2017年06月04日

僕らの最大の武器とは何か?(ネタバレ注意)





我々は勘違いしています。同じ人間だから、同じ日本人だから、コミュニケーションとれると。

ところが、普通に日常会話ぐらいは通じても、深い部分で通じあおうとすると、途端に難しい。

何となく通じてると思ったら、まったく通じてない。そして、どんなに理屈で伝えても無駄です。
しょせんは相手の狭い思考空間で処理されて、奥まで行かない。相手の中にそもそもない。

子供と話してる時は、理解力がないので、どうしても会話レベルを下げるように、大人相手
であろうと、「あ、この話、通じないな」と思ったら、途中から、話すのやめたことないですか?

特に、ある程度、つきあいが長い相手は、すでに、その人のキャパシティがわかってるので、
「ちゃんと話して!話せばわかる!」と言われようが、絶対にムリだと思うので、もはや話す
気力さえ生まれません。それ位、話が通じる、通じないという問題は、根深いものがあります。





なお今回、映画『メッセージ』を紹介したのは、あれこそがコミュニケーションの基本だからです。

その基本とは「伝わらない」ということ。あれはエイリアンと人間ですから、そんなの前提ですし、
何とかして疎通しようとしますが、しょせんは人と人も、日本人同士でも、伝わりっこないのです。

むしろ、ヘタに通じると思い込んでいるから、いちい会話が盛り上がらないだとか、誤解されたと
落ち込んだりしますが、もともとが誤解しかない。ほぼ誤解につぐ誤解です。それでいいんです。

路上に出ると、道場に入ると、そこはもう、ほとんど誤解しかないセカイです。その中で、懸命に、
意図を伝えようと、和合しようと努める、その姿勢こそが重要で、コミュニケーションの本質です。

意外に外国人との恋愛にハマる人が多いのは、言葉が通じにくいぶん、この伝えようする姿勢、
全身で知ろうとして耳を傾ける、会話の本質がたち現れるから。それなくして、真の交流はない。





ちなみに、映画『メッセージ』では、言語こそが武器である、という話でした。それも言語によって、
時制の認識が変わるという、究極の形を提示してきました。家元も、これには感心したものです。

確かに、言語は性格さえ変えます。よく留学していた女子に聞くと、英語では自己主張できても、
日本語になると、とたんに優柔不断になるらしい。これは主語の後にすぐ述語がきて、ハッキリ
している英語と、主語の後に幾らでも余計なことをつけ加えながら、最後に述語がくる違いです。

また他にも、荒っぽい言語を使うと暴力的になり、オネエ言葉を使うと、本当に仕草が変わるし、
わかりやすい変化ももたらす。しかし、この作用には、もっと深くて凄い何かが隠れていそうで、
研究の価値があるなと興味をもちました。言語というよりも、正確には認識の力でしょうけれど。

それはともかく、表題にある、僕らの最大の武器とは、もうおわかりのように、「伝わらない」こと、
これを徹底して知っていることです。ナンパをすることは、まずは「伝わらない」ことに凹みまくり、
だからこそ真剣にならざるをえなくなり、結果、コミュニケーション能力が伸びていく冒険談です。

知り合いばかりに囲まれ、そこで安心しきってブクブク太っている家畜とは違い、真の会話の力
を求めて危険に飛び込む、コミュニケーションの究極の探究者ですから。そして、そこで見つけた
感覚や認識が、普段の生活にも活きるようになり、知り合いとの会話も、より豊かになるのです。

posted by 家元 at 09:42| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2017年06月02日

この人には話が通じない、と思われることの哀しみ





ちょっと前に、会話には、話し上手と聞き上手がある、と書きましたが、これはあくまでも、
簡単に分けただけのもので、本来、もっと深い意味があります。そう単純ではありません。

例えば、口下手な人にとっては、喋り上手と聞き上手ならば、聞き上手の方が簡単そうで、
「ただ真剣に聞いてりゃいいだけでしょ?」となりますが、そんな、表面的なポーズ以上に、
自分の器量そのものを試される。いわゆる精神的な空間の広さや深さがあるのかどうか?

はたして、あなたに、この深い話が通じるのか?共感できるのか?という問題は、実際に、
哀しいほど個人差があります。その人の経験だけでなく、感性の問題になりますから、もう、
数ヶ月とか、短時間で力がつくものでない。一年で、ほんの少し変わればいい程度でしょう。

それだけ聞き上手になるための第四段階<術>は、ナンパの中でも、最も難しい領域です。

ハッキリいって、喋り上手になる第三段階<芸>なんて、これに比べたら、屁みたいなもの。





ちなみに、これを映画で例えるなら、「第三段階<芸>」の映画とは、娯楽の王道になります。

美男美女が出てきて、ドンパチやらかして、展開も速く、派手なシーンが満載の刺激的なもの。

もちろん、こういったベタも楽しいのですが、「第四段階<術>」の映画になると、たんなる娯楽
とは別の、言語化する前の、もうちょっと深い部分をすくいとり、さらに感動して、忘れられない。

あー、そこ!そこを表現する!と気持ちよくなってしまう。言葉にしづらい感覚で胸いっぱいに。


ところが、「第三段階<芸>」しか理解できない人にとっては、あまりに退屈で「何?」ってこと
になりかねません。例えば、映画『メッセージ』なんかは<術>の映画ですから、絶賛する人、
非難する人とに分かれる。そして否定する人にとっては、深い所など全然、見えてさえもない。

いかに彼に、どんなにここが素晴らしいかと細かく語ろうが、理解できないのです。理屈でなく、
精神の深層部分が開発されてるかどうか?の問題ですから、もう絶望的なほど、通じません。

一方で、こういう個人的で繊細な感覚に共感してくれる人がいると、心が通じて嬉しくなります。

だから、話し上手かどうか?よりも、最終的には、この共感性によって、男女は惹きあうのです。

posted by 家元 at 15:26| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2017年06月01日

自分だけの究極の「道」を求めて

calling1.jpg



ナンパをするにあたって、最も大事なのは、自分だけの「道」です。

絶対に他人と比べない。他人には他人の道があり、無関係なのに、
キョロキョロと気をそらしてしまい、自分の道から外れ、迷ってしまう。

これが多くの他人の動向が知れる、ネットの弊害です。別に、焦らず、
他人の意見も参考程度でいられるならOKですが、もし自分のことを、
他者と比べてダメだと思い込んだりするなら、そんな情報は遮断する。

完全にカットして、自分のやるべきことだけをやる。これが迷わない道!





とにかく、最も身近な足元を大事にして、また同時に、一応の目的も持つ。

たくさんGETしたいのか?彼女が欲しいのか?どの場所でやるか?など、
いわゆる「戦略」を決めるのが「道」です。その目的によって、何をするか、
何を捨てるか、決まってきます。この切り捨てることの方が、より重要です。

あれもこれも、出来やしない。特に、弱者は、ほとんど何も出来ませんから、
1つや2つに絞って、潔く捨てます。ところが、この目的自体、稽古が進むと、
変わってくる。自分が予想していたのとは違う方向に進み、混乱してしまう・・。

実は、「道」というのは「未知(みち)」です。あまりにも意外な展開や結末が、
未来に待っています。また最終的に、出会う相手は決まっているので、もう、
何をしようが、なるようにしかならない、という達観や、サトリにまで到ります。

posted by 家元 at 15:18| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2017年05月30日

会話の力は、両極端の中でこそ目覚める!

inyou2



何も持たざる一般人が、コミュニケーション能力を向上させるには、

見知らぬ婦女子に声をかける、いわゆる、ナンパをするのが一番。

なぜなら、会話に必要なコツや極意が、ぜ~んぶつまっているから。

特に、今、自分に足りない要素の稽古を重点的にやれば、なお良し。

例えば、あなたは今、以下の4つのうち、どの稽古が必要だろうか?


1、「型」: 声かけに問題がある場合は、不動心をつけるために「型」稽古。

2、「技」: 会話に持ちこめない場合は、柔軟性を養うために「技」の稽古。

3、「芸」: 会話が盛り上がらない場合は、魅力的に演出する「芸」の稽古。

4、「術」: 相手が深い部分まで心を開かない場合は、繊細な「術」の稽古。

(ちなみに、さらに上位である、5の「道」の稽古は特殊なので、ここでは省く)





なおナンパの稽古が面白いのは、1つ1つの稽古が独立しておらず、陰陽的に、

補完しあって、他の部分が伸びると同時に、相乗効果で共に上がっていくところ。

たとえば、1の声かけの「型」はストイックで固くて厳しいが、2の「技」は、柔らかく、

とてつもなくテキトウになる稽古で、まさに正反対。つまり剛と柔で補完しあってる。

ゆえに、どちらか片方だけでは偏ってダメで、両方やることで効果的に成長できる。


 「型」と「技」

 「芸」と「術」



また、3の喋り上手になる「芸」の稽古と、4の聞き上手になる「術」も正反対である。

「芸」を開花させるには、いろいろネタも仕込んでサービス精神を発揮していくのだが、

「術」では逆に、どんどん余計なことをやめていき、ほとんど何もしない引き算の稽古。

つまり、こうして「型」と「技」、「芸」と「術」という両極端の稽古をやるからこそ、伸びる。

これまでの歪んだコミュニケーションの偏りが正され、素直に戻り、無敵になれるのだ。

posted by 家元 at 13:48| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2017年05月29日

あなたは話し上手タイプ?聞き上手タイプ?

pic_i030.jpg



会話が上手くなりたいと思う人は多い。しかし口下手な人ほど、大きな勘違いをします。

それは、ペラペラと面白い、マシンガントークが出来るようになりたい!と焦ることです。

自分にないものだからこそ、憧れるわけですが、もしや、そっちのタイプじゃないのかも。

よく、話し上手と聞き上手と言われるように、会話の力は二種類に分かれます。自分は、

受けが得意なのか?喋りが主体なのか?と考えると、やはり口下手な人は受けを選ぶ。


そして、これもまた勘違いな場合が多い。自分に正直になってください。喋り上手の方が、

楽しそうじゃないですか?もし、少しでも興味があるなら、やってみると、案外できたりする。

ただし会話の目的は、上手に喋ることではありません。相手と打ち解けて、楽しむことです。

「会話」とは、心を開いて和する「開和」でもあり、緊張を解き、打ち解ける「解和」でもある。

あくまでも「和」することが目的で、面白いトークだとかは、たんなる手段の1つでしかない。





そういう意味で、相手と「和」するためには、使えるものは何だって使うぞ!の姿勢が正解。

だからナンパでも、相手を面白がらせるために喋ると同時に、聞き上手の稽古も両方やる。

この面白~く喋ることを、第三段階の「芸」と呼び、聞き上手を、第四段階の「術」といいます。

ここでよく勘違いするのが、「芸」の方が難しそうで、聞き上手なら出来そうだな、という感想。

てめぇ、ナメてんじゃねーぞ。そういう人には、この一言を送りたい。だって、すんごい難しい!


まるで芸人のように、マシンガントークで笑わせて惹きつけるのは、その力が、わかりやすく、

多くが納得できます。でも聞き上手の「術」というのは、一見、地味です。たいしたことしてない。

ところが、特別なことしてないのに、女子はあれよあれよと心を開き、気づくとハダカになってる。

いわば聞き上手というより、「開かせ上手」であり、もうね、「術」としかいいようがないんですよ。

ゆえに、マネしやすい喋りの「芸」よりも上位の「術」となりました。ぜひ両方とも磨いてください。

posted by 家元 at 13:28| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2017年05月28日

トークを極めるために行う、五つの稽古

!cid_0E14B605-D0B1-47B6-80E8-61D3F13EA033@zaq_ne1.gif



日本の男は、本当にトークが下手な人が多い。いいものを持っているのに、

素晴らしい感性と、その会話能力は使われず眠っており、実にもったいない。

そこで、コミュニケーションの力を稽古して伸ばすために、「和道」が生まれた。

この純日本風のナンパとも呼ばれる「和道」は、五つの稽古で構成されている。

以下が、初心者から達人へと昇りつめるために繰り返す、五つの稽古体系だ。





1:<型>

2:<技>

3:<芸>

4:<術>

5:<道>






ご覧の通り、まず最初は「型」を稽古し、その応用としての「技」を使えるようにし、

今度は自分を魅力的に見せる「芸」を開花させ、さらに「術」を磨き、深みへと入り、

最後は、自分だけの「道」を極めていく。これが標準的な「和道」の稽古体系である。

これら各段階の稽古は、それぞれが独立していると同時に、補完しあっているため、

どれも欠かせない。また、これらはナンパ五段階の五行にも通じている。精進せよ!

posted by 家元 at 15:18| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2017年05月27日

人生の停滞期にいる者が、救われる道とは?

0syuraroad.jpg



もしも現在、あなたが人生に迷っていて、闇の中をさまよっているのなら、ようこそ!

特に、いろいろ解決策を求めて、試してみても結局、ほとんどダメだったら、なおOK。

その停滞期から抜け出るためには、ある強大なキーがある。それが、「会話」だった。


または、そこまで重くなくとも、毎日が面白くないと、気持ちが沈んでいる場合も、同様。

人生をとてつもなく面白く、充実させていくには、「会話」こそが、ブレークポイントとなる。

だが、そんなこと言われても、あまりピンとこない。「会話」なんて、昔から、やってるし・・。





ハッキリいって、この歳になって、今更、「会話」なんて勉強したくないんですよ、普通は。

例えば、英会話だとか外国語の習得なら、いろいろ役立ちそうだと勉強しやすい。実際に、
外人と話して、ちょっと疎通できただけでも嬉しく進歩も感じやすい。だから多くがやってる。

しかし日本語の会話なんて、すでに出来てるわけだし、魅力を感じません。それでも中には、
もっと喋るのが上手になりたいとか、コミュ障をなおしたい、などと思っていたりする人も多く、
実際、コミュニケーションの強者になったら、人間関係も仕事も恋愛もよくなると思ってます。

それでも、日本語での会話を勉強しようとは行動しない。なんとなく思いはすれど、やらない。

どうですか?周りに、「オレ、会話を勉強してるんだよ。」っていう人、いますか?外国語なら
学んでる人はいるかもしれませんが、「本気で日本語やっとる!」っていう人、いないでしょ?


これがもう、不思議な程、いないんですね。大抵の悩みは、会話を勉強して高めれば、解決
してしまうというのに、何かわからんけど、他の横道にそれて右往左往している人ばかりです。

まず、その理由としては、勉強方法がわからない、という点もあるでしょう。コミュニケーション
に問題を抱えた人は、いろんな会話のノウハウ本とか読みあさったと思いますが、どうでした?
まぁイイことは書いてあるけれど、ウワーッ!と爆発するほどの変化は起きなかったはずです。

それに、そもそも会話を勉強するのは、なかなか続きません。毎日、誰かしら人と会うのならば、
すぐに実践できるのに、すぐ忘れるというか、止めちゃうんです。結局、いつもの感じのトークで、
茶をにごす。なぜなら、そこには「緊急性」がないから。強烈な「必要性」がないため、続かない。

そこで、ナンパの登場です。もちろん普通の男なら、ナンパなんて出来ない、または意味ない、
といった抵抗感を覚えます。しかし、これ程、確実に、会話の力がつく「道」は、他にありません。





なぜ、会話の力をつけるためには、ナンパが一番なのか?それは、その「緊急性」にあります。

まずは手始めに、見知らぬ女子に話しかけてみてください。もう驚くほど、喋れないのに気付くし、
次々に失敗します。無視されるし、冷たいし、少し話せても盛り上がらないしで、やってらんない。

ここで身にしみて、トーク力を上げないと!と思うわけです。トーク力がないと苦しくて気まずくて、
最悪の時間ばかりになり、これが死活問題となってくる。この「緊急性」があって初めて、真剣に
会話の勉強に取り組むようになる。そして少しでも向上すると面白くなり、ますます、のめり込む。


これは特に、女に縁がない人の方がいいですね。うわっ!初めてのデートで、何を喋ろう?とか、
必要性が高くて、勉強せざるをえない。そもそもルックスがいい男だと、最初から相手にされて、
トークはシンプルなもので充分だったりする。会話力を高める必要性がないため、伸びません。

とにかく、勉強に必要なのが「必要性」です。受験勉強だって、試験があるから頑張れる。ただ、
勉強しろ!と言われても、先延ばししてやらない。だからナンパでもって、必要性を作る。さらに、
性エネルギーという、女を求める本能も利用し、高みにまで昇りつめます。それが「和道」です。

では、前口上が長くなりましたが、そろそろ「和道」の、具体的な稽古内容に入っていきましょう。

posted by 家元 at 15:29| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする