2017年04月14日

戦後のナンパ教育の弊害(今こそ、スタンド使いへ)

pic_g190.jpg



弱者が、街で声をかける時、周囲の視線が気になります。臆病で内向的なので、仕方ない。

この恥の文化を中心とした日本で、街中で声をかけなくてはいけない、これは難しいことです。

ナンパというのは、和の道ですから、常に矛盾を抱えます。実際、声をかける時、周囲ばかり、
気にしていたら、恥ずかしくなり、まず声かけれません。これが無言の同調圧力というやつ・・。

なんたって、声かけないのが普通なんですから。そこから飛び出すのは、考え出したら、もう、
ムリです。だから同調圧力を突破するためには、意識を集中させないといけない。要するに、
周囲なんて除外する。声をかける標的に1点集中してパッと入る。この意識の「絞り」が必要。

これを「思考」からの離脱と呼んできましたが、さらに詳しく説明するなら、意識の「絞り」です。


意識にはズームインとズームアウトがあって、実は、普通の人はこの調節がサビついていて、
なんとなく生きています。スポーツや武道などで、よく使ってた人は、わりかし声かけれますが、
平和ボケして使ってきてない人は難しい。ゆえに、ここに最初から、個人差が現れるわけです。

言葉にすれば「集中と拡大」となり簡単ですが、普通の人にはその凄さが全く理解できません。

戦後のナンパ教育が間違っていたのは、ルックスだけ磨けばいい、という物質的アプローチと、
いやいや、トークこそが重要なんだ、という理知的偏重でした。本来、最も大事な内面問題は、
「ノリ」だ、「根性」だ、といった曖昧な言論しかなかった。そこを徹底究明していったのが、和道。

ここナンパ道場では、この内的操作の領域を「スタンド」と呼びます。スタンドとは、立つことで、
自立を意味しますが、同時に、蛍光灯のように、闇を照らすことも意味する。つまりナンパ師は、
一隅(いちぐう)を照らす者といえます。まずは自分が輝き、他者をも輝かす、日本の希望です。

posted by fmtbank at 12:49| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2017年04月13日

弱者の戦いは、まず退路ルートの確保!

pic_d015.jpg



いじめられっ子がナンパを始める場合、最初は、とにかく「守り!守り!守り!」です。

もうパッと見の雰囲気が弱そうで、男達にからまれるからです。別に、いじめられっ子
でなくとも、慣れないうちはオドオドしがちで、その弱味につけ込んでくる連中がいます。

実際は、ほとんどからまれませんが、油断した時に、突然、現れることがある。特に夜、
酔っぱらった男達が、普段のストレスからか、目をつけてきたりしますので、注意も必要。

だから、まず派出所の場所をおさえる。そして少しでも、からまれたらダッシュで向かう!


ただし、派出所の目の前ではやらない方がいい。女性側や第三者が通報しやすくなり、
すぐ職務質問されてしまう。私も何度も連れていかれましたが、それで「警察のアホ!」
なんて思わない。むしろ守ってくる味方です。一番たちが悪いのは、からんでくる男たち。

彼らと、一言でも交流する必要はない。すぐに姿を消して、派出所に向かえばいいだけ。

そうして最大の守りを確保した後は、パッと声かけてパッとやめる、IN&OUTの声かけで、
稽古を積んでいきます。よく「逃げてばかりの声かけしか出来ません!」という悩みごとを、
相談されましたが、それでいいんです。これもまた、攻撃というより、逃げる練習ですから。

最初は、とにかく機動力です。瞬間に入り、瞬間に逃げる。この足さばきを、身につけます。





ハッキリいって、ナンパして男にからまれてるようじゃダメ。そんなもの、さっさと逃げないと。

自分が強者なら、平然と対応すればいいけれど、弱者なら弱者らしく、逃げる力を発揮して、
そこに誇りを持つべき。動物の世界でも、弱い動物ほど、臆病で逃げ足が速いのと同じです。

しかも最初は緊張して、周囲が見えません。声をかける女ばかりに1点集中してしまうから、
急に男が現れて、頭真っ白になり、身がすくんでウロたえてしまう。そんなケースはすでに、
想定内となってないといけない。サッと撤退して姿を消すだけ。なぜ、それが出来ないのか?


街をナメてるからです。街は、魔の地である「魔地」です。死ぬかもしれない戦場と同じです。

前もって退路を確保し、戦略を立てないといけない。私も街そのものを頭の中に入れていて、
寝る前とか目つぶったまま、その想像の街を、すみからすみまで歩きまわったりしてました。

ここにポストがあり、ここに有名なレストランがあり、ここに面白い看板がある・・、などなどの、
街の状態を全て自分のモノにしていた。もちろん声かける時に、それを利用するためであり、
この空間そのものを最大限に利用するのが、第一段階の『土』になります。(『土』とは『地』)

posted by fmtbank at 14:56| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2017年04月12日

いじめてくる奴から逃げれない場合は、どうするか?

pic_g116.jpg



もし、会社や学校で嫌な奴がいたら、できるだけ、そいつを避けるのがベストです。

また、バイト先の上司や先輩が、えばってたり、意地悪してきたら、すぐ、その瞬間、
「もう手伝ってやんない。」と言って、さっさと帰ればいい。これが、まず最初の基本。

しかし、その嫌なやつは、あなたを来させないようにするために、いじめてくる場合も
もちろんあって、その時は、まんまと、そいつの思い通りになっただけです。それに、
こんな逃げてばかりだと、最終的には、無一文になって、追いつめられてしまいます。

金銭面で、どうしても、そのバイトを辞めるわけにはいかない!そう思うのはよくある。

では、そんな時、どうしたらいいのか?今回も、私がバイトした時の経験談を述べます。





学生時代のある時、どうしても10万円が必要になり、バイトをしました。期間は二週間。

いつもなら、たまに日払いの肉体労働を1日やるだけでヘトヘトで、こんな連続はやらず、
初めての挑戦です。自分のことだから、すぐにサボリそうで不安だったけど、やることに。

仕事は、土器を掘り起こす、発掘です。子供の頃にインディジョーンズが好きだったので、
これならやれるかなと、バイトしました。ただワクワクしたのは最初だけで、かなり重労働。

何人か他にもバイトがいましたが、私が一番体力なく、鈍くさかった。そこで現場監督には、
怒られたりしながらも、「すいません。」と謝りながらも、なんとかついていった。まぁこれは、
仕方ないことです。ところが数日後、その現場監督のオヤジが私だけを差別し始めました。

他のバイトにはあげておきながら、私にだけジュースを買わなかったり、休み時間に、皆で
輪になって話してる時、「作業が遅れてんだよな〜、誰かのせいでよぉ」と、冷笑したりして、
いわゆるネチネチ系のカラミをしてくる。他のバイトも、話を合わせて、嘲笑ってきたりする。


今までの私なら、ここでサッと帰ってましたが、今回はお金がいるし、すでに何日がムリして
働いてしまってるので逃げたくない。もう、あからさまな集団のイジメだけど、さぁ、どうする?

それまで私は、体力ないし、仕事も出来なく、皆の足を引っ張って、申し訳なく思ってました。
だから遠慮してたし、大人しくしてたんです。そしたら、こいつには、何言ってもいいんだ的な、
仕事のストレスを解消するためのヒマつぶしのターゲットになってしまった。これはやりすぎ。

そこで私は、「本当、使えねぇよなー。」と冷笑してる現場監督に対して、急に立ち上がって、
「よし、決めた!今から、あんたには敬語使わない。オレも好き勝手に、やらせてもらうよ。」
と宣言しました。途端に、その場の空気が悪くなり、「なんだ、こいつ」的な感じで休憩が終了。

しかし私は、そのまま常にピッタリ、現場監督の傍について、「監督〜!これでいいのかよ?」
とダメ口を絶叫しながら、働き続けました。それまでは苦手だからと避けていた監督に、逆に、
飛び込んでいって、空気をぶち破ってやったのです。もう変人を超えて、異常者のように(笑)。

すると監督も、すっかり怯んでしまい、別人のようにシュンとなり、二度と、いじめなくなった・・。





この時、何が起こったかというと、まず私が腹を立てました。この腹を立てるというのが重要!

怒りというのは、自分の「中心」を取り戻すことです。それまでは周囲に合わせ、我慢してて、
やはり、一番仕事できないんだから、遠慮せざるをえない。でも、ずーっと攻撃対象になって、
もう、どうでもよくなりました。しかし「こんなバイトやめてやる!」では、もはや許せなかった。

逆に、ド真ん中に飛びこんで、同調圧力をぶっ壊してやる!と思ったのです。もうクビだろうが、
ブン殴られようが、どうでもいい。そこで執拗に、その現場監督の横に行っては、大声を出して、
敬語を使わず、立腹しながら、作業をした。ここでのポイントは、絶対に、手を出さないことです。

自分から相手に対して、手を出すのは「横」の動きです。「自⇒他」ではなく、ただ自分の中で、
腹を立てます。これが「縦」の力であり、相手の言動に左右されない「中心軸」というものです。
怒ったら、それをフルで相手へとぶつけようとすると、不安定になり、コントロールが難しくなる。

だから私も、ただ腹を立てて、その怒りのパワーを仕事にぶつけました。すると、これまでのが
ウソのように疲れなくなって、はかどる、はかどる。しかも、隙があれば、その現場監督に対し、
ゲリラ攻撃をしかけ、スコップで殴り倒そうと思ってました。これも思うだけです。それで充分!

彼はこちらの殺気を感じたのか、終始、居心地悪そうで、結局、最後は優しい人になりました。


私が集団を嫌いなのは、こういう事があるからです。おそらく全国で、こういう事が行われては、
大人しい、人より出来ない「いい人」がいじめられる。でも、実際、いじめる奴は、軽い気持ちで、
いじめてくるんです。なにも命かけてこない。だから先に、こっちが命をかけてしまえば、楽勝。

これでクビになるかもとか、お金がどうだとか、周囲の人達への気づかいだとか、そんなゴミ、
カスな思考は全部拒否!生きるか死ぬかの、相手を道連れにしてやる位に、覚悟してしまう。

すると、あっけない程に、相手は、あなたを敬遠し始めます。腹を括ってる「中心軸」のある男、
そんなの相手にしたくないんです。だって敵わないから。それを無意識的に察知して怯えます。

その結果、大げさなケンカにならずに、あっさり収まる。これが「和道」です。「和」することとは、
ただ従うことではない。黙って従ってると、どんどん調子に乗って攻撃してくる奴がいますから、
早い段階で、「中心軸」を使って鎮圧します。そして、この軸というのが、第一段階の『土』です。

ナンパでいうと、10人に声かける「10人解放行」のこと。この場合は、相手を制圧とかでなく、
左右されないようにして、自分の中心の「縦軸」を強化し、同調圧力を突破する力をつけます。

いじめられっ子や、つい周囲に合わせて、後で泣きをみる「いい人」には、絶対に必要な訓練。

posted by fmtbank at 15:41| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2017年04月11日

弱者にとって最も必要な「力」とは?

pic_i002.jpg



私が学生時代の頃、たまに金欠になると、肉体労働のバイトをしていた。

低賃金だし大変だけど、日払いでもらえるから、無一文になったら、やる。

そして、ある時、初めての現場に行くと、すごい口うるさいリーダーがいた。

朝の始業前、みんなが着替えてる時に、ずっと「早くしろ!」とか言ってる。

せきたてて、しまいには「帰ってもらってもいいんだからな!」と、どなった。


その瞬間、食いぎみに「はい!帰ります!」と挙手したのは、我らが家元だ。

お金ないし我慢しようと、理性は考えていたのだが、瞬間に、去ることにした。

その、えばってたリーダーも、まさか本当に帰る奴が現れると思ってないので、

急に怯んで、「う、うん・・。」となったが、私はもう決めたので、帰り支度をする。

帰りの電車賃ないけど仕方ない。そしたら彼が、交通費で千円くれて助かった。





確かに、雇い側からしたら、イヤなバイトだけど、これも、れっきとした「逃げる力」。

理性では、ちゃんとやった方がいいと思うし、怒られるかもしれないと怖かったが、

そういう思考から、瞬間的に、飛び出す。つまり、ナンパでいう、「1人革命」と同じ。

実は、「1人革命」というのは、同調圧力から逃れて、瞬間的に動ける力を養うもの。

攻めというよりも、自分を中心に戻す、守りといえる。逃げるは恥だが、何とか?だ。


他にも、引っ越しのバイトにて、若い金髪のヤンキー二人組が、社員のドライバーで、

トラックに乗り込んだ派遣バイト達に、いきなり「クズども、早く乗れや!」と罵った時。

朝っぱらからイライラして、悪口ばっかり。というのも、エレベーターなしの団地5階、

それを少人数で、こなさないといけなかったから。私は、心底、ウンザリしてしまった。

そこでトラックが団地につき、「オーライ、オーライ」と止めてる時に、私もオーライした。


つまり、現場放棄して、猛ダッシュで逃げたのである。それも、すごい長距離を走った。

正直、この時は怖かった。口の悪いヤンキー風だったので、後から仕返しされるかも?

それでも、こんなガラの悪い連中と、ハードな肉体労働するのはイヤだ!と瞬間決断。

結局、留守電に「殺すぞ」と一言入ってただけで、後日、しばきに来られたりしなかった。

まだ人間関係が出来る前の、一番最初に逃げたからよかったのだ。素早い判断である。





しかし、こんなことを書いて、普通にサラリーマンをしている人は、憤慨するかもしれない。

そんなこと位、我慢しろよ、と。こっちは、その百倍、千倍、耐えながら、仕事してんだから。

すぐ辞める奴、逃げる奴のおかげで、その分の仕事が、こっちに廻ってきて、本当、大変!

それは誠に正解。それでも、声を大にして言いたいのは、まずは「逃げる力」だ、ということ。

辛いのに、逃げられないで苦しんでる人は、たくさんいる。仕事だとか、学校のいじめだとか。


そんなもの、いくらでも逃げていいんだ。でも周囲はちゃんとやってるし、とか、他の人に悪い、

そういうことばかり考えてたら、結局、病気になるか、自殺するしかないと、追い込まれるだけ。

とにかく、弱者は弱者なりに、同調圧力を破って、逃げる力を行使しなけりゃ、生きていけない。

そうして、このフットワークの軽さを身につけるのが、ナンパの「1人革命」による、跳躍だった。

しかし、どうしても逃げれない状況の場合は、どうするか?これもまたナンパを使う!(次回へ)

posted by fmtbank at 15:06| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2017年04月10日

早いうちから、ゾンビ化する子供たち・・・。

pic_g092.jpg



今、自分の意見が全く言えなくなっている、子供たちが急増している。

常に、周囲の視線を気にして、キョロキョロと自信なさげに、元気ない。

なぜ、そんな事になってしまったのか?小学校の先生は、知っている。

なぜなら、三者面談すると、母親たちが「うちの子は本当にダメで・・。」

もう、そんな否定ばっかり。この悪気のない悪口が子供をゾンビにする。


人をダメにするのは簡単だ。その彼自身の中心から、軸をズラせばいい。

するとバランスを崩して、何か外部の安定したものに掴まらないとダメで、

その正解を与えることにより、彼を常にコントロールでき、大人しくできる。

そうして、彼は親の言うことを聞き、学校に入ってからは、周囲の顔色を、

執拗に追いながら、合わせようと頑張る。そのストレスはハンパないだろう。





すべての問題は「中心」である。自分の「中心」からズレると、問題が起こる。

周囲の顔色をうかがう子供でいえば、彼は、もちろん「いじめ」には加担する。

常に同調圧力に合わせるし、自分がいじめられたくないし、自分がストレスを

抱え込んでいるので、はけ口も必要だ。でないと、病気になるか、ある日突然、

ブチ切れてしまう。結局、行き着くところは、他者を殺すか、自分を殺すかの差。


自分が、やけに不安だったり、無力感にとりつかれているならば、それは単純に、

「中心」を見失っているからにすぎない。では、どうすれば「中心」を見出せるか?

当然ながら、「中心」でないものの拒否である。それは意外にも外部になど、ない。

実は自分の「思考」そのものが、「中心」から逸らす敵。もっとも近い所にいるのだ。

自分を抑制する「同調圧力」の正体は「思考」であり、ここから外れるのがナンパ!

posted by fmtbank at 12:18| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2017年04月09日

ナンパは同調圧力を破る力だ。(1人革命)

pic_f007.jpg



ナンパという平和運動を始めるにあたり、最初にやることは、1人に声をかけること。

たった1人だけでいい。パッと声かけて、すぐやめていい。簡単そうで、これが難しい。

間違えてはいけないのが、1時間とか、さんざん歩きまわって、1人声かけるまでは、
絶対に帰らないぞ!と頑張る、「帰れま1(ワン)」じゃないこと。それでは意味がない。

さぁ始めるかとなったら、最も早く現れた女に、すぐに行く。つまり数秒、数分でいくこと。

もしウロつきたいのなら、さっさとまず1人声かけ、その後、好きなだけウロつけばいい。


なぜ、すぐに行くことが条件なのか?というと、自分の力を取り戻し、自分を守るため!

いってみれば、弱者が「同調圧力」を破って、主導権を自分の中心に戻すことにある。

そのためには、できるだけ時間とパワーをかけず、1点集中で瞬時に動く。これがもう、

迷い始めたら終わり。散々、時間もパワーも浪費し、弱者は「同調圧力」には敵わない。

そして「同調圧力」は、実際には、自分の脳内にある。これが働く前に、隙を突いていく。





日本の良い点は、とりあえず、周りのみんなと同じなら安心だと、一致団結しやすいこと。

しかし同時に、みんなと違うと、ヘタしたら馬鹿にされて排除されると、不安になりやすい。

つまり「同調圧力」が異常に強い国。そのために、どうしても空気を読み、流されてしまう。

ところが、そうしてムリして周囲に合わせ、自己犠牲を続けていると、病気になるまで働き、

死ぬハメになる。その前に、サボればよかったのに!自分の身は自分で守るべきなのに!


たとえば、ある時、食事会で出席者が、1人をのぞいて、食中毒になり、救急車で運ばれた。

その助かった1人というのは、出された料理を口にした途端、なんかマズイと、吐き出した奴。

その食事会では、上司のオゴリなので、他の部下達は、ちゃんと礼儀として食べていたのに、
その助かった奴だけは、なんとなく食べたくないと手をつけなかった。ヒンシュクまで買ってた。

もし、どうしよう?と気まずくなって我慢して食べてたら、同様に病院送りになっていたわけで、
たとえ気まずくても、同調圧力に屈さず、ちゃんと自分の感覚に従ったからこそ自分を守れた。

この周囲よりも自分を「中心」に取り戻せるのが、ナンパだ。そのために、ただ1人に声かける。

posted by fmtbank at 13:00| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2017年04月06日

失われた5つの力を取り戻せ!(ナンパ五輪)

gorin



このサイトでは、ナンパのことを「和道」と呼びます。男と女が和んで、

心身を和合させるための「道(みち)」であり、日本独自の和風ナンパ。

伝統的な「和をもって尊しとなす」を極めることで、真の平和を達成する。

具体的には、「何無派(ナンパ)五輪」という、五つの輪を段階的に開き、

活性化することにより、心身を解放し、本当の「和」を体現していきます。


上記の「ナンパ五輪マーク」を見ればわかるように、オリンピックのマーク

とは逆さまで、「競技」「競争」といった、他者を蹴落とすのとは間逆です。

あんな政治的なしがらみや裏金で汚れた祭典とは違い、あまりにも純粋。

まずは自己を中心として、主観を極め、そこから周辺へと花開いていって、

宇宙と共鳴し、素晴らしい世界を創造していき、覚醒にまで到る「道」です。





ちなみに、「ナンパ五輪マーク」の輪の色は、それぞれ5つの力を表します。

左側から、「黒⇒青⇒赤⇒緑⇒金」の5色がありますが、これらは五行です。


1:<土>

2:<水>

3:<火>

4:<木>

5:<金>


この5つの力が、我々の中にはありますが、普段は抑圧されてしまっています。

そこで、この休眠状態から再び目覚めさせて、100%のパワーを取り戻すこと。

そうやって、まず自分を「和」して、他者と「和」することで、世界とも「和」していく。

つまり、ナンパを通じて、平和を実現するわけで、これが「和道」の真の目的です。


そして、そのための教材が『ナンパ五輪プログラム』であり、こちらは実践者専用。

ようやく、全てのトラック情報や解説を載せました。(配信中の方はネタバレ注意!)

結局、一時的な配信の予定でしたが、あまりに完成度が高く、保存版になりました。

これで、一体、どれだけの人々が救われるのか?もう嬉しくて嬉しくて、たまらない。

posted by fmtbank at 15:22| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする