2017年05月11日

失われた安全地帯への回帰・・・。

0calling.jpg



さぁナンパだ!と街に出ても、結局、なかなか声をかけられず、疲れ果ててしまう。

または、少しは声がかけれたのに、何回かスル―した後で、急にやる気が失せる。

こういうことは、よくある。気持ちだけ焦って、実際は思うように行動できず、苦しい。

ある時は、次から次へと声かけれて、無敵状態だったのに、違う日には、完全地蔵。

中には、根性だけで、ひたすら毎回声かけまくるが、もうボロボロで悲惨な人もいる。


いずれにせよ、多少なりとも、これら「声かけ」に問題を抱える者には、盲点があった。

それが何か、わかるだろうか?はたして、どこが悪いのか?なぜ無駄に苦しむのか?

実は、声かけで、最も盲点になりやすいこと。それは「引きこもる」ことの大切さである。

彼らは、まったくもって、引きこもっていない。苦しむのは当たり前で、無力感も、当然!

もっと積極的に、自分の中に、引きこもらないといけない。そこが、安全地帯なのだから。





では、引きこもるとは、どういうことか?これは我々、内気な者にとって、得意技でもある。

例えば、よく自分の殻に閉じこもってるとか、パーティーとかで皆で話してる時、1人だけ、

黙りこくって自分の世界に入ってる人かいるが、まさにあれ。他者など拒否して内向する。

なぜ、そんな風に閉じこもるかというと、外向しないで、関わらなければ、傷つかないから!

あれは、立派な自分を守るための防御である。ゆえに、まずは、この安全地帯こそを確保。


ところが、いざナンパしよう!となると、声かけよう、声かけようと、外へと出ていこうとする。

とにかく、安全地帯から出るためにやるのを目的とし、引きこもることが「悪」になってしまう。

すると、ずっと自分の中で戦いが続き、落ち着かずに、不安と焦りの中で、自滅していくだけ。

これが大いなる間違いであり、実は、自分の中に引きこもることを、メインにするべきなのだ。

つまり、普段は安全地帯の中にいて、声かける瞬間だけバッと出て、その後、すぐに戻ること!

posted by fmtbank at 15:19| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2017年05月09日

声をかけること、その最大の盲点とは?

pic_c089.jpg



現在、日本男児の何万人、何十万が悩んでいることといえば、ナンパの声かけです。

どうしても声がかけれない。ゴチャゴチャ考えて、緊張で身がすくみ、自由になれない。

この最悪の原因は、「間」です。変に「間」をあけるから、考えてしまうし、逃げてしまう・・。

だから、いっそのこと「間」を殺します。まず現地に着いたら、瞬間的に、1人に声かける。

最初こそが全てで、これを習慣づければ、人生が動き出すので、「1人革命」と呼びます。


さらに今度は、「間」をあけず、次々と連続で10人に声かけるのが、「10人解放行」です。

声をかける対象を選ばないで行くことで、思考が働かず、加速が起こり、無心になれます。

普段ならビビって声かけれないような、超美人にも行けるし、逆に、見落としがちなタイプ、

縁がないと思っていた人が、意外に良かったりと、発見も多く、突然に成功したりもします。

それもこれも、加速することによって、「間」を殺し、思考に邪魔をさせなかったからでした。





ところが、話はそう単純ではありません。次から次へと声をかけることは、確かに簡単です。

しかし、夢中になって出来たかと思ったら、日にちが変わると全然出来なくなってしまったり、

「間」を殺そうとばかり思うため、焦ってばかりで疲れ果て、ボロボロになる人も多いのです。

そもそも、完全に「間」を殺すことは出来ない。相手との空間的な距離があるため、必然的に

「間」は生まれます。そこで、思いっきり加速することで、最小限に出来るだけという話でした。


では、自由になるためには、どうすればいいのか?その秘密を握るのは、やはり「間」であり、

この「間」をどう扱うかによって、まるっきり変わってきます。そこで、今度は、逆のアプローチ。

積極的に「間」を殺さず、「間」に介入しない、「間」を放っておいて、引き下がる方法があります。

これが恐ろしい程の盲点なのです。断言します。現在、地蔵で悩んでいる人の多くは、これで、

救われるでしょう。あまりに単純なことなのに、この視点を持っていない!(次回に、続きます。)

posted by fmtbank at 08:41| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2017年05月08日

10人連続で声をかける、巨大なメリット

p82361381.jpg



ナンパが、どれだけ男の人生全体に、良い変化をもたらすのか、多くの者は知らない。

たんにチャラチャラと、女遊びするだけの無駄なヒマつぶしに見えて、かなりの硬派だ。

まず単純に、たった1人でいいから、声かけてみたまえ。それも誰でもいいから、すぐに!

まず選んではいけない。けっして「間」を浪費せず、ナンパにかける時間も最小限にする。

すると君は気づくだろう。日常生活でも、苦手だった事に、すぐ着手できるようになるのだ。


どんな物事も、手をつけるのが最も難しい。それが1人に声をかける習慣だけで、身につく。

すると人生全体も、ジワジワと変わってくる。ゆえに、これを大げさでなく「1人革命」と呼ぶ。

ただ、この「1人革命」は、まだ変化もユックリで、気づいたら変わってる程度であり、もっと、

即効性があるのが、10人に声かける「10人解放行」である。これは「解放行」というように、

文字通り、心身が解放される。心の底からスカッとして、集中力もハンパなく、ついてしまう。





例えば、受験勉強をしてるとする。外に出るヒマなどないので、家で食事して勉強するのだが、

これが眠くなるし、あまり集中力が続かない。ところが外に出て、10人解放行をして戻ってくる。

すると不思議なことに、いくら勉強しても集中力がとぎれない。眠くならずに、バッキバキとなる。

「1人革命」は、物事をスタートさせる力をつけるが、「10人解放行」は直接、集中力を増強する。

グーッと入っていき、無心になるための稽古だ。なんせ没頭でもしないと、声なんてかけれない。


このように、ナンパの第一段階では、自らの能力を上げて人生をよくするためにも稽古を行う。

男が元気になれば、この日本も活性化する。そのために女達に協力してもらうのだ。もちろん、

「10人解放行」は結果も出やすい。なんたってスピードをつけて加速するため、その勢いから、

普段、声かけれないようなイイ女にも行けてしまうし、夢中でやるので、相手を巻きこみやすい。

自分の狭い枠から飛び出すため、想定外の事が起こる。その美しさに、君は圧倒されるだろう。

posted by fmtbank at 08:58| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2017年05月05日

なぜ迷いが生まれるのか?(迷いの正体)

katana6.png



あまり声をかけれない、ナンパ初心者が最も簡単に、地蔵を脱出できるのは何か?

それは意外なことに、次から次へと大量に声をかけることである。これなら、出来る。

考えすぎの人もそう。自信がない人もそう。皆、同様に、大量声かけなら楽勝だった。

なぜなら、そこには「間」がないから。「間」があると考えてしまい、グズグズしてしまう。

その結果、身がすくんで動けず、ウロウロして終わる。その全ての原因は「間」にある。


弱者にとって、「間」があるとロクなことにならない。マイナスのことばかり考えるだけだ。

だから「間」を殺す。「間」をあけないで、次から次へと声をかける。すると簡単に出来る。

ところが「間」をあけると、途端に臆病風が吹いたり、自分なんかダメだと落ち込むだけ・・。

よく「魔が差す」という言葉があるように、「間」があると、まさに、「魔」に魅入られてしまう。

いわゆる、マトリックスのプラグが脳に差しこまれて、パワーをごっそり奪われるのだった。





どうしてもナンパ初心者は、「間」があると、「間」に酔ってしまう。思考が働き出してしまう。

つまるところ、「迷い」とは「間酔い」であり、「間」に酔う、それも悪酔いすることを意味する。

結果、フラフラになって彷徨い、素早く動けず、気持ち悪くなるだけで、何も得るものはない。

だから、まずは、たった1人にさっさと声かけて終わらせる「1人革命」で、「間」を殺していく。

ナンパ入門者は、ここから始めるしかない。そうしないと、「間」に溺れ、からみとられるだけ。


とにかく、「間」こそが、最大の害悪であり、自らの「刀」で切り捨てるべき、最初の敵である。

我々が持つ「刀」は、自らを縛っている鎖を切るために、思考を切るためにある、と伝えたが、

正確には、「間」を切り捨てるためにある。思考が生み出させれる根源が、「間」そのもので、

思考という幻想自体と闘っても、無意味であり、大元の「間」を断ってしまえば思考は消える。

ゆえに「間」を切って、切って、切りまくる。それが10人解放行といわれる、連続の声かけだ。

posted by fmtbank at 08:35| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2017年05月01日

「声をかけない」という、最も大切な決断

katana4.png



ナンパで最も悩ましいのは、最初の声かけである。どうしても、自由になど行けない。

日によって安定しないし、すごく疲れる。実は、ここには見落としがちな、盲点がある。

それが「声をかけない」という決断だ。通常は多くが、声かけることばかり考えている。

しかし実際は、結局、いい女が現れても、声かけれずにクヨクヨと悩み、迷うはめに・・。

そんなスルーばかりしている自分を無意識的に責めては消耗していく、この地獄絵図。


ここから脱するためには、声かけたくてもかけれない、という最悪の矛盾を除外すること。

いいかい、我々にとって問題なのは、声をかけないことではない。中途半端な迷いなんだ。

だから、むしろ声かけないことを決断しなくてはいけない。出来ないことは、一切やらないと。

要するに、ほとんどの状況では、声かけないと決めて、自分が最も出来そうな状況でのみ、

声をかける。残りはスッパリ切り捨ててしまう。これも「刀」を使った決断であり、「力」となる。





ナンパの第一段階は「型」の稽古といわれるように、すべてを、ハッキリさせないといけない。

そこにあるのは、声をかける、かけない、というON、OFFの二種類だけであり、中間などない。

むしろ迷いという中間を許してはいけない。それはバグとなり、我々をジワジワと蝕んでしまう。

だから、まだ、ほとんどの状況で声かけれない地蔵であるなら、堂々と、声かけないと決める。

そして、最も簡単にいける状況でのみ、声をかける。それだけは絶対にやるが、後は、捨てる。


あれもこれもとやりたがり、いつでもどこでも声をかけたい、というのは幻想にすぎず、毒となる。

弱者が出来るのは、せいぜい、1つだけ。だから1つだけを選び、そこに全パワーを集中させる。

それでも思考は、他にも出来る、いろいろ出来るとそそのかしてくるが、断乎拒否し、1つに絞る。

例えば、道聞きしか出来ないなら、まず街についたら、目についた女性に10秒以内に声かける。

そして、さっさと帰る。街の滞在時間は30秒でいい。何よりも毒なのは、迷いの時間なのだから。

posted by fmtbank at 12:55| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2017年04月30日

結局のところ、決断力さえあれば、何とかなる。

katana5.png



現代の日本は、自信がない男が増えています。なんだか中途半端で、不安だらけ・・。

とはいえ、自信をつけたいと思っても、あまりに漠然としていて、結局、何も出来ない。

しかし本来、自信なんかどうでもいいのです。我々に必要なのは、実は、決断力です。

決断する力さえつければ、自信なんて、後から勝手についてくるので、考えなくていい。

とにかく、決断力。決めて断つ力だけを鍛えれば、面白いように、自由に行動できます。


この決断力を鍛えるのに最適なのが、ナンパの第一段階、声かけです。実際に我々は、

普通に生活していても、経営者とかでない限り、なかなか決断する機会さえありません。

そして使ってないから、さらに鈍っていき、ますます決断できなくなって、弱体化していく・・。

男がフヌケになったのは、結局、この決断力の欠如でした。自分では何にも決められず、

周囲をキョロキョロ見ながら、おとなしい家畜同然の奴隷。彼らに必要なのは、「力」です。





そこで、声をかけます。ハッキリいって、そんな行為など恥ずかしいし、怖いし、面倒です。

自分の思考は「やめよう」と囁いてくる。それを断ち切って行くことで、決断力がついてくる。

この決断は、あたかも「刀」でもって、奴隷の鎖をスパッと切り捨て、身を前に投げ出す感じ。

そして最初こそ、声かけるのは大変ですが、やればやる程に、慣れていき、簡単になります。

これは「刀」を研いでいくと、切れ味が増していくのと同じ。決断力は、研ぎ澄まされるのです。


どうしても初心者は、気が重くて、なかなか声かけれません。まだ「刀」に慣れていないため、

「刀」を持つだけでも、その重みで疲れてしまう。しかし慣れてくると「中心」が出来てくるので、

まず構えがよくなり、サッと「刀」を振れるようになる。さらに稽古を続けるとスピードが増して、

目にも止まらぬ速さで、決断してます。要は、自分の体が、無意識に動いているような状態で、

その時にはもう、自分の「刀」が、あまりに切れ味が鋭い、伝家の宝刀へと成っているのです。

posted by fmtbank at 09:00| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2017年04月27日

GW直前!ナンパ遠征について

pic_b036.jpg



先日、とんでもない質問をもらいました。え〜っ!ウソでしょ?と信じられなかった。

それは、ナンパ遠征先での地蔵の悩みについてで、簡単にいうと、こんな感じです。


 「観光に時間をかけて疲れてしまうからか、結局、殆ど声かけずに戻ってしまう。」

 「こちらが大荷物だったり、予期しないタイミングで現れて、スルーして落ち込む。」


そこで、スル―して落ち込んだ後の、気持ちの立て直し方を、教えてほしいとのこと・・。

これは驚きです。ナンパをナメてます。まったく真剣さがない。いや、当人は本気です。

しかし、真面目に頑張るのと「真剣」さは、まったく別。「真剣」というのは、刀を使うこと。

真剣で無駄なものをスパッと切り落とすんですね。上の例でいえば、もはや観光なんて、

一切やる必要ない。観光で疲れるなんて本末転倒。声をかける以外は、寝てればいい。





実は、こんな簡単なことが出来ていない人は、たくさんいます。あれもこれもとやりたがる。

せっかく行くんだから観光も、というのは普通ですが、パワーが拡散するので、あきらめる。

また上の例でいけば、「大荷物の時に、声かけられずスル―してしまい、落ち込む」なんて、

あまりに愚かです。なぜなら、大荷物の時なんか、疲れるから、声かけなくていいんですよ。

出来もしないのに、いつでもどこでも声かけようとする、その欲張りが、逆に、足を引っ張る。


弱者の戦略は、とにかく無駄を削ぎ落とすことです。自分のパワーが少なく限られてるので、

どこに一点集中させるか?を考える。荷物なんか、すぐロッカーに入れるし、観光などしない。

そして元気なうちにババッと声かけて、昼食に名物なんかを食べる。その消化熱を利用して、

食後にまた声かける。消化が進んで眠くなってきたら、ホテルにチェックインして、昼寝します。

そしてシャワー浴びて、回復した体力でもって、最後の声かけ。という風に、ちゃんと計画する。


それをダラダラと、いつでも声かけよう、なんて彷徨ってたら、結局、出来ず、全てが中途半端。

だからこそ、真剣に、戦略を練ること。戦略とは「略」すことですから、ほとんどを切り捨てます。

これもいらない、あれもいらないと、刀で斬るのです。そうして最も重要な1つに、全てを賭ける。

ナンパ師の「刀」は、瞬間に飛び込むだけでなく、研ぎ澄まされた「戦略」のためにもあるのです。

(ゴールデンウィークに短期集中する方のために、『五輪プログラム』も一日配信を始めました。)

posted by fmtbank at 08:56| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする