
必勝コンテンツで、私にとっても「卒業論文」です。

やはり、ナンパ教材の最後は、ライバルが多くて、
手強い相手に対しての戦略を実録でやりたかった。

時間をかけて心底惚れさせるための、口説きトーク。


これが、すさまじい大量の会話実録なので、制作に、
時間をかけています。最後は、インスタントではない、
極上のフルコースを味わうように、お楽しみください。

放置していた、このブログも連動させて、フィナーレ
を盛り上げていくつもりです。最後は総力戦ですぜ!

posted by fmtbank at 09:52| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2016年10月03日

ようやく、宇宙へと出ました!

4japan.jpg


ついに地上を離れて、宇宙へと出ました!これも、皆様のおかげです。

長い間、本当に、ありがとうございました。そろそろ最後のケリをつけて、

月へと向かいます。(もちろん、『脱出プログラム』の演出上の話ですが)


なお、すでに役目を終えたので、『脱出プログラム』は、切り離しました。

パズルの答えが明かされた今、もはや意味を失くしてしまったからです。

posted by fmtbank at 15:03| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2016年09月25日

絶望的なスランプ期を脱出するには?

2toside.jpg


誰しも、ずっと停滞する、絶望的なスランプ期というものがありますが、
そこから抜けるための基本構造は簡単です。それは垂直からの平行。

まずは真っすぐ自立する。自己中心的になること。これで安定させます。

ただ、それだけだと独りよがりになるだけなので、続いて、今度は、横に、
つまり平行に相手側へ向かう。相手を中心にして、相手の心に寄り添う。

もうこれだけでOK。コミュニケーションは、こんなにも単純明快なのです。


3kidou1.jpg


これはロケットの発射にも似ています。よく勘違いされがちなのが、たんに、
ロケットは、ただ真っすぐ上に飛ぶだけで、横になんて行かない、ということ。

それは、とんでもない。最初こそ、成層圏へ抜けるために、真っすぐ行くけど、
その後は、地球の自転に沿って、思いっきり横へと、ぶっ飛んでいくわけです。

そこで、第二ブースターを作動させて、大気圏を突破しつつ、軌道に乗ります。

軌道に乗せさえすれば、あとは無重力状態で、一気にラクになる。ここまでが、
本当に大変で、ほとんどのエネルギーを使うのは、この宇宙に出るまででした。


2toside2.jpg


なお、現在配信中の『ナンパ脱出プログラム:第五章(悟)』は、ようやく今週の、
第55号「完全なる盲点!循環して湧き起こる開花」にて宇宙が見えてきました。

これは前回まで、自分の価値を上げようとしていた方向性から、急に相手中心へ、
シフトした途端、第二ブースターが始動し、ついに成功が目前となった内容でした。

これまで、あんなにも長い年月、結果が出ないで苦しんでいた地獄から、たちまち、
天国へと浮上するという、スランプを脱出する時によくある、奇跡のようなお話です。

実は、人は盲点だらけで、なぜか真実に気づけない。気づけば、簡単に成功します。


3kidou.jpg


そういうわけで、『脱出プログラム』のロケットは、いよいよ次号より、宇宙へと出ます。

それに伴い、申し訳ありませんが、『脱出プログラム』自体の販売を終了するどころか、
記録さえ抹消させていただくことになりました。もう地上を離れたので、悔いはないです。

ただ『第五章<悟>』は、すでに発売終了となりましたが、お振り込み期限は、次号の
配信前の9月30日(金)までなので、どうしても最後に参加したい方は、メールで直接、
お申込みください。ご入金が間に合うのならOKとさせていただきます。以上、お知らせ。

posted by fmtbank at 13:42| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2016年09月20日

最後の終焉にむけて・・・。(フルパワー!)

2toside1.jpg


いやはや、『ナンパ脱出プログラム:第五章(悟)』の制作は、大変でした。

現在、配信中なんですが、全力を出すにも程がある、ハードワークとなり、

ようやく、今週の第54号「最後の希望、はかなき夢、五次元の招待」にて、

ピークは超えたようです。次週からは、宇宙へと出て、軌道に乗せる予定。


なお、それに伴い、これまでの音声プログラムを、順次切り離していきます。

まず今週で、『第五章(悟)』が販売を終了し、『脱出プログラム』を切り捨て、

次回からは、『超覚醒シリーズ』を順番に販売終了し、宇宙を突き進みます。

公約通り、最後はゼロに向かう。これが私の覚悟であり、最後の希望でした。

posted by fmtbank at 14:43| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2016年09月13日

限界を突破して、さらに上昇する・・・。

2second3.jpg



ついに、『ナンパ脱出プログラム:第五章(悟)』の配信が、間に合わずに、
二日も遅れてしまいました。今回のテーマは、「モテ期」を呼び込む方法。

タイトルも、「強引なる力技!人生最大のモテ期が到来」となり、いうなら、
自分は非モテだし、とかクヨクヨしてる人を、ぶっ飛ばす内容にしたかった。

そのためにも、ハンパなく突き抜けた内容にしようと、睡眠不足で、何度も、
寝オチしながら、夢の中でも制作しているという、全力モードに入りました。

遅れて申し訳なかったですが、この全力モードに入れたのが、久しぶりで、
その時は大変でも、終わってしまえば、最高の満足感にひたれ、幸せです。


さて、この自分の限界を突破していくのが、『ナンパ五輪』でいう第三段階で、
「火」の行(ぎょう)にあたります。ロケットでいうと、限界まで上昇していくこと。

そこで突然ですが、ある勇者の素晴らしいレポートを紹介させていただきます。

彼は、全国47都道府県でGETし続けて、全国制覇だ!という目標を掲げて、
旅ナンパを繰り返してきた、愛すべきヴァカですが、ついにナンパを引退する
というので、最後の禊(みそぎ)として、律儀にも、千人に声をかけたそうです。

「限界突破」というテーマにも通じますし、何といっても、去り際が美しいため、
ここに転載させていただきます。学べる部分があるので、参考にしてください。

(お知らせ:『ナンパ脱出プログラム(究と極)』は、もうじき販売を終了します。)





<↓↓↓ ここからレポート ↓↓↓>


『脱出プログラム』、真っ只中のところ、すみません。

毎度長々と報告をする男、火川勇気です。

今回が最終報告です!


9月3日で、関東でのナンパ活動を完全引退いたしました。

ナンパを開始したのが2009年9月でしたので、7年間の関東での

ナンパライフでした。 以前からの目標地点にやっと到達できました。


夢でもあった外国人ゲットも達成しています。金髪はブリーチでしたが、

ハンガリーの白人さんでした。英会話の勉強をして、準備をしてからの

チャレンジでしたが、外国人ナンパのプレッシャーは凄まじかったです。

僕は中学が不登校だったので、学校で英語の勉強をした事は全くなく、

後に受けた大検の試験でも、当時は選択だったので英語は外したため、

つい最近まで、haveの意味も知りませんでした。


それでも、やりゃあ、出来るもんですね。本当に・・・。

4ヶ月間も外国人ナンパをして、かすりもしない状態から、

いきなりの、まぐれ当たりゲットでした。



ところで、かなり過去の話ですが、ナンパを開始した初期の頃にゲットした、

日本人女性がいました。 その後、綺麗な外国人女性も含めて、色々な女性を

ゲットしたけど、好みという点では結局初期に出会ったその女性が1番だったなー

と感じています。最高の相手は、やっぱりあっけなく現れちゃうものなんでしょうね。

それに気づくのに、数年もかかってしまいましたが・・・。


それと後年、アクセサリーをいっぱいつけたり、カツラをかぶったりして、

ナンパしていた僕ですが、初期の頃は、普通の地味な格好でした。

週末だけとか、月に1、2回とかのハンパなナンパ男でしたが、

ナンパから学んだ事も多かったような気がします。


これまでのナンパ活動を振り返って、冷静になって、正直な気持ちを書きますと、

楽しさと辛さでは、辛さが少し勝っていたと感じました。でも人間、冷静になった時

の気持ちが、本音とも限らないと、ナンパで実感しましたが(笑)。

はっきり言えるのはナンパの世界に触れてみて、後悔は全くありません!

ナンパは「良い」です。こんな単純な言葉でしか表現できませんが。



辞める前に、禊(みそぎ)として1000人声かけに挑んでみました。

10回に分けて、合計24時間以内を目差したのですが、意外や意外。

体がめっちゃ軽いのです!


出撃回数は5回に短縮して、1回平均200人に声をかけました。

合計時間は約17時間23分。予定よりも大幅に早く終わってしまいました。

声をかけるという部分のみに力を集中すると、これほど体が軽くなるのかと驚きました。

現役時代の最高・声かけ数は、1日に77人だったのですから・・。


ちなみに、ブログの方も長い間、お疲れ様です。

出来れば終わらずに、このまま永久に語り続けてください。

このブログには何度励まされたことか、どれだけモチベーション維持に

役に立ってくれたことか、計り知れません。名ブログを長い間、

リアルタイムで読めたことを、誇りに思います。

それでは色々と、ありがとうございました。

火川勇気より


(もちろん、お返事は結構です。good bye!)

posted by fmtbank at 11:21| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2016年09月04日

<パズル>の前半部分を発表しました。

2second2.jpg


現在、『ナンパ脱出プログラム:第五章(悟)』の配信に全て賭けてます。

最新号のタイトルは、「豊潤に与えられたヒント!上昇する価値」でした。

なお今回、ようやくパズルの前半である、「○○」の答えが明かされました。

ロケットも対流圏を出て、成層圏へと入りました。さらに上昇していきます。

(お知らせ:『ナンパ脱出プログラム(序と破)』は、今週にて販売終了です)

posted by fmtbank at 15:30| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2016年08月27日

これから二ヶ月間、月へと向かいます。

1start3.jpg


本日、『ナンパ脱出プログラム:第五章(悟)』が無事、発射されました。

最新号のタイトルは、「裏を読め!底なし沼と秘密のパスワード」です。

最後に、これだけは言わせてください。この世は、あまりにも美しい、と。

僕の人生も最高でした。さぁ、今度こそ、君だけは幸せにしてみせるよ!

posted by fmtbank at 22:17| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2016年08月26日

いよいよ、発射の時を迎えました。

0jyunbi9.jpg



自分でもあきれるほど長く、8年間準備してきた『脱出プログラム』。

その最後の『第五章(悟)』が、じきに発射されます。準備万端です。


思えば、本当に、ひねくれた内容で、よくもまぁ、こんなの作りました。

普通のナンパ教材では考えられない、真逆のことばかりして、難解・・。

次々と予想が裏切られ、騙される、パズル状の織物に仕立てました。





実は、今回の『第五章(悟)』の最初の号でも、また裏切りがあります。

たとえば『第四章(極)』では、Aしていたと思ったら、ただのBだった!
という裏切りがありました。ところが今回は、そのAしていたと思ったら、
ただのBだった!と思いきや、同時にAしていた、という転換が起こる。

それも3分の1だったというオチで、よくもまぁ、こんなに長い間、隠して、
見えないようにしていたな!とか、怒りまで湧いてくるかもしれませんが、
テーマが「盲点」なので、これもまたサービス精神です。ご了承ください。


なお、今回の参加者は、最初の号を聴いた後で、上の文章を再読すると、
その意味がわかります。すでに気づいていた方も、いるかもしれません。

とにかく『脱出プログラム』は、購読者に対して挑発的ですから、たんなる、
ノウハウをマネさせるものではなく、そんなの飾りです。表面に捉われず、
裏のトリックを見つけたり、閉塞感を打破する精神こそ、読みとってほしい。

それでは、そろそろ最初の号を発射しますので、もうしばらくお待ちください。

posted by fmtbank at 23:48| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2016年08月25日

最悪のマーケティングでした・・。

0jyunbi7.jpg



明後日に発射する、最後のプログラムは最低でした。

完成までに、あまりにも長い年月を経てしまったので、
結局、多くの人達が引退し、途中までで脱落となった。

たとえば、最も意欲的だった田舎の勇者も引退したし、
他にも、惜しい人をたくさん亡くしてますが、仕方ない。

全ては縁です。古くからの人も、最近の人も縁でした。





というよりも、むしろ参加者を減らそうとしていたことは、
すでにお気づきの通り。実際は、現在の第五章までに、
オーディションとして、どれだけ残るか?を試してました。

そもそも内容が、最高のイイ女だけ、最後に残すように、
選別、振るいにかける手法だったわけで、同じく販売も、
制限に制限をかけたのでした。これは意地悪でしたね。

でも絶対に、凡庸な人達には教えたくなかったのです・・。


逆にいうと、最後の『第五章(悟)』まで辿り着いた人は、
よくもまぁ、ここまで喰らいついてこれたものだと感心し、
その心意気に、100%応えようと、胸を熱くしております。

あなた方がいなければ、僕一人では完投など出来ない。

必ずや、目の覚めるようなカタルシスをお約束しましょう。

posted by fmtbank at 23:58| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2016年08月24日

ロケットは着々と発射準備が進んでいます。

0jyunbi3.jpg



現在、予定していた「ナンパ五輪」の記事が書けなくてすみません。

脱出プログラム:第五章(悟)』を発売したら、全て吹っ飛びました。

なんせ制作に8年もかけて、自分でハードルも限界まで上げてます。

これに応えるためには、全時間、全意識を注ぎたくなってしまいます。





本日は、『第五章(悟)』の第01号の下書きを、ずっと作っていました。

ロケットでいえば、ブースター部分が出来て、いよいよ立てる感じです。

この調子でいくならば、予定通り、土曜日の発射に間に合うことでしょう。

そうして二ヶ月間かけて、当ロケットは、月へと向かいます。お楽しみに!

posted by fmtbank at 23:57| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2016年08月23日

現在、最後のプログラムの制作中です。

0jyunbi1.jpg


現在、『脱出プログラム:第五章(悟)』の制作に全てを注いでいます。

これは僕の「命」なのです。もしこの企画が成功したら、死んでもいい。

このブログが、こんなに長く続いたのも、これを完成させるためだけの、

ただの時間稼ぎでした。そして、ついに機は熟したのです。ハレルヤ!

posted by fmtbank at 10:12| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2016年08月22日

あらためて、予告編をお送りしました。

napa1.jpg


ナンパ脱出プログラム:第五章(悟)』の予告編をお送りしました。

ただし、これはブログを読んでおらず、気づいてない方のためです。

一応、始まったことをお伝えするのがマナーと思って、再送しました。

内容自体は、以前にお送りした「特報」と同じなので、ご了承ください。

posted by fmtbank at 16:43| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2016年08月19日

大変長らくお待たせしました。始まります!

0sale.jpg


長らくお待たせしました。度重なる延期を乗り越えて、本日スタート!

ナンパ脱出プログラム:第五章<悟>』のエントリーを開始しました。

先月は、打ち上げに失敗しておりますが、今度こそ、もう大丈夫です。

想像さえできなかった、新しいナンパ宇宙へと、お連れいたしましょう。

(ご注意:エイプリルフールの『第六章(無)』の企画は、なくなりました)

posted by fmtbank at 00:02| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2016年08月17日

僕は「地蔵」の君をリスペクトする!

iemoto_w1.jpg



僕は、声をかけようとしても、かけれない「地蔵」の君をリスペクトしている。

さんざん長時間ウロついて、ほんの数人にしか声かけていない君は凄い。

しかも小声でボソボソ話しかけ、何も言葉が浮かばずに退散するその様・・。

あまりに惨めで、あまりに非効率で、よくもまぁ、そんな状態で平気なのか?

まったく、その神経を疑うし、君より100倍内気な僕には、耐えられないよ。


僕は、君より100倍臆病なので、絶対に、ちゃんと台詞を稽古して出かけた。

それも、ごく短いものを、すでにわかってるものでも、君より、100倍練習した。

この型稽古だけが、絶対的な安定をもたらしてくれるからね。型こそがすべて。

型があるからこそ、いくらでもいけたし、ほとんど動じなくなり、無敵にもなれた。

ところが君は、型を持たずに、手ぶらで行くわけだろう?その勇気はリスペクト!





「いやいや、自分はちゃんと型を持ってる。台詞も頭に入ってる。」と、君は言う。

もしそれが本当ならば、君は地蔵にはならない。型自体が、声をかけてくれるし、

「台詞が出てこない」だとか、相手の無反応に凹むなんて事も、あるわけがない。

君が勝手に、型だと思っているものは、たんに頭で知っているだけの知識であり、

型になっていない。中途半端なガタがきてる「ガタ」でしかなく、逆に不安定の原因。


そんなガタガタの状態でも、見知らぬ女子に声かけれるなんて、本当に勇敢だよね。

しかも結果も出ず、「自分はモテない」と、ガタガタ文句を垂れ流したりしてるんだろ?

僕は君より100倍ネガティブで心配性なので、そんな惨めなことは絶対に嫌だった。

だから確実に型稽古をやるしかなく、その結果、君より100倍ラクをさせてもらったよ。

まぁ君は、今後も型を持たないまま、地蔵という苦行を続けることだろう。リスペクトだ!

posted by fmtbank at 10:33| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2016年08月16日

絶対に失敗しない、ナンパの入り口

0door.jpg


これからナンパを始める人、また再開する人に、これだけは伝えたい。

すべてを拒絶せよ、と。僕らが最初にやるべきことは、徹底した拒否だ。

例えば、ナンパがうまくいかない場合など、マトリックスは君に囁いてくる。

「自分には、これが足りない、あれも足りない」と、延々と欠如を指摘する。

しかし真実は、「これもいらない、あれもいらない」で、不要なものばかりだ。

もし騙されて、あれもこれもと手を出したら、意識が拡散し、必ず挫折する。


そこで、ナンパの入り口である、第一段階では、たった1つの事しかしない。

それが「型」稽古といわれるもので、1つの台詞を繰り返して、練習すること。

それも1つだけの型を選んで、重点的にそれだけをやる。他にも、いろいろと、

目うつりするかもしれないが、まず1つの型を完璧にしてから、次に移るべし。

完璧というのは、目をつぶってても、その台詞が出るだけでなく、夢の中まで、

喋ってる位に、徹底してモノにすることであり、そこまでしないと意味などない。





多くの家畜どもは、ナンパをナメている。自分が、そこそこ話せると思っている。

日本語なんてペラペラだからと、1人で型稽古などしない。その結果、ボロボロ。

不安になり、ほとんど声もかけれず、声かけても、言葉が出てこなくて、逃げる。

そうして、もっといい方法はないか?とキョロキョロし、迷い続けて、挫折していく。

しかし何無波師は違う。1つの型を徹底して繰り返し、ハンパない安定感がある。

しかも1点に集中し、たった1人にしか声かけない、「1人革命」にて突破していく。


意外にも、1人だけに声かけようとする者は、何十人にも声をかけることが出来る。

ところが、何十人にも声かけようとする者は、なぜか1人にも声をかけずに終わる。

騙されてはいけない。マトリックスは常に、たくさん、やらせようとしてくるが、極意は、

ほとんどの全てを拒否し、たった1つの事だけに全エネルギーを注いで、抜けること。

たった1人、たった1つの型、それだけに集中する。これが絶対的な唯一の入り口だ。

これをやれば全員が、第一段階は突破できる。もし地蔵になったら、またここに戻ろう。

posted by fmtbank at 10:36| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2016年08月14日

SNS地獄にとりこまれる家畜たち・・・。

pic_g016.jpg


僕らはSNSのせいで、常に、誰かとつながっているのが日常になった。

それは最初、便利で楽しいものだったが、だんだん窮屈になり、むしろ、
不安を増長するものへと変貌した。いちいち気になってしまい、疲れる。

常に誰かとつながってないと不安、チェックしないと不安で、たまらない。

ところが、常に誰かとつながってる、これは偽の幻想にすぎず、実際は、
真の満足は与えられず、やればやるほど、義理や気づかいで疲弊する。

際限ない、他人との比較、自分に対する評価の怖れ、どうでもいい他人
の思いつきの発言に影響され、常に思考が働き、ドツボにはまっていく。

それでも、このSNS地獄は、つながりを失くすのが怖く、もう辞めれない。


また僕らは、ちょっと隙間の時間があると、すぐにスマホをいじってしまい、
何もしないでボーッとすることが出来なくなった。常に何かをしているのだ。

電車の中でも、街中でも、よく見かけるように、人々の意識は、ただスマホ
の小さな小さな画面の中に閉じ込められ、落ち着きなく情報に触れている。

あの姿は完全に隙だらけで、すぐに倒せる。ただ、そんな肉体的な弱さより、
内面的な弱さの方が深刻だ。多くの人は、何もしないこと、何の情報もなくて、
1人っきりでいることを恐れている。いわゆる「間」に対する恐怖というやつ・・。

まるでゴミ屋敷の住人が隙間を怖れ、隙間にモノを詰め込むようにして、もう、
ひっきりなしに情報を詰め込み、予定を埋めて、間をなくすようにするのだが、
これはただ不安を隠しているだけであって、いつまでたっても、幸せなどない。

ただ1人でいること、何もしない事こそが、幸せの根源なので、むしろ逆効果。





さて、そこで君の登場だ。君は1人でいることを知っている。何もしない強さも、
そして何も持たざる者の無敵さ、敏感さも体得している。君は、家畜ではない。

他人と違い、どこでそれを手に入れたのか?もちろん、ナンパを通じてである。

ナンパは、人を奴隷から解放する。あらゆるしがらみ、他者依存から解き放つ。

学校や会社のつながりから外れた者、しょうもないSNSの偽のつながりなんぞ、
どうでもいいわと辞めた者、つまり村八分にされた者や、自ら離れた者に対して、
新たな本物のつながりを与えてくれる。生身の自分の手でつかみ、育てていく縁。

家畜の群れを抜け出し、野性を取り戻した男の自由とは、孤独に対する安らぎと、
いつでもどこでも、自分の意志によって、他者にとけこむ、その柔軟さにあるのだ。

それは真の自分を取り戻すことであり、そのために女たちを利用し、解放していく。


しかし、これまで多くの男達が、このナンパに挑戦しては挫折して逃げ出してきた。

最終的には、家畜の群れに戻ってしまった。これは戦い方を知らなかっただけで、
無知ゆえの自滅でしかなく、あまりに、もったいない。方法自体は簡単なのだから。

そこで最後にあらためて、家畜を脱出するための「ナンパ五輪」について解説して、
月へと向かおうと思う。これまで何度も解説してきたのに、いまだに「どうするの?」
という質問をもらうので、よりわかりやすく、最終版としてシンプルに表現する予定。

ただし何度でも強調しておくが、まず重要なのは食べ物だ。ナンパが調子悪いとか、
毎日がウツだ、という時、口にしているものが悪かったら、量が多かったら、大抵は、
それが原因である。特に、薬なんて飲んでたらダメ。それが、まず最初のチェック!

基盤である「肉体」をクリアに軽くできたら、もうそれだけで半分は、成功したも同然。

そうして、肉体的な問題がないならば、「ナンパ五輪」に進みたまえ。必ず、うまくいく。

posted by fmtbank at 17:46| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする