2018年06月14日

レベルの低い人に合わせないでください。

ani043.jpg


素晴らしいクレームをもらいました。まさに、その通り!と電撃が走った。

それが、「レベルの低い人に合わせないでください。」という、痛烈な叫び。

というのも、先日、声かけ数のノルマを1週間で、3人と提示したのですが、
このあまりに少ないノルマに腹を立てた人がいた。それも仕方ありません。

なぜなら、やる気に満ちている人にとっては、バカにすんな!という数値で、
全然ダメな人に向けて、その背中を押そうと思って、提示したわけですから、
それぞれで受け止め方が違ってきます。あくまでも、最弱者向けのノルマ・・。



私は、どうしても最もダメな底辺の人の力になろうと、ついつい、彼らを中心
にして考えて、ノウハウを構築してきましたが、これをすると、やる気ある人
にとっては物足りない内容になってしまいます。しかし、それも仕方なかった。

全力を注いだる!という、やる気のある人は少数であって、やはり大多数は、
面倒くさがりの、臆病で、すぐ地蔵になる、ヒッキー達でしたから、彼らこそを
目覚めさせるようにと、多数派に対して、長い期間、働きかけてきたわけです。

しかし、ここにきて、とうとう、対象を変える時が来たようです。今度は少数へ。
ピラミッドでいえば、下の底辺の多数ではなく、頂点の先にいる尖った人です。

この新体制では、死んでも成功したい、やる気のある人だけに、お送りします。

posted by 家元 at 11:53| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2018年06月11日

声をかける対象の2タイプ(戦闘員と民間人)

pic_g036-thumbnail2[1].jpg


我々が戦争で、声をかける対象は、大きく分けて二種類います。

A:初対面(主に路上や街中でのオープンスペースにいる女たち)

B:知り合い、店員(拒否される恐れのない、安全圏にいる女たち)

そして、このAこそが、戦争でいう「前線」であり、メインとなります。


一方、Bで声かける「知り合い」は、学校や職場だとか、恋人や女房
が対象で、これも大切。このBを主戦場とする男も、二タイプいます。

まずは初心者。いきなり前線に行くのは怖いので、Bで慣らしてから、
Aに進むわけです。また逆に、ある程度、慣れた者、彼女が出来たり、
ベテランなんかも、前線に出る時間がないので、Bでユッタリしている。

サッカーでいうと、Bはベンチ入りで、Aがフィールドで戦う、レギュラー
です。そして、まだ経験が浅い新人がベンチ入りするだけでなく、逆に、
ベテランもスーパーサブとしてベンチ入りし、たまにフィールドに出ます。

同じように、彼女が出来て、落ち着いた男も、時々、前線に出たりします。



このAとBの線引きは、言葉を変えると、「戦闘員」と「民間人」ともいえる。

やはり初対面の女に声かければ、無視されたり、キレられる可能性もあり、
まさに戦闘態勢といってもいい。それに比べて、知り合いや店員は、一応、
ちゃんと対応してくれる「民間人」です。戦争の相手としては、物足りません。

だから前線に出る者は、このBを「非戦闘員」として、声かけ数に入れずに、
Aの相手のみを数に入れるのが、ほとんど。ただ、どうしても今は、前線に
出れる時間がなく、その勇気もない場合は、Bも、声かけ数に入れましょう。

少しでも、軍隊を整備し、維持するためです。例えば、週に1回しか、前線
に出ないなら、効果がゼロで、軍隊を持つ意味がない。やはり日常でこそ、
「快」に意識的になるため、普段のBにおいても、継続的に戦ってください。

(なおノルマ制は、くだらないので止めました。各自が主体性を持つべき!)

posted by 家元 at 15:28| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2018年06月09日

超守備的なナンパで戦います。(女は怖い)

pic_g357.jpg


今のサッカーの日本代表は素晴らしい。なんといっても、その弱さが。

まず守備で自滅して、点を入れられる。そして攻撃は、得点が入らず、
決定力に欠けていて、まったく期待できない所が、逆に、ワクワクする。

あたかも、ナンパにおける弱者のプレイを見ているかのようで、これを、
どう逆転させて、大金星に持っていくか?が、監督の腕の見せ所です。



そこで、ここ、大本営でも、どんな弱者であろうと、必ず勝つまで導いて、
奇跡を起こすように支援します。ただ、そのためには「超守備的」にいく。

そして「超守備的」になるための第1条件が、女を敵だと思うこと。それも、
殺されるかもしれない、恐怖の対象とします。思いっきり恐れるからこそ、
守備に力を注ぐことが出来る。だから、これはガチの戦争と思ってほしい。

以前、6年前、女を味方だと思おう!という方針で、我々は戦いましたが、
それはもう、ボロボロにやられて、死んでいきました。そんな、付け焼刃の
スピリチャルな方向性など、シビアな現実で、血まみれになるだけでした。

だから、この夏は、格上の強敵として、守りを固めながら、戦っていきます。

posted by 家元 at 12:27| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2018年06月08日

今週のノルマも、引き続き「3」です。

pic_b025.jpg


今週のノルマも3です。新しい3つの分野に、最低1つずつ、獲得してください。

ただノルマを提示しだしたのは昨日からなので、先週、到達できなかった人は、
今週、できなかったぶんを加算してクリアすること。出来ない場合は終了です。

確かに、初対面の女に声かけるのは怖いけれど、勇気を出して死んでください。

やはり、日々、死ぬからこそ、イキイキと、生きることができる。緊張と緩和です。

posted by 家元 at 15:37| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2018年06月07日

戦力外通告について

0end-thumbnail2[1].jpg


それでは、そろそろ、戦う気のない者を、斬り捨てていくことにします。

まず、この1週間で、3人に声かけれなかった者は、ここで終了です。

つまり、三分野において、1つずつの獲得さえ出来ない者は、無意味。

さっさと荷物をまとめて、戦場から去るがいい。すぐに戦力外通告です。


このように新体制では、これまでになかったノルマ制を復活させました。

厳しさを前面に出すと、結果が出やすいので、これも、新たなサービス。

実は、6年前に、「10人声かけないヤツは死ね!」と強制した時、異常に

結果を出す人が増えたことがありました。この夏、もう1度、あれを起こす。

posted by 家元 at 15:30| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2018年06月06日

それでは、新体制でスタートします!

iemoto22-thumbnail2[1].jpg


本日、6月6日に投下予定だった、真の「最終号」は延期となりました。

まだ核兵器を使うのは時期が早すぎます。戦争は始まったばかりです。

なお、ここ数日、メールアドレスを新しくしたり、システム変更でバタバタ
していましたが、ようやく落ち着きました。数多くの報告もいただきました。

それを参考に、このブログは『大恋愛代理戦争』のプログラムに連動して、
どんなにダメだった人でも、必ず結果が出るように進めていくつもりです。

posted by 家元 at 11:17| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2018年06月02日

新しいアドレスになりました。(業務連絡)

22-thumbnail2[1].jpg


なぜか、ずっと使っていたメールアドレスが、使えなくなりました。

そこで、14年間も使っていたKDDIを解約して、新しく変えました。

すでにプログラムを配信中の方々には、新しい「iemoto」アドレス
から送信しておりますので、何か連絡がある場合、そのまま返信
をされるか、最後に記載してあるアドレスをクリックしてみて下さい。

posted by 家元 at 16:19| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする