2017年03月08日

ナンパは捨てるとこないよ。しゃぶり尽くせ!

1start3.jpg



現在、『ナンパ五輪プログラム』を配信中のため、ブログはお休み状態でした。

やはり、どうしても配信スタート時は、全ての時間、全エネルギーを注がないと、

離陸できないんです。ナンパ同様に第一段階だけは、最も本気に取り組みます。


しかも今回は、自分自身があまりに夢中になってて、毎日、ずっと聞きまくってる。

こんなの初めてです。「最高!」と絶叫しながら、真剣にブラッシュアップする日々。

できれば、限界まで内容をよくしたいので、配信期間の50日は、命を賭けますぜ。





なお、この期間は、ブログは以前より短文で、時々になりますので、ご了承ください。

こうなることは、すでに分かっていたので、最近は、早いところ伝えないとマズイぞと、

ず〜っと毎日更新してきました。ところが結局、さわりの部分までしか書けていません。

ナンパ五輪の第5段階まで書くつもりが、声かけの第1段階さえも、終わらなかった・・。

(最も伝えたかったのは、誰もが一目でナンパがわかる、新しい極意図だったのに!)


この原因は、私が声かけの第一段階について、これでもかと、しつこく書きすぎたから。

どうしても、「地蔵脱出」という基本的なことばかり、肩入れしてしまうんですよ。だって、

ナンパに挑戦した過半数が、この最初の段階で挫折します。これが悔しくて仕方ない・・。

だったら、せめてナンパに挑戦したことが無駄にならないよう、「中心軸」を作ることなど、

実生活でも使えて、人生が変わるような修行を組み込んで、ナンパを体系化したのです。





ハッキリいって、ただ女を追うだけなら、バカらしくて続きません。最終的に、時間の無駄。

たとえ成功しまくったとしても、それに慣れて、ハムスターが同じ輪を走ってるだけになるし、

全然成功しない人にとっては、結果が出るまで、自分を虐めてばかりの苦行になってしまう。

だからナンパの全ての過程から、できる限りの恩恵を得ようとしたのが、ナンパ五輪であり、

もう徹底して、骨の髄までしゃぶり尽くしています。たとえ、すぐ挫折しても、損しないように!


たとえば、まったく結果が出なかった人でも、第一段階の声かけの軸づくりをやっただけで、

パッと瞬時に動けるようになったり、苦手な人と話すのも平気になったりと、成長できます。

以前、結婚式のスピーチが怖くて、声かけを訓練したところ、大丈夫になった人もいました。

そういう感じで、GETできたとか、彼女ができたなどの結果以外に、いろんな変革が起こり、

毎日が変わるものとして、ナンパを体系化しました。どんなにダメな人でも損はさせません。

(これが、全員が救われる道!)

posted by fmtbank at 08:45| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2017年03月03日

ナンパ師の誕生から死まで、12年の記録

death.jpg



本日より、『ナンパ五輪プログラム(50日間)』が、配信スタートとなりました。

これは12年にわたり、実際に録音したナンパ音声を緻密に構成したもので、

ナンパ師の誕生から死までの12年を、全50号の音声メルマガで描きます。

ただし、もちろんメインは、少しずつステップアップしていくノウハウ教材です。


最も意識したのは、できるだけ短くすること。こういうのは長いとダメなんです。

ダラダラ長いと集中できません。サッと空き時間で、繰り返し聴けるのが大事。

だから各号も、約15分前後にして、これが50号あるから、合計は12時間半。

つまり12年ぶんの内容なので、1時間が1年分の凝縮された英知となります。





ちなみに、記念すべき第01号は、やっぱり「1人革命」から。これは欠かせない!

しかも内容は、私が一ヶ月間、毎日「1人革命」を続けた記録を15分に編集して、

聴いているうちに、自分でもやってみよう、続けてみよう、と思う感じを狙いました。

ただし次号は、いきなり、この10年前の実録へと戻ります。今回の教材の強みは、

初心者の頃の音声と、10年後の達人の音声とが、クロスオーバーしていくところ。


すでに慣れた人の安定した実録だけでは、共感しにくいんです。だから、オドオドと、

弱気の中でも頑張っている姿と、その両側から解説し、混ざり合っていくのがベスト。

そうして、気持ちをノセることを第一に、制作しました。すでに、お聴きの通り、かなり

細かく編集しまくり、BGMも使うスタイルです。なぜなら、この世で、最も退屈なのは、

ナンパトークだから。それを承知の上で、面白く聴けるようにと、挑戦した12年でした。

posted by fmtbank at 09:07| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2017年03月01日

ようやく、ナンパ教材で日本一になりました。

!cid_0E14B605-D0B1-47B6-80E8-61D3F13EA033@zaq_ne1.gif



日本で最も効果のある、圧倒的な内容の「ナンパ教材」は何でしょうか?

はい、実は、明後日から始まる『ナンパ五輪プログラム(50日間)』です。

ようやく日本一になれました。こういう自画自賛は、この13年で初めて!

でも仕方ない。もはや私の意志ではなくて、これは作らされた感がある・・。


最終的に、こんな強烈な傑作になるとは、最近までも、予想できなかった。

今年になってからの制作中など、ずーっとワクワクが止まりませんでした。

だけど、これまで購読された人達への感謝を、絶対に忘れてはいけない。

皆様の協力があって、最終的にバケモノのような教材が出来たわけです。





はたして、これを超える教材を今後、誰かが作れるのか?はわかりません。

私は、もう無理。全てやりきりました。女遊びに関しても、一切、悔いはない。

いわば今回の教材は、私の卒業論文であり、最後の「ウィニングラン」です。

そして作品としては、これだけ聴いて!というディレクターズカット版でもある。


特に今回は、あまりに胸が熱くなる、新バージョンのラストにもご注目ください。

全体を通しては、とにかく聴く者をナンパの世界へと誘う、凄みに満ちてます。

時間軸のズラしや、小さなギミックにもこだわりぬいた、珠玉のアートでもある。

飽きずに、何回も聴き直せるよう工夫しました。どうか焦らず、実践してください。


配信開始は、3月3日の雛祭りになります。この日は通称「女遊び」とも言われ、

まさにお祭り気分で、この春を「女遊び」や「空間遊び」で盛り上げていけたらと、

思っています。それでは皆様、明日より最後の50日間を、よろしくお願いします。

posted by fmtbank at 09:04| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2017年02月28日

声かけで悲惨な事故を防ぐために(要注意!)

pic_g347.jpg



ナンパでは、たまに事故が起こります。それは大抵、連続で声をかけている時・・。

そんな時、突如、強烈な罵声を浴びたり、男にからまれたり、警察に通報される。

どうしてもスピードアップして、勢いで声かけ続けていると不注意になるからです。

前回、あえて声かけを加速させ、「スピン」することを伝えましたが、今回は補足で、

できるだけ事故を防ぐための、最低限の注意点を述べます。それは「者間距離」!


つまり、声かける時の相手との距離です。車が事故を起こさないよう、車間距離を

とるように、ナンパで声をかける時も、二者の間に、ちゃんと距離をとることが大事。

この「者間距離」は、こちらの手が届かない距離です。相手は最初警戒しますから、

絶対に暴力をふるえない距離をとって声かける。これは最低限のマナーなのですが、

実は、ナンパ慣れしてくる程に、出来なくなる。車の事故同様に、慣れてからが危険!





ナンパ慣れすると、つい馴れ馴れしくなり、ピタッと横づけし、近距離で声かけてしまう。

また「スピン」して連続で声かけていると、その勢いが止まらず、近距離になりがちです。

そういう時、相手は、自分のプライベートサークルに突然侵入されて、カチンときやすい。

私も、思いっきりヒザを蹴られたことがあります。あまりに強い蹴りで、皿が割れかけた・・。

5日間くらい痛みが消えず、苦い事故でした。これも「者間距離」を忘れていたのが原因。


以前、渋谷の観光大使にまでなったという、チャラい名物ナンパ師がいました。彼なんか、

何を言われても全然平気で、「番号、教えて」と書いてあるサングラスまで、している猛者。

そんな200人に声かけ続けても大丈夫な彼にも、唯一言われて、傷ついた言葉があった。

それは「口くさい」だそうです。わかりますよね?口臭がわかる程、近づいていたからです。

慣れすぎると、つい「者間距離」を忘れがちですが、これは、自分を守るためにも必要です。





そういうわけで、初心者だけでなく、慣れた人も、「者間距離」を意識して安全運転しましょう。

何度もいうように、ナンパとは「空間把握」なんです。重力だけでなく、「間」にも敏感になる。

だから何無波空間に入ったら、まず自分の軸を作って、中心を決めます。そうして加速する。

最初の1人に声かけることが「点」で、次の2人に声かけるのが「線」、さらにスピンして3人、

これが「面」となり、1次元、2次元、3次元と順次空間を把握し、その場に馴染んでいきます。


なお、この時、その空間を支配しているのは重力です。だから、その安定した力を利用する。

意識的に下方向「↓」の力を使い、自分の中心軸を安定させて、不動の心で、声をかけていく。

ただ最後に補足すると、加速して声かけていく「スピン」の時は、少し気持ちを上げるというか、

勢いをつけて、横方向の「→」も活性化させます。下方向「↓」の軸を持ったまま、横へと跳んで、

勢いによる「→」への慣性の力も使う。これを武術でいう、「浮き」と呼びます。細かい話ですが。

posted by fmtbank at 12:59| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2017年02月27日

最も簡単なのは「勢い」で声かけること!

pic_d043.jpg



やはり、ナンパで最も難しいのは、その日初めて、1人目に声かけることです。

だから1人目は、意識を1点に集中させ、瞬時に声かける。これが「1人革命」。

そうして1人できたら、今度は「地」と「天」に捧げるようにして、2人に行きます。

これが天と地を結ぶ、縦の軸をつくる儀式の「天地統合」です。これで合計3人。


ここまで出来たら、今度はさらに次のステップに移りましょう。お次は「スピン」で、

テーマは回転です。スピンすることにより、勢いをつけて、パワーを燃焼していく。

具体的には、これまでよりスピードアップして、連続で3人に声をかけていくこと!





すでに経験ある方も多いでしょうが、声をかけるのに最もラクなのは「勢い」です。

勢いをつけて、バババッ!と声かけていくと、慣性の法則で、次から次へと行ける。

その感覚、ノリを確認するためにも、3人連続で声をかけ続ける。これが「スピン」。

うまく「スピン」できるとパワーがあふれ、「何でも出来る」万能感までも出てきます。

しかし最初から、それを狙うと難しい。そこで、準備しながら回転速度を上げていく。


例えば、現地について、いきなり多く声かけようとしてスピンすると、どうなるでしょう?

もちろん、うまく回転し出す時もありますが、大抵、空回りしてしまい、場から浮きます。

その空間の調和を乱し、目立ってしまい、男にからまれたり、警察に通報されやすい。

そういうナンパ師を見たことないですか?空回りして頑張って、痛々しく目立ってる人。

これを避けるために、まず「1人革命」、「天地統合」で落ち着いて声かけて、準備する。





実際に、たくさん声かけていくと、パワーに満ちていく時もあれば、ダメになる時もある。

このダメになっていく時というのが、自分の中心軸がズレて、空回りしている時ですね。

やはり、「軸」を決めないと、「中心」を捉えないと、コマ回しが失敗した時のようになる。

コマが「軸」を傾けて、バランス崩して回っていると、変な動きになり、早くに止まります。

それと同様に、ナンパでも「軸」をズラしたままスピンすると、消耗が激しくなってしまう・・。


だから、まずは「1人革命」した後に、「天地統合」で2人に声かけて、「軸」を確認します。

そうして初めて、「スピン」を開始する。いわゆる、スピードを上げる。テンションを上げる。

とはいえ、いきなり最高速度にはしない。少しずつ、ホップ・ステップ・ジャンプで加速する。

つまり、3人声かけるというのは、三段階で加速するということ。これで空間に馴染みます。

しっかりと、下方向の重力「↓」の意識があれば、その場で浮かずに、次々、行けるのです。

posted by fmtbank at 12:59| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2017年02月26日

女の「引力」 VS 男の「重力」

11dame0.jpg



あまりに大事なことなので何度でもいいます。ナンパは重力を使えば楽勝!

たんに、重力の流れる下方向「↓」を、意識しながら声をかければ、傷つかず、
次から次へと行ける。中心に意識を集めれば相手の反応に左右されません。

とはいえ、この中心軸(通称:スタンド)を体得して使いこなすには、ある程度、
稽古が必要です。今週始まる『ナンパ五輪プログラム(50日間)』でも、この
スタンド使いを、完全にマスターするのは第10号からで、それまでは、面倒。

実際に、自分の軸「↓」を意識して声をかけることは、意外に難しい。なぜなら、
女の体そのものに引力があり、記号でいう、「→」の力が働いているからです。

男としては、下方向の「↓」を意識しようとしても、女から、横方向「→」の引力が
強く働いて、気を抜くと、どうしても「→」に引っ張られ、軸が傾いてしまうのです。


元々、女は子供を産むために、妊娠するために、男を引きつけますが、さらに、
メイクや仮装(ファッションなんて全部、仮装)して、より魅力があるように見せ、
引力の「→」を増大させる。それに男は騙されて、横方向「→」に引っ張られる。

ポーッとなったり、上がってしまって、つい「→」の状態で声かける。というよりも、
その状態自体が「弱体化」なので、怖くて行けなくなる。だから、そういう時こそ、
落ち着く「↓」を意識すべきなのですが、とてもじゃないけど普通は出来ません。

だからこそ、普段から意識して練習するのです。まずは自分で立っている時に、
軸を意識する。「↓」を感覚的に捉える。1人でいる時にも出来なければ、そりゃ、
超可愛い子の前で出来るわけがないのだから、最初は1人稽古から始めます。

別に時間をとってやらなくても、信号待ちとか電車の中とか、細切れの機会など、
たくさんあります。まさか君はそんな時、スマホしてないか?あんな悪い姿勢で、
どうでもいい情報で時間つぶすのは家畜だけ・・。それよりも「↓」を身につけよう。

すると、周囲がスマホで弱っている中、君だけが圧倒的な強さを手に入れます。





ちなみに、「↓」が分かってきたかどうか?は、ただ立ってるだけなのに、なんて、
安定してるんだ!と集中できることです。重力を捉えると、無心で最強になれる。

とはいえ、なかなか難しい。1人で立っている時は出来ても、いざ歩き出した途端、
「↓」はズレてしまいます。歩くことは重心移動ですから、「↓」を、そのまま維持して
動いていくのは、またさらに慣れが必要で、そうして歩けて初めて声かけに使える。

声かけの時など、どんな反応をするかわからない女を相手にしますから、ちょっと
気を抜いてしまい、嫌な反応されたりすると動揺します。未知なる他人は脅威です。
だからこそ「↓」の訓練になる。で、この時に最も注意すべきなのが、声をかけた後!

比較的、声をかける前は、「↓」の意識を持ったままいけますが、それよりも実際に、
声をかけた後、自分の状態を確認してみてください。相手の冷たい反応に動揺して、
凹んだりムカついたりしてないか?または、もっと微妙な空しさや違和感はないか?

要するに、少しでも心身が弱っていたら、その時は「軸」がズレてしまったということ。


ちゃんと「↓」を意識して、「軸」が決まれば、その時は、安定していて変化ありません。

それが相手の反応に依存せず、スタンドが立ってる状態で、これを体得するために、
毎回、声かけた後に、自分の状態を確かめて、調整していく。女の引力「→」によって、
引っ張られてしまい、前傾した時には「軸」がズレ、落ち着かなくなっているはずです。

また、前傾だけでなく、後ろに傾く「後傾」にもなる。この腰が引けた状態になった時も、
少し押されただけで、後ろに倒れてしまうような、相手の反応に左右されやすい状態で、
こういったズレを感じ、補正していきながら「中心」を掴むのが、第一段階の課題です。

別に、テンションだけでムチャクチャに声かけていってもいいですが、するとスランプや、
イライラといった不安定要素に、後から襲われます。上の傾いたロケットのように、結局、
たいして遠くまで行けません。「軸」が決まっていないと、大気圏を突破できないのです。

そういうわけで、「軸」は本当に大事だということを、毎回、この天空の儀式をやることで、
認識しましょう。「1人革命」の次は、「天地統合」です。これで合計3人に声をかけます。

posted by fmtbank at 12:59| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする

2017年02月25日

13年間のブログで最も伝えたかったBEST3

taiyou1.jpg



このブログは13年近く続いてきました。ハッキリいって、長すぎです。

あまりに冗長で、ほとんどは読む価値ナシですが、そんな謙虚な(?)
私でも、絶対に知っておいた方がいいと、勧める極意が3つだけある。

そのベスト3のうちの第1位が「重力」を使うこと。声かけで「軸」を通し、
無敵になることです。なぜなら、この第1段階で、多くが挫折するから!

だからこそ「地蔵脱出」のためのノウハウや考察は皆がしてきましたが、
実は、そんなに難しいことじゃなくて、一文字で表せば、「↓」となります。

まずは、すでに記述していた、この重力に関する記事を読んでください。





ここで出てきた、男が女に声をかける時というのを記号で表すと、通常、
弱い男やナンパをかじりたての男は、女に対し、横方向の「→」になる。

これは重力を背負うだけでなく、前傾姿勢で重心がズレるので、不安定
なまま声をかけることになり、女の影響を受けます。例えば、女がサッと、
よけてしまうと、重心の行きどころがなくなり、男は倒れそうになるのです。

つまり「→」で声をかけると相手に依存することになる。そして依存からは、
苦しみしか生まれない。反応に一喜一憂して消耗し、苦行になってしまう・・。

ところが「↓」で声かけると、相手がどんなに冷たい反応をとろうが、すべて、
地面に流されて落ちてしまう。アースされる。重力という一元的な力を使い、
自分を守るのです。自分の「中心」を意識すれば、相手に左右されません。

だから、声をかける時は「→」ではなく、絶対に「↓」です。これが最強の極意。

posted by fmtbank at 12:42| カテゴリ無し | 更新情報をチェックする