2018年04月30日

コミュニケーションの勝者と敗者(日本サッカー)

ani037-thumbnail2[1].jpg


サッカー日本代表の監督をクビになった、ハリル・ホジッチが会見を開きました。

この時期に、成績不振というより、コミュニケーションの問題を理由に、はたして、
代表の監督を解任できるのか?と疑問も湧いてきましたが、実際の会見を見たら、
そりゃ、解任されるわ!と驚いてしまう程、彼はダメです。まったく、わかっていない。

「コミュニケーションに問題はなかった」って、自分で言っちゃってるし、本当の理由、
真実を教えてほしい、と納得できないようだったけど、まさしく、あれはフラれた男の
典型的な反応です。ある日、突然、フラれたかのように激しく狼狽して、被害者ヅラ。

すでに、そのずっと前から兆しはあったというのに、鈍すぎて気づいてないんですよ。


自分は、女に対して、これだけの事をやってあげた。予選を1位で通過させてあげて、
高いハンドバッグも買ってあげて、毎日のように連絡もしてた。とんでもなく長すぎる
ミーティングを何度も繰り返してあげた。いっぱい努力したぞと、自己正当化ばかり。

しかし、実際のところ、彼は日本代表を弱くしてしまいました。結果も悪くなりましたが、
何よりもチームをバラバラにしてしまった。まとめることが出来ず、監督の器じゃない。
いかに実力があろうとも、あまりにも他者の心が読めず、ただのトラブルメーカーです。

私はサッカーに詳しくないので、戦術とか分かりませんが、彼は日本で、車の事故を、
2回も起こしています。1回ならまだしも、それだけ不注意で、物を大事にしない人が、
全体を見守る監督なんか、やってはいけません。粗雑すぎるし、全ては自業自得です。





そんな鈍くて、セカイから嫌われるハリルと対照的なのが、女子サッカーの高倉監督。

彼女は本当に素晴らしい、コミュニケーションの天才です。最近、久しぶりに、なでしこ
の試合を見たら、監督が地味なオバさんになってて、ガッガリしてたのですが、何となく
監督インタビューの喋り方が気になって調べてみたら、どんどん好きになってしまった。

彼女は、もともと指導者になるつもりはなく、まず子供にサッカーを教える所から始まり、
さらに中学生にも教えてと、頼まれるがまま、その流れで、アンダー17で世界1になり、
アンダー20では世界3位と、順当に結果を出して現在、日本代表の監督になってます。

そして今でも、子供に教えたり、ママさんサッカーを教えたりと、とにかく人を育てるのが、
好きみたいで、男子サッカーの監督のように、ほんの短期間に来て、さっさと帰るだけで、
自分の名誉を、何よりも気にしてるエゴイストとは、全然違う。日本の和を熟知してます。

特に、どうすればチームが一つにまとまるか?に重点を置いて、いろいろやってますが、
あえて、和を乱すかもしれない変わった選手を「宇宙人枠」として、呼んだりしてきました。


ちなみに、前の監督のノリオは結構、細かく指示するタイプでしたが、高倉監督は、よく
選手の話を聞き、自主性を引き出そうとするタイプです。かといって優しいのではなくて、
かなり強気です。「プレッシャーなんか、あるわけがない」とか言い放ったり、カッコいい。

なんか、女特有の大胆さがあるんですよ。スタメンも試合が始まるギリギリまで決めず、
いろんな事を直感で決めたり、合宿先では、川柳大会をやったり、1発芸大会までして、
その理由も「私が見たかった」なんて言ってしまう、茶目っ気もあり、柔軟性が凄まじい。

なでしこのチームは、表彰式ではスーツ着用ですが、「ピンヒールとドレスで現れる選手
が1人位いても面白いのに」なんて考えたり、自分は江戸時代が好きなので、休みには、
江戸時代にタイムスリップして妄想で遊んでたり、創造性を大事にしてる所が最高です。

「チームの底力というのは、私が、いくら大きな声で言ってもダメで、チームの内部から、
湧き上がってこないとけない。」と、ナンパ五輪でいう、第四段階についてもわかってる。
そして、最後的には運が決めるから、勝負の神に好かれるために、道具も大切にする。

本当、この人、わかってるなー、と大好きになりました。おかげで、サッカー指導に関し、
興味をもって、しばらく勉強してみましたが、ナンパ活動にも通づる、コツの宝庫でした。

posted by 家元 at 18:15| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2018年04月22日

最終的に、お金持ちよりも、「快」持ちだ。

am100_an010.jpg


どんなに大金持ちでも、毎日を不安まみれで暮らしている者は多い。

資産を失う恐れや、無理して稼いだツケの人間関係で苦しんでいる。

彼は、金は持っているが、結局、「快」を持っていない。「快」に乏しい。


一方、金持ちではないが、溢れんばかりの「快」を持っている者がいる。

金銭面では、下流以下であろうとも関係ない。彼の生活は、「快」まみれ。

見事に快感で満ち足りている。これを「お金」持ちならぬ、「快」持ちという。


そして、「お金」を多く持つ者が、他人に「お金」を分けることが出来るように、

「快」を多く持つ者は、他人にも「快」を与えることが出来る。その余裕がある。

要は、「お金」は物理的な自由を与えるが、「快」は精神的自由を与えるのだ。


ゆえに、自らの「快」を増やすことが、今回の戦争に勝ち抜く唯一の道である。

まさに、大恋愛代理戦争は、「快」のための、「快」による戦争。「快」に生きよ!

posted by 家元 at 09:35| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2018年04月21日

快楽を追う男と、拒否する男たち・・・。

am100_an001.jpg


「僕は人のために、ボランティアしたいんです。」

そう言う、優しい男。

「俺は、めちゃくちゃ稼いで、金持ちになりたい。」

そう言い切る、自分勝手な男。


はたして、どちらがナンパで結果が出るか?

もちろん、後者である。最大の理由は1つ。


それはエネルギーである。後者の方がパワフル。

彼には、エネルギーが集まってきて、増えていく。

あたかも、お金が集まってきて増えるかのように。

しかし、ボランティアの彼には、お金は集まらない。

そして最終的には、自分の生活さえ、出来なくなる。


こうして、「お金」を悪者のように、遠ざけることは、

自分の「快」に目を閉じ、遠ざけることに似ている。

彼は、自分の快感を悪いもののように、否定する。

その結果、「快」に乏しく、エネルギーは集まらない。


女達は言う。「彼は、とってもイイ人なんだけど・・・。」

posted by 家元 at 15:15| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2018年04月19日

自分勝手な男は美しい。

ani038.jpg


「僕は、女の子を楽しませたいんです。」

そう言う、いかにも、優しそうな男。

また一方で、「自分が気持ちよければいい。」

そう言い切る、自分勝手な男。


はたして、どちらがナンパで結果が出るか?

もちろん、後者である。最大の理由は1つ。


自分勝手な男の方は、「快」を持っている。

優しい男の方は、自分の「快」を持ってない。

持っていても、あまりに「快」が弱く、乏しい。


そして、持っていないものは、与えられない。

自分から、女に「快」を与えることが出来ない。

全ては「快」である。まず「快」を手に入れよ!

posted by 家元 at 14:00| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2018年04月17日

戦っている同盟国の皆さんへ

earth-fe57a-thumbnail25B15D-thumbnail2[1].jpg


男と女の代理戦争は、まだ始まったばかり。今までは準備段階でした。

こちらからもメルマガで兵器をお送りしていきますが、とりあえず地蔵は、
ほぼ全員が脱出できた模様です。陸軍の編成は、すでに完了しました。

しかし、過去の兵隊の招集については、人により明暗が出てきています。
これは、やる気を失ってきている人へ、援軍を送るためのものでしたが、
逆に、もう新しく突撃しなくてもいいやと、攻撃の手を緩めた者もいました。

その場合は、過去の援軍を止めてください。かえって自滅の道を辿ります。



このように諸君は、自らの戦略を大きな視点で、コントロールしていきます。

いわゆる、我が王国の統治者なので、各自がそれぞれ運営していくのです。

そういう意味で、諸君を「士官候補生」と呼ぶのはやめました。それは失礼。

立派な同盟国の主君だと思って、今後もサポートしていきたい。幸運を祈る!

posted by 家元 at 15:37| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2018年04月12日

士官候補生の皆さんへ(訂正)

0end.jpg



現在、大恋愛代理戦争のメルマガを、希望者の方にお送りしています。

ところが今週号に、大きな変更点があったので、ここに訂正いたします。

それは陸軍の地位昇格について、最初のイントロで説明した部分です。


 少尉、100GET

 中尉、1000GET

 大尉、10000GET


これは、さすがに無理があった。大尉の1万GETなんて、一生無理や!

そんな意見が続出したので、これはやめます。いったん忘れてください。


なお少尉の100GETは簡単なので、これは、そのまま続行いたします。

少尉から上の、他の地位に関しては、再編成しましたので、また後ほど。

(別に、メールで伝える程のことじゃないので、ブログにて失礼しました。)

posted by 家元 at 15:04| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2018年04月11日

グッバイ、ハリルホジッチ・・・。

ani037.jpg


サッカー日本代表の監督、ハリルホジッチが突然、解任された。

とても嬉しかった。これで、彼の「不快」な仏頂面を見なくてすむ。

ハリルホジッチが、どんなに実力あろうとも関係ない。彼の存在は、
恐ろしいほど柔軟性がなく、常に「不快」な状態に見えていたから。

結局、その人が、どれだけ「快」を持っているかが、最重要になる。

コミュニケーションを疎んじた、「不快」な者は追放されるのだった。



一方、なでしこジャパンは素晴らしいと思う。何が?って、解説が。

何といっても、松木(男)と、大竹(女)のコンビ解説がいい。たまに、
適当なことばかり言う松木の発言に、大竹が笑うのが、たまらない。

いつだったか、ウケた松木が調子に乗り、さらに発言したことに対し、
大竹が笑いが止まらなくなった時があった。私は最高に幸せだった。

最近はシビアな試合で、そういう余裕を感じれないが、とにかく会話、
コミュニケーションに「快」が生まれる瞬間は、たまらないものがある。

特に男が女を笑わせるシーンは美しい。誰であろうと、どこであろうと。

posted by 家元 at 16:07| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする